丸山天寿さん@tenjumaruyamaの「本日、「敬老の日」。「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ための国民の休日。」

「余話」-物資が不足している時にも軍隊には比較的潤沢にあったと祖父や親父が言っていた。戦後、闇市に流れた物資は殆どがその品であると。私の経験でも昭和48年オイルショックでトイレットペーパーが不足した時も、自衛隊では一向に困った様子はなかった。ある所にはある。あまり書くと拙いかな… by 丸山天寿 
戦後 丸山天寿 tenjumaruyama 長寿 闇市 敬老の日 仙花紙 物資
1
丸山天寿 @tenjumaruyama

古本屋。田舎の物書き。郷土史研究者。 ほらふき爺と呼ばれています。怪しい物・伝説・言い伝え大好き。強い視力障害があり全てのツイートが読めずに、よく誤字、脱字やツイートの見逃しをやらかします。体調の関係で午前中のわずかな時間しか呟きません。ご容赦下さい。アイコンはイラストレーターのイクタケマコト ‏先生に描いて頂きました

http://t.co/0yQbMhWrhC
丸山天寿 @tenjumaruyama
お早う御座います。本日、「敬老の日」。「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ための国民の休日。1947年兵庫県野間谷村が9月15日を「としよりの日」としたのが始りと言われる。我がお袋はまだまだ元気。友人が減ったのが残念のようだが「敬老の日や句敵はみな鬼籍 紫狭
丸山天寿 @tenjumaruyama
1789年9月16日、江戸幕府が棄捐令を発布した。財政難に陥入り生活に困窮した旗本・御家人を救済するために、債権者である札差に対し債権放棄、債務繰り延べをさせた武士救済法令。発布された当初は借金をしていた旗本・御家人は大いに喜び、松平定信公への感謝で湧き返ったと記録にある。→
丸山天寿 @tenjumaruyama
しかし、この法令により札差は大きな損害を受け、結果として旗本・御家人に貸付を行わなくなり人心は不安に落された。収入が増えたわけでもなく、年末になると借金が出来ない者は生活に困り定信公を恨む者が増えたという。根本的な解決をせずに目先の法で誤魔化してはいけない。今の政治家は笑えない。
丸山天寿 @tenjumaruyama
【死語】ー「仙花紙=せんかし」-「仙貸紙」「泉貸紙」とも書く。元はコウゾの皮を原料にして作った厚手の手すき紙。愛媛県南予地方の名産。江戸期には大阪などの商店で帳簿用に使われていたらしい。「仙貸」という名はこの紙を初めて作った兵藤太郎→衛門の法名「宝山仙貸居士」に由来するそうだ→
丸山天寿 @tenjumaruyama
「仙花紙」2-終戦直後の紙不足の時代に印刷用紙の代用として使われた。終戦直後は製紙工場も壊滅状態で生産不可能たったが、軍需物資として普通の紙の在庫があり21年頃までは以前と変わらない印刷が出来た。が、この在庫が尽きた頃から、洋紙の統制と重なり、仙花紙の名で粗悪な紙が出回った。→
丸山天寿 @tenjumaruyama
「仙花紙」3-材料のワラが透けて見えるような「仙花紙」という名前の粗悪な紙は、昭和23年頃にピークを迎えた「カストリ雑誌」に多く使われた。そのために仙花紙はカストリ雑誌の代名詞のようになった。紙の生産が順調になった26年には洋紙の統制が撤廃され、30年代にはすっかり姿を消した。
丸山天寿 @tenjumaruyama
「余話」-物資が不足している時にも軍隊には比較的潤沢にあったと祖父や親父が言っていた。戦後、闇市に流れた物資は殆どがその品であると。私の経験でも昭和48年オイルショックでトイレットペーパーが不足した時も、自衛隊では一向に困った様子はなかった。ある所にはある。あまり書くと拙いかな…

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする