2013年8月27日

「わの食・和の衣」岡部賢二・柳元美香トークライブ

2013年8月26日 「わの食・和の衣」岡部賢二(メクロビオティック指導者)・柳元美香(舞講師)トークライブ/千葉「merci」
1
吉度ちはる @hiworisun

「和の食・和の衣」岡部賢二(マクロビオティック指導者)&柳元美香(舞講師)トークイベント/カフェ「merci」始まりました。レポート、失礼します。

2013-08-26 19:15:50
吉度ちはる @hiworisun

和食の和は、禾本科(イネ科)の禾に口。米を表している。和は、○=輪を表している。○は中心がなければ、描けない。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:18:00
吉度ちはる @hiworisun

森のイスキアの佐藤初音さんは、不安・心配を抱えた人が来ると、まんまるなおむすびを作って出す。それだけで、みな涙をポロポロ出して元気になって帰っていく。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:19:24
吉度ちはる @hiworisun

なぜ、炊き出しはおむすびなのか? ごはんを炊いて出せばいいじゃないか? でも、手間ひまかけたおむすびを出す。手間ひまが愛、エネルギーになる。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:21:06
吉度ちはる @hiworisun

マクロビオティックの料理は手間ひまがかかる。今日のおむすび弁当も、作り手の優しさが伝わる。手のぬくもり。人と人が触れ合うのが心地いいけれど、なかなかハグというわけにもいかない。大きくなった子に抱きつくこともできない。それが、おむすびで得られる。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:23:02
吉度ちはる @hiworisun

手はハートから出ている。手の目的は、ハートを伝えること。足を使うことを、日本人は忌み嫌ってきた。足にはハートがない。足蹴にする、という言葉がある。手仕事には、その人の心が表現される。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:24:40
吉度ちはる @hiworisun

お母さんたちが、手抜きをして、できあいのものを出したり、チンして出したりしたら、そこに愛は? 子ども心にさびしいなと感じる。毎日ではなくても、手間ひまかけるといい。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:26:14
吉度ちはる @hiworisun

手間ひまをかける食事で、愛を得られないとき、暴力という形になる。いじめの問題もそこにあることが。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:27:11
吉度ちはる @hiworisun

今の時代は、和と反対に行っている。差の文化が、いまの社会的な傾向を作っている。ピラミッドの頂点を目指す。人を押しのけても、自分の地位を築こうとする。トップに立つことを目指す。偏差値で、ピラミッド的な意識を学校で植え付ける。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:29:12
吉度ちはる @hiworisun

震災以降、いくら働いても幸せになれない、ということに気づいた人が増えてきた。築き上げたものが、津波で流されることを見たときから。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:31:22
吉度ちはる @hiworisun

成功法則は、これからは成長法則。自己成長。人と比べて伸びるのではなく、自分の成長。その人なりの成功でいいんじゃないかと思う。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:32:50
吉度ちはる @hiworisun

だれよりも早く、だれよりも強くという男性思考は、脳。女性的な和の原理に目覚めるのは、お腹。そのときに、何を入れていったらいいか? より早く、という意識は、ファーストフード、手間をかけていない加工食品を食べてできる。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:35:21
吉度ちはる @hiworisun

手間ひまをかけて作ったものを食べていると、のんびり、ゆっくりという意識が作られていく。手間ひまかけて作った食品がスローフード。二年もの、三年もののみそやしょうゆはエネルギーが高い。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:36:43
吉度ちはる @hiworisun

ゆるり、何もしないぼーっとした時間をもつことが、エネルギーをたくわえる。命あるものの特徴は、ゆらぎがある。蛍光灯のような人工的な光は、ゆらがない。ろうそくの炎は、ゆらぐ。形が変わる。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:38:44
吉度ちはる @hiworisun

キャンドルを持って、お風呂に入る人が、最近増えている。落ち着く。扇風機やクーラーの絶えず一定な風は、気持ちよくない。自然の風は、ゆらぐ。それで電化製品も、ファジーという機能がついてきた。ゆらぐほうが気持ちいいことに奇異づいてきた。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:40:51
吉度ちはる @hiworisun

ゆらぎがない状態を動脈硬化という。心のなかにも柔軟性を。ゆらぎは、アソビという。車のハンドルも、アソビがないと。生活のなかに、ぼーっとするアソビの時間をもってほしい。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:43:58
吉度ちはる @hiworisun

人間が人間らしく生きるには、アソビが必要。間というもののとり方が、うまくいかない人を間抜けという。余韻が、映画見たあと、そういう間が必要じゃないですか? 何も考えない瞬間があるのが、必要。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:45:51
吉度ちはる @hiworisun

快速電車と各駅停車に乗っている人では、表情が違う。これ以上、急いでどうするんですか? もうそろそろ、我々は、のんびりいく方に、シフト。もう、私たちはアップアップしている。これからは、ダウンダウン!/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:47:52
吉度ちはる @hiworisun

和服というのは、ゆらぎがある。太った人もやせた人も切られ、背の高い人も低い人も切られる。パンツでなく、ふんどしのほうがゆらぎがある。不妊症の場合、奥さんもだんなさんもふんどしにすると、子宝にめぐまれやすい。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:53:58
吉度ちはる @hiworisun

和服は絹が多いが、絹はマイナスイオンを発生する。絹は蚕から作られるが、蚕は天の虫と書く。絹は、守るというエネルギー。今日、私が着ているのは、うさとの麻の服。うさとは納期がない。作りたいときに、作る。麻は、天と地をつなぐエネルギーがある。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:56:50
吉度ちはる @hiworisun

綿は解放のエネルギー。練るときは、綿がよく、出かけるときは、絹を着ると、安心感がある。瞑想をしたりするときは、麻を着るといい。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:58:06
吉度ちはる @hiworisun

ゆらぎをもっているのが、日本の和の文化。美しい花があるだけで、邪気が入ってこない。日本人は、絶えず美しさを演出することで、邪気を祓ってきた。/「和の食・和の衣」岡部賢二

2013-08-26 19:59:57
吉度ちはる @hiworisun

「和の食・和の衣」岡部賢二(マクロビオティック指導者)&柳元美香(舞講師)トークイベント/千葉カフェ「merci」 ツイッターレポートしています。@hiworisun

2013-08-26 20:09:09
吉度ちはる @hiworisun

着物は、反物をいかに無駄なく使うかといったことが追求されている。/「和の食・和の衣」柳元美香

2013-08-26 20:10:28
吉度ちはる @hiworisun

標高3003mの雄山神社で、この間まで奉仕していた。雲が動いて行く様子や、風の流れる様を見る。目の前で雲が動きを見せてくれる。日本で見慣れた社門(神社の門)の模様や宮司さんの衣のすかし模様とリンクする。自然を取り入れてきているのがわかる。/「和の食・和の衣」柳元美香

2013-08-26 20:13:10
残りを読む(16)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?