京都アニメーション 代表取締役社長、八田英明氏の講演会@CMEX2010コンテンツビジネスセミナー レポート

【関連】 人を育て作品を育てるーCMEX2010 京アニ社長八田英明セミナーレポート(1/2)::クリティカルヒット http://nipponia.blog44.fc2.com/blog-entry-211.html ファンの人よりファンになるーCMEX2010 京アニ社長八田英明セミナーレポート(2/2)::クリティカルヒット 続きを読む
アニメ クリエイター ビジネス
20314view 3コメント
116
pany pony @panypony
京アニの社長さん八田英明さんの講演会@CMEX2010コンテンツビジネスセミナー。をTsudaります。ハッシュタグは適当につけてみた。開始は六時からです。 CMEX2010
pany pony @panypony
会場はぼつぼつと人が集まってきました。 大学の大講義室みたいな感じの会場。京アニのアニメーターの人とかおるんやろかとか考えるとみなぎってくるな。 CMEX2010
pany pony @panypony
ハッシュタグが抜けてました。。改めて、 京アニの社長さん八田英明さんの講演をTwitter実況してみます。 #CMEX2010
pany pony @panypony
司会「セミナー開始します。京都友禅の会社を経営している。CMEX 実行委員長のさいとうしげるさまよりご挨拶です・ #CMEX2010
pany pony @panypony
斎藤「コラボレーションの場をつくりたいということで去年からやってきた。なぜ京都か?鳥獣戯画は京都最古のまんが。映画は東映・松竹の撮影所。ゲームは任天堂。このセミナーはCMEXのイベントの一環。 #CMEX2010
pany pony @panypony
斎藤「(次回のスケジュール。角川さんくるよ!)よろしくおねがいします」 司会「これより八田社長さまより講演いただきます。」 #CMEX2010
pany pony @panypony
八田「老舗の会社がたくさんあるなか話をするのは恐縮だが、京都でアニメーションというナマモノをやっている会社をはうちしかないのでさせていただく。」(京アニのcm上映。ちなみにXPです) #CMEX2010
pany pony @panypony
八田「皆さんはけいおんという作品をしっていますか?(たくさん挙手)制作者としてはありがたい。我々はメッセージをこめている。業界では下請けが多いが、我々はライセンサーとして作品ををつくっていきたい。主体的に番組成立に関わっていきたい。」 #CMEX2010
pany pony @panypony
八田「人を育てて行く、作品を育っていくというメッセージ。それを伝えるために電波料が高いなか、けいおんのなかでcmを流した。」 #CMEX2010
pany pony @panypony
八田「作品の歴史について、ムラモトより花させていただきます」 ムラモト「総務部室長をやっております。 (会社概要説明)(作品履歴をふもっふから年表で紹介)ふもっふが元請としての初の作品。同じ年のムントが完全オリジナル。」 #CMEX2010
pany pony @panypony
ムラモト「現在は、本につく日常「日常の0話」とけいおんの映画を製作中。映画化の反共にはスタッフ一同感謝。今日は特別ゲストをつれてきています!」 #CMEX2010
pany pony @panypony
(けいおんのプロモが流れている。) #CMEX2010
藤田功博/Takahiro Fujita @fujita_nzm
京都商工会議所で開催中の「KyotoCMEX2010コンテンツセミナー」、会場は曇天にもかかわらず300名弱の超満員!八田社長のスピーチのあと、サプライズゲストで、「けいおん!」の山田尚子監督が登場! #anime
pany pony @panypony
山田「けいおんの監督をしました。(唯にそっくりです)」 ムラモト「3分の1が専門学校生で、業界に関心を持たれている学生が多い、ということで、山田にクリエイターの立場から話をさせる。今まで雑誌にのっていないような話をさせる」 #CMEX2010
pany pony @panypony
山田「最初に、原作をみせられた。女の子がばーんとあって、レスポールっぽいものをもっている。私が音楽が好きだという噂が社内であったのかもしれません。原作が面白かった。原作が面白いとアニメ化が難しい」 #CMEX2010
pany pony @panypony
山田「原作がAなら、アニメではbをつくろうとした。A#をつくってはいけない。私、どらえもん好きなんですけど、ドラえもんのタイムマシン説で、過去の改変が未来にどうなるかという会話。けいおんも色々な経路を伝わってもけいおんというものは伝わると思っていた。」 #CMEX2010
藤田功博/Takahiro Fujita @fujita_nzm
「けいおん!」の山田監督「白羽の矢が立ったとき、原作を読んだことはなかったが、表紙を見て即決した。原作が面白かったことはプレッシャーだったが、別の展開、原作とは違うものをつくろうと思った」。
pany pony @panypony
ムラモト「よく聞かれるのは、原作をなぜアニメにするのか?という話。アニメにはデメリット、メリットがある。このへんはどう?」 #CMEX2010
pany pony @panypony
山田「原作にはすでにファンがある。けど、私たちはこれだと提示する。それが、ファンの人とずれることもある。それがデメリット。メリットはさらに想像力をひろめてもらえるということ。」 #CMEX2010
pany pony @panypony
山田「自分が一番のファンになろうと思った。ファンの人よりファンになろう。けいおんはこれだっていうのを明示しようと思った。」 #CMEX2010
藤田功博/Takahiro Fujita @fujita_nzm
(2)「アニメはマンガと違って音が付いて色が付くのだから、たくさんの解釈を盛りこんで良いはずだ。最終的に「けいおん!」というまとまりがあれば良いと思った。しかしファンが原作を読んで想像している声、動き方があるはずで、作品を差し出すときに緊張感があった」。
藤田功博/Takahiro Fujita @fujita_nzm
(3)山田監督はやや緊張気味ながらも、考え方の骨格や、アニメ化にともなう緊張感などがリアルに伝わってきて面白い。「まずは自分が1番のファンになろう」という考え方は同じ「作り手」としてとても共感できる。 #cmex2010
pany pony @panypony
ムラモト「二期って難しい。一期を超えなきゃいけない。一期は唯の話だった。二期はクラスメイトや後輩との関係を描いたわけだけど意図は?」 #CMEX2010
pany pony @panypony
山田「けいおんには親が存在しない。 でてこない。どうやら原作者さんが守りたい世界らしい。けど、アニメでは生活している空気感、生活感をだしたかった。そこで、クラスメイトの方をだして親密感というのを感じてもらえるかと思った。生きてる感じをだしたかった。」 #CMEX2010
残りを読む(36)

コメント

文里 @wenly_m 2010年10月1日
とりあえず、映画もアニメで、京アニが制作中であることは分かって良かった。
pany pony @panypony 2010年10月1日
ブログにレポートもあげましたのでよかったらみてくださいねー「人を育て作品を育てる」編と「ファンよりファンになる」編です。 http://nipponia.blog44.fc2.com/blog-entry-211.html
pany pony @panypony 2010年10月1日
「けいおんには親が存在しない。でてこない」→いやでてきたやんという反応がはてブコメントであったのですが、これは当然監督さんは把握しておられました。なにぶん、リアルタイムで書いていたので、そういうバグはご承知下さい。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする