編集可能
2013年9月8日

戦慄怪奇学園ダンゲロス「墓場の呪い」 #怪奇ダンゲロス

月刊ヤングマガジンで連載中の漫画、「戦闘破壊学園ダンゲロス」の第4巻発売を記念して原作者の架神恭介さんが連続投稿されていたのでとりいそぎまとめ。 漫画しか知らないよって人もこの機会に是非。
4
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

漫画版ダンゲロス4巻販促企画。http://t.co/WZkEI5HO78「戦慄怪奇学園ダンゲロス-墓場の呪い-」ツイッターRemix。#怪奇ダンゲロス http://t.co/a2FjFOZtGZ

2013-09-07 22:32:08
拡大
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

<あらすじ>ダンゲロス怪奇短篇。女子剣道部一年のてるこの様子がおかしいことに気付いた一刀両は、エースと共に彼女の様子を探るが、その途中、彼女たちの犯したおそろしい罪を知ることとなる――。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:32:31
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

 生徒会長ド正義卓也が、その訴えを聞いたのは、夏休みも真っ盛りの八月のことであった。  猛暑日の午前中、生徒会二年で女子剣道部主将でもある一刀両断(いとりたち)が、心配そうな顔で彼にこう打ち明けたのである。「後輩のてるこちゃんの様子がおかしい……」と。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:34:06
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

そこまで言ってから彼女は、私の考えすぎかもしれないんですが、と躊躇する素振りを見せたが、ド正義が先を促すと、彼女はぽつりぽつりと語りだした。いわく、剣道部一年のてるこという女子生徒の挙動に不審なところがあるという。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:36:38
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

てるこはどちらかと言えば"遊んでいる"感じの女子ではあったが、それでも部活には真面目に参加していたらしい。しかし、それが夏休みのある日からとたんに集中力がなくなり、練習中もボーッとすることが多くなって抜け出したりし始め、今ではそもそも部活にも来なくなってしまった。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:38:32
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

同じく剣道部の一年生で、てるこの友人でもある木蔭ムツキに聞いてみても、「わ、私は何も知らないです!」とおどおどした様子でそそくさと逃げられてしまう。練習中、生気のない瞳でボーッと宙空を見つめていたてるこの様子を思い出すと、一刀両は悪い胸騒ぎを覚えるのだという。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:41:25
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

また、その日以降、素行の悪そうな男子生徒がしばしば剣道部を訪れ、「てるこはいないのか?」と訪ねて来るのも、彼女の心配の種であった。 「でも……。すいません。やっぱり私の考えすぎですよね……。こんなことで会長の手を煩わすのも……」#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:42:09
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

「いや、そんなことはないさ」  申し訳なさそうな様子の一刀両に、ド正義は快活に答えた。 「後輩を心配する君の気持ちはよく分かるよ」  実際のところ、ド正義は第二回希望崎学園祭の開催に向けて雑務処理に追われていたのだが、とはいえ彼女の話に気がかりな点がないでもない。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:43:56
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

特に不審なのは、てるこを訪ねてしばしば剣道場を訪れているという男子生徒の存在だ。もしかすると、そのてるこという女生徒は何かトラブルを抱え、その男から逃げているのではないか……。そうなってくると、これは生徒会の仕事の範疇に入る。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:44:46
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

 ド正義は眼鏡の奥の瞳をきらりと輝かせて言った。 「……少し様子を探ってみようか。残念ながら僕は動けないが、人員を割くよ。赤蝮君と相談するからほんの少し待っていてくれ」 #怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:45:19
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

「まずは外堀を埋めていこうか」  生徒会役員三年エースに連れられて、一刀両断は番長小屋へと向かっていた。ド正義が割いてくれた人員はエースであった。サッカー部主将でもあり、現場判断力に優れた有能な役員である。能力も強い。一刀両にとっても頼りがいのある先輩と言えた。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:47:48
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

 一刀両の目撃情報を、生徒会書記xxのデータベースに突き合わせることで、剣道部を訪れていた不審な男子生徒の正体はすぐに判明した。  ――希望崎学園三年、奇印太郎。  その名の通り、「アブナイ人物」という風評のある男である。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:53:09
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

 となれば番長グループの連中なら何か知っているかとエースは考えたのだが……。 「奇印か。いやあ、知らねえなあ」  バルは済まそうに答えた。邪賢王の体臭が残る番長小屋にはバルの他にも数人の不良生徒たちがいたが、他の者に聞いても特に奇印との接点はないらしい。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:55:00
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

「なんだか怖いし」「危なそうだし」などと、不良たちも情けないことを言っている。 「で、その奇印のヤツがどうかしたんか?」  エースと一刀両がこれまでの経緯を話すと、バルはふむうと小さく唸った。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:56:15
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

「エースよう……。今回はちぃッと気ィ付けた方がいいかもなあ。オレの勘だが、今回の件は奇印がどうこうってえ話でもねえ気がする。なんかもっと……こう、ヤベエ雰囲気を感じるぜ……」  と、なにやら思わせぶりなことを言ってくる。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:56:52
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

 だが、その予感はエースも薄々感じていた。奇印がストーカーだとか、事はそんな単純な話ではないだろうと、なんとなく感じていたのだ。ひょっとすると、てるこはもとより奇印も何らかの事件に巻き込まれているのかもしれない――。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:57:40
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

 その一時間後ーー。  エースと一刀両はてるこの住むアパートを見張っていた。なお、彼らの他に二人の女子生徒が新たに加わっている。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 22:59:16
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

 一人は鏡子である。番長小屋を去ろうとした時、鏡子が同行を名乗り出てくれたのだ。エースがこれに喜んだのは言うまでもない。エースと一刀両は両名とも生徒会屈指の実力者だが、これに学園最強魔人の一角である鏡子が加わってくれればまさに鬼に金棒である。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 23:00:27
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

 もう一人は女子剣道部一年の木蔭ムツキ。エースたちは彼女に、てるこの住むアパートへの案内を頼んだのであるが、てるこの友人のはずの彼女が露骨に嫌そうな、ーーいや、何かに怯えているとしか思えない表情を見せたことが、エースには気になっていた。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 23:02:03
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

 と、その時、一刀両が前方を指して、 「先輩、てるこちゃん、出てきました……。えっ! でも、あれ? あれがてるこ……ちゃん……?」  しかし、玄関口から出てきた少女を見て、彼女は戸惑いを隠せない様子であった。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 23:03:12
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

確かに、てるこの姿には異様なものがあった。薄汚れた夏用ブラウスをまとった彼女は、痩せ細り頬もこけて、だが、目はギラギラと輝き、ふらふらとした足取りのまま、操られるようにどこかへと向かっていく。以前の健康的で快活な彼女の姿はなく一刀両は我が目を疑った程である。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 23:04:51
架神恭介/作家・ゲームデザイナー @cagamiincage

「こりゃあ……手遅れにならないうちに手を打って正解だったかもな……」  てるこを取り巻く不穏な気配を感じてエースは一人ごちたが、一方で、彼は見逃さなかった。自分の背後にいる少女――、木蔭ムツキがてるこを一目見た途端、身体をぶるぶると震わせ始めたことを……。#怪奇ダンゲロス

2013-09-07 23:05:54
残りを読む(98)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?