茂木健一郎氏 @kenichiromogi 第1042回【正しい/正しくないよりも、好き/きらいの方が時に深い】連続ツイート

2013.9/22 茂木健一郎氏 @kenichiromogi 【正しい/正しくないよりも、好き/きらいの方が時に深い】連続ツイート …政治的論争は、「正しい/正しくない」という次元でとらえられがちだが、実は背後に「好き/きらい」が隠れていることが多い。むしろ、脳のメカニズムとしては、「好き/きらい」の判断が先にあって、それを「正しい/正しくない」の論理で偽装して正当化しようとする場合が多い…
コラム 脳科学 たす 連続ツイート 茂木健一郎
5145view 0コメント
4
茂木健一郎 @kenichiromogi
連続ツイート第1042回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、今朝起きたときに思ったこと。
茂木健一郎 @kenichiromogi
たす(1)講演会などで、ときどきふと思いついて、「きのこの山」と「たけのこの里」のどちらが好きですか、と聞いてみる。すると、本当に見事に半々に分かれる。原材料をたどれば、チョコレートとビスケットということは変わらないのに(つまり胃に入れば同じなのに)、好きな方がはっきりしている。
茂木健一郎 @kenichiromogi
たす(2)好ききらいには、理由も論理もない。例えば、私は何を隠そう卵焼きが苦手である。そう言うと、たいていの人はえっ! と言う。大根おろしと醤油がついていれば何とか食べられるが、そうでないとそんなに食べたくない。でも、出たら仕方がないから真っ先に食べる。
茂木健一郎 @kenichiromogi
たす(3)好ききらいには、過去の経験が投影されているようである。ある方は、干しぶどうが苦手だと言っていた。学校給食で出た、おいしくないぶどうパンを無理矢理食べていたら嫌いになって、今でも、チーズと一緒に出てくる高級な枝付き干しぶどうを含めて、ダメだというのである。
茂木健一郎 @kenichiromogi
たす(4)学校教育は、答えのある問題に正解することを重視しがちである。つまり、「正しい/正しくない」が大切だと教える。それはそうかもしれないが、往々にして、「好き/きらい」の方が人生で重大な影響をもたらす。知らず知らずのうちに、人生の方向性が定まっていってしまうからだ。
茂木健一郎 @kenichiromogi
たす(5)政治的論争は、「正しい/正しくない」という次元でとらえられがちだが、実は背後に「好き/きらい」が隠れていることが多い。むしろ、脳のメカニズムとしては、「好き/きらい」の判断が先にあって、それを「正しい/正しくない」の論理で偽装して正当化しようとする場合が多い。
茂木健一郎 @kenichiromogi
たす(6)「正しい/正しくない」という論争は、答えが一つしかないと思い込んでいるから、執拗なものになることが多い。一方で、「好き/きらい」の問題は、何しろその人の好みなのだから、「正解」が複数あっても仕方がないと自然に納得する。「きのこの山」と「たけのこの里」のように。
茂木健一郎 @kenichiromogi
たす(7)「正しい/正しくない」の論争よりも、「好き/きらい」の論争の方が、だから自由で、多様である。同時に、それは心細い。「正しい」と思っていれば、その上にふんぞりかえることができるが、「好き」というのはあくまでも自分の勝手だから、世界の中にぽんと投げ出されたような気がする。
茂木健一郎 @kenichiromogi
たす(8)だからこそ、「正しい/正しくない」よりも、「好き/きらい」の方が、時に深いと思う。つまり、世界にはたくさんの可能性があるのだけれども、自分の「好き」が照らし出す細い道を、それぞれが歩むのである。自分の体重を、そこに載せる。誰も助けてくれない。ただ行くのみ。
茂木健一郎 @kenichiromogi
たす(9)「好き」には、自分の生来の志向性に加えて、今まで出会ってきたものたち、経験してきたもの、すべてが込められている。つまりは、「好き」は人生の集大成。だからこそ、自分の「正しい」よりも、自分の「好き」を大切にしたい。心細いけれども、「好き」を大切に育みたい。
茂木健一郎 @kenichiromogi
以上、連続ツイート第1042回「正しい/正しくないよりも、好き/きらいの方が時に深い」でした。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする