2013年9月6日

毎日新聞の日野記者が書いた記事は、「「デマ」にも匹敵する酷さ」「注意喚起するレベル」大森真(テレビユー福島)

その記事は2013年9月5日。6日間の検討の結果、日野記者が書いた「空間線量の推計値に比べ、数値が低く出やすい個人線量計」「意図的に低くなるよう集められたデータ」はデマではなく、正当だったことがわかった。これを「注意喚起するレベル」「人権の侵害にすらあたる」と書いた大森真氏には、日野記者と同じ報道人として責任をとってもらいたい。
31
リンク mainichi.jp 記者の目:骨抜きの原発被災者「支援法」=日野行介 東京電力福島第1原発事故による被災者支援を掲げる「子ども・被災者生活支援法」の基本方針取りまとめを...
大森真 @yard_1957

@hayano この記事のせいで支援チームの中に強い「マスコミ不信」が生まれてしまい、取材しづらくてしょうがないです @kaztsuda

2013-09-06 00:07:33
大森真 @yard_1957

(斗ヶ沢 @hidetoga さんには悪いが、日野記者http://t.co/VNnDyK00sw特に2段落目は、ネット上に氾濫する「デマ」にも匹敵する酷さだと思う.デスクなり編集長なりに注意喚起するレベル

2013-09-06 00:34:13

(日野記者が書いた記事2ページ2段落目を引用します。)
 原子力規制委員会は先月28日、避難者の帰還を促すための検討チームを設置した。空間線量の推計値に比べ、数値が低く出やすい個人線量計のデータを集めて避難者を安心させると共に、線量に基づかない支援対象地域指定の「科学的根拠」を後付けで示す狙いがある。だが、意図的に低くなるよう集められたデータは信用されるだろうか。そもそも、初めに帰還ありきでは検討の順序が明らかに逆だ。

大森真 @yard_1957

(おそらく彼には「その報道を見た福島県の人がどれだけ傷つくか」とか「それによるストレスでどれだけ健康を害し、場合によっては生命にかかわるか」とかの意識は全くないのだろう.僕はこれは人権の侵害にすらあたる問題だと思うし、「責任取れるのか」と聞きたい)

2013-09-06 01:09:30
大森真 @yard_1957

(今日は(正確には昨日)日曜放送の特番収録に追われてさきほどまであの記事読んでなかったのだが、先日のテレ朝のモーニングショー(敢えてこう言わせてもらうが)に続いて、怒りに全身が震えた)

2013-09-06 01:13:42
大森真 @yard_1957

(じゃあお前は責任取れるのか、と問われれば.自分の命くらいはいつでも差し出すし、微々たる財産(せいぜい1桁の億単位)も全部差し出します.それ以上はないのでできません.、要は「自分の全て」は差し出しますよ.そう思ってなけりゃ福島で報道なんかできない)

2013-09-06 01:34:04

2段落目の分析

>原子力規制委員会は先月28日、避難者の帰還を促すための検討チームを設置した。
1)これは事実の報道だ。

>空間線量の推計値に比べ、数値が低く出やすい個人線量計のデータを集めて避難者を安心させると共に、線量に基づかない支援対象地域指定の「科学的根拠」を後付けで示す狙いがある。
2)個人線量計の値が空間線量と比べて低く出やすいかどうかは、科学的に検証する必要がある。
3)「線量に基づかない支援対象地域指定」を国がしたのは事実だ。個人線量計がその根拠になるかどうかは、示されるだろう意見を聞いてみないとわからない。現時点では予想の域を出ない。

>だが、意図的に低くなるよう集められたデータは信用されるだろうか。そもそも、初めに帰還ありきでは検討の順序が明らかに逆だ。
4)「意図的に低くなるよう集められたデータ」かどうかは2)をしないとわからない。
5)そのデータが信用されるかどうかを心配するのは自由だ。公言するのも自由だ。
6)「初めに帰還ありきでは検討の順序が明らかに逆だ」は、正当な批判だ。

この記事を、「「デマ」にも匹敵する酷さだと思う.デスクなり編集長なりに注意喚起するレベル」、さらには「人権の侵害にすらあたる」と書いた大森真氏がこの記事のどこに注目してそう感じたのか、私にはまったくわからない。

まとめ 個人線量計(ガラスバッジ)とモニタリングポスト ・「空間線量の推計値」をモニタリングポストの数値に頼ると、致命的な過誤をもたらす。 ・個人線量計は、きちんと検定してから使う必要がある。 このあと勉強した結果はここにまとめてある:「ガラスバッジが示す実効線量は芝生実測値の5分の1」 http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-614.html  3586 pv 25 2 users 9
まとめ 個人線量計(ガラスバッジ)とモニタリングポスト(2) 同じシーベルトでも、両者は測ろうとしている量が違う。モニタリングポストは場所の線量を測るのが目的で、周辺線量等量を測定する。人が身につけるガラスバッチでは個人の線量を測るのが目的で、個人線量等量を測定する、のだそうだ。 ・・・・わかったような、わからないような、説明だ。 1458 pv 9 2 users 1

科学的考察

yoka72 @yoka72

【地表に広く分布した 134 Cs および 137 Cs を対象とする個人線量計の評価】http://t.co/Yibel8qFMK

2013-09-06 09:37:37
道草クー太郎 @KutaroMichikusa

被曝線量と健康被害の関係で参照される広島やチェルノブイリのデータはガラスバッジのデータではないことも考慮に値する問題だと思う。

2013-09-06 13:41:11
道草クー太郎 @KutaroMichikusa

↓ 放射線源が地表に広く均等分布している想定での個人線量計(ガラスバッジ)の数値評価。「線源に対置して作業を行う場合を想定した実用量であるHp(10) と異なり、数値的には実効線量に相当する線量となることが判った」

2013-09-06 15:14:00
道草クー太郎 @KutaroMichikusa

具体的には、この条件ではガラスバッジの数値は空間線量計の数値より3割強小さくなるとの計算。ただし、実際に使われているものは様々な工夫がなされているので、実測による検討が望まれるとのこと。(当論文は2013年1月のもの)

2013-09-06 15:14:18
早川由紀夫 @HayakawaYukio

ガラスバッジは点線源用に校正されている。(いまの福島のような)線源が平面上に一様に分布した場所で使うと、低く出る。0.69倍の値を示す、と理解しました。正しいですか?@kutaromichikusa

2013-09-06 15:27:01
道草クー太郎 @KutaroMichikusa

@HayakawaYukio 点線源ではなく平行ビームとあります。実際に使われているガラスバッジにどのような校正が施されているかまでは当論文には書いてありません。計算しやすいモデル的線量計では0.69近傍になると。

2013-09-06 15:35:45
早川由紀夫 @HayakawaYukio

私の考え。芝生の上で毎時0.5マイクロが測られる環境で生活しているとする。建物の遮へいや除染の効果で毎時0.2マイクロがじっさいに受けとる放射線量だろう。年2ミリだ。これをガラスバッジで実測するのは、ガラスバッジの能力を過信してる。年2ミリだと覚悟を決めてかかるのがよい。

2013-09-06 15:49:36
早川由紀夫 @HayakawaYukio

ガラスバッジで実測するのは、ガラスバッジの能力を過信しているだけでなく、判断先送り(事後でないとわからない)と判断他人任せ(ガラスバッジは他人に測って報告してもらわないと数値がわからない)の効果もある。

