競技かるたの決まり字の順番

自分が覚えた競技かるたの決まり字の順番は、みんなと同じなのか。 そして、発祥はどこなのかという疑問のつぶやきまとめ。
百人一首 競技かるた
0
疑問の始まり

 2字札の頭文字である「うつしもゆ」で、短歌を作ってみた。
 だけど、「うつしもゆ」以外の覚え方もあった気がする……

HaRD @sokusai
うえめざし つよくなろうと しながらも もっとたのしむ ゆとりをもとう
HaRD @sokusai
そう言えば、某高校では「うつしもゆ」ではなく「しもうつゆ(?)」で教わってると聞いたことがあるけど、今でもなのかな。

※「しもうつゆ」は僕の記憶違いです。
 実際には「つゆもうし」で覚えていたそうです。

僕が教わった語呂合わせ
HaRD @sokusai
(1)むすめふさほせ (2)うつしもゆ (3)いちひき (4)はやよか (5) (6)たこ (7)わお (8) (16) ……という感じで決まり字を教わったけど、地域によっては順番が違う部分があるんでしょうね。
HaRD @sokusai
僕の母校では6枚札以降は、「たごロク」「わおシチ」「なハ」「あジュウロク」といった風に、札の枚数を添えて覚えさせられました。
HaRD @sokusai
追記。間違えた。5枚札も「ゴみ」って言ってました。 RT @sokusai: 僕の母校では6枚札以降は、「たごロク」「わおシチ」「なハ」「あジュウロク」といった風に、札の枚数を添えて覚えさせられました。
色んな方の意見

 このつぶやき以降、色んな方からご意見等をいただきました。

2枚札の覚え方

 「うつしもゆ」以外に「うしもつゆ」「うしつもゆ」「つゆもうし」等で覚えている方がいました。

7枚札の覚え方

 僕は「わお」で覚えたのですが、「おわ」の方も多かったです。

その他

 一番多かったのは僕と同じ順番か、もしくは7枚札だけが違うというパターンでした。
 「むすめふさほせ」は共通のようでしたが、3枚札や4枚札の覚え方が違う方もいました。

資料で調べてみた

 家にある資料で、僕が覚えた順番の発祥を調べてみることにしました。

大石天狗堂「標準百人一首取札」に付随している「早取法」
HaRD @sokusai
大石天狗堂の「早取法」に書かれている順番は、「あなわおたこみやよかはいちきひつゆしもうむすめふさほせ」の順番でした。
  • わお
  • たこ
  • やよかは
  • いちきひ
  • つゆしもう
  • むすめふさほせ
明治時代に出版された百人一首本
HaRD @sokusai
明治時代に出版されたかるた本にはどう書いてあるかなと思って調べたら、まさかの「いろは順」でした(笑)

 いろは順で記載されていたため、目的を達成できず。
 一応、決まり字の枚数別で記載されていたページもあったのですが、枚数順で整理されていませんでした。

大正時代に出版された百人一首本
HaRD @sokusai
大正時代の本には「あなわおたこみかやはよいきちひうしつもゆむすめふさほせ」の順番で書かれていました。
  • わお
  • たこ
  • かやはよ
  • いきちひ
  • うしつもゆ
  • むすめふさほせ
よく分かんないや……

 自分の覚え方が見つからず、目的を忘れて資料を見て楽しんでしまう。

HaRD @sokusai
色んな資料や意見を見聞きすると、1枚札が「むすめふさほせ」の順番なのはほぼ共通。しかし、2枚札以上は一致していない部分がある。「うつしもゆ」「いちひき」「はやよか」という順番はどこが発祥なのだろうか……
HaRD @sokusai
堅い朴の木のかるた札のために手など血だらけにする物凄い歌留多会の光景もありましたが…… _人人人人人人_ > 血だらけ <  ̄^Y^Y^Y^Y^ ̄ http://t.co/OwiXn20iaq
拡大
HaRD @sokusai
ふざけた読み方をするのは気分をこわします。就中、てんしんぷう(天津風)ラブすてふ(恋すてう)に至っては論外です。 _人人人人人人人_ > ラブすてふ <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄ http://t.co/vrH82N3vSy
拡大
HaRD @sokusai
昔の百人一首の遊び方が、今の僕には理解できない。 http://t.co/Re2U5a7usK
拡大
ついに発見!
残りを読む(12)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする