まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

なぜ人はヒトデを見て星だと思ったのか

酔った勢いでサブアカで書き散らしたことと聡明なフォロワーさんたちとの会話をまとめました. 詳しい方がいましたらなんか教えて下さい
自然 記号 へたれのまとめ ヒトデ
53356view 29コメント
189
へたれ @hetare_aikoos
昨晩のヒトデと星と☆の関係についての議論を一応まとめておきましょうか.もしかしたら詳しい人からリプライがくるかもしれない. http://t.co/efQK40Cqsw
 拡大
なんで☆を見て星だと思うの?
へたれ @hetare_aikoos
少し気になったのが,星って言われて☆を思い浮かべるのはなんでどこの国も共通なんだろう.もっと踏み込むと,なんでヒトデを見て海の星だとしたんだろうなあって話.
へたれ @hetare_aikoos
ヒトデを見て星だと思うには人々の共通認識に星のイメージとして☆の形が必要なんだろうけど,人々がヒトデを見るのが先だったのか星のイメージとして☆を考えたのかどっちが先だったんだろう.
ハコ(休学) @hacolate
@hetare_aikoos 日本は陰陽道の五芒星から来てる気がする。確かに不思議だね。ルーツ気になる。
へたれ @hetare_aikoos
@hacolate ごぼうせいはなんで星って名前がついてるの?
ハコ(休学) @hacolate
@hetare_aikoos なんでだろう。でも☆ルーツとは別に、陰陽道では天文やらをメインに扱うってところも由来してるように感じるなぁ。
ぼく@おつまみ本執筆中 @boku_5656
@hetare_aikoos @hacolate あの形って、外側の5つの三角形があるように見えて、それが星の光彩を連想させるからだって聞いたことあるよ〜

昼間は思いついただけで,あまりまとまらずに流れる.

深夜になり酔った勢いで蒸し返す
へたれ @hetare_aikoos
だいぶお酒をいただきました.
へたれ @hetare_aikoos
いい感じに酔ってるので昼間の続きをしましょう
へたれ @hetare_aikoos
議題を簡潔に示すと『なぜ人はヒトデを見て星だと思ったのか』です.
へたれ @hetare_aikoos
具体的にいうと,ヒトデを見て星だと思うためには,人々の共通認識に星と言えば五芒星,つまり『☆』を思い浮かべなければヒトデを見て星だとは思わないわけです.
へたれ @hetare_aikoos
それを考え始めると,なぜ人は☆を星の記号として認識したのかという話になりまして…
へたれ @hetare_aikoos
五芒星の外側の五つの三角形が光の広がる感じを表しているという意見をいただきましたが,じゃあなぜこういったマークが星の記号として採用されなかったのか疑問に感じる. http://t.co/YSoUNFQXE8
 拡大

※地図記号:工場

へたれ @hetare_aikoos
そうすると,やはり五芒星のルーツを紐解く必要がある.
へたれ @hetare_aikoos
日本の五芒星のルーツと呼べるのは陰陽道だろうか.まあ安倍晴明はすでに五芒星を使っていたようだし.
へたれ @hetare_aikoos
五芒星自体は五つの要素を並列に扱えるものとして,洋の東西を問わず使用されてきた経緯はあるようだ.
へたれ @hetare_aikoos
Wikipediaだけども引用すると, "歴史的に確認されているもっとも古い五芒星の用法は、紀元前3000年頃のメソポタミアの書物である。" とある.そのあともエジプトなどで五芒星は見受けられるが,星という用法ではないようだ.
へたれ @hetare_aikoos
ネットの文献で信憑性は薄いわけだけれどもこのサイト( http://t.co/V2r3jagbCZ )には,日本で星を☆として認識したのは早くて17世紀,西洋の天文学と触れ合ってからだとしている.それまでの星は●などで表されていたようだ.
へたれ @hetare_aikoos
同時に先ほどのサイトで考察されているには,ヒエログリフに登場する☆は海星,すなわちヒトデを表すとある.
へたれ @hetare_aikoos
西洋人は天界と海洋を同一のものと捉えていたとされていて,空にある星と海辺のヒトデを関連付け,星を☆マークとしたという説もある. だとすれば,これはあまりにも大胆な仮説だが,ヒトデがいなければ星は☆として認識されなかったのではないか?
へたれ @hetare_aikoos
もし,これはともすれば高い確率なのかもしれないが,五芒星,すなわち『☆』が,星を表すよりも先にヒトデを表すのであれば,ヒトデこそが☆であり,☆が星を表すのは二次的なものと言えるのではないか!?!?
残りを読む(93)

コメント

那賀崎 @tenpatomegane 2013年9月19日
手足を伸ばした人間もヒトデとそんなに形は変わらないね
ふぁむ氏 @phantom0730 2013年9月19日
一歩間違えたらウニが星のモチーフだったかも知れないのか
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 2013年9月19日
ヒトデを見たらパイル星人を思い出す
木登りヤギ@トゥルトゥルクトゥルフ @kinoboriyagi 2013年9月19日
これか!http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?file_id=10493 RT @ta7ch_fusca: ヒトデが海星と呼ばれた最初の文献は、ネット公開されてる「タコノマクラ考」という論文に載ってる気がするけど、宿舎電波弱すぎてPDF開けなくて調べられぬ…
木登りヤギ@トゥルトゥルクトゥルフ @kinoboriyagi 2013年9月19日
「タコノマクラ考」駆け足で一通り読んでみたけど、海星の名はびっくりするほど出て来なかった。ヒトデの漢名かもしれない、と上がっているのは海燕、海盤車、陽遂足。もしかして海星は英名からの輸入品? どんなに早くても1885年の動物通解以後についたと推測される。この時点では海盤車と表記。
張三李四 @tyousanrisi 2013年9月19日
なかなか面白いなあ。ヒトデの生息地域とかも参考になるかもなあ。五行とか発祥は天文に関係してそうだから、五芒星って実は星座みたいに星をつなげたものだったりして、そこから逆に五芒星の図形が星を意味するようになったとか
長月トッケー@雛菊本舗 @picsacu_tokek 2013年9月19日
思った以上に奥深い話。文化論として価値があるんじゃないかなと思う。そういえば、ソロモン72柱にデカラビアというヒトデの姿の悪魔がいますね〜。
雷更新世 @pleist 2013年9月19日
言われてみれば☆以外にも星を象った図形はアステリスク「*」とか則天文字「○」とかあるなあ。starの語源が「広がる」ってのも面白い。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013年9月20日
どこかの壁画に☆マークが無かったっけ?実際星を見てるとあんな形だしなwあと五つ星とか六つ星(出っ張りが)とかは書きやすいかどうかでの差じゃなかろか。三角二つで六芒星、一本書きなら五芒星で。
とーか @tohka383 2013年9月20日
陰陽道における五芒星は(当時なんと呼んでいたかはしらないけれど)夜空の星ではなく、あくまで五行(木火土金水)の関係を表す図形という印象。空に目を向け天の加護があるかを読み取ったけど星そのものの力を借りるとかではなかったと思うし。西から伝わった星型の図形のうち、でっぱりが5つあるものを五芒星と呼んだ? 少なくとも六芒星も星と認識されなければ、この命名はないだろうし
とーか @tohka383 2013年9月20日
ヒトデ網の学名が Asteroidea だったりしますし、 starfish は比較的新しい俗的な名称というわけではなく、昔からある伝統的な考えなんでしょうね。あと star の直接的語源はどちらかといえば、ラテン語の stella の方が自然に思えます(古英語だと steorra のようですし)。
とーか @tohka383 2013年9月20日
ピラミッドの壁画の星 http://goo.gl/imi8MY ただ、簡単に英語で調べてもこれとシンボルの星との関係を言及した記事はみあたらなかった
しないつぐみtrop @tsugumi_shinai 2013年9月20日
αστρον astron の「広がる、撒き散らかす」がstarの語源となったというのは、星が空に撒かれた様に見えることからかなあ。とすると記号としてのカタチとはあまり関わりがないかも。てきとうだけど。
takasea @takasea 2013年9月21日
勝敗を意味する●とか○も黒星とか白星とかいうので、五芒星の『星』は形としての☆を表すんじゃなくて、『マーク』を意味してるのかなと思いました。黒マーク、白マーク、五芒マーク。
佐藤賢一の中の人 @ke_1sato 2013年9月21日
古代中国からの伝統ですと、「芒」は星の本体にくっついた草のように見える物。これが一方向に延びている星を「彗星」、多方向に延びた星を「孛」と呼んでいました。肝腎の星本体は「○」で表すのが普通です。(前漢時代の出土品として有名な馬王堆の帛書にもこのような図があります。)このイメージは江戸時代の日本まで続いていて、「☆」標記が星図に現れるのは、幕府の天文台周辺でも蘭学受容以降ですね。
佐藤賢一の中の人 @ke_1sato 2013年9月21日
続記です。日本の陰陽道、密教に関係する史料だと、一筆書きの「☆」が井桁状に線を引いた「九字」(臨兵闘者皆陣列在前)とペアになって記されます。魔除けの記号のようで、少なくとも星そのものを示す文脈では用いられないですね。江戸時代の家紋を集めたデザイン集では、「☆」は「晴明桔梗」と呼ばれています。家紋で星を示すときは、やはり「○」です。
brucaniro @brucaniro 2013年9月21日
面白いなあ。まとめ主さんも言及されてるサイトにもあるけど、ヒトデ起源説は、割と海外でも評判のよさげなマリア・カルメラ・べトロ『図説・ヒエログリフ辞典』にもあるようなので、それなりに議論の蓄積はありそう。本が手元にないのであれだけど。原著は、Maria Carmela Betrò, Hieroglyphics : the writings of ancient Egypt(1996)
夢乃 @iamdreamers 2013年9月21日
そもそも星を☆で表現するようになったのは、紀元前500年頃、ピタゴラス学派が五芒星をシンボルマークとしたことに端を発する。この学派では数字が宇宙を支配する、と考えられていたことからシンボルマークの五角形が宇宙を、その中の☆が星を表すようになった。・・・いや、今私がでっちあげただけです(>_<) まじめなお話の途中にネタ突っ込んですみませんm(_ _)m
岡一輝 @okaikki 2013年9月22日
「ごぼう星」があるなら、「だいこん星」や「にんじん星」があってもいいと思うの。
冷たい熱湯 @Tuny1028 2013年9月22日
そもそも「五芒星」なる図形をこの名前で呼び始めたのがそんなに古い話ではない予感がする。用例をどこまで辿れるだろうか?
あるぺ☆ @alpe_terashima 2013年9月23日
大元の原因である、「何故、星が光の点ではなくて、*や+や☆といった光芒を描く点になるのか」には、まだ触れていないようですね。人間の目には球面収差があるので、点光源は放射状に光が広がるように見えるのです。
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2013年9月23日
「ヒトデが先」説を唱え始めた人の興奮はすごくわかる。僕もこんな検証リプライ合戦してみたい。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年9月29日
ヒトデ自体は5じゃないやつもけっこういるので、そこらへんの係りが気になるな。
崎山徹 @trskym 2016年1月21日
これは面白い考察。→
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年1月21日
ヒトデは単性生殖の際に自分の腕をチョン切って増殖するのですが、その自切した腕から新しい腕が小さく出てきた状態をコメット(彗星)と呼ぶことから、通常状態のヒトデを五芒星と例えたとするのが、私の説。
ヒロキ @hiloki0713 2016年9月27日
星が点ではなく放射状に描かれる(見える)かは眼のカメラ構造に基づいて光学的に解説した記事が有ったはず。
ɐɥuıɥsnoʇʇɐɥ @hattoushinha 2017年4月3日
「人の目には星は光の点+放射線に見える」ことと「天体には占い的要素、数学的要素が深く絡んでいて『5』という数字が縁起が良かった」「一筆書きには魔力が宿るとされていて魔術的要素的に五芒星は重宝された」結果、たまたまヒトデに似てしまった説を推していきたい こういう歴史ものって全然関係ない学問まで飛び火してるから面白いよね
ɐɥuıɥsnoʇʇɐɥ @hattoushinha 2017年4月3日
西洋魔術では古くから「この世は四つの要素で出来ている」と信じられていて、 そこに神あるいは人を足して、☆を安定した世界を表す記号として使ってたところがあったはず うろ覚えなので要検証ですね
私は16TONS@大阪の崇高なるダダイストにして、尋常ならざる性癖を帯びたもの @moonintears16t 2017年4月7日
picsacu_tokek 違う違う、デカラビアは原典では単なる五芒星図形の姿で現れる。ヒトデの姿にしたのは女神転生シリーズの拡大解釈。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする