ドイツのシミュレーションでは福島の汚染水で太平洋は終り?

「ドイツのシミュレーションでは福島の汚染水で太平洋は終り」という記事が典型的なダメ記事だったので、そう判断した理由を説明したセルフトゥギャリ。私はこの手のことについては専門知識は薄いのですが、高卒程度の科学力と英語力があればこれぐらいは読み解けるものです。コメント欄にも有用なツイートがあるのでぜひそちらもご参照下さい。
原発 震災 反原発 煽り 汚染水 菊池誠 カレイドスコープ 海洋汚染 放射能 デマ
29995view 45コメント
124
星風P@国際科学映像祭で登壇2/19(火) @tagoshu
「ドイツのシミュレーションでは福島の汚染水で太平洋は終り」 http://t.co/8L2QVMJ75P ←これはダメな記事の典型例。何故ならば、拡散の結果、どの程度まで薄まるのか、という点を記事中で定量評価してないから。データを読み解く力がない人が書いてる。
星風P@国際科学映像祭で登壇2/19(火) @tagoshu
(承前)さっきのシミュレーション画像は、海洋表面におけるCs-137の長期拡散を予測したもので、色は濃度を示し、黄色=日本近海における初期濃度、赤=初期濃度の1/1,000~1/10,000程度、紫=1/100,000~1/1,000,000程度。
星風P@国際科学映像祭で登壇2/19(火) @tagoshu
(承前)初期濃度に対する相対表示なので、具体的にどれぐらいの濃度になるかは初期濃度がどれぐらいだったかで違う。
星風P@国際科学映像祭で登壇2/19(火) @tagoshu
(承前)さっきの記事からのリンク先 http://t.co/ey9dRYwlG0 によると、濃度の暫定予測値として、5~6年後にアメリカ西海岸に到達、最初の2年間のピーク値にして10 Bq/㎥、その後4~7年かけて1~2 Bq/㎥まで下がり、最終的に事故前の倍程度になる。
星風P@国際科学映像祭で登壇2/19(火) @tagoshu
一部訂正。http://t.co/ey9dRYwlG0 で言っているピーク値とは、アメリカ西海岸限定ではなく、太平洋全域におけるピーク値かも。そのピーク値は、最初の2年で10 Bq/㎥まで薄まり、その後4~7年かけて1~2 Bq/㎥まで下がり、最終的に事故前の倍程度になる、と。
星風P@国際科学映像祭で登壇2/19(火) @tagoshu
(承前)日本での飲料水の基準値は、今だと10 Bq/kgで良いんだっけ? 水1㎥は約1,000kgなので、10 Bq/kg=10,000 Bq/㎥。太平洋全体に拡散した結果、飲料水の基準値より何桁も薄いレベルまで薄まる、というのが先ほどのシミュレーション結果の意味。

※これは、事故後1週間でCs-137が10 PBq (10,000兆ベクレル) 流れ出たという仮定の元での結果。この仮定はおそらくは実際の流出量より多い。なお、Cs-137以外は考慮していない。また、事故前の段階で過去の核実験等の影響から太平洋には平均 2.4Bq/m3 の Cs-137 が含まれているが、このシミュレーション結果は今回の事故での増加分だけを対象とした計算であり、事故前の値は無視されている。

星風P@国際科学映像祭で登壇2/19(火) @tagoshu
(承前)…ということでいいのかな。俺はこの手のことの専門知識は乏しいので正しいかどうかは保証できないっす。ただ、ひとつ言えるのは、数値を定量的に評価していない記事は例外なくダメ記事ってこと。(以上)
星風P@国際科学映像祭で登壇2/19(火) @tagoshu
よくあるんですよ。結論としてはむしろ安全性を示している研究について、その一部だけを抜き出して危険性を煽るケースが。今回の記事も、そのような典型例のひとつですな。
8/23 追加分

菊池誠先生が直接この件に関してツイートしました。

kikumaco(ライブ予定なし) @kikumaco
ドイツの海洋シミュレーションとかいうのが話題なの?

まとめ主による補足: この翻訳記事内に書かれている通り、この手のシミュレーションは計算条件を変えると結果が変わってくるようです。加えて、シミュレーション上無視している要素も多い。つまり今回のシミュレーション結果は必ずしも信頼できないかも知れない、ということでしょう。その点にはご留意下さい。

kikumaco(ライブ予定なし) @kikumaco
おお、ありがとうございます。思ったより速く薄まるのですね。これで心配する人がいるのがわからないな。薄まるから心配する必要はないと書いてありますよね RT @SugitaKei: @kikumaco 解説記事を翻訳しました。 http://t.co/E49GTKRbXK
ryugo hayano @hayano
「混ざっていく効果があるのは分かっていましたが、その拡散の早さに驚きました」 @SugitaKei: 『ドイツのシミュレーションでは福島の汚染水で太平洋は終り』という記事で、引用している論文を解説した記事(英語)を翻訳しました。 http://t.co/PEoi7zMinl 
みほちゃん(56) @Mihoko_Nojiri
まあだから出していいって話には全然ならないし。RT @hayano: 「混ざっていく効果があるのは分かっていましたが、その拡散の早さに驚きました」 @SugitaKei: 『ドイツのシミュレーションでは福島の汚染水で太平洋は終り』という記事で、
kikumaco(ライブ予定なし) @kikumaco
結局、くだんのドイツの海洋シミュレーションというのは、意外に速く拡散して薄まってしまうから心配ないっていう結果なのに、なぜか一部では逆に「太平洋、終わり」っていう話になっているのですね
kikumaco(ライブ予定なし) @kikumaco
北太平洋全体に広がるんだから、もちろんものすごく希釈されるわけで、むしろ安心材料のはずなのに
KS @SugitaKei
流出量も仮定なので、心配の必要がないとも、あるともこの論文は言えないと思います。震災のあとで空気中の拡散の様子も流出量を仮定してやっていましたよね。あれと同じだと思います。 @kikumaco
kikumaco(ライブ予定なし) @kikumaco
@SugitaKei 相対値なのはわかっているのですが、今は流出量はそれなりに推定されているので、大丈夫かと
KS @SugitaKei
@kikumaco そうですね。もちろんいまも続いている流出を止めないといけないと思います。実は昨日からこれが話題になってきて、やれやれと思って、資料を見つけて、翻訳して、ブログを作って、ちょうど公開したところでした。
kikumaco(ライブ予定なし) @kikumaco
@SugitaKei はい、この話は、流出が止まれば数年で問題なくなるといっているだけなので、流出している限り、近海は薄くなりませんね
大阪大学の物理学者、菊池誠先生のお話

※下記の菊池誠先生のツイートは、上記のシミュレーション結果を確認した上でのものではありませんが、関連性が高いと判断してここに掲載してみました。

kikumaco(ライブ予定なし) @kikumaco
放射能汚染水だって、タンカーみたいなもので運んでいって海に薄ーく広ーく撒けば、害はまったくない。それができないのは、やってはいけないことになっているから
kikumaco(ライブ予定なし) @kikumaco
ただし、震災直後にどなたかに教えていただいたことによれば、海水の混合は遅いらしいので、陸地の一カ所から流してしまう(あるいは流れ出てしまう)と、海流に乗ってかたまって流れるばかりで、なかなか「薄く広く」にはならないのだと思う
残りを読む(8)

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年8月22日
「カレイドスコープ」は、いくつかある(残っている)放射能デマブログの一つですね。
粒あん・(中二上司) @keroa18 2013年8月22日
また カレイドスコープか。
カオル @moegikaoru 2013年8月22日
ドイツも色々行き詰ってんのかなぁ~、とは思うけどね・・・。 福島を何かと利用したがってる感が滲み出てるように思うの、ワタシだけじゃないよな? 
星風P@運転免許を自主返納済 @tagoshu 2013年8月22日
まとめを更新しました。大阪大学の物理学者、菊池誠さんのお話を抜粋して追加。
星風P@運転免許を自主返納済 @tagoshu 2013年8月22日
まとめを更新しました。菊池誠先生のツイートをもう少し追加。
WartimeHCRaft @WartimeHCRaft 2013年8月22日
日本海に原子炉いっぱい沈んでいるんだから気にするなw
neologcutter @neologcut_er 2013年8月22日
#反原発 の繰り出すデマには何らかの裏があるので、それ前提で読むべきでしょうね。ていうかアイツら日本人困らせたいだけじゃん?
げそぱん @gespannt_ 2013年8月22日
海水は福島以前からウラン45億トンの水溶液なんだけど、あまりこういうことは気にする人いないのはなぜなんだろう? かつて日本は海水からウランを取り出そうとまでしてたのに。
ム-ンフェイスは腹筋に悪い @kamakurasodachi 2013年8月22日
この間のJ-WAVEのJAM THE WORLDで元スイス大使とやらが喜んで取り上げていたネタですな。こんなクソブログネタにして番組つくってたのかよ。
ム-ンフェイスは腹筋に悪い @kamakurasodachi 2013年8月22日
そのクソ番組では世界中に拡がるとか大袈裟になってたけれどな。
ひろっぺ@シン・十四松・フレンズ @hiroppe3rd 2013年8月22日
まぁこれで海が死ぬなら、ウィンズケール原子炉火災事故の海水汚染でドイツの海はとっくの昔に死んでる罠・・・
おく のぶ @samorou 2013年8月22日
ビキニ環礁の水爆実験とか、すでに有効なデータありそうだけど、そういうのは使わないのかね。
WartimeHCRaft @WartimeHCRaft 2013年8月23日
実際、福島第一原発が原因で太平洋が終わるなら、日本海は既に死の海になっていなきゃおかしい訳で。
粒あん・(中二上司) @keroa18 2013年8月23日
@kikumaco センセの言う 「やってはいけないことになってる」 ってのは、【廃棄物その他の物の投棄による海洋汚染の防止に関する条約】に抵触するって事だね。
星風P@運転免許を自主返納済 @tagoshu 2013年8月23日
まとめを更新しました。菊池誠先生がこの件に関してツイートしたので追加。
星風P@運転免許を自主返納済 @tagoshu 2013年8月23日
まとめを更新しました。早野先生と野尻先生のツイートを追加。
Megatherium @Dairanju 2013年8月23日
まとめ冒頭のツイートのリンク先を確認。カレイドスコープかw。
Megatherium @Dairanju 2013年8月23日
(参考)廃棄物その他の物の投棄による海洋汚染の防止に関する条約 http://www.houko.com/00/05/S55/035.HTM
mockmoon @mockmoon2000 2013年8月23日
各海洋のセシウム137の濃度。太平洋2.4Bq/m3 日本海2.6Bq/m3 北海6.7Bq/m3 黒海25Bq/m3 バルト海61Bq/m3 アイリッシュ海57Bq/m3。平均の値が低くても最も多くのセシウム汚染を経験したのはビキニ環礁などでの太平洋の核実験で341PBq。それくらい太平洋はデカイ。
アンゲラ @Michaellakurts 2013年8月23日
moegikaoru 利用したがってますよ、緑の党の国だもの(・3・)ドイツに住んでる義母とイギリスに住んでる旦那が喧嘩しちゃって大変なんですよ、どうしてくれる。
あんこ好きなクルーたまにヘルムスマン、稀にスキッパー(永遠に修行中の5歳) @XC60Rd__ 2013年8月23日
何度も言うけど、出たものはもう、海に流しましょうよ。決断は政治。そして伸晃先生、仕事して下さい(´・ω・`)
Ikuko Yoshida @Ikko_Yoshida 2013年8月24日
このシミュレーションずいぶん前に見たような気が。ヘブライ関係者がドイツの友人からって言ってメールに添付して来たものと同じみたい。緑の党関係だと思って放置していました。
いとうなおき @ito_naoki0815 2013年8月24日
このデータが嘘だと思うならそれでいい。がんがん野菜作って食べてくれ。ただし、偽装産地を止めてくれればそれでいい。
たろー @hanpa64 2013年8月24日
元データが嘘だなんて誰も言ってませんが。>このデータが嘘だと思うならそれでいい。
星風P@運転免許を自主返納済 @tagoshu 2013年8月24日
@SugitaKei 解説記事翻訳で1ヶ所単位ミスが。10ペタは1,000兆ではなく10,000兆ではないでしょうか。
星風P@運転免許を自主返納済 @tagoshu 2013年8月24日
まとめを更新しました。関連まとめ「「汚染水を海洋投棄すると広く薄く拡散するのか?」のコメント欄開放まとめ」http://togetter.com/li/553039 を追加。
mockmoon @mockmoon2000 2013年8月24日
そもそもこのドイツのシミュは二つの間違いをおかしている。一つは事故前の太平洋のセシウム濃度。10PBqの放出で事前の濃度の2倍になるというのは大きな計算間違い。現在太平洋には核実験の影響から200PBqレベルのセシウム137が存在する。
mockmoon @mockmoon2000 2013年8月24日
それで10PBqで濃度が二倍になるはずもなく、現在の2.4Bq/m3の濃度がせいぜい2.6Bq/m3くらいになる程度。2つ目は実測値を全く考慮していないシミュだという点。最初の二年間で太平洋の大部分が10Bq/m3には全くなっていない。
mockmoon @mockmoon2000 2013年8月24日
現在の実測値だとこんな感じで、事故当初のフォールアウトで遠方まで最初は高濃度になったが、現在は希釈されて日本列島のすぐ脇まで5Bq/m3以下になってる。 https://twitter.com/mockmoon2000/status/365323125535158273/photo/1
星風P@運転免許を自主返納済 @tagoshu 2013年8月24日
まとめを更新しました。このシミュレーション結果は必ずしも信頼できないかも知れない、という注釈を追加。
星風P@運転免許を自主返納済 @tagoshu 2013年8月24日
mockmoon2000 シミュレーション結果の画像を見ると、2013年5月(事故から約800日)時点では福島近海ではずいぶん薄くなっていて、福島近海での実測値との乖離は少ないようにも見えます。太平洋広域の実測値とも比べてみたいですね。
mockmoon @mockmoon2000 2013年8月24日
tagoshu 基本的にこのシミュは汚染水が10PBqという前提である点が、ちょっと現実とは違うかと思います。調査結果から図を作ってみた感じだと、事故で大気中に放出されたフォールアウトも含めて10PBqクラスかもしれませんが、汚染水としての放出はもっと少ないのでしょう。それが実測値とこのシミュの乖離の原因かと。
mockmoon @mockmoon2000 2013年8月24日
tagoshu 同時にこのような年数が経つと太平洋が真っ赤になるような絵作りをするのであれば、最初から核実験の汚染分も含めて真っ赤な太平洋から始めないと、変な印象操作に使われるというのはありますよね。
星風P@運転免許を自主返納済 @tagoshu 2013年8月24日
mockmoon2000 元論文では「福島から何がどのくらい放出されたのか分からない」と断ってますし、10 PBq という仮定は、かなり悪く見積もった場合の参考値、ぐらいの位置付けかもしれませんね。そもそも Published 9 July 2012 なので1年以上前の論文だったりもします。
星風P@運転免許を自主返納済 @tagoshu 2013年8月24日
mockmoon2000 確かに。今回のカレイドスコープの記事は、この配色の印象を悪用されたケースですね。
星風P@運転免許を自主返納済 @tagoshu 2013年8月24日
mockmoon2000 この論文の主要な論点は、初期濃度に対する相対値での拡散の様子だと思います。実際の放出量がどれぐらいだったかは、他の研究に委ねるという形の。放出量により実際に近い値を設定した場合に、実測値とどの程度一致するのか気になるところです。
mockmoon @mockmoon2000 2013年8月24日
tagoshu 実測値ってのはある程度出ているので、そっちを代入してシミュをやって欲しかったですね。絵的には一気に太平洋の広範囲が真っ黄色になって、そこから一気に薄まっていくような形があり、それに隠れるように福島沖から汚染が伸びていく感じになるんじゃなかろうかと。
mockmoon @mockmoon2000 2013年8月24日
後このシミュには高濃度で汚染されてしまったサイト近傍の海底土から再浮遊するCsとか、河川に流入して沿岸部を染め上げるようなものもないですよね。魚介類の生体濃縮等々の問題を考えると、そちらの方が大きな問題でしょうから、何というかセンセーショナルな絵以上の意味がないんじゃなかろうかとどうしても思っちゃうんですよね。
ゆ〜たん @Iutach 2013年8月24日
「データ」と「そのめちゃくちゃな解釈」が区別できてない人がいる、は最早どうでもいいが…何故野菜?海産物でなく?
mockmoon @mockmoon2000 2013年8月24日
ちなみに自分が述べた世界の海洋における放射能汚染の実態についてのソースはIAEA TECDOC-1429です。参考までに。 http://www-pub.iaea.org/MTCD/publications/PDF/TE_1429_web.pdf
本田 仁 @hitoshi_hof 2013年9月8日
http://www.geomar.de/news/article/fukushima-wo-bleibt-das-radioaktive-wasser/ ← ドイツ語記事の最初のボールド文字の部分に、福島から出た放射性物質はかつてなく広がるけれども、海流により急速に薄まり、最初に放出された分が約 3年後に北アメリカの海岸に達する時にはチェルノブイリ後のバルト海での現在の検出値以下までになると書いてあります。
本田 仁 @hitoshi_hof 2013年9月8日
Wenn die ersten Ausläufer in etwa drei Jahren die nordamerikanische Küste erreichen, sollte die Radioaktivität daher bereits unter den Werten liegen, die noch heute infolge der Tschernobyl-Katastrophe in der Ostsee zu finden sind.
max @ryoumax 2013年11月1日
上杉隆は海洋汚染で100兆円以上の損害賠償を世界中から求められそれからは逃れられないとか言うとったなぁー これを煽り、煽られた連中も少なくはなかった 当然、山本太郎もいまだに嘘を拡散していたことを謝罪もしない 
緑一色( •̀ㅂ•́)و @Allgreen76 2014年3月10日
そもそもドイツのシミュレーションほどあてにならないものがあるのか
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする