シャープが潰れる日 〜2020年・大企業大量倒産時代〜

大企業向けの営業をしていて、いわゆる業界の「勝ち組」といわれている会社と「負け組」といわれている会社の双方を見て、勝つ会社が勝つ理由、負ける会社が負ける理由が少し分かってきました。今日はそういう視点から、最新のマーケティングリサーチの方法論なども絡めつつ論じます。
3
Naoto Hayashi @CheNaoto

つぎいくぞw「シャープが潰れる日 〜2020年・大企業大量倒産時代〜」です!どうしてこんなテーマで書こうかと思ったかというと、友達から事務所の移転祝いにシャープの冷蔵庫をもらった時に、ちょっとおどろいたことがあったからです。このあたりから話します。

2013-08-18 13:37:03
Naoto Hayashi @CheNaoto

私が今の会社の事務所を移転するときに、もらったシャープの冷蔵庫には「プラズマクラスター」と書いてました。これがつくと一万円ぐらい高くなるみたいです。

2013-08-18 13:48:39
Naoto Hayashi @CheNaoto

なるほどなるほどと思い、wikipedia先生に聞いてみたところ、なんかはないみたいです。http://t.co/OuSFK9CywM

2013-08-18 13:49:32
Naoto Hayashi @CheNaoto

2012年11月28日、消費者庁が外部の研究機関に依頼して調べた結果、表示された通りの性能が出なかったため、同社に対し不当景品類及び不当表示防止法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出したとのこと。なるほど。

2013-08-18 13:50:47
Naoto Hayashi @CheNaoto

似たような例として、マイナスイオンがあります。http://t.co/YoqjhkYl8D これも頭痛がする。典型的なニセ科学です。

2013-08-18 13:52:12
Naoto Hayashi @CheNaoto

で、今日のテーマは、なぜシャープほどの大企業が、革新的な商品を生み出せず、ニセ科学に頼るしかなかったかということです。特に考えがあるわけでもないですが、主立ったシャープor国内電機メーカーの事件を振り返りながら、大企業が倒産しないためにはどうすればいいかを考えましょう。

2013-08-18 13:54:35
Naoto Hayashi @CheNaoto

シャープというのは、まず一番有名なのは、アクオスです。これは少なくとも、海外の販売、および商品の選択については、参入戦略が悪かったとしか思えない。たとえばシェア一位のサムスンなんかは、アフリカだろうがどこだろうががんがん進出するのに、シャープはしない。

2013-08-18 14:02:20
Naoto Hayashi @CheNaoto

そもそも、競争過多な液晶業界にこれほど張り込んでしまう。その部分で致命的なミスがある。でも、こんなことを話しても仕方有りません。ただ、一つの教訓として残しておくべきことは、失敗を恐れて、新規分野へ投資せず、既存分野に一気に張り込み、競争過多で失敗したこと。

2013-08-18 14:03:17
Naoto Hayashi @CheNaoto

そして、小さなマーケットを軽視したために、ロングテールで細かいマーケット(アフリカとか中南米とか)を取りまくった韓国メーカーに負けてしまったという部分です。それこそ選挙の川上から川下へじゃないですが、旧植民地圏で売れると、日本メーカーで先行していた旧宗主国でも売りやすい。

2013-08-18 14:04:31
Naoto Hayashi @CheNaoto

選挙なんかでもこういうことはあります。優秀な政治家というのは、選挙活動を市街地中心にではなく、おじいちゃんおばあちゃんがいる田舎から始めるものです。そうすると競争相手も少ないですから、インパクトが大きく、かつ口コミが起こりやすい。

2013-08-18 14:07:46
Naoto Hayashi @CheNaoto

シャープのスマートフォンでは、顧客の切実なニーズがなにかを掴むという点で失敗したというふうにも考えられます。多くの大企業が新製品の開発の際に使う手段ですが、マーケティングリサーチをアンケートで行う。ここにマクロミルさんなんかの躍進もあるわけですが、本当に効果があるのか?

2013-08-18 14:10:10
Naoto Hayashi @CheNaoto

たとえば、これはベンチャー業界でよく言われていることですが、一億人がなんとなくいいね!と思うサービスより、百人がこれしかない!と思うサービスの方が遥かに儲かります。ただ、アンケートでは、そのニーズの強さというのはよくわからないような気がする。

2013-08-18 14:10:55
Naoto Hayashi @CheNaoto

たいてい、本当に必要なものというのは、当の利用者本人もよくわかっていないものなのです。耳に痛い指摘・鋭い指摘から逃げ回り、なにが本当に問題なのかよくわかっていない人があまりにも多いことからも、それはよくわかることです。

2013-08-18 14:11:49
Naoto Hayashi @CheNaoto

かといって、直接会って、お金渡してアンケートをとればいいのか、あるいはジックミラーでもつかって女子会を開かせて、話を聞けばいいのかというと、それも違う気がします。

2013-08-18 14:12:40
Naoto Hayashi @CheNaoto

不便というのは、本人が意識するかしないかに関わらず我慢している事が多いし、それが解消されると便利だということも、製品を使ってみないと案外分からないことが多いのです。欲求に関しては、さらに言える事は女子会でそれをあけすけに話すのは恥ずかしいし、見栄もあります。

2013-08-18 14:13:21
Naoto Hayashi @CheNaoto

たとえば、よく女性誌で、最初に関係を持つのは何回目のデートがいいかという質問があります。だいたい四回目ぐらいが多いみたいですが、実際どうなのかというと、もっと早い人の方が多いような気がします。一回目か二回目がほとんどなのではないでしょうか?

2013-08-18 14:14:11
Naoto Hayashi @CheNaoto

私はよくスタッフに言うのですが、一回、二回やって大ヒットする感じがしない、どうもうまく行かないのなら、よほど重要な技術的な課題であったり、サービスのコア部分に関わるエラーでないかぎりあきらめて次にいけといいます。まして、代わりの案が多いマーケ戦略ならなおさらです。

2013-08-18 14:15:05
Naoto Hayashi @CheNaoto

小さく試して、大きく育てるというのが大切です。多分製品開発も一緒でアンケートも女子会ののぞき見もほとんど意味が無い。それで効果があると思い込んでいるのなら、それはブランドがあるからそこそこ売れるだけか、あるいは本当に思い込みでしょう。ブランド力がない市場ではほとんど意味がない。

2013-08-18 14:15:56
Naoto Hayashi @CheNaoto

その証拠にシャープはブランド認知度が低い国ではことごとく苦戦しています。マーケットリサーチがここで紹介したようなものだからでしょう。

2013-08-18 14:16:35
Naoto Hayashi @CheNaoto

あと、もっというならば、そもそもお客様を見るべき目が、社内に向いている。目の付けどころがぜんぜんシャープじゃないという問題があります。ではどんなマーケットリサーチが効果があるというか、わりとよかったなーと思うのかをちょっと書きます。

2013-08-18 14:18:40
Naoto Hayashi @CheNaoto

自分がちょこっとやってみてよかったのは二つ。一つはとにかく小さくはじめてしまうということです。それはその策が安全なのかどうか、もう一つは効果があるのかどうかということが分かります。小さく大量に試してみる事、面子とか誰が提案したかとかは気にしないぐらい大量にやることです。

2013-08-18 14:19:25
Naoto Hayashi @CheNaoto

もう一つは、ある特定のマーケット、それこそ所属大学から性別からサークルまで区切って、ある特定のマーケットでむちゃくちゃ宣伝して、反応を見ることです。この時大事なのは、言語化された情報は無視してもいいということです。

2013-08-18 14:20:18
Naoto Hayashi @CheNaoto

そうじゃなくて、例えばサイトをみてもらったときに、どういう動作をとっているか、どこにマウスが動いているか、そういうことだけをひたすら研究します。とにかく動きを見るのです。その上で、本当に理解してもらっているかどうか、どういう誤動作が多いかを研究する。

2013-08-18 14:21:05
Naoto Hayashi @CheNaoto

あと、ブランドの名前を傷つけるという理由で、試験運用ができないことが多いので、ブランド名を変えて運用したりします。それこそシャープやパナソニックの新商品開発も最初はベンチャーですという体で、ブランド力ゼロの段階でやってみた方が良いと思います。JustDoItで既存マーケもせず。

2013-08-18 14:22:08
Naoto Hayashi @CheNaoto

そうすることで、ブランド認知度が無い海外での展開をどうすればいいのかということが手に取るようにわかります。実際韓国もIMF介入があったときは、リストラが盛んで、既存大企業の技術者がどんどん起業し、ブランド力ゼロの段階で新製品開発をしました。

2013-08-18 14:23:00
残りを読む(25)

コメント

Naoto Hayashi @CheNaoto 2013年8月18日
まとめを更新しました。
0
闇のうんこ食べ隊 @nonsensecodon 2013年8月18日
与沢翼みたいな詐欺師ののシンパになんてどうこう言われたくないだろうなあ、シャープ
6
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年8月18日
本当ダラダラしたまとめだなぁ。せめて1画面になるように呟いてみてください。
2
意識低い鳥(駄目な大人) @FreeFighter__jp 2013年8月19日
タイトルに釣られて読んでみたけど、なんかよくいるベンチャーの社長臭が。。。
1
山元 太朗 @tarogeorge 2013年8月19日
途中で読むの止めた。読みにくすぎる。
1
Ikunao Sugiyama @Dursan 2013年8月19日
自己啓発系ビジネス本でみたわー、こんなんいっぱいみたわー
1
@rbmio 2013年8月19日
ここまでドヤ顔で持論ですらない二番煎じを晒せるぐらいじゃないとダメなのかね
2
pker はやし @hayashi_TENTEN 2013年8月19日
選択と集中が大事みたいなことをまとめくってんだから、自分のまとめもそうやってくれよww
1
nt8500 @kz8500 2013年8月19日
プラズマクラスターだけ槍玉に挙げて、ナノイーとか高速ストリーマとかウイルスウォッシャーとか、類似品には触れないのな…。
0
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013年8月19日
こういう多弁な人って結局の所そこら辺にある意見を適当に話してるだけで身のある事って何も言っていないんだよな
2
arm147GO@⋈舞鎮 @arm1475 2013年8月19日
色々言いたい事はあるけど既出なんで割愛するが、こういうネタはここじゃなくて自分のブログでやれと(´・_・`)
1