編集可能

アカデミックなものとのつきあいかた(その1)

まだ話はじまってないよ。 #wab ■その2:http://togetter.com/li/56931
32
@otya_uke

職業として研究職を目指さないひとが、アカデミックな議論に関心を持つときの「持ち方」にはどのような種類があるのだろう。自分の来し方行く末踏まえて、そのうち整理してみよう。

2010-10-02 15:25:37
縮限 @contractio

ハッシュタグつくろう! “@otya_uke: 職業として研究職を目指さないひとが、アカデミックな議論に関心を持つときの「持ち方」にはどのような種類があるのだろう。自分の来し方行く末踏まえて、そのうち整理してみよう。”

2010-10-02 15:47:13
@otya_uke

承知しまった。よければ乗っかってください @contractio: ハッシュタグつくろう! “@otya_uke: 職業として研究職を目指さないひとが、アカデミックな議論に関心を持つときの「持ち方」にはどのような種類があるのだろう。そのうち整理してみよう。”

2010-10-02 17:02:58
@mskota

立ち位置が微妙。研究職目指していないわけじゃないし、かといって研究職と無縁な場所で働いている。参考にできるのか? RT @otya_uke: 職業として研究職を目指さないひとが、アカデミックな議論に関心を持つときの「持ち方」にはどのような種類があるのだろう。

2010-10-02 21:42:03
縮限 @contractio

O田さんは別クラスタですw “@mskota: 立ち位置が微妙。* RT @otya_uke: 職業として研究職を目指さないひとが、アカデミックな議論に関心を持つときの「持ち方」にはどのような種類があるのだろう。”

2010-10-02 21:46:40
HN @HndA

むしろ逆の方が分類しやすい。 RT @otya_uke: 職業として研究職を目指さないひとが、アカデミックな議論に関心を持つときの「持ち方」にはどのような種類があるのだろう。

2010-10-02 22:54:19
@mskota

ありがとうございます、でいいのか RT @contractio: O田さんは別クラスタですw “@mskota: 立ち位置が微妙。* RT @otya_uke: 職業として研究職を目指さないひとが、アカデミックな議論に関心を持つときの「持ち方」にはどのような種類があるのだろう。”

2010-10-02 23:10:39
@otya_uke

@mskota ありがとうございます。境界ケースのご指摘、重要ですね…。今後あらためて検討できればと思います。「お前のまとめは現実を1ミリも踏まえていない!」など、至らない部分があれば是非ご指摘くださいね。

2010-10-03 13:25:36
@otya_uke

昨日のこのついーと( http://bit.ly/coBM4L )について「ハッシュタグきぼんぬ」とのご用命をいただきました。いろいろ悩みましたが、「ワークライフバランス」ならぬ「ワークアカデミックバランス」を考えるという意味で #wab と表記します。

2010-10-03 14:14:06
@otya_uke

#wab これから、職業として研究職を目指さないひとが、アカデミックな議論に関心を持つときの「持ち方」についてちょっくら考えたいとおもいます。このテーマを話題にしたいと思ったのには、2つの背景があります。(以下、だ・である調にて失礼)

2010-10-03 14:14:51
@otya_uke

#wab A、内発的関心。わたしは現在民間の会社で働きながら、休日は研究会や学会などに参加する、いわゆる「休日研究者」である。専攻は社会学だったが、先達としては @contractio 氏などが有名だろう。

2010-10-03 14:15:07
@otya_uke

#wab 休日研究者の生態例を把握したければ「日曜社会学」( http://socio-logic.jp/ )を参照のこと。

2010-10-03 14:15:18
@otya_uke

#wab 社会に出ると、学生時代と環境が一変するため、学部・修士時代の関心をそれまで通り維持するのは難しくなる。学会報告・論文提出など、学んだことのアウトプットも義務づけられていないため、基本的に研究会・学会などへの参加はすべて「自由意志」によるものとなる。

2010-10-03 14:15:29
@otya_uke

#wab しかし「自由意志」であっても限られた休日を(一見実益のない)研究に捧げるのは、本人が言語化できているにせよ、いないにせよ、アカデミックな議論になんらかの「こだわり」があるからだろう。「こだわり」の内容は人それぞれだだろう。

2010-10-03 14:15:38
@otya_uke

#wab ただし、「こだわり」がどのようなもので、当面の間どこに向けていきたいか/いけるかをあたう限り自覚できれば、今後「休日研究者」としての活動にもよりハリが出るだろう(ハリを出したくないときにも、スムーズにスイッチをオフできるだろう)と思ったこと。

2010-10-03 14:15:47
@otya_uke

#wab B、関心の「持ち方」にそのひと固有の「学問観」が反映されているように思えたこ。たとえば学部時代に社会学を専攻していたが、院に進まず一般企業に就職した人々から自分自身が「社会の現実をたしかめたかった」「実践的なフィールドワーカーになりたかった」という話をよく聞く。

2010-10-03 14:16:16
@otya_uke

#wab ここには(主張が正しいかはともかく)「社会学やってたって、しょせん社会と乖離していくだけなんじゃねぇの」という思いが透けて見えないこともない。アカデミックな世界の外側にある「学問観」から、世間一般が学問に期待するもの/しないものを逆照射できるように思ったこと。

2010-10-03 14:16:24
@otya_uke

#wab 「職業として研究職を目指さないひとが、アカデミックな議論に関心を持つときの『持ち方』」は<1、職業として研究職を目指さないひと><2、アカデミックな議論に関心を持つときの『持ち方』>という2パートの組み合わせで成り立っているように思う。以下、両者について考察していこう。

2010-10-03 14:16:43
@otya_uke

#wab <1、職業として研究職を目指さないひとについて>→そもそも「研究職」を目指さない、とは何を意味するのか。ここでは「研究職」に就くことを、「ある専門領域を研究することで、対価としての金銭をもらう『プロ』になること」だと考えよう。

2010-10-03 14:17:00
@otya_uke

#wab じゃあ「プロ」ってなによ、という話になるのだがその問いにはここでは深く踏み入らない。ひとまず「アカデミックな世界で評価を受ける」という、ふんわりした定義を与えておこう。

2010-10-03 14:17:19
@otya_uke

#wab ではこの前提に立ったとき「研究職を目指さない=アカデミックな世界での評価を期待しない」人々は、どのような背景を持つのか。以下、3種類に分けてみたい。

2010-10-03 14:17:27
@otya_uke

#wab 1-1、元々研究職を目指していたが、諸事情により別の道を行った人々(入院経験者など)/1-2、いままでも、これからも、研究職を目指したことのない人々(編集者など)/1-3、研究職を目指していないわけではないが、諸事情により別の仕事についている人々など

2010-10-03 14:17:35
@otya_uke

#wab ※当初、わたしは1-1、1-2のみを想定していた。1-3に該当するひともいるという指摘を受け(参照: http://bit.ly/cZLPFv )、1-1や1-2から「あぶれる」人が出てしまうることはそれ自体1つの問題軸になるのではないかと思われた。

2010-10-03 14:18:05
@otya_uke

#wab ただし、1-1~1-3の境界を論じていると本題から逸れそうなので、今回は1-1、1-2をメインに考えたい。1-3についてはまた別の機会に検討させてほしい。(ただ、背景は1-3であっても、関心の内実は2に該当するケースもあるかもしれないので、参考になるとうれしいです)。

2010-10-03 14:18:43
@otya_uke

#wab まずは1-1から。「諸事情により別の道を行くことにした」にはさらに1-1-a:外発的要因(経済的事情、パワハラなど)と1-1-b:内発的要因(パート2を参照)に分けられる。

2010-10-03 14:19:05
残りを読む(230)

コメント

小山 虎 @torakoyama 2010年10月5日
「(研究職を目指さないひとの)アカデミックなものとのつきあいかた」と「研究者はどう規定できるのか・そもそも規定すべきなのか」の二つの(関連しているけれど別の)話がおこなわれているのでややこしくなってますね(例えば、@otya_ukeさんが関心を持ってるのは前者、@HndAさんが関心を持っているのは後者)。まとめるのなら分けてもいいんじゃないかと。
0
縮限 @contractio 2010年10月6日
朝の勤行。かねた発言を追加。
0
tu-ta @duruta 2010年10月7日
そもそもアカデミズムがなんのためにあるのかという問いが必要なんじゃないかと思う。アカデミズムのためのアカデミズムなんて「唾棄すべきものだ」とぼくは思う。生きることとつながらない研究なんてやめてしまえ、とか思うな
0