2013-09-06 16:21:32
早川由紀夫 @HayakawaYukio

個人線量計(ガラスバッジ)が正確な被ばく量を与えるの言説は、まやかしである。

2013-09-06 16:22:36

コメント

早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月6日
科学的考察をした結果、毎日新聞の日野記者がきのう書いた「空間線量の推計値に比べ、数値が低く出やすい個人線量計」と「意図的に低くなるよう集められたデータ」は、そのとおりであり、デマではないと結論できた。
2
ヘルメットをかぶった猫・東日本回遊中 @neko3no3te 2013年9月6日
私は、新聞記者に「意図的に低くなるよう集められた」という憶測を事実のように書いて欲しくない。“自分は意図的だと思う”“低くなるよう集められたのではないか?”ならいいが。
2
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月6日
きょう調べてわかった個人線量計の特質から、そこに意図があったと私は判断します。これは、2年半の経験に照らした判断です。neko3no3te
1
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月6日
意図の文字がいやなら、恣意ではどうでしょうか。科学実験を立案するときに恣意は排除されなければなりません。計画立案されたのは政治であって科学ではなかったのでしょう。neko3no3te
1
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月6日
2年半の経験には、除染したうえでのモニタリングポスト設置と、給食一食丸ごと検査と、コメの安全宣言と、食べて応援キャンペーン、を含みます。neko3no3te
2
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月6日
日野記者の記事は酷すぎる。「モニタリングポストは実際より低く見せている」といういつか何処かで見た風景。空間線量率と実効線量が別物だと知らない市民の不安を煽っているだけかな。
5
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月6日
周辺線量当量と個人線量当量と言わないと正確ではないですね。(どこかにまとめがあったはず)→ kazooooya
5
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月6日
ご参考に→ 「外部被曝線量評価の実用量(周辺線量当量, 個人線量当量)と、防護量(実効線量)の違い」 http://togetter.com/li/388314
3
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
「空間線量率と実効線量が別物」なら、文科省はなぜ航空機モニタリングをしたのですか?何のために?kazooooya
0
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
HayakawaYukio 質問の意味が分かりません。航空機モニタリングの目的は、広大な範囲の空間線量率や放射性セシウム沈着量の分布状況を迅速に把握することですよ。
3
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
kazooooya 「空間線量率と実効線量が別物」なら、「広大な範囲の空間線量率や放射性セシウム沈着量の分布状況を迅速に把握」しても、人体の健康を守るために何の役にも立たないじゃないですか。
1
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
HayakawaYukio 実用量(周辺線量当量)と防護量(実効線量)があって、実用量は防護量を安全に測定するためのものでなければならない。 ご参考に→ http://togetter.com/li/506716 (測定と防護対応は連携しなくてはいけないものですが、基本的に別ものでしょ)
4
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
遠藤さんが、空間線量計と個人線量計の違いを分かりやすく説明していますが、これでもダメですか?→ http://j.mp/15CKg6q
4
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
kazooooya 「空間線量率と実効線量が別物」かどうかの話をしています。いま他の話はしません。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
ここでいわれた「別物」を私は、たがいに独立していて、一方から他方を求めることができないと理解します。kazooooya
1
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
私は、周辺線量当量と個人線量当量はそれぞれ目的が異なるので「別物」と表現しました。確かに周辺線量をもって個人線量を求めることは出来ないが、24時間その場所にいたとしたら被ばく量は最大いくらです、とか防護的に見積もる事は可能ですよね。
2
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
わかりやすく聞きます。広く言われている年1ミリの基準は、実用量(周辺線量当量)ですか、それとも防護量(実効線量)ですか?kazooooya
0
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
HayakawaYukio 公衆被曝とか追加1mSv/年は実効線量です。
3
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
ちょっと濃いソースも塗っとくね→ 『ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08) 』- ATOMICA - http://j.mp/17XlFPD
3
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
なるほど。わたしはそれをいま初めてはっきりと認識しました。いままで実効線量の語は聞いてましたが、理解が不十分でした。私の認識をこれで総点検して改めなければなりません。kazooooya
1
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
ただし、それでもなお、日野記者が書いた記事に不適があると私は思いません。批判のほうが不適だと考えます。kazooooya
0
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
日野行介記者の「空間線量の推計値に比べ、数値が低く出やすい個人線量計のデータを集めて避難者を安心させると共に、線量に基づかない支援対象地域指定の「科学的根拠」を後付けで示す狙いがある。」との記事は、線量限度が何を示しているのか理解していないのかと思います。(空間線量率をもって線量制限しているのではない)
3
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
実用量(周辺線量当量)は、防護量(実効線量)のおおむね3割増しである。モニタリングポストは前者を、バラスバッジは後者を測っている。ガラスバッジの数値がモニタリングポストの数値の数分の1になった事例が報告されているが、その原因は不明だ。これでいい?
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
kazooooya 私は「線量限度が何を示しているのか理解して」いませんでした。もしかすると日野記者もそうかもしれません。そうであっても、日野記者の指摘が外れていると思いません。当局は、明確には測れない(仮想的な)実効線量を恣意的に使って住民を目くらまししようとしてる。
0
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
HayakawaYukio モニタリングポストもガラスバッジも実用量です。防護量(実効線量)はコンピュータを用いる計算機手法で求めた実測不可能なもの。実用量は「サーベイメータで「防護量」を安全側に測定・評価できるようにサーベイメータの特性を変え、「防護量」を安全側に評価できるようにした実用的な測定器による計測量」→ 『外部被ばくに係る防護量と実用量 (09-04-01-19)』 - ATOMICA - http://j.mp/14yXS2a
4
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
じゃ、なんで、文科省は2年前、年20ミリにあれほどこだわったのだろうか。説明できない。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
年1ミリが毎時0.23マイクロ相当だと国がしたとき、建物の遮へい効果だけで計算して、周辺線量当量と実効線量の違いをもちださなかったのは、なぜだ。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
kazooooya あらそうなの。放射線防御のときに実効線量という概念を持ち出すのは、わざとわかりにくくして被ばく者を混乱させようの意図があるとしか思えない。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
「モニタリングポストもガラスバッジも実用量」なら、日野記事を評価するときに「空間線量率と実効線量が別物」を持ち出したのはひどい誘導でしたね。実効線量はこの議論に何も関係ない。kazooooya
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
日野記事は実用量だけで議論してた。二種類の実用量があって、一方が他方の3割減だった。このことだけでも重要だが、3割減どころか、数分の1だとする報告まである。その数字いじりに意図があると喝破するのは新聞記者の面目躍如というべきだろう。
0
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
実用量は「防護量」を安全側に評価できるようにした実用的な計測量、というのが重要なところです。なので、「意図的に低くなるよう集められた(ガラスバッジの)データは信用されるだろうか」は誤りで読者をミスリードしかねない。デマと批判されても仕方がないと思います。
3
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
日野記者の記事は過去にも指摘(http://j.mp/17HmuWG)されているので評判はよくありません。今回の記事でも同社の斗ヶ沢氏からも指摘(http://j.mp/17HnSbD)されているようです。まとめに追加してはどうでしょうか?
3
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
Togetterのブロックを解除すると私と同様なコメントが書かれると思います。ともあれ、早川さんの認識が1つ更新されたこのまとめには意味がありますね。 私も人のことは言えませんが、誤った情報や認識不足は更新していきましょう!
4
二十人のろの夢 @drsteppenwolf 2013年9月7日
モニタリングポストもガラスバッジも実用量だけど、前者は周辺線量当量、後者は個人線量当量が表示されるように換算されていると私は理解しています。(自信なし)
1
二十人のろの夢 @drsteppenwolf 2013年9月7日
で、ガラスバッジなどの個人線量当量は個人の被曝量を計測する目的なので、ガラスバッジの値はモニタリングポストの値より、防護量である実効線量に近い値に換算校正されるようになっているじゃないでしょうか?
1
道草クー太郎 @KutaroMichikusa 2013年9月7日
国のモニタリングポストは実用量/防護量のいずれでもなく、物理量としての空気カーマ(ググって下さい)を測定しているようです。その計測値を解析して、中の人が住民の実効線量(防護量)を推計するというのが目的の1つ。
0
道草クー太郎 @KutaroMichikusa 2013年9月7日
「環境放射線モニタリング指針」平成20年3月 原子力安全委員会 http://www.nsr.go.jp/archive/nsc/anzen/sonota/houkoku/houkoku20080327.pdf ← 45ページ参照。
0
道草クー太郎 @KutaroMichikusa 2013年9月7日
このページには「実効線量(単位mSv)の推定値を求めるには、原則とし て、空気カーマ(単位mGy)に0.8 を乗ずる」「緊急事態発生時の第1段階モニタリングにおいては1mGy=1mSvとする」とあります。
0
道草クー太郎 @KutaroMichikusa 2013年9月7日
遠藤さんのスライド37ページでは、セシウム137のガンマ線が支配的ならば約1.2を乗ずるとのこと。空気カーマ≒空気吸収線量と見なしてのことと思いますが。http://www.slideshare.net/tomohiroendo315/20130518-endo-rev0 「0.8」「1」「1.2」と違う係数の前でお手上げ。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月7日
kazooooya 「実用量は「防護量」を安全側に」とおっしゃいますが、ガラスバッジは実用量なのにもかかわらず危険側に操作されています。これを日野記事は正しく指摘しました。
3
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
そもそも、ある場所の線量を表す周辺線量当量と、作業環境や生活環境によって異なる個々人の被ばく量を表す個人線量当量を比較するのが間違いです。個々人の被ばく量は意外と低く、危険側に操作されていはけではなく、これまで防護的に過大に見積もられていたということかと思います。
4
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年9月7日
あと、国のモニタリングポストは空気吸収線量率を、リアルタイム線量測定システムうやサーベイメータは1cm線量当量率を測定していますし、(※2)にあるように「空気カーマ≒空気吸収線量とほぼ等しい」とあるのでどちらも実用量を測定しているかと。 http://j.mp/1aURauN こちらもご参考に→ 「空間中の放射線の量の表現に関してのまとめ」 http://j.mp/13WwWvE
2
道草クー太郎 @KutaroMichikusa 2013年9月7日
「実用量」が「防護量=実効線量」に対し安全側で計測される数値であるということは、「無駄に盛っている数値」ということではなく、その程度の余裕を見ないと状況によっては過小評価の危険があるということでしょう。
1
道草クー太郎 @KutaroMichikusa 2013年9月7日
これは機械装置の設計における安全率と同じものと理解します。安全率が1.2だからまだ無理ができるという発想は間違い。
1
道草クー太郎 @KutaroMichikusa 2013年9月7日
線源が管理された場所での使用が行われてきたガラスバッジを、線源が環境中にバラ撒かれた被災地でそのまま使用すると30%程度線量を過少に記録するという指摘が実際と合致しているのかどうを知りたい。
1
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月9日
個人線量計の数値が低く出やすいの問題意識がぼやけてしまっている。3割低く出るにことが矮小化してる。じっさいには3割どころではなく、室内遮へいで半分になるとしても、さらに1/2から1/4低く出る事実がある。http://togetter.com/li/560734
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月9日
この事実をもってして、個人線量計が低く出やすいと言える。個人線量計をつかったそのようなデータセットは「意図的に低くなるよう集められた」と言える。では、なぜ、個人線量計は何分の1にも引く出やすいのか。しくまれてるのではないか。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月12日
6日間の検討の結果、日野記者が書いた「空間線量の推計値に比べ、数値が低く出やすい個人線量計」「意図的に低くなるよう集められたデータ」はデマではなく、正当だったことがわかった。これを「注意喚起するレベル」「人権の侵害にすらあたる」と書いた大森真氏には、日野記者と同じ報道人として責任をとってもらいたい。
2
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013年9月12日
6日間の検討の結果はここにまとめてある。「ガラスバッジが示す実効線量は芝生実測値の5分の1 http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-614.html
1
二十人のろの夢 @drsteppenwolf 2013年9月12日
毎時0.23マイクロは環境省の除染の基準で、文科省や経産省の1mSvは実効線量ということで、うまい具合に役割分担して逃げ道をつくったんだと思います。上手です。
1