2013年9月15日

第11回関西授業づくり研究会「これからの働き方と人材教育」

2
藤川大祐 @daisukef

第11回関西授業づくり研究会「これからの働き方と人材教育」 http://t.co/VIs134AQHP 、本日14時30分より、京阪香里園駅近くの「ふらっと ねやがわ」(寝屋川市立男女共同参画推進センター)で開催です。ハッシュタグ #kjk11 でツイートします。

2013-09-15 14:11:02
藤川大祐 @daisukef

本日の関西授業づくり研究会では、株式会社インテリジェンスの渡邉規和さんにお話をうかがいます。キャリア教育では「正社員になる」ことが前提となり派遣労働の状況を把握するという方向性が弱くなりがちですが、視野を広げる必要があると考え、企画しました。当日受付もあります! #kjk11

2013-09-15 14:22:39
藤川大祐 @daisukef

渡邉さんがこれまでとりくんっで来られたお仕事について。コールセンターのチームを教育する事業など、業務請負等のお仕事をされてきました。 #kjk11

2013-09-15 14:48:48
藤川大祐 @daisukef

労働者派遣法は1985年制定。それまでは、請負、委任、業務委託のみであった。労働者派遣法の趣旨は、専門的な業務を短期(期間限定)で担当してもらうというものであり、最近の「派遣切り」の対象となるような働き方は想定されていなかった。 #kjk11

2013-09-15 14:53:02
藤川大祐 @daisukef

1986年の段階では、労働者派遣が認められたのは16業種に限られていたが、規制緩和の流れの中で1996年に26業種に増え、1999年にはほとんどの業種に拡大(自由化業務)。2004年には製造派遣が解禁となった。 #kjk11

2013-09-15 14:54:40
藤川大祐 @daisukef

請負と派遣の違い。請負は企業側から直接指示が出せないが、派遣社員に対しては企業側から直接指示が出せる。 #kjk11

2013-09-15 14:56:08
藤川大祐 @daisukef

2004年には「紹介予定派遣の法制化」がなされた。派遣契約から始め、派遣期間中に「お見合い」のようなことをして、就職につながるというもの。派遣会社の社員のうちに企業側、労働者側の双方が見極めをするもの。 #kjk11

2013-09-15 14:57:36
藤川大祐 @daisukef

2004年当時、派遣産業は4兆円規模と言われた(約90万人が働いていた)。これは、ビール業界に匹敵する規模。 #kjk11

2013-09-15 14:59:22
藤川大祐 @daisukef

リーマンショック以降、安易に派遣社員を切る会社が増えた。これに対して規制強化がなされ、2010年「専門26業務における適正化プラン」が厚生労働大臣名で出された。自由化業務については最大3年までの雇用が厳格化。厚労省は企業に対して「本気で」指導をするように。 #kjk11

2013-09-15 15:01:45
藤川大祐 @daisukef

ルール違反をしている企業については、厚労省が企業名の実名公表をしたり業務改善命令を出したりした。 #kjk11

2013-09-15 15:02:58
市野 敬介 @Ichino_Keisuke

「年越し派遣村」あたりは、長い目で見ると将来の歴史の教科書載るような事案なのかもしれませんね。 #kjk11

2013-09-15 15:03:00
藤川大祐 @daisukef

さらに、日雇い派遣が原則禁止に。1日の仕事に100人集めるといようなことは派遣会社に頼まないと難しいが、そうしたことが原則としてできなくなった。 #kjk11

2013-09-15 15:04:33
藤川大祐 @daisukef

今後は、自民党政権のもとで再度の規制緩和がなされると予想される(まだ決定はしていない)。企業は派遣制度を使いやすくなり、個人は派遣を通じた長期的なキャリア形成が可能になるのではないか。 #kjk11

2013-09-15 15:06:15
藤川大祐 @daisukef

企業が派遣社員を活用する理由として圧倒的に多いのは、「欠員の補充」。これ以外に、「業務の並に合わせたい人員配置」「突発的な業務への対応」。専門性のある人を雇いたいという法律の趣旨とは、企業のニーズはズレている。 #kjk11

2013-09-15 15:07:37
市野 敬介 @Ichino_Keisuke

「派遣法の趣旨は専門性の発揮」。ということは派遣制度を利用する際には、自分たちの仕事の「専門性」とは何かを良く理解しておく必要があるってことか…。 #kjk11

2013-09-15 15:07:58
藤川大祐 @daisukef

「自社の社員は自社が育てる」ことが原則。直接雇用の場合には、当然、自社で育てる。請負の場合にも、請負委託を受けている会社が社員を育てる。派遣会社の場合にはこの枠から漏れてしまう。法の趣旨ではすでに育っているのだから自分で育てるということになるであろう。 #kjk11

2013-09-15 15:11:42
藤川大祐 @daisukef

他方、派遣元会社が派遣社員を育てるという考え方もできるが、派遣先の会社が命令をするとともに派遣社員を育てるという考え方もあるであろう。 #kjk11

2013-09-15 15:12:30
市野 敬介 @Ichino_Keisuke

「派遣社員として伸びていく人」の素養とは何か気になります。 #kjk11

2013-09-15 15:13:31
藤川大祐 @daisukef

SU層(Step up層)と言われる層がある。経験が浅いが意欲がある若い人。こういう人がほしいという会社が多かった。就職の手段として派遣会社に登録する人とも言える。 #kjk11

2013-09-15 15:14:44
藤川大祐 @daisukef

若い人も年齢を重ねていく。35歳以上で働いている人が今後どうなるかは重要な問題。 #kjk11

2013-09-15 15:15:32
藤川大祐 @daisukef

18歳で高校を出たばかりの人が相談に来て、何をやりたいか聞くと「看護師さんかケーキ屋さん」と言う。よく聞いてみると、身近な人が就いている仕事を挙げただけ。世の中にどんな仕事があるかを全然知らない。 #kjk11

2013-09-15 15:17:03
市野 敬介 @Ichino_Keisuke

「知っている仕事しか選択肢に上がってこない」これは大原則ですなぁ。 #kjk11

2013-09-15 15:17:12
藤川大祐 @daisukef

中長期的な育成の観点がない企業がある。こうした企業を見極めるようになる教育が必要。 #kjk11

2013-09-15 15:19:10
藤川大祐 @daisukef

ここからは渡邉さんのお考えです。自分の専門性(もしくは「自信をもって語れる思い/考え/特徴」)をもつことが重要。「強み」ということも言われているが、これは他者との比較で言えることなので、「強み」という語には違和感。 #kjk11

2013-09-15 15:21:16
藤川大祐ゼミ(授業実践開発研究室) @fuji_labo

人材の「若さ」を選定理由にする企業も実態として存在する。しかし、「若さ」を武器にしている方も年齢を重ねる。企業が要求する年齢をクリアできない方のフォローは重要である。#kjk11

2013-09-15 15:21:53
残りを読む(38)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?