19
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
福島第一の構内を昔、川が流れていて、その川は取付かえられたという話が気になるので、地形図と航空写真をみているが、そうも見えるし、そうでもなくも見える。よく分からない。規模は?人為的?何時?そして、どれ?知りたい。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
なるほど、原典はこれか。 http://t.co/aUpGKbAuzT 40年前か。どう付け替えたのか?元の河川は?水産種苗研究所の近くに河口がある川が怪しいとにらんでいるが。 https://t.co/fgwBq7wFPJ
リンク jp.wsj.com 福島第1原発の汚染水封じ込め、メルトダウン以来最大の試練 メルトダウンから2年半近く経った今、東京電力福島第1原子力発電所では、これまでにない規模の汚染水を封じ込めるため必死の努力が続いている。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724
@BB45_Colorado さん、studyさんのこの考察が参考になると思います。→http://t.co/fx507iOzRv の真ん中あたりです。コロラドさんのツイートも多数収録されていますので、もうご存知かもしれませんが。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
@TAKASHIMA724 ありがとうございます。すっかり忘れていました。みてみると、かなり悲惨な地形ですね。細谷・葉の木沢からの河川は付け替えられて本来は5、6号炉直下を通っていたのがわかります。また標高35mあたりに古河川跡の可能性があってこれが1~4号炉に向かっています。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
地形図をみると、この道路の切り割りに向かって、旧河川が向かっているような気がするんだよねー http://t.co/NuRDNQmB42
拡大
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
大芋澤って、サイトのど真ん中を突っ切っているね。3,4号炉あたりを突っ切っていないか?これ、地下河川はバッチリ残っていると考えるのが妥当。さらに南のサイト内にも無名の澤がある。めちゃくちゃだ。岩盤の上に地下河川が乗っかっている地形と思われる。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
5、6号炉は実際に川を付け替えてもともと洲だったところに建設しているから、故吉田所長の証言どおり、水でずぶずぶの地層。1,2号炉は小規模の澤、3、4号炉は大芋澤の北側にかかっている。さらに南側にかなり大きな無名の澤。 http://t.co/DcGK8quvfp 水浸し
拡大
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
旧河川、要するに地下河川の真上に原子力発電所を建設したということか。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
まぁ、基礎となる岩盤は存在してるけど、米国式でそのまま日本に持ってきているね。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
”澤”という地名の場所に原子炉を造るなんて信じられない。身近では、高知県立美術館が”高須”に建設されて、水害で一階が全没して県展の作品を壊滅させたことがあったな。周りは田んぼ。隣は堤防。沈んで当たり前。シャガールの作品は、3階以上にあって無事だった。
leny φ(^▽^)ノ#鶴橋安寧! @LenyIza
@BB45_Colorado 歴史的地名をちゃんと復活させたいですね。
石炭村の工作員 @Braunite
@BB45_Colorado 北海道の場合は、アイヌ語地名を漢字表記にしてしまっているので、アイヌ語地名を解読しないといけないので、難物・曲者です…
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
沈む図書館・全損した美術品。沈む原子炉・溢れる汚水。どっちもおなじ。間抜け。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
今昔マップで時系列変化させて確認した。二号炉と三号炉が大芋澤野直上。4号炉は無名の大きめの澤の北岸直上。1号炉は大芋澤の北岸にある。5,6号炉は川と旧河川で形成された州の上に立地。全炉、地下河川の直上にあると考えてよい。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
こんなでたらめな立地で、慎重に厳格に審査されていると言えるわけが無い。大嘘いうな!!
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
気になるので、福島第二も確認してみた。全炉、無名だが沢の直上に立地している。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
@fuyusawa 今昔マップダウンロードして実際に時間を動かしてみるとよいよ。唖然とするから。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
これで、地質調査資料を地表と照合できるというわけ。地上を無視して地下を騙っても無意味だろう。もちろん、細かいメッシュでボウリングするなら話は違うだろうが。
残りを読む(15)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする