【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

海への汚染水漏れの影響は、どの程度なのか?

沖合い海水のSr-90、Cs-137濃度のグラフをまとめました。 「現状では」海への汚染水漏れの影響は、あまり心配には及ばないことが了解いただけるかと思います。
自然 ストロンチウム セシウム 汚染水 原発
30264view 17コメント
321
ログインして広告を非表示にする
Toru Miyama @tmiyama 2013-09-05 10:14:11
Woods Holeの研究者による福島原発からの放射性物質海洋流出に関するFAQ "FAQ: Radiation from Fukushima" http://t.co/NM3Phu20HZ (かなり大雑把にまとめると、注視する必要はあるものの、現状は楽観的。含むストロンチウム)
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-05 11:55:57
本当は、そんなもんなんだけどなぁ。 https://t.co/jlvyQJ71Jr 現状では「隠してきた」ツケは大きいよね。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-05 21:13:28
沖合い海水中の放射性ストロンチウム濃度の推移を、グラフにまとめました。 明日ツイートするつもりですが、先に見たい方はこちら(xls)でどうぞ→ http://t.co/paTSCDWWA0 現状では、海水のCs、Srはさほど問題ないことがお判りになるかと思います。
mockmoon @mockmoon2000 2013-09-05 21:23:38
@Kontan_Bigcat 素晴らしいです。ちなみに原発から離れた場所のグラフにはバックグラウンド値(大気圏核実験影響による北太平洋の表層水の値。Cs137なら0.0024Bq/L Sr90なら0.0014Bq/L)も書き入れておくとなお良いかと。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-05 21:25:44
@mockmoon2000 いちおう、事故前の濃度を「いずれも0.001Bq/L程度」とグラフに記入しています。(明日説明するつもり。)
mockmoon @mockmoon2000 2013-09-05 21:27:18
@Kontan_Bigcat あ、書いてありますね。見落としていました(^^
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-06 21:28:15
続き)@Kontan_Bigcat 沖合い海水のグラフの件、追加のグラフ http://t.co/WU02Z8LI2w を作るのに、すっかり時間がかかってしまった。 (明日連ツイします。)
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 18:47:59
海域モニタリング地点 ( @tsokdba さんによる。どうもありがとうございます。) http://t.co/28IGKxIhMc
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 01:40:00
福島第1原発:汚染水流出 影響なし、試験操業海域の放射能濃度平常 /福島 http://t.co/2sBE55TGTN この結果って、福島県HPに出たのかな? 私には見つけられないのだけどてん。
上海II @shanghai_ii 2013-09-07 03:56:54
@Kontan_Bigcat こちらですね。 福島県:試験操業海域における環境放射線モニタリングの強化 http://t.co/VQexpzQ78F
沖合海水のグラフ
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:10:23
先日、東電から「汚染水がずっと(少しづつ)海に漏れていました」という公表があった。このこと自体は、いわば「みんなが知っていた(けど言わない)事実」だったけど、その影響がどのくらいあったのか? ということを、ちゃんと解説している人はいないように思う。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:13:48
最初に見てほしいのは、浪江町請戸沖、第1原発沖、第2原発沖の、いずれも沖合3km地点のグラフだ。 http://t.co/dZRW0K3eYX
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:17:26
この3地点では、Cs-137濃度、Sr-90濃度とも、0.01~0.1 Bq/Lの間をずっと推移していて、なかなか下がらない。 事故前の海水の濃度は、いずれも 0.001~0.002 Bq/L程度だったから、事故前の10倍~100倍程度で、ずっと推移していることになる。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:21:08
このように、いつまでも海水中のCs-137、Sr-90濃度が下がらないのは、第1原発から海に漏れ出している汚染水の影響だろう。 これはもちろん望ましくないことだが、しかし逆に言えば「影響はせいぜいこの程度しかない」と言うこともできる。後述するが、魚の汚染を心配するほどではない。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:25:41
これは、この3地点の、Cs-137濃度(横軸)と、Sr-90濃度(縦軸)の関係を、日付順につないだグラフ。 0.001~0.01 Bq/L程度の範囲を、ランダムに推移していて、なかなか事故前の値(図の左下の水色の点)に近づかない。 http://t.co/U73vo76j1l
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:28:24
次にこちらは、東電が測定している、もう少し原発から離れた3地点の、Cs-137とSr-90のグラフ。 http://t.co/zgXJO060YF
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:32:31
上の「第1原発沖15km(T-5)」地点は、沖合海水としては、事故初期からずっとSrの測定が行われている、本来なら貴重なデータとなる地点なのだが、残念ながら2012年3月まではCsの検出限界が高く、それ以降はSrの検出限界が高いために、両方の数字のわかるデータが僅かしかない。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:35:14
なぜ東電が、こんなタコな測定しかできないのか、私にはわからないが、それでも現在では、Cs-137、Sr-90とも、0.01 Bq/L程度、もしくはそれ以下で、事故前のせいぜい10倍程度しかないことはわかる。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:38:15
真ん中の「仙台湾中央(T-MG5)」のグラフでも、やはり現在は、Cs-137は、0.01 Bq/L程度、Sr-90はそれ以下で、やはり事故前の10倍程度以下しかないことがわかる。(大洗海岸3kmは、なぜかCs-137の検出下限が高い。)
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:41:58
一方、データ数は少ないが、文科省の測定は検出下限が低いので、現在の数字を知ることができる。 こちらは、 仙台湾沖50km(M-B3)、相馬市沖22km(M-C1)、南相馬市小高沖30km(M-E1)の3地点のグラフ。 http://t.co/CcyZZHItsv
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:46:33
この3地点では、何れも、Sr-90濃度は、ほぼ事故前の濃度近くまで下がっており、Cs-137濃度も、事故前の濃度の数倍程度まで下がっていることがわかる。  このように第1原発から離れた地点では、汚染水漏れの影響は、ほとんど心配する必要はない。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:49:14
こちらは、先ほどと同様に、この3地点のCs-137濃度(横軸)とSr-90濃度(縦軸)のプロットを、日付順につないだグラフ。 http://t.co/VVEPBWwaGx
 拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 02:51:08
この3地点では、すでに、事故前の値(水色のドット)に近いところまで、Cs-137、Sr-90濃度とも、低下している様子が理解いただけると思う。
残りを読む(114)

コメント

Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 04:11:46
まだ途中ですが、コメントはご自由にどうぞ。(但し、コメントデザインを平気でなさる方からのコメントは、基本的に歓迎しません。)
mockmoon @mockmoon2000 2013-09-07 10:10:03
原発サイトにおける濃度が下がらない原因について、全てを汚染水の漏れとするのもどうかと思います。底に溜まった高濃度の海底土からの再浮遊という要因もあるでしょうから。深海の濃度が低下傾向であるのに海岸近くの低下は鈍いのは同じ理由かと。ましてや原発サイト近くなら言わずもがなかと。その比率が一体どの程度なのかはあくまでも推定でしか判りませんが。
mockmoon @mockmoon2000 2013-09-07 10:24:07
例えば浪江町の河川の河口ではCs137で1Bq/Lくらいの場所もあります。遥かに高濃度の汚染沈着を抱える原発サイトでは雨水などが海へ流入する際に、これ以上の流入も当然あるものと考えます。もちろん地下水経由で汚染水が漏れている分もあるでしょうが、問題はここの程度に関して推定をしっかりしないと、対策に膨大な資本をつぎ込んでも、あまり効果なしということになりはしないかと、、
tsokdba @tsokdba 2013-09-07 11:06:54
まとめありがとうございます。観測地点がわかりにくいと感じる人もいると思うので、グラフに出てくるモニタリングポイント一覧を図にしました。よかったらお使いください。 http://bit.ly/156IRZa
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2013-09-07 11:40:29
沿岸から離れた表層水の汚染の心配が無用なのはよく分かりました。
あんこ好きなクルーたまにスキッパー(永遠に修行) @XC60Rd__ 2013-09-07 15:18:52
素晴らしい考察とまとめです。 政府は当然知ってるでしょうが、この手のまとめは環境省?規制委?経済産業省?国土交通省? マスコミは是非参考にして欲しいです。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-07 19:13:55
mockmoon2000 放射性セシウムについては、底質からの再浮遊や、陸地からの移動は無視できない要因ですが、放射性ストロンチウムについては、第1原発からの拡散以外には考えにくいと思います。
neologcutter @neologcut_er 2013-09-07 19:30:25
#反原発 やマスコミにとっては、「漏れていた程度」ではなく「スキの有無」の方が重要ですから。ゲスいですけど。
neologcutter @neologcut_er 2013-09-07 19:33:34
汚染水:「国の関与」提言放置 原子力委が民主政権に提出 http://goo.gl/4WMpzr 2011年12月時点で対応できたはずなんですけどねー> #反原発
mockmoon @mockmoon2000 2013-09-08 00:29:31
@Kontan_Bigcat 第一原発からの拡散という意味では底質から拡散するセシウムも明らかにバックグラウンドではなく事故由来というのは当然です。ただ問題は事故当初のフォールアウトにおいてはセシウムの比率が圧倒してますが事故当初の2号ピットからの漏れに関してはSr90も多かったかと。同時に12年3月の漏れに関してもSr90は多かったかと。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-08 00:55:30
まとめを更新。 海への汚染水漏れの経路について、追記しました。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-08 01:00:48
mockmoon2000 事故初期には、福島周辺の海水中の90Sr/137Cs比は、3~4%程度でした。 http://togetter.com/li/328100 しかし、海水中では、Csの多くが粒子に付着して、多くが海底付近にあるのに対し、Srの多くはイオンの形で、海水に溶けた状態で拡散してゆきます。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-08 01:03:53
mockmoon2000 実際、底質の90Sr/137Cs比は現在ではごく低い値で、Sr-90については、底質からの再拡散の影響は低いはず。 現在では、Sr-90の供給原は、第1原発からの汚染水以外には、あまり考えにくいと思います。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-09-11 18:54:28
まとめを更新。「汚染水漏れが魚の汚染に及ぼす影響」について追記しました。現状では、あまり心配する必要がないことが了解いただけるかと思います。
moriokahiguma @moriokahiguma 2013-09-11 21:06:21
Kontan_Bigcat いつもながら事実に基づく、冷静な分析結果のご提供に感謝いたします。
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2013-10-02 01:50:10
hiro_h データが増えて来て、全般的に(あまり)心配要らないのが見えてきた感。データを細かく拾われたこと、感謝します。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013-10-11 16:39:11
まとめを更新。 海底土のSr-90濃度について追記しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする