限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!
2
榊一郎 @ichiro_sakaki
ちょっと「パシフィック・リム」見た後の備忘録程度に吐き出し。本当は後々ネタにする積もりだったんだけど、書く機会もなさそうなのでここで。久し振りに創作講座っぽいノリで。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
小説家、漫画家、アニメーター、ゲームクリエイター、まあその他諸々、大抵のプロは、プロ志望の人に「沢山見て沢山経験しろ」というとは思うのですが、プロ志望の人はプロ志望の人で、「でも無作為に乱読していたら、駄作も沢山見ちゃうじゃん。それ効率悪いよ」と嫌がる事も多く。#sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
まあ気持ちはわからんでもないというか、つまらんもんは誰でもみたかないわな。ですが、納得いかないものや、つまらないものがあったとしても、それはそれとして創作の肥やしに出来ますよ、という話。ぶっちゃけ、「俺だったらこうする」と言うモチベになる。#sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
つまらない、とまではいわずとも、むしろ大喜びで楽しんでみている作品にすら「おいおい」と「突っ込み」を入れちゃう事がありますわな。で、そこで終わるんではなくて、その突っ込みを、ネタとして使うという事も可能とか、そういう話。#sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
具体的には、まあ、「パシフィック・リム」見ていてふと思ったんですが。まあ、あの怒濤の説得力で大抵のヒトは気にしませんが、やっぱり「怪獣と殴り合うって兵器として効率悪すぎ」とか思う訳ですよ。当たり前ですが。勿論、そういう突っ込みが野暮なのは百も承知。#sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
特にその辺の「人型兵器の格闘」で問題になるのは、「指に代表される関節の脆さ」だったりしますよね。だからこそ、それを踏まえた上で、例えば、ボトムズとかのパイルパンカーとか、レイズナーのナックルショットは格好良く見える訳です。#sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
実際、パシフィック・リムでもあの、動作機構剥き出しの腕とかが、割と殴ってる最中にも部品脱落の描写とかあったっぽいので、「やっぱりそうだよなあ。無理があるよなあ」と。で――ここで発想の転換というか、魔改造。#sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
「壊れるか。そりゃ壊れるよなあ。うん。壊れて良いんだよ。車のバンパーとかみたいに」「そうだ、そういえば壊れた方が、相手に衝撃って全部叩き付けられるんだっけ? 銃弾のソフトポイント(命中して潰れる事で運動エネルギーを全部叩き付ける)もそういう理屈だよな」 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
「壊れたんなら修理すればいいじゃない」「いやでも戦場で壊れ度に修理してたら――」「交換すればいいじゃん」「交換つっても手間が」「いやまて。日本にはそれを解決できる伝統芸があるじゃないか」「まさか?」「そう、合体ロボだ!」(榊AとBの脳内会議)#sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
という事で、思いついたのが、「壊れる端から、新しいパーツが跳んできて合体して、延々と物量で怪獣をぼてくるこかすロボ」と。多分、アメリカ製(おい)#sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
まあ、確か「ナイトライダー」、あれって、車をジャンプさせる場面がやたらある訳ですが、当然、車壊れるんですよ。で、あれの撮影現場って、十数台のナイト2000(車)があって、壊れるはしから修理して、最後の一台が壊れる頃には、最初の一台が治ってるとか。#sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
そういう、なんというか、自転車操業的な戦い方をするロボとか、あったら面白いだろうなあと。何人かのフォロワーさんにVガンだ、と指摘されてますが、どっちかってーと、頭の中にあったのは「鋼鉄ジーグ」ですw #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
で、こうなるとパイロットまで交換可能な部品になってしまう訳で、こう、単純なロボものというより、チームでの戦い、マラソンランナーのドラマ、とかそんな風にして描くと、新しいロボットものにならんかなあ、という。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
ごめん、娘が呼びに来たのでちょっと離脱
榊一郎 @ichiro_sakaki
でまあ、合体ロボ自転車操業ネタに限らず、「え? ないない、それはないw」と思うものを、強引に設定と解釈でなんとかすると、それがまた一つネタになるという話です。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
いやまあ、話を戻して、例えば、以前「まかでみ」でやったネタですが、「ダンジョンでモンスター倒したらアイテムドロップ」「死骸を売りにいった訳でもないのにゴールドが増える」ってのも、「いや、実はあれ、全部、アイテムの化身でな?」「付喪神なんよ」とすると解決。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
まあ、なんというか、「素晴らしいものを真似る」のはいいとして、「真似るのではなくて、その反対側を探る事で、新しいネタを掴む」事も出来ますよ、という話。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
自作だと割と「まかでみ」はソッチ系でネタを引っ張り出す事が多かったです。シャマラン監督の「サイン」見ながら「●(ネタバレ回避)に弱いくせに●ばっかりの地球を侵略するとかアホか!」という宇宙人へのツッコミを「実は宇宙人ってドジッ子なの」にしてみたりw #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
猛烈な勢いで「Vガン」とか色々なツッコミが入ってますが、ちとレス返してるときりないので、ご勘弁。とりあえず、「パーツを交換する対怪獣用合体格闘ロボ」の場合だと、パイロットまで交換するという話が出てますが、そうすると、最終的に、「戦いの主体」の話から、 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
パイロットもメカに代替出来るのではとか、じゃあ結局、人類と怪獣の戦いから、メカと人類の戦いになって云々と「戦闘妖精雪風」みたいなテーマにももってけますわな。「戦ってるのは俺達、人間、だ!」的な。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
で、ロボットが壊れる事と搦めて、「血を流す戦い」「痛みを伴う戦い」「殴り合い」をテーマに、「己が血を流さない戦いは、いつしか、空疎化する」とかそういうドラマに持っていくと、面白いお話が一本出来そうですわな。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
まあ、繰り返しになるんでこの辺で止めますが、いつもの如く「何からでもネタは拾える、それを妄想で転がしてると、あら不思議一本話が!」なので、そのネタの源泉たる「作品」に関しては、傑作駄作関係なく貪っておくと、いいですよ、という話でありまする。 #sousaku
リプライ
@nekomain
@ichiro_sakaki そういう意味で個人的にチェルノ・アルファの無骨さとかクリムゾン・サイクロンの鋸とかが好きですw
残りを読む(18)

コメント

a @arabikikakao 2013年11月7日
パイロットの交換だと上遠野浩平の『僕らは虚空に夜を視る』にもそういう要素がありますよん
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする