編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

映画『風立ちぬ』感想文

「来て」なんて、言われたいですね(笑)。
映画 宮崎アニメ 風立ちぬ ジブリ
4286view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
さて。予定通り見てきた。『風立ちぬ』。ネタバレを入れるつもりはないがネタバレに神経質な人は見ないでください。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
主観的採点をすると72点。第70回ベネチア国際映画祭で金獅子賞、ということは、たぶんないと思う。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
別に身構えて映画批評を書くつもりもないしそんな腕もないが、書いておきたいつぶやきはいくつかある。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
まあ映画館を出て一番感じたのは、やっぱりアニメはアニメだということ。そして、アニメとりわけ宮崎アニメならではの「純粋さ」に対して素直に感動できないほどひねくれ者になっている自分の人生経験を軽く呪った。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
露骨なラブシーンよりも露骨な眩しさを感じるような場面が何度もあり、サングラスが欲しくなった。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
目の前のカップルはそれを眩しく感じないのか、同時にキスしたりして楽しんでいたようで、それもまたピュアすぎて重かった。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
かなりオトナな映画なのに、ご多分に漏れず幼児を連れてくる親がいて、その幼児が肝心なセリフの場面でワーニャーうるさかったのが、また切なかった。やり場のない怒り。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
宮崎監督も、NHKプロフェッショナルの中で、(飽きてしまって、あるいは理解できず)子どもが走り回るのを危惧するような言葉を語っていたと記憶している。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
そう、それもあとで書く。 RT @kazuttiy89: @FukushimaKokugo 声優についてのご意見を聞かせて下さいm(__)m私は愛の告白の場面での棒読みに耐えられませんでした(>_<)
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
オトナな映画とは書いたが、それでもさすがのジブリというところはあって、「夢」のシーンが何度も登場し、そこにファンタジーっぽさがしっかり盛り込まれていたのは、まあ評価できるというか、当然というか。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
かつ、その「夢」のシーンが明らかに夢であると分かるのもまた、親切だなあという気はした。大変分かりやすい。なにしろ、人物が「夢のなかは便利だ」なんて語っちゃうんだから(笑)。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
それにしても一番たじろいだのは、「来て」というセリフ。ふとんをめくって、「来て」だもんな。しかもその瞬間、胸がぽよよんと揺れたし。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
まあ、目の前のカップルがキスしたくなるのもわかる。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
(笑) RT @kamuya_kurai: ぼくの「風立ちぬ」の感想を一言でいうと、自殺したいと思った。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
物語は対比的変化で読め、といつも教えている身として、この物語はどんな変化を描こうとしているのか、テーマとして隠されているはずの「AではなくB」とはいったい何なのか、ということをときどきぼんやりと考えながら見ていたが、もう1回見ないことにはそのあたりが分からないくらい曖昧だった。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
『風立ちぬ』は、何かを否定するメッセージも肯定するメッセージも、そのどちらかを強く発するわけでもなく、ふわふわと、それこそ空を飛んでいるような(空を飛んでいるだけの)映画だった。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
あるいは、そう感じてしまうのは、慣れすぎているからかもしれない。よくある「A」と、よくある「B」をすぐ感じ取ってしまい、そこに意識が向かないからなのかもしれない。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
おっと、このタイミングでこのニュース。 RT @nhk_kabun: 【宮崎監督「長編映画から引退」】世界的にも知られるアニメーション映画の巨匠、宮崎駿監督が「長編映画の製作から引退する」と、製作会社のスタジオジブリが発表しました。http://t.co/2DSb8NRSx8
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
で、なぜ対比的なメッセージを感じづらいんだろうと思っていたら、ふと思い立ったのは、「悪役不在」。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
ん。 RT @168az: @ フォロワーの者です。ツイートに共感したのでリプります! 綺麗すぎる映画で、「夢」などのファンタジー要素がまた親切丁寧に構成されてる感じが伝わり、確かに宮崎駿監督らしく思いますね! そしてとてもやり場のない激情が、子ども心に響きます。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
登場人物が、みんな、いい人たちばっかり。たしかに、ときどき「権力」的存在は登場するが、物語の中でたいした役割は持っていない。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
子どもにはおそらく分かりづらかっただろうと思うのは、主人公がどんどん成長しているにもかかわらず明確にはそれが表現されていない点。誰かのセリフで、「あ、あれから2年経ったのね」などと分かる…といった、時間経過の表現法。
福嶋隆史/著書60万部超/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
(笑) RT @chachakky: TL追ってたこちらもビックリです。 RT @FukushimaKokugo: おっと、このタイミングでこのニュース。 RT @nhk_kabun: 【宮崎監督「長編映画から引退」】宮崎駿監督が「長編映画の製作から引退する」と、…
残りを読む(38)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする