108
いふぇねこ @ifeneko_vrc
うちの母方の祖父は茨城大学の電気科の教授で、家に敦賀の図面とかあるんだけど、40年前から「石炭掘るのにたくさん人が亡くなってるんだから、原子力で人を救うんだ」って信念だった。40年前から何も論点が変わってない。どれだけ話しても、愚か者は永遠に理解できないのだ。
ふみたけ内調 @Fumitake_A
@kamille_a 九州の人間だから痛いほどわかります、炭鉱夫の労災被害や塵肺被害が社会問題になってましたから。日本の場合どうしても危険が伴う掘削掘りだった事情も相まって犠牲になった人達はかなり数にのぼるのは間違いない訳で。
いふぇねこ @ifeneko_vrc
@Fumitake_A ありがとうございます。国内では閉山しちゃったから、若い人は炭鉱でたくさん人が亡くなってるの実感ないですね。世界では過去50年で50万人ですね…今でも中国とロシアの炭鉱の環境は劣悪で、中国には政府の把握してない闇炭鉱があります。
白瀬伸一(日本で5本の指が入る軍事アナリスト) @ChromeBranche
ちなみに僕の母方の祖父は炭鉱マンで電気技師であった。炭鉱事故で左腕を失ったのだが、もし50年早く原子力発電が実用化されていれば別の道を歩み、左腕を失うこともなかっただろう。>RT
赤峰 翔@三重 @showark
@ChromeTzahal 母方の叔父が三池炭鉱の粉塵爆発で重傷を負いました。
白瀬伸一(日本で5本の指が入る軍事アナリスト) @ChromeBranche
@showark 露天掘りじゃない炭鉱は重大な事故多いですよね。うちの祖父は左腕を失った後、熊の木彫りを作り始めたと聞きます。母の話では北海道の上川駅に今もあるのだとか…
赤峰 翔@三重 @showark
@ChromeTzahal おおー。叔父は結局社会復帰に相当な時間を要したと聞いてます。一酸化炭素中毒の後遺症もあったようで、元の炭鉱夫には戻れなかったそうです。
リンク 楽天ブログ 炭鉱事故はケタ違いに悲惨 - オバかの耳はロバの耳 :楽天ブログ いい記事を読みましたので、転載します。 ************** World Coal Report(世界の石炭事情)にはこう書いている。 (補足:サイト内の情報について、温暖化問題については、彼らはこう書
リンク Yahoo!知恵袋 日本の炭鉱事故 - Y!知恵袋 日本の炭鉱事故に関する知恵ノートです。
リンク www.sorachi.pref.hokkaido.jp 記憶の証言者 / そらち 産業遺産と観光
リンク www.catv296.ne.jp 知られざる中国・炭鉱事故
リンク news.livedoor.com 世界の10大危険職業に「中国の炭鉱作業員」がランクイン=他に入ったのは?―英紙(Record China) - livedoor ニュース 2013年8月1日、今年の中国の新卒者は699万人に達し、史上最悪の就職難といわれている。新卒者は当然のごとく就職できるように必死に活動するが、職業を選択する際その職業の危険性について考える必要がある。

一般財団法人 石炭エネルギーセンター
ワールドコールレポートVol.5(2012)全文PDFより
p105-107 炭鉱災害死亡者数
中国、1384人(2012年)
インドネシア、14人(2011年)
ベトナム、34人(2012年)
http://www.brain-c-jcoal.info/JCOAL/temp/worldcoalreport5.pdf

コメント

鮎の季節は終わりました@日隈斎京 @higuma_saikyou 2013年9月2日
炭鉱火災で坑内に残された行方不明者13人の救出も出来ず、消火のため坑内に大量の水を注水するという事故もありました。街全体が悲嘆にくれたそうです。 http://blogs.yahoo.co.jp/godhand_072/9625584.html
ふみたけ内調 @Fumitake_A 2013年9月2日
過去の劣悪な労働環境や労働争議を知る例として頻出する印象があります、はだしのゲンでもお兄さんが家族を支えるため炭鉱夫になろうとしている描写があることは覚えてる人もいると思います。
ふみたけ内調 @Fumitake_A 2013年9月2日
もはや黒いダイヤで隆盛を極めた九州をはじめとした炭鉱界隈の栄華も歴史でしかうかがい知ることができませんが、エネルギー問題が叫ばれる今こそ歴史の継承をしていって欲しいと切に願います。
安東歳江 @littlebilly_bam 2013年9月2日
そういえば、地方紙には平成10年前後にも炭鉱事故の後遺症に苦しむ老人の記事が載っていましたし、地方だとこういった話はそれなりに知られているのではないでしょうか。
guwati @guwati 2013年9月2日
身内に炭鉱関係者はいませんが、子供の頃から炭鉱労働の大変な話は新聞や本やテレビなどでも知ることはできましたし、災害時の悲惨なニュースも何度か目にしました。どんな技術もそうですが、新しいシステムが昔のそれに取って代わるとき安全や利便性の向上によって多くの人達が怪我に苦しんだり、飢えたりしないで済むことを期待していたはずです。その意味では原子力も同じです。誰が人を不幸にする為にこんなシステムを考えるでしょう。今、被災地以外で原子力を非難している人達こそが最もその恩恵に浴してきたのではないでしょうか。
赤木智弘@アカギさんなのだ @T_akagi 2013年9月2日
わざわざチェルノブイリくんだりまで出かけなくても、日本国内でエネルギー問題はいろいろと考えられますね。
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2013年9月2日
炭鉱事故に限らず、ダム、トンネル工事など社会インフラの構築・維持のために、大勢の方が命を落としたり大怪我を負ったという事実の前に、その恩恵を受けてきた我々は、忘れてはいけない事の様に思える。
undo(フリーソーメンリー) @tolucky774 2013年9月2日
北炭夕張の事故が70年代かー。だったら40以下は知らないよね。炭鉱事故は犠牲者数が桁違いに多いので割に合わなくなったんだよ
nekosencho @Neko_Sencho 2013年9月2日
炭鉱は知らないけど、ビルゲイツが原発推進してる理由も炭鉱で人がたくさん犠牲になってるってとこだよね
赤峰 翔@三重 @showark 2013年9月2日
黒部ダムでもどれだけ犠牲者が出てるかちょいと調べりゃわかるですぅ。
御霊 @mitama8 2013年9月2日
日本を支える、支えてきたエネルギーの変遷とそこで失われた命、そしてオイルショックを考えると、安易な原子力批判は不可能な筈。 こうった流れを無視して、現状の問題点のみを喚き立てる理知的でない連中には呆れるばかり。 ま、筆頭が新聞、TVと言う所に現代日本の病巣が見え隠れしてるな。 ま、webにも大量にアレが存在するって点では似たようなもんだが。
tarakotarao @funyakohunyao 2013年9月2日
全てにおいてリスクとリターンがあるという話では?リターンの話ばかりしてリスクに目を向けない盲目的な原発推進の姿勢もどうかと思う。
🍉九龍かすみ☀ @Kasumi_Diavolo 2013年9月2日
funyakohunyao リスクを悪としか見てない盲目的な放射脳よりましよ( ‘ω‘)
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2013年9月2日
元の話が「原子力発電を是とする考えに対し、一方的な見方から否定する者」に対する批判だとするなら。炭鉱事故の実感だけでなくオイルショックの実感もなければ飢餓の実感もないからそれらをすっ飛ばした夢想に走るのも事実だろうけど、戦争の実感がなくとも戦争反対はするし土方がどんなものか実感がなくともヨイトマケの唄に感動するんです。多面性のある物事を一方からしか見ないことが愚かなのであって、実感がないことそのものは仕方ないんじゃないですかね。
でかつ(お盟主様)@9/29オホーツク網走マラソン @deka2 2013年9月2日
オレが子供の頃、北炭夕張新鉱の事故とかがあって覚えてるな。100人近くが犠牲になった。救助隊が二次災害にあったり、行方不明者50人超が中に残ってるのに火災鎮火のために注水したり大変な事故だった。
杢丸 @mokumaru_NOP 2013年9月2日
リスクとリターンのバランスの問題を議論すべきなのに、原発のリスクと再生エネルギーのリターンの話ばかりする人達より(ry
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2013年9月2日
資源と言う点において石油は、その局在性と各国の思惑などにより安定供給・輸送路などが戦争や紛争の具になり易く、過去日本が戦争に突入した理由の一つにもなった。現在においても日本が直接的に武力介入していなくても多くの人命の上に成り立っている事に変わりがなく、安易に化石燃料に特化する危険性も考慮する必要があると思う。
いふぇねこ @ifeneko_vrc 2013年9月2日
過去50年で50万人の死者と、単位発電量あたりでは4000倍安全という数字を見てまだ原子力に疑問を持つとか、あなた算数できる?
幻導機 @gendohki 2013年9月2日
東日本大震災時に石油タンクが炎上してたんだけど、即時廃炉派の人に「あぁいうリスクだって化石燃料にはあるでしょ?」って振った時の返事が「原発事故の前では小さいレベル」みたいなソレだったから、そっちからの説得は観客にするしかないですね。あの時はパイプラインの炎上もアフリカであったんだけど小さい事故扱いされたような記憶ががが。
山下238 @Yamashita238 2013年9月2日
そりゃ、ああいう脱原発派にとっては1000人他人の命より自分がちょっと被曝する可能性があるほうが嫌なんだから。
一条和城(サグカレー味) @ichijou_kazuki 2013年9月2日
「すべてはリスクの話」それはそうなのだけれど、ある問題に対して「リスク」が一片でも存在したらそれはもうまかりならんって議論の進め方をする事こそ、「リスクとリターンの較量」が出来ていないというべきではないのだろうか
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2013年9月2日
国内の必要電力を賄える発電方法が、現在のところ事実上火力と原子力しか無い中、火力への集中が上記リスクを抱え、原子力と比較しても無視出来るレベルでは無い以上再稼動するか、ブラックアウトのリスクを許容するかの二択しか無いように思えるが、国民がブラックアウトのリスクを認めた上で許容するとは思えない。
アザラシ@毒 @AzaraSeals 2013年9月2日
化石燃料がトラックで運ばれて来るイメージしかないんだろうねぇ…
一条和城(サグカレー味) @ichijou_kazuki 2013年9月2日
AzaraSeals 小中学校の屋外プールにガソリンを保管しよう、なんて発言がありましたねぇ…今回のトピックとはかなりずれますが理解がされていないという点では共通しているか
Emmanuel Chanel @Emmanuel_Chanel 2013年9月2日
私自身、炭鉱が舞台の作品で見たものはフラガールだけ…みたいな感じですねえ。原発以外のインフラの生命のリスクに無知なのは、私も #放射脳 #ワーワー教 と変わりませんねえ…
桜浴衣王さん✬ @Dr_sakura 2013年9月2日
結局、"原発→とにかく反対"、"火発→火災事故怖い、コスト高、戦争誘発"となって、水力や太陽光に頼って、警官や自然環境を破壊しまくり…という悪夢は避けてほしい。
成瀬京太郎 @yuugekisen 2013年9月2日
炭鉱も原発も労働者を集め管理するのに暴力団が使われてるのは、昔も今も変わらない
桜浴衣王さん✬ @Dr_sakura 2013年9月2日
警官じゃなくて、景観でした(^_^;
guwati @guwati 2013年9月2日
莫大な利権の元には政治家からやくざまで様々な階層の連中が群がるのは原発もダムも炭鉱もみんな同じですね。インフラ事業から闇の部分を抜いたら成り立つ仕事はなくなります。だから原発は悪だというのかもしれませんが、それが社会や経済の本質的な仕組みというか必要悪というものなのでしょう。それらは残念ながら生半可な正義感で糺せるものではないようです。
Sひろし @1970er 2013年9月2日
炭鉱労働は危険で辛い面がありますが、明るい面もあったりするのも知っていただければ→◆「明るい炭鉱」(吉岡 宏高) http://www.amazon.co.jp/%E6%98%8E%E3%82%8B%E3%81%84%E7%82%AD%E9%89%B1-%E5%90%89%E5%B2%A1-%E5%AE%8F%E9%AB%98/dp/4422300431
WicKid @wickid101 2013年9月2日
日本だと、掘削系の資源は必ず汚染地下水の処理に困るんだけど… 炭鉱は金属鉱山程は酷く無いけど、有名な足尾銅山なんか、まだ浄水場動いてるんだよね。
WicKid @wickid101 2013年9月2日
日本だと、掘削系の資源は必ず汚染地下水の処理に困るんだけど… 炭鉱は金属鉱山程は酷く無いけど、有名な足尾銅山なんか、まだ浄水場動いてるんだよね。
neologcutter @neologcuter 2013年9月2日
ドイツの #脱原発 だって石炭という資源があればのこそなのにね。露天掘りでもキツそうなのに…
秋ゑびす●9/20-26 秋彼岸は佛教行事 @yamashita99 2013年9月2日
いま、 #NHK の 鶴瓶の家族に乾杯」で夕張の街を見ている人が、ちょっとでも炭坑事故と技術の歴史に想いを寄せることを希望します。
Ikunao Sugiyama @Dursan 2013年9月2日
労働と健康関係の論文あさってる時、じん肺とか粉塵爆発系はよく見たなぁ
ずっきー【精神疾患にて闘病中】 @zukkykamogawa 2013年9月2日
原発=危険、火力=安全と考える人には、寝耳に水なんだろうな。今も立派に石炭火力は運転されています。更にはより高度な石炭ガス化火力発電なる物も。其々にメリットとデメリットがある。1つの物に偏るのはデメリットを多くする。ベストバランスをめざして、多様化するのが理想なんじゃないのかな。
ふみたけ内調 @Fumitake_A 2013年9月2日
neologcuter もっともそのドイツも今度は「脱石炭」が政治の論争の火種になっているようで、私的にはドイツはあまりに突飛過ぎる印象を受けます。
neologcutter @neologcuter 2013年9月2日
Fumitake_A 「厳しい試練にさらされるドイツの石炭火力発電依存体制」 http://goo.gl/RGRmgc 環境保護派の矛先が原発から石炭火力に変わっているとのことです
秋ゑびす●9/20-26 秋彼岸は佛教行事 @yamashita99 2013年9月2日
もう忘れてる人も多いでしょうけど、北京五輪の頃に中国で社会問題になった「直訴村」。あそこにも、闇の炭鉱で労災に遭って働けなくなったのに、業者が補償してくれないので訴えに来た例が多かったそうです。
石炭村の工作員 @Braunite 2013年9月2日
夕張新鉱・三池有明・南大夕張の炭鉱事故は、ガス抜き不十分、設備の巡視の不十分・不徹底が原因である。 死神から逃れられた者達を、死神に差し出したと言う事実より、死神に連れて行かれたことが大事なのだろう… 今年の10月16日は、夕張新鉱ガス突出事故犠牲者の三十三回忌
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2013年9月2日
前にざっくり計算したんだけど、日本の石炭火力発電所が全力で運転するとオーストラリアで2年に1人死ぬ計算なんだよね…。
e10go @e10go 2013年9月2日
炭鉱事故は一度起きると沢山の犠牲者が出る。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E9%89%B1#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.AE.E4.B8.BB.E3.81.AA.E7.82.AD.E9.89.B1.E4.BA.8B.E6.95.85 183名の犠牲者が眠る長生炭鉱の上の海岸には、今もピーヤが見える。 http://wing.zero.ad.jp/~zbc54213/tyousei-tankou.html
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2013年9月2日
AerospaceCadet 反原発な人らがいうには、福島第一原発由来の放射性物質のせいで5年後?10年後?に癌でばたばた人が死ぬらしいから、二年に一人なら少ないのではないだろうか____
瑞樹 @mizuki_windlow 2013年9月2日
ほってたのは石炭じゃなくて金や銅を掘ってるところだけど、チリの鉱山で落盤事故があって30人からの人が2ヶ月間、生き埋めになってたって事故が起ったのは、2010年の夏のことだよねぇ……
ふみたけ内調 @Fumitake_A 2013年9月2日
長期的な影響という観点で言えば炭鉱夫の塵肺被害も忘れるべきではないでしょう、またかつて給湯も石炭だった時代は煤煙による害が都市部なりを襲ってた訳で。
ふみたけ内調 @Fumitake_A 2013年9月2日
公害問題を散々持ちだす人達が何故か四日市ぜんそくに触れないのも謎、あれなんて石油に依存したツケが招いた災いの典型なのに。http://p.tl/1ayr
富 ユタカ @lkj777 2013年9月3日
ウラン掘ってるところも色々問題があるんだけどそれは誰も実感しないんだろうなあ。Rangerの汚染水は未だに解決の途上。現地のアボリジニに相当カネをばらまいていたりしてます。Jabiru closing the gap themselves - Yahoo!7 http://yhoo.it/18xuoCU あと今はどんな感じなのか。 http://webronza.asahi.com/global/2011060700001.html
鮎の季節は終わりました@日隈斎京 @higuma_saikyou 2013年9月3日
若い人に炭鉱事故の実感がないばかりか石炭の恩恵を受けてきて、今も受けている世代にも悲惨さの実感がない。少なくとも産炭地以外の人には他人事と映っているのでは?原発事故は刷り込まれた恐怖感から他人事とは思えないのでワーワー騒いだり関心を持つ人が多いのではないか。都会でぬくぬく暮らしている人は、いろいろな犠牲の上に暮らしている事を実感する想像力が欠けている。原子力だって放射能を正しく恐れる事を知れば都会の人には降りかかる火の粉ではないので静かに冷静に事実を認識することが大切。
infobloga @infobloga 2013年9月3日
悲しいかな、炭鉱事故によるリスクは、石炭の価格に転嫁されている。たしかに、命の価格が安く見積もられれていることは問題かもしれないが、それはエネルギー問題ではなく労働問題。一方、原発事故によるリスクや公害のリスクは、必ずしも価格に転嫁されているとは限らないことが問題。両者は全然違う。
infobloga @infobloga 2013年9月3日
石炭と原発のリスクを同列に見て原発の倫理的評価をしようとする人は、無意識に、市場主義的な倫理観ではなく、計画経済的な倫理観によっているわけ。たとえば、フェアトレードのコーヒーしか買わないとか、ダイヤモンドは買わないとか言う倫理観を採用していることになる。これは一つの倫理観としてありえるので、頭ごなしに間違っていると言うつもりはない。
infobloga @infobloga 2013年9月3日
でも、普通に缶コーヒーを買ってるくせに、「炭鉱事故と原発のリスクを同列に評価するべき」とか言うのは、ダブルスタンダードもはなはだしいのではないかと思う。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2013年9月3日
infobloga 同列に評価する必要はないけど、無視したらいかんべや。無視レベルに軽く見てるのは問題じゃね、というのがここでの趣旨なわけで。また、「リスクが正しく価格に反映されていない」というなら、今までが不当に安かったことになるから、電気料金値上げに反対しちゃいかん。
HK416C @HK416C 2013年9月3日
アホ花火はウラン探鉱て死んだ人間と炭鉱で死んだ人間の総数を比べてからほざけや。あと労働問題だろうがなんだろうがこれまでに万単位の人間が石炭で命を落としていることに変わりはねえよ。
ふみたけ内調 @Fumitake_A 2013年9月3日
石炭と原発のリスクを同列に見て原発の倫理的評価をしようとする人は、無意識に、市場主義的な倫理観ではなく、計画経済的な倫理観によっているわけ。→単純に同じ量から電気を作るなら原子力の方が低コスト、価格面はそうゆう面も加味されている。
ふみたけ内調 @Fumitake_A 2013年9月3日
掘ったモノをガンガン燃やすから炭鉱夫を文字通り使い倒していた実態があるから炭鉱夫の被害が頻発してた事情を見落とすのは弱者の味方としてどうよ?というウンザリ感。
ふみたけ内調 @Fumitake_A 2013年9月3日
higuma_saikyou 個人的に最近もBPがメキシコ湾でやらかした石油(ガスも含めて)掘削などによる事例が無視なり見落とされている点は正直どうよという疑問があります。
ふみたけ内調 @Fumitake_A 2013年9月3日
環境破壊という観点で言えば特に海洋汚染に於ける石油絡みの事例の深刻さは常に取り上げられてたのに。
infobloga @infobloga 2013年9月3日
なんか変な話になってるけど、↑のコメントで、原子力より石油の方が良いなんて書いてないですよ。炭鉱事故のリスクを元に石炭より原子力が良いと結論付けることのおかしさを指摘しただけで、大気汚染とか、海洋汚染とかについてはいろいろ議論すれば良い話。
T.U.Yang @tadatsome3 2013年9月3日
今から10年ほど前に北東北で住んでた集合住宅(昭和42年築)には、塞がってはいたけど石炭ストーブの石炭投入口が残ってた。炭鉱事故は少なくとも戦争よりは遠い過去では無いのだから、エネルギー供給について考えるときにその記憶を元にリスクを客観的に計算に入れるべきだよね。
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2013年9月3日
石炭だろうがウランだろうが石油だろうがダムだろうが地熱だろうが、国内のエネルギー事情を満たせるだけの資源の入手には大きなリスクや環境負荷からは逃げられない。また経済リスクや資源の一局集中によるリスクも無視できない。
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2013年9月3日
その中で現実的に取り得る手段は限られている。トータルのリスクを減らしリターンを増やせる手段とは?
kaji @StepKaji 2013年9月19日
今回の原発事故は地理的に福島だからあの程度の被害で済んでるわけであって 他の原発で事故が起こってしまったら国土や水産業への壊滅的な打撃は避けられない。 そして電力会社や政府の原発運用の不健全さはこの大事故が起きた上でも全く改善されていない。 この辺りのリスクに改めて警戒心を持ったからこそ脱原発の論調になってる事を忘れてはいけない。 炭鉱や火力発電のリスクが原発より明らかに大きい?寝言は寝て言うべき。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする