神々の上に君臨する女好きの最高神 ゼウスとは

多くの絵画にその世界観が描かれているギリシア神話。今回ご紹介するのは全知全能の存在である神「ゼウス」の物語。彼が描かれた絵画も併せてお届けします。
書籍 文学 ギリシャ神話 ギリシア神話 ゼウス 神々 吉田敦彦 絵画 世界文化社 ヤングコーン
1
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
コラム「神々の上に君臨する女好きの最高神 ゼウスとは」【Facebook】⇒ http://t.co/TZVp7OoCfA 【mixi】⇒ http://t.co/4iPswr3kaE
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【ゼウス】多くの絵画にその世界観を描かれているギリシア神話。今回ご紹介するのは全知全能の存在である神「ゼウス」の物語。彼が描かれた絵画も併せてお届けします。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【ゼウス2】ゼウスは、ティタンのクロノスとレアの息子であったが、父クロノスを倒して、オリュンポス12神の最高神として君臨した。彼は雲や雨、雷など気象を自在に操ることができる天空の神で、ローマ神話に取り入れられると、ローマの全能神ユピテルと同一視された。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【ゼウス3】ゼウスの王宮はオリュンポスの中心にそびえ立ち、ほかの神々の宮殿と比べてもひときわ豪華なものだった。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【ゼウス4】王宮の中央にある広間では、しばしば神々の宴が開かれ、その席でゼウスはごちそうや音楽、女神たちの優美な踊りなどを楽しんだ。また、ほかの神々との合議の上、今後世界に起きることを決めていた。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【ゼウス5】とはいえ、ゼウス自身が世界の運命そのものを操っていたわけではない。世界が運命どおりに進行するように取り仕切っていたのである。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【ゼウス6】ゼウスは強力無比な至高神だったが、一方で無類の女好きの面があり、多くの女神や人間の女性を妻や愛人にした。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【ゼウス7】ゼウスの最初の妻は、知恵の女神メティスである。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【ゼウス8】ウラノスとガイアから、「いずれメティスから生まれる男子に王の座を奪われる」との予言を受けていたゼウスは、メティスを自分の腹のなかに取り込み、その知恵で窮地を助けてもらおうと考えた。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【ゼウス9】そこで変身の能力を持つメティスをだまして水滴に変えさせると、それを一飲みにしたのである。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【ゼウス10】こうして知恵の女神メティスを体内に取り込んだゼウスは、メティスの持つ知恵を手に入れ、名実ともに神々の王として君臨した。
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【ゼウス11】 ■ゼウスを鑑賞できる絵画 『悪徳を雷で打つゼウス』 作者:パオロ・ヴェロネーゼ 制作年:1553~1554年 所蔵先:ルーヴル美術館
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
【ゼウス11】~『名画で読み解く「ギリシア神話」』(吉田敦彦 監修)より抜粋
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
ギリシア神話と名画について深く知るならこちらの本をどうぞ>> http://t.co/Ddptp3LVqi
世界文化社 ブックニュース(ナナ子) @sebun_digital
この「名画で読み解く」はほかにも「聖書編」 http://t.co/7lQ92dU8pR 、 「世界史編」 http://t.co/SYVbMq29q0 があります。

コメント

John_Doe≠ジョン・ドゥ @pokotale 2013年8月28日
後世の王族が次々に「ゼウスってーwwwwww実は俺の血縁なんすよwwwwwwwwそこんとこ夜www露www死www苦wwwwwww」みたいなことを言い出したせいで神話界屈指の浮気者にされたゼウスさんマジ不憫。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする