2013年9月17日

130916 SPEAKERS CORNER B_06 小山泰佑 #de04

13:00-13:50 写真家小山泰佑さんによる、素敵な写真作品ができるまでにどのようなプロセスがあるのか、ディティールや素材感の美しい写真たちとともにお話いただきます。
0
@takumi9080

スピーカーズコーナーBより 写真家、 小山泰佑のトーク始まりました! #de04 http://t.co/Q14DhwxsvE

2013-09-16 13:01:45
拡大
@takumi9080

小山:最初に展示会場の写真。織咲さんのデザインした木の柱が立つ内装。かなり広い会場、作品の説明は後ほど #de04 http://t.co/nENgWmbw9I

2013-09-16 13:04:17
拡大
山崎泰寛 @y_yamasaki

藤村さんはあえて語ることを避けてるんだと思うけど、実際のパブリックミーティングにも、牡鹿半島や小豆島のようなエピソードが満載のはず。票数が示すのは案の優劣というよりも、共感のボリュームや重みである。だから次の案をドライブさせられる。 #de04

2013-09-16 13:05:49
@takumi9080

小山: 展示の構成、映像作品がある。奥に製作所もあり鈴木さんという彫刻家が滞在製作をしている、最終的にはこの活動や作品をまとめた本を出版している。#de04 http://t.co/ZK6QTLoR6q

2013-09-16 13:07:04
拡大
@takumi9080

小山:醤油村で展示する企画の話が上がったのは11月、まだ寒い時期で、会場予定地も作品を展示出来るような雰囲気は無かったが、反面予想が出来ないという魅力も湧いた #de04 http://t.co/Vh8DhxUZxN

2013-09-16 13:08:48
拡大
AURU @auru_clip

あの5階?の水面に見えるエキシビジョンは今回の水害を予言していた可能性が・・・? #de04

2013-09-16 13:10:51
@takumi9080

小山:不思議な石の形、石切場のかけらで形がユニークだったり、穏やかな海の流れによりキメが細かかったり。人為的なものと自然も絡んだものに可能性を感じた。 #de04 http://t.co/gDox9lMPtY

2013-09-16 13:11:34
拡大
@takumi9080

小山:その場でしか作れない作品、僕にの作品、行きすぎるとどちらかになってしまうジレンマが難しかった。 #de04

2013-09-16 13:13:40
@takumi9080

小山:実験の話し。発酵などの操作と、作品を結びつけるリサーチとして、醤油皿を観察した。 その中で結晶のような物が出来た。いわゆる塩の結晶に似たようなものだ。 #de04 http://t.co/zD3llp928B

2013-09-16 13:16:19
拡大
@takumi9080

小山:100円ショップに透明カラー折り紙や、セロハンなどを買った。凄く薄いポリプロピレンで作品にとても合っていた。家でのリサーチ画像。結晶を溶かしたりと操作を加えて見たりもした #de04 http://t.co/w8d3xtXvo4

2013-09-16 13:18:55
拡大
@takumi9080

小山:五月に2週間滞在し作品を作ると決めた。醤油のシートが手前に並べて、日々写真を撮っていたが、写真なので天気が重要だった、特に小豆島の五月は霧がかかっていたりもした。 #de04 http://t.co/suauJfunAn

2013-09-16 13:21:16
拡大
@takumi9080

小山: 虹の作品のテスト。以前から虹の作品のグラフィックを撮っていた、目の錯覚という物が人々に当たり前のように共有していて面白みを感じた。#de04 http://t.co/wSfAGeSIbg

2013-09-16 13:24:58
拡大
@takumi9080

小山:海の波長がぶつかるとラインが出来たりもする、そこに光の波長というのが組み合わさると新らしい物となるのでは?と考えた #de04 http://t.co/sYufDdqdb1

2013-09-16 13:26:23
拡大
@takumi9080

小山: 製作していた二週間が終わり、展示の作業にとりかかった。海に満月が映った様子も幻想的で作品にしようと思った。結果的に最初のプランと比べ変更が生まれた #de04 http://t.co/krBCdx4E1O

2013-09-16 13:30:22
拡大
@takumi9080

小山:自分の感情が入らない様に完成させたいという考えもあった、元々の環境が作品として表現出来る程綺麗だった。 それと、今までの作品との連続性や、地元の人々に分かりやすい物にする必要もあった。 #de04

2013-09-16 13:33:10
@takumi9080

小山:本だが製作途中も見せれないかと考えた。村の作品というものを作る事に対して、村の人達と来客者、アーティストの立場から生じるズレが難しいし面白いと感じた。コミュニティアートは地元の人達のもで、数十年後、その人達が居なくなってしまうと同時に無くなってしまうのでは? #de04

2013-09-16 13:38:22
@takumi9080

小山:本にしようとしていたが、モノとして残したいと強く感じた。 #de04

2013-09-16 13:44:39
@takumi9080

長期の滞在制作は初めて。クリエイターの絵による記述など、アーティストの記述の役割、歴史を作る上で重要になつでくる #de04

2013-09-16 13:44:42
@takumi9080

自費出発は三年ぶりだが展示だけでは無く、出していく事も重要。醤油倉庫のレジデンスのプロジェクトが本の紙にしっかり写り込んでいて分かりやすかった。 #de04

2013-09-16 13:46:42
@takumi9080

海外や東京でも展示を行っている、プロジェクトとしては夏で終わりだが、会場写真を本としてでも、こらから残っていければと思う。先程の醤油や虹の作品の本も出発するので宜しければ。 #de04 http://t.co/laHMRPpGMo

2013-09-16 13:50:08
拡大
@takumi9080

以上、写真家小山さんのトークでした^^ありがとうございました! #de04

2013-09-16 13:51:35

コメント

t.yurica @yurica1019 2013年9月18日
まとめを更新しました。
0