10周年のSPコンテンツ!
11
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
あまちゃん評論などに呑み込まれたのでは。。RT @tkira26 批評空間とか読んでやけにとんがったブログ書いたりする若者が昔はたくさんいたものだが、今そういうインテリ予備層ってどこに行ったのだろ。社会学もスター不在な感じだし。そういうのかっこ悪いという反知性主義が勝利したのか。
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
頭いい/頭悪いとメジャー/マイナーは本来まったく異なっていて、「マイナーだけど頭いい」世界があるとみなが信じていたからこそ思想や評論は成立したんだけど、ゼロ年代半ばに若手評論家が「結局勝ち組がいちばん頭いいでしょ、大事なのはメジャーっす」と言い出したので評論は自滅したんですよね。
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
しかし、ニコ動でも初音ミクでもあまちゃんでもAKB48でも艦これでもなんでもいいけど、すでに大衆が万歳して受け入れているものを難しい言葉でごちゃごちゃ評論するほど滑稽なものはないわけで(マスコミ的には使いやすいけど)、そりゃ評論は死ぬよなあと。最近はしみじみ思いますね。
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
あと、同じように、評論界では「しっかりシステム作ればあとは自動的匿名的におもしろい作品は出てくるんだから、アーキテクチャについて考えるほうが作品より刺激的」とかいう風潮が現れたわけだけど、それなら評論なんか書いてないで起業すればいいじゃんと。ここでも評論は死んだよね。
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
そうね。そう思われるように彼らは振る舞ってるね。ぼくはそういう印象を変えるようにがんばってきたのだけど。RT @humina20 @hazuma 評論家なんてそんなものですよ。
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
ぼくは自分の仕事にしか興味ありません。ゼロ年代批評はすっかり食い荒らされたので、あと勝手にやればと思う。RT @yasubow202 東さん、ここで踏ん張って、くださいよ〜! RT @hazuma しかし、ニコ動でも初音ミクでもあまちゃんでもAKB48でも艦これでもなんでもいいけ
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
評論家って、ほんとうは、メジャーな作品についてテレビに出てごちゃごちゃ語るひとではなくて、世の中に知られていないマイナーな才能を見つけこっそり育てたり愛でたりするひとのことを言うんですよ。そういう評論家は本当にいなくなったね。
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
そんな深層はもはや表層に出ているので分析に意味はない。RT @freakingtime @hazuma 「大衆が万歳して受け入れているもの」の深層を抉り出す作業もそれなりに価値はあると思いますが、「大衆が万歳して受け入れているもの」に迎合してしま
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
ぼくをだれかと勘違いしているのでは。RT @chibapirate 東浩紀は死ぬ気だ…RT @hazuma: しかしニコ動でも初音ミクでもあまちゃんでもAKB48でも艦これでもなんでもいいけど、すでに大衆が万歳して受け入れているものを難しい言葉でごちゃごちゃ評論するほど滑稽なもの
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
ぼくは、あまちゃんやAKBや艦これは言うに及ばず、ニコ動についても初音ミクについても評論を書いたことないと思う。対談とかで喋っているだけ。でも美少女ゲームについては何度も何度も「書いて」いる。その差は歴然としているんだけど、みんな混ざっちゃうんでしょうね。
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
まったくありませんね。いや、実際そんなの読者には関係ないと思うよ。それを必要としているのはメディア関係者。RT @ume_pon .@hazuma とはいえ、「なんでこれがこんなに受けてるの?」と思う、渦中にいない大衆からすると、その謎を解明してくれる評論は意味がある気もしま
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
では、そういう方にもっと活躍していただきたいです。RT @Amidalachan 8分 いや、それは東さんが知らないだけでしょう。 RT @hazuma: 評論家って・・・世の中に知られていないマイナーな才能を見つけこっそり育てたり愛でたりするひとのことを言うんですよ。
後藤和智@弘前りんご同人祭・仙台コミケ参加予定 @kazugoto
これって「俺は大衆が褒めているものはなんでも受け入れるぜ!」宣言なのか、あるいは「俺は大衆ごときの下衆な連中のための商売はしない!」という宣言なのか。最近の言動を見ていると後者の確率が高いかも。 https://t.co/A96FRPkZHG
堀江貴文(Takafumi Horie) @takapon_jp
この感じがいいw RT @hazuma: 評論家って、ほんとうは、メジャーな作品についてテレビに出てごちゃごちゃ語るひとではなくて、世の中に知られていないマイナーな才能を見つけこっそり育てたり愛でたりするひとのことを言うんですよ。そういう評論家は本当にいなくなったね。
東浩紀 Hiroki Azuma @hazuma
えw どういう意味だろ?? RT @takapon_jp この感じがいいw RT @hazuma: 評論家って、ほんとうは、メジャーな作品についてテレビに出てごちゃごちゃ語るひとではなくて、世の中に知られていないマイナーな才能を見つけこっそり育てたり愛でたりするひとのことを言
orihekat @orihekat666
@hazuma 正に!90年代後半にメタルがダサいとレッテルが貼られても伊藤正則らが壁になってニューメタルまでメタルの灯火を消させなかったのを思い出します!
🦐岡田ぱみゅ富美男🦐 @kettansai
批評が「売れる仕組みを考え、解説すること」に終始すると広告会社はやる事が無くなってしまうw マーケとアーキテクチャは、専門の人間が居るのだから、そちらに任せれば良いのだが「何故こんなのが売れるんすかね?」という所でズバッと答えを聞けるとスッキリするという需要が、批評家に対してある
🦐岡田ぱみゅ富美男🦐 @kettansai
批評に対してではなく批評家に対して、そういう「売れたもの解説」を期待するアレな。
ペペロンチーヌ@ラグビーW杯 @peperon227
ジャーゴンをちりばめた評論によって「分かっているのは俺たちだけ」「これこそが俺達の言葉!」を作って文化権を構築できていたのが、ネットの「ネタ化」によって文化権の構築が容易になってしまって、市場を熟成できなくなってしまったんだよなぁ。評論を殺したのはネットのネタ職人でしょう。
🦐岡田ぱみゅ富美男🦐 @kettansai
ただ、ヒットしたもの解説は、糸井重里とか、にしかわりゅうじんとか、そういう人に役割分担すればエエやないか、とは思う。 @hubbled 大衆にヒットしているものを難しい言葉で論じたって別にいいと思うんだよ、文芸でも映画でもアニメでも、作品批評というのを面白いと思う人も結構いる
ペペロンチーヌ@ラグビーW杯 @peperon227
ヲタのテキストサイト界隈も似たような感じで、例えばガリバーさんやとざまさんが支持されてるのって、まず事実の速報性と正確性があって、そのうえでポジティブな意見が少しづつ入るから、「薄いファン」には極めて有用で、かつてのテキサイのような「ヲタの知恵比べ」的な側面はもう無くなっている。
もえぎの @moegino
ハロプロ@2ch掲示板 / “東浩紀 「AKBやあまちゃんを難しい言葉を並べて評論してる奴はあほ」” http://t.co/puoVqYSGpK
ペペロンチーヌ@ラグビーW杯 @peperon227
どんなジャンルであれ、見る側が考えることを止めたらもうおしまいなんだけど、消費のスピードとマネタイズの流れには逆らえないわけだから、メジャー/マイナーに関係なく、「なんでこれを見るのか」の理由づけのための評論ならまだ生き残る道はあると思うけども、そんなん面白くないしね。
🦐岡田ぱみゅ富美男🦐 @kettansai
宇野常寛の「ゼロ想」とかは確かに面白い。面白いんだが、なんかモニョるのよ。多分「確かにその作品がヒットした背景には、時代の要請による社会のニーズ(考え方)の変化があると思うけど、それって一部の人じゃね?」的な部分で、ゆえに「より一般的な」AKBとかを語る方向に行ったんだろうけど、
残りを読む(13)

コメント

zetumu @zetumu 2013年9月17日
>「結局勝ち組がいちばん頭いいでしょ、大事なのはメジャーっす」と言い出したので評論は自滅したんですよね<別に自分の事を解説せんで良いのに。せっせこメジャー化する生存戦略をして今更こんなこと言っているのはギャグ?。
zetumu @zetumu 2013年9月17日
>「しっかりシステム作ればあとは自動的匿名的におもしろい作品は出てくるんだから、アーキテクチャについて考えるほうが作品より刺激的」とかいう風潮が現れたわけだけど、それなら評論なんか書いてないで起業すればいいじゃんと。<そんな自分のやっていることのネタばらしせんでもw。
zetumu @zetumu 2013年9月17日
まあ二つ目が上手く言っているかどうかは判らんけど。一つ目は取り敢えずはやれたんじゃない?。
タライ・ラマ @agujeta 2013年9月19日
昔のニューアカの人らはメジャーとマイナーの間ぐらいのを対象にしてたな。今はそういうのないんだっけ?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする