辛い時間が長く感じるのはなぜだろう

辛い時間が長く感じる理由を考えてみた。
クロサワケイジ コラム 向上心 記事 ブログ
2040view 0コメント
2
@Kurosawa_keiji
楽しい時間が短く感じ、辛い時間が長く感じるのはなぜだろう。辛い時間を短く感じたほうが精神的に気楽なはずなのに、なんで人間そういう進化を辿らなかったのかね。
@Kurosawa_keiji
思うに、辛い時間を長くすることで、「もう二度とこんな時間を過ごすか!」と思わせるようにするためじゃないかい。向上心を持たせるための深く根付いた人間の機能なのかも。
@Kurosawa_keiji
だから、こういう辛い時間に慣れちゃいけないんだよね。辛さを受け入れちゃダメなんだよ。だって辛いことを辛いと感じられなくなったら、もう二度と向上心も持てなくなるからね。
@Kurosawa_keiji
向上心は「こうなりたい!」と「こうはなりたくない!」っていう二つの面がある。どちらの面が欠けても、向上心は持てない。辛さを知ることは「こうはなりたくない!」って動機付けになるから、辛い経験は向上心を持つためにもいくつか体験するべきだ。だけど、数をこなせばいいってもんでもない。
@Kurosawa_keiji
「苦労は買ってでもしろ」なんて言葉があるけど、買うということは前持って準備をして受け入れること。だからこの言葉が正しいとは決して思わない。ましてや買うほどの余裕なんてないし、そんな余裕を持たないほうが正解だ。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする