Togetterアプリでログイン状態が正しく設定されない事象が発生しています。
2013年9月2日

第32回 原子力委員会定例会議

1
らいあ @Sucha_Para

◇2013.8.29 第32回 原子力委員会臨時会議 議題:(1)福島県におけるリスクコミュニケーションの課題について…他 資料▸http://t.co/c2liLXPokY 音声▸http://t.co/tNPkzMTqSe

2013-08-29 20:40:55
らいあ @Sucha_Para

資料1-2 伊達市の「除染」について(半澤隆宏氏資料)http://t.co/c2liLXPokY

2013-09-01 15:45:36
らいあ @Sucha_Para

都合のいいときだけ「リスコミが大切」!? 理系→科学的・理論的に偏りすぎ !? メンタル・感覚も←文系 / 高所恐怖症は、リスコミでは治らない。放射線恐怖症?も同じ。/ 男性目線のリスコミの限界。

2013-09-01 15:49:24
らいあ @Sucha_Para

自分がそうなので、『高所恐怖症は、リスコミでは治らない』という話しは、なるほどと思うけど、高い所に行かなければよいので(どうしても避けられない場合があったとしても、そんな頻繁にあるわけではない)治さなきゃ、と思ったことは1度もない。

2013-09-01 15:56:45
らいあ @Sucha_Para

資料1-3 東京電力福島第一原子力発電所事故における避難者の現状と課題(福島大学 准教授 丹波史紀氏)http://t.co/S4ly7LQkuj

2013-09-01 15:59:25
らいあ @Sucha_Para

1)原発事故がそもそも収束しているのか(浪江町請戸地区。福島や郡山より線量が低い地区だが、目の前に福島第一の煙突が見えるのことで、不安になる) 2)除染。 3)帰還。放射能のリスクより利便性で帰還をためらう。 4)「安全」は感じても「安心」が感じられないのではないか。

2013-09-01 16:16:08
らいあ @Sucha_Para

図:原発事故の実態をあきらかにするための基本的視覚 ※除本理史他(2012)「福島原発事故による避難住民の被害実態調査報告書」大阪市立大学 (OCU-GSB Working Paper),No.201201,p.2 http://t.co/UFHNlfEo7I

2013-09-01 16:19:43
拡大
らいあ @Sucha_Para

県外避難。強制避難された方と、自主避難の方は状況がかなり違う。自主避難された方は、自ら決断して避難しているので、決断したことに合理的な根拠を求めたい。そうすると放射能の被害を過大視する傾向にある。ただ、それが悪いという訳じゃなく、そういった不安に答えていくための取組をどうするか。

2013-09-02 03:12:19
らいあ @Sucha_Para

避難されていない家族間や親族間において、健康影響への認識の違いが、家族関係のズレにもなり、中には家庭内不和などが、直後はあったが現在はおちついている。一方、子どもの保養など未だにニーズが高い。住んでいたとしても不安という気持ちはあるかもしれないので、そこにどう答えるするか。

2013-09-02 03:20:28
らいあ @Sucha_Para

賠償スキームが、一部住民が帰還をためらうような状況をうんでいる。帰還するかしないかは、個人の選択だが、インフラの整っていない中帰還しようとする人たちに、特別な努力は認められないのかという声もある。そのとき二大事なのが前述の4項目。不安に答えるための継続した体制づくりが課題。

2013-09-02 03:25:37
らいあ @Sucha_Para

この資料、大切なことがたくさん書かれてる気がする。

2013-09-01 16:26:34
らいあ @Sucha_Para

資料1-4 福島県におけるリスクコミュニケーションの課題について(福島民友新聞社 編集局報道部長 小野広司氏) http://t.co/x3gIioDJ3D ※福島民友の紙面を掲載

2013-09-02 03:27:49
らいあ @Sucha_Para

朝刊が出るたびに、毎日のように電話がはいる。(記事に対して)「どういうことなのか」「何が起きているのか分からない」という不安の声が、報道機関に届いている。これは、行政なり、本来不安を訴える相手に対して、不安を打ち明けられない・打ち明けても仕方がないと思われ、報道にきているのでは。

2013-09-02 03:35:32
らいあ @Sucha_Para

汚染水問題。国の施策のスピード感が遅い。茂木大臣が表明してから、予算を表明までは早かったかもしれないが、地元は緊急の災害現場であるとの認識はあるのか?火事場で水が欲しいというときに、大型の水がめをうちが用意しますと言っても、住民にはメッセージが届かない。

2013-09-02 03:42:11
らいあ @Sucha_Para

資料1-5 生徒が主役の放射線教育の歩みとリスクコミュニケーションとの関連(福島県郡山市立郡山第六中学校 理科教諭 佐々木清氏) http://t.co/JA0XIyqp4V

2013-09-02 04:17:14
らいあ @Sucha_Para

資料1-6 福島県におけるリスクコミュニケーションの課題について(大熊町商工会 会長 蜂須賀禮子氏) http://t.co/4p9AOeX1jQ ※元国会事故調委員のかた。

2013-09-02 04:27:25
らいあ @Sucha_Para

〈3つの『ふしん』がもたらす悪循環〉 原子力安全神話の崩壊がもたらした『不信』…国や県は信じられない 原発事故後の各種情報への『不審』…情報が本当か疑わしい 2つの『ふしん』が招いた『不振』…何も信じられずやる気が起きない

2013-09-02 04:38:46
  • 発言メモ
らいあ @Sucha_Para

福島大丹波史紀氏:身近に学ぶ場があるのは大事。情報を選び取っていくのも大事。情報はあっても、今目の前にあるものを判断…情報を垂れ流すだけでは意味がない。地域の中で、「あの人が言ってる」という事が信頼をうむという事もある。

2013-09-07 20:05:31
らいあ @Sucha_Para

4/5から放射線量を測り始め、4/6に学校を始めると。なぜ始めるか校長先生にたずねたら、「建物が壊れてないから」と。不信感というのはあった。冷静に判断するようになった。地域の人に信頼をゆだねていく。一緒に学ぶという事が大切。

2013-09-07 20:07:53
らいあ @Sucha_Para

消費者庁からオブザーバーで来ていた人がとても良い人で、感動してしまた…。

2013-09-07 20:23:33
らいあ @Sucha_Para

福島民友・小野:サイトがどうなっているか、うまく伝える特効薬はない。東電自体が分かっていないというのもある。線量が上がって原因は何か探っても、可能性という事だけしか出せない。リアルタイムでの情報提供も、うまくいってない。官庁が、HPに載せた所で、避難してる人には、早々伝わらない。

2013-09-07 20:36:11
らいあ @Sucha_Para

蜂須賀氏:保安院のときは話す機会があったが、規制委員会が何を考えているのか分からない。規制委員会が地元に対して何も言ってこない。規制委員会に意見を言う機会は、あるのか?(なぜか、近藤委員長が規制委員会の心のうちを代弁)

2013-09-07 20:43:10
らいあ @Sucha_Para

近藤委員長:時間が経って、問題が少しずつ変わってきてるが、1番変わってないのが1Fサイトの人たちで、今でも非常モード。危機管理でも周辺環境と気をつけないと教科書にも書いてあるが、現場では毎日問題があって非常モードかもしれないが、切り替えができてないと、少し前に視察に行って思った。

2013-09-07 20:58:40
らいあ @Sucha_Para

福島の人とリスコミュの話しをした、最後の最後でこういうこと言っちゃう、原子力委員会のトップ…。

2013-09-07 21:00:36

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?