はるかぜちゃん「 基礎は基礎、創作は創作。基礎は基礎練で学ぶべきで「物語を聞いて絵をかく」という「創作」の部分でやることじゃないとおもいます」

まとめました。
31
S.N @nega_DEATH13

美術授業の実体、洗脳?される子供達。廊下に貼り出された子供たちの絵が、全て同じ構図、同じ色彩、まるで一人の画家の個展のようだと>酒井式描画法で描いた絵・・・小学校3年生 http://t.co/KJS9qPQrfZ

2013-09-08 10:50:07
S.N @nega_DEATH13

international standard

リンク t.co ギフテッド生活 - Yahoo!ブログ 我が息子の変わった生き方をつれづれに・・・ 1996年生まれの息子が、普通じゃないと気づいたのは何年も前の事でした。 色々調べてようやくわかった事がありました。 普通じゃないという事の辛さは、普通の人にはなかなか理解できない事です。 息子が... (ギフテッド 知能指数 教育)
S.N @nega_DEATH13

これはゾッとした!本当にみんな同じような絵を描いている >ひまわりと小人たちの作品 http://t.co/kWZFLu08jz

2013-09-08 10:52:00
瀧波ユカリ @takinamiyukari

「透明できれいなシャボン玉を描いてみようか、と言うと子どもたちはのってくるはずである」「顔を逆さに描かせるところが、特徴である。子どもの概念くだきになる」すごいことサラッと言うな〜…→酒井式絵画実践法「シャボン玉の絵」http://t.co/vqTkPbANhE

2013-09-10 15:49:06
瀧波ユカリ @takinamiyukari

漫画家🧑‍🎨モトカレマニア/臨死!!江古田ちゃん/ありがとうって言えたなら/他。依頼は公式サイトからお願いします。まとめ記事・togetter・ツイナビ等無断転載不可。Amazonアソシエイト利用します。

takinamiyukari.com

瀧波ユカリ @takinamiyukari

「子供の概念くだき」という言葉に私の概念の方がくだかれたよ・・・

2013-09-10 15:49:46
春名風花 official @harukazechan

いまのは江古田ちゃんの瀧波先生から回ってきたんけど、ほんとゾッとしますぬ、ちょう怖い怖い怖い!!!(ω) RT @7399171 はるかぜちゃんがRTしてた美術の授業が怖い。なんであーゆーのやるんだろう。一番怖いのは教室が明るく感じられたとかいう指導者の感想かな。

2013-09-11 20:36:59
くるる @rin_chamomile

@harukazechan ①酒井式の美術はね、ストーリーを紹介したあとで、この場面を描いてみようって言われるの。これはこのシーンのメインだから大きく描こうね、こうしたら周りの雰囲気も出るよねって。

2013-09-12 07:58:53
くるる @rin_chamomile

@harukazechan ②つまりは描き方を教えてくれてるの。絵が上手い人はともかく、下手な人には描き方を学べる貴重な授業なんだよ。完全に決められた描き方じゃないから誰でもこの中でも色使いや構図で個性をだせるよ。私にとっては日ナレで演技の基礎を習うのに近い感覚なんだけど。

2013-09-12 08:00:58
くるる @rin_chamomile

@harukazechan ③授業の最後に生徒たちでほめあう時間があったりするの。そこで個性をみつけだしたりするのも必要なこと。それと、あくまで酒井式は、先生たち生徒たちともに良いものを得るには何をすればよいのかを考えた結果なの。怖いっていうのはひどいなと思うよ。

2013-09-12 13:07:58
くるる @rin_chamomile

@harukazechan ④私は酒井先生から実際に絵を教わったことがあるけどね、「この色は明るい色がいいよねぇ」「季節は秋だね。葉っぱはどんな色になるかなぁ」とかそんな具合の指示だよ。全然怖くなんかないよ。先生たちが困ったとき使える指針みたいなもので、個性を消すものじゃないよ。

2013-09-12 13:15:18
春名風花 official @harukazechan

お話ありがとうございます。確かにその方法が、合っている人もいるのかもしれないです。ごめんなさい。でも、日ナレや演技のレッスンは、それとはまったくちがいます。 RT @rin_chamomile: @harukazechan 私にとっては日ナレで演技の基礎を習うのに近い感覚

2013-09-12 20:32:25
春名風花 official @harukazechan

ぼくは絵は技法を学ぶ以前に「このシーンのメインだから大きく」ということを、子どもが見つける授業であるべきだと考えているので、その方法はすきではないです。なぜなら、それは正解のひとつでしかないからです。 RT @rin_chamomile: @harukazechan 酒井式

2013-09-12 20:35:21
春名風花 official @harukazechan

たとえば「このお話に出てくるひまわりを描こう」といったとき、そこにあるひまわりをデッサンする子もいれば、ひまわりのような笑顔の人を描く子も、だれかの瞳に映ったひまわりを描く子も、いていいとおもうんですね。 RT @rin_chamomile: @harukazechan 酒井式

2013-09-12 20:38:07
春名風花 official @harukazechan

たとえばこれ RT @takinamiyukari: 「透明できれいなシャボン玉を描いてみようか、と言うと子どもたちはのってくる」「顔を逆さに描かせるところが、特徴である。子どもの概念くだきになる」酒井式絵画実践法「シャボン玉の絵」http://t.co/rMBu4J8wG4

2013-09-12 20:39:52
春名風花 official @harukazechan

「透明できれいなシャボン玉」というお題で、必ずしも、シャボン玉を描く必要はないとおもうんです。その言葉から連想する、淡い思い出でもいい。 RT @rin_chamomile: @harukazechan 酒井式「シャボン玉の絵」http://t.co/rMBu4J8wG4

2013-09-12 20:42:39
春名風花 official @harukazechan

お習字のようにお手本をみて同じものを写実的にデッサンするのならありなんだけど、「物語を聞いて絵を描く」のなら、ぼくは酒井式はちょっとちがうかな、という気がしています。絵は、国語のテストではないからです。RT @rin_chamomile: @harukazechan 酒井式

2013-09-12 20:45:30
春名風花 official @harukazechan

100万回生きたねこ、の絵本の絵を描かされて、画用紙をぜんぶピンク色にぬった友だちがいて、ぼくはその子がすごいなとおもったことがあるんです。そのこは、最期の瞬間にねこがみた、幸せな死の瞬間をかいたRT @rin_chamomile: @harukazechan 酒井式

2013-09-12 20:48:30
SUN(すん) @sunnkiti

@harukazechan それを聞いてACのCM思い出しましたわ、子供が真っ黒の絵をずっと描き続けて、大人がその子が何を書いてるのか解らず困惑してて、それでも熱心に書き続けて、って奴 最後は確か「子供の個性を潰しては居ないですか?」で終わる奴だったような…

2013-09-12 20:50:54
春名風花 official @harukazechan

絵をどうかいていいか分からない子が、絵のかきかたを学んだり、絵に興味をもったりするためにはいい授業だとおもうけれど、逆に「違った視点で絵をかく子」の可能性を殺してしまう、危険な方法でもあるとおもいます。RT @rin_chamomile: @harukazechan 酒井式

2013-09-12 20:51:15
春名風花 official @harukazechan

もしこの方法をとるのなら、先生が見本の絵をみせるとかして、それをみんなでかきながら学ぶ「お習字方式」にとどめておいた方がいいとおもいます。あくまで「創作」は、「創作」で、先生がそこに踏み込んではいけない。RT @rin_chamomile: @harukazechan 酒井式

2013-09-12 20:53:50
春名風花 official @harukazechan

おもしろい(ω)ありがとうございます RT @sunnkiti: @harukazechan あ、これだ。ちょっと怖いCMなので見たくない人は避けると有難いです ACのCM黒い絵 http://t.co/ts0AUzATxS

2013-09-12 20:56:05
拡大
リンク YouTube 公共広告機構 CM 『黒い絵』 公共広告機構 AC
残りを読む(30)

コメント

田原創一 @mass_com 2013年9月13日
自分が体験してもいないことに、なおかつ判断する情報量も少ないのに、恐い危険、と言い切る感性。天性の炎上タレント。
17
um @nanasi0003 2013年9月13日
自由な発想の大切さをステロタイプな切り口で語る…下手な冗談だね
7
いくた♥️なお featuring Tricity155 @ikutana 2013年9月13日
日米の作文教育法の違いを思い出した。日本の小学校の図工って基礎をやらないなぁという印象がある。作文と同じで。
2
ToTo@ジャンク中毒 @toto_6w 2013年9月13日
全部の授業が自由である必要もないし全部酒井式である必要もない。両方やればいいだけじゃんw
4
ぺぇやん@RWBY Vol8はーじまーるよー @Peiyang 2013年9月13日
攻略法大いに結構。そこを取っ掛かりにして改めて基礎に向かうもよし、実践に打って出てもよし。この程度『守破離』の守の入り口レベルだと思いますよ。挙げられてる酒井式のページでも子供が自由に色を選べるとか選択の余地は残されてる。なんで『学校の授業』なのにいきなり『離』を求めるんですかね?
7
ぺぇやん@RWBY Vol8はーじまーるよー @Peiyang 2013年9月13日
はるかぜちゃんは自分の知識と経験の範囲で咀嚼してから意見を言ってるのでまだいいけど、なんか脊髄反射的に「皆が同じ絵を描いている!気味が悪い!」という反応は「まずは一度言うとおりに描いてみてね」というやり方なんだからそういう結果になるのは当たり前でしょうに…。そしてそれは各自の『今後の』自由な創作活動を否定してる訳でもない。
10
おビすケ@懸命に生きる @oobisukeoo 2013年9月13日
SNSは怖いと思ったことを怖いとも言えないのか、有名人は大変だなあ
3
しろた @gomadareaisu 2013年9月13日
有名人の発言に異を唱えただけで、いじめっ子・悪者・(その人が子どもでも)子ども相手に大人げない人扱いされる一般人は大変だなあ
13
catspeeder @catspeeder 2013年9月13日
俺の知ってる図画工作と違う……
1
神近祐希 @potti12345 2013年9月13日
創作活動してる自分としてはこの考え方好きやよ。個人の可能性や自分で色々考える脳をつくるにもとってもいいと思う(*・ω・)ただ創作の方向にまったく興味ない子っていうのもいて、その子達の為に酒井式?っていうのも少しは残しておいてあげてほしい気も。創作にまったく興味ない子達にとって酒井式?っていうのは逆上がり出来ない子の補助の先生のようなものでしょ。補助ありで出来た時に興味持つか持たないかは本人の勝手。でも出来上がるまでの一本の道を作って初めて興味を持つ子もいる。まったくいらない物ではないよ。
8
kaburazaka @kaburazaka1 2013年9月13日
ひまわりの絵、同じような構図、同じような色彩というが、確かにパッと見りゃ似てるかもしれないがよく見れば絵柄や小人たちの様子や描かれてるアイテムにみんな個性が出てるじゃないか。
10
kaburazaka @kaburazaka1 2013年9月13日
創作に答えが無いように教育にだって答えはないだろう。みんなと違った視点を持つ子の可能性を安易に否定してはならないように、違った視点での教育だって安易に否定していいものではないと思う。
2
tomymasashikao @masashikao 2013年9月13日
こういうところで意見ですらない感情丸出しの批判する人ってなんなんだろうね 他人を否定しなきゃ生きていけないのかしらん
2
ひょろ @ihyoro 2013年9月13日
ん?「酒井式も正解の1つでありその方法が合っている人もいるだろうけど、自分の考え方とは違う」ということを言っているだけなのに、どこに批判される要素があるのか不思議。
2
ひょろ @ihyoro 2013年9月13日
絵が下手な自分としてはこういう「攻略法」は有難いんだけど、何も考えなくてもそこそこの点を貰えてしまうので「学び」がないだろうな。果たして先生は個性を発揮させる「その先」を教えてくれるんだろうか?酒井式には「その先」を教えるプログラムがあるんだろうか?
3
ひょろ @ihyoro 2013年9月13日
はるかぜちゃんの意見は「描ける」子の意見。描けない子は本当にどこからどう手をつけていいかも解らないし発想も沸いてこない。お手本があれば喜んで飛びつくから酒井式は有効。でもさすがにこれは怖い→http://t.co/kWZFLu08jz クラスの中の描ける子にも同じことを求めているならそれは良くないと思う。
3
ひょろ @ihyoro 2013年9月13日
ああ、140字超えちゃった。怖いのはこれね→ひまわりと小人たちの作品 http://t.co/kWZFLu08jz
1
ネオ@オーベルシュタインの犬 @oberstein_hund 2013年9月13日
怖いかどうかはともかく、これ描いてて楽しくないだろ。 最後のボールペン絵がすべてを物語ってる。 私がこんな授業されたらお絵かき嫌いになると思うよ。
2
スガノアキヒコ☣️石油王に俺はなる!🔞 @Sugano_Akihiko 2013年9月13日
そもそも、義務教育なんだから、教えるのは最低限でいい。それ以外はオプションでいい。 受験の勉強は塾でやるんだから、学校は骨休めの為のものだろ。 彼女の言っているのは、「落ちこぼれはほっといて、授業先に進めてください」だ。私立行きゃいいだけ。
6
○○もへじ @marumarumoheji 2013年9月13日
完成品だけ見るとあれだけど、授業風景みると(http://www.h2.dion.ne.jp/~takeguti/himawari-1.htm)描き方説明するために見本用意したら、見本通り描く子が多かったというだけの話みたい。これ(http://www.d2.dion.ne.jp/~tmasa/sub2turu.htm)も坂井式だそうだけど、紙を縦に使ったり横に使ったり割と自由にやってるように見える。
5
○○もへじ @marumarumoheji 2013年9月13日
坂井式ってなんだ。酒井式ね。
0
九堂フレア @ooblog 2013年9月13日
就活のポスター思い出した。「ジョブズのポーズを皆で一緒にとるという「無個性」さ」http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-1948.html
0
ヨEコ @yoyoyoyo_yoyoko 2013年9月14日
酒井式について本当に誤解がないか、もう少しrin_chamomileさんの説明を聞いた方が認識をすり合わせることが出来たのでは、と惜しい気持ちになります。当初の「ゾッとする」という感情から離れることが出来ず、結論ありきのように読めました。よく知らないことに対する安易な批判や賛同は最終的に自分のために良くないですね(知ったつもりなってしまう)
8
ジャンヌ @kks3dy 2013年9月14日
気になって調べててさっきまでイメージしてたのと酒井式は違うっぽい気がしてきた。絵の技術を高めるための指導というより上の方の人がコメントしてたみたいな『補助輪』的意味合の方が強いみたいですね。それなら小学校の低学年に対する指導として採用されているのも納得がいきます。
2
ジャンヌ @kks3dy 2013年9月14日
これは発達障害の児童への指導の例なんだけど、何を描かせてもぐちゃぐちゃと毛玉のような絵しか描けなかった子がいたんだが、その子に対して途中まで完成した絵(例えばパーツがかけた顔とか)を渡して「この絵に口を描きたしてください」とか指示すると人が判別できる程度には描けるみたいで、その手の訓練を繰り返すうちに白紙の神にちゃんとした絵が描けるようになったという事例がありました。
1
ジャンヌ @kks3dy 2013年9月14日
さっきみたいな極端な例まで行かなくても児童の中には根本的に絵が下手な子ってやはりいるわけで、そういう子を救済するための『補助輪』として酒井式が有効なのであればそれはやるべきだと思います。個性を育てるとか絵の技術を向上させるとかはクラブ活動の範疇なのかもしれませんね。※さっきの発達障害の事例は酒井式の話というわけではなかったです。
1
ジャンヌ @kks3dy 2013年9月14日
というわけなんで上の方のコメントは消しました
0
神近祐希 @potti12345 2013年9月14日
私が見てきた中でやけど、自主的に湧き出すように描きたい絵が出てくる子っていうのは環境的にも身の上的にも精神的にも余裕がある子なんですよね。でもそんな子は一握り。だいたいの子は絵を描いて修正加えられたりアドバイスもらって、ちょっとの工夫でこんなに変わるって事ややれば出来る事をこれから色んな事をする時の工夫や努力の大事さに繋げていければ充分ではないかと。という考え方もまたひとつ。
1
神近祐希 @potti12345 2013年9月14日
教育ってのは子供がしたくない事も含めてこなす訓練みたいなとこもあり。自分がしたい欲求のない中やれと言われても自分を出せといわれてもだいたいは好きな教科でしか自分を出せない、出し方がわからないものであり。中には自分にしては上手に描けたと思っている子もいると思うので気軽に「みんな一緒で気持ち悪い」といってやらないでほしい。個性がある事を押し付けてやらないでほしいという側面もある事を考えてもらえればいいなと(*・ω・)
4
ジャンヌ @kks3dy 2013年9月14日
教育として美術をやるのなら、授業毎になんらかの目的があるはずなんですよね。たとえばテーマが「シャボン玉」なら透明な物体をどうやって表現するかみたいな目的があると思うのですけど、その時に「淡い思い出」を描かれたら困りますよね。
1
ジャンヌ @kks3dy 2013年9月14日
これも確か以前はるかぜちゃんが紹介していた例だと思うんですけど、ピーマンのイラストが示されてこの名前を書けという国語のテストにパプリカと書いた子がいたという事例。形だけ見れば区別つかないのでピーマンでもパプリカでも間違いでは無いと思うんですけど、そのテストはどうやら縦書きのときに伸ばす棒「ー」を縦に書いているかとか「ン」と「ソ」を書き分けられるかをチェックする目的があったみたいで、その場合に「パプリカ」と書かれてしまうと「教育」としては失敗ですよね。(子どもに罪は無いですが)
0
ジャンヌ @kks3dy 2013年9月14日
「パプリカ」の件については、問題の出し方が悪いと思っています。ピーマンと書かせたいなら答えに「○○マ○」とかヒントを示して埋めさせるとかのような「目的」にそった解答を引き出すための工夫が必要です。美術の授業に関してもその教育の目的に応じて一見理不尽な指示が出ることがあると思いますが、その度に「子どもの個性が…」と批判するのは良くないかなと思います。
0
ジャンヌ @kks3dy 2013年9月14日
ただしさっきのコメントは大人が教育について意見する場合は、その裏にある教育目的まで考慮してほしいという話であって、生徒の側が教育の裏にある目的まで先回りして考慮するようになるとそれはそれで問題だと思うので、「中学生であるはるかぜちゃん」からこの記事のような意見が出るのはしょうがないのかなと言う気もします。
0
ジャンヌ @kks3dy 2013年9月14日
だから「こういうひまわりをこういう技法で描いて欲しいと思ってるならそうはじめからそう指示するべきかと思ってしまいます」という意見にはわりと賛成なんですけど、生徒がまだ小三ってところまで考慮すると「うーん、どっちがいいんだろう?」と言う感じ。
0
ネオ@オーベルシュタインの犬 @oberstein_hund 2013年9月14日
例えば本棚という実用品を作る『作業』を教える場合、芸術的観点は無視出来るけど。 酒井式は絵を書く行為を『作業』化するにも関わらず描かれた絵は『芸術』として評価されるから、そこには『不気味の谷』が生じる。 特に芸術に携わる人々が敏感に反応したのはまあ当然だなあ。
0
ジャンヌ @kks3dy 2013年9月14日
プロの画家なら作品を描く前に技術の向上や開発のための訓練を繰り返しているはずなので、勉強のために描いた絵を『芸術』として評価するのが適切でないことくらいは分かりそうなものなのだけど…
0
y㍍㍍u㍍㍍_㍍㍍k㍍㍍u@緊急事態解除の福岡 @yu_ku_yu_ku 2013年9月14日
音楽なら小学校の授業だって譜面を(それなりに)読んで、譜面通りに弾く(吹く)ことを習うけれど、小学校の図工の授業でそれに相当することを習った記憶があまりないな。音楽は小学校でも多くは「ある程度専門的に技能を教える教育を受けたことのある」専科の先生がやって、図工は担任の先生が教えるからなのかな?
1
nekosencho @Neko_Sencho 2013年9月18日
おいらは現場で小学生に教えたことはないので教育法として適切かどうかはわからないけど、小学校のころに自分がやられたら描かなかっただろうね。「このとおりには描かなかった」じゃなくて文字通り描いてないと思う
0
nekosencho @Neko_Sencho 2013年9月18日
というか、好きなものだからあれだけ下書きしたり絵の具塗ったりできるんであって、いわれるままの作業なんて苦行ですよ苦行。しかもそれ練習じゃなくてコンクールとかにも出してるんでしょ? なんか違いません?
0
um @nanasi0003 2013年9月19日
まあ、ほんとに反発して描かない子続出してたらそもそも教育法としてこんな注目されてないわけで、ね
0
um @nanasi0003 2013年9月19日
はるかぜちゃんは「にわかには賛同しがたいこんなやり方がなぜ注目されるんだろう?」ってアプローチができるようになったらツイッター炎上芸人やめた後もメディアでメシ食えるかも、ね
0
ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡ @anzen_16 2013年9月19日
枠をはめてこその個性なのにね。絶対的な個性なんて考えられないのだが...
1
ぬこ之助@紳士的なおちんつも♡ @anzen_16 2013年9月19日
それを追及してステレオタイプに語るのがはるかぜ的なのだぬ(ω)
0