大学英語教育学会(JACET)第52回国際大会まとめ

2013年8月30日-9月1日まで京都大学で行われた大学英語教育学会第52回国際大会(http://www.jacet.org/2013convention/index.html)のつぶやきのまとめです。ハッシュタグがついているものは全て集めましたが、何か問題がありましたらご連絡いただければと思います。誰でも編集が出来るようにしてあります。
15
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

"Recent trends in TESOL research and academic publishing" Ken Hyland (Applied Linguistics), Alan Hirvela (TESOL Quarterly) による講演 #JACET2013

2013-08-30 09:43:40
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「ミックスリサーチを見ると,質と量で相互補完しているものもあれば,そうでないものもあり,research paradigm の問題がreviewer, editorの方でも起こっている」Hirvela #JACET2013

2013-08-30 09:48:43
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「"teacher reflection research" がTESOL Qで興味を引く。しかし,それをどうやって研究として成立させるか author も reviewers も struggle している。」Hirvela #JACET2013

2013-08-30 09:53:07
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「L1, L2, L3, L4 と研究が広がっている。」Hirvela #JACET2013

2013-08-30 09:55:14
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「Corrective Feedback, Motivation (Anxietyなど)の研究はとても盛んであり,今でも投稿が多い。」Hirvela #JACET2013

2013-08-30 09:57:45
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「"Learning-to-Write and Writing-to-Learn in an Additional Language" はトピックとして面白い。」Hirvela #JACET2013 http://t.co/7ynFaNKpo0

2013-08-30 10:00:24
Li-Shih Huang, PhD @AppLingProf

"@MizumotoAtsushi:「"teacher reflection research" が TQで興味を引く。しかし, それをどうやって研究として成立させるか authors も reviewers も struggle している。」Hirvela #JACET2013

2013-08-30 10:00:46
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「Research methodologyの問題。qualitative/quantitate は読者にとっては問題ではない。"Good Research" が求められている。」Hirvela #JACET2013

2013-08-30 10:04:19
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「特定のmethodologyを使えば,ジャーナルに載りやすいと考えられているが,Applied LinguisticsではそれはKey issueではない。Research Qに答えることができる方法を使っているかどうかを審査している。」Hyland #JACET2013

2013-08-30 10:06:30
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「Vocabulary研究の投稿の多さには驚く。Vocabulary seems to have a comeback.」Hyland #JACET2013

2013-08-30 10:11:06
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「classroom researchも多い。interactionにフォーカスを当てたもの。」Hyland #JACET2013

2013-08-30 10:13:55
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「最近出た"silence in a Japanese classroom"は面白かった。授業内の1%だけが学習者の会話というのは驚き。」Hyland #JACET2013 http://t.co/JhqrTkO6RI

2013-08-30 10:14:34
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「Feedbackを与えるグループと与えないグループを作ってクラス内で研究しても,Applied Linguisticsには載らないだろう。」Hyland #JACET2013

2013-08-30 10:16:51
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

@taketstudy そうです。Feedback research is going nowhere.って言ってましたね。writing のことですね。#JACET2013

2013-08-30 10:20:29
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「Ph.D.をやってる学生が指導教官に,refine your research questions と言われ続けるかもしれないが,published papersでもRQが一番重要なので,それはPh.D.だけの話ではないため,その後のトレーニングになる。」#JACET2013

2013-08-30 10:25:32
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「autoethnographyはまだ新しい方法なので評価が難しい。なぜその方法を選んだのかを詳細に説明すべき。」Hirvela 「読者が何を理解できているか・できていないかを考えて,ethnographyなど質的手法を説明することも必要。」Hyland #JACET2013

2013-08-30 10:35:11
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「これまでに12名の査読者に依頼して,全員に断られたこともある。これは査読者が見つけにくいトピックだったせいもあるが,テクノロジーが進歩したせいでオンラインで投稿できることにより,投稿数が増え,査読者が見つけにくい状態になっている。」Hyland #JACET2013

2013-08-30 10:45:41
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

このスライド1枚だけで2時間話してます。すごいですね。#JACET2013 http://t.co/233ZaQl6gS

2013-08-30 10:50:30
拡大
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「自分でいくらか支払って,自分の論文だけをOpenにする方法も最近ある。」Hyland #JACET2013 以前つぶやいたGolden Open Access のことですね。https://t.co/NXuT9qSWw3

2013-08-30 10:55:24
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

京都大学は古い建物ばかりのイメージでしたが,とてもきれいなキャンパスです。#JACET2013 http://t.co/2aR8HJHVQM

2013-08-30 11:03:21
拡大
神谷健一 @kmyken1

Nobody is a native speaker of academic English. ってのはなかなかの名言だな。 #JACET2013

2013-08-30 11:10:58
MizumotoAtsushi @MizumotoAtsushi

「I also get "reject" a lot. 英語自体の正確さが問題になることは,きちんとしたものであればないだろう。それよりも研究者コミュニティーで使われているディスコースを理解して書くほうが大切だ。」Ken Hylandらしいコメント #JACET2013

2013-08-30 11:12:31
Yosuke YANASE (柳瀬陽介) @yosukeyanase

@MizumotoAtsushi #JACET2013 に関するツイートに感謝します。行きたくても行けなかった(多忙でキャンセルせざるを得なかった)私にとってとてもありがたいです。

2013-08-30 12:25:09
神谷健一 @kmyken1

歴史展示室で大学紛争の時の動画が見れた。本当に炎上していた。 #JACET2013 http://t.co/5Z5vfkmMVN

2013-08-30 12:33:40
拡大
Li-Shih Huang, PhD @AppLingProf

+1 Thanks for live-tweeting the event! MT @yosukeyanase: @MizumotoAtsushi #JACET2013 に関するツイートに感謝します。

2013-08-30 12:41:27
1 ・・ 6 次へ