非難殺到『あなたの言っていることは、あなた以外の世界では通用しませんよ』はどう解釈するべきなのか?

書き方に問題があるのか、書こうとした内容に問題があるのか。 結局不幸な二択。
170
北斗柄@生涯六壬者.多分 @hokutohei

『あなたの言っていることは、あなた以外の世界では通用しませんよ』何を言っているんだか、科学が見いだした法則は現時点での最高の近似として普遍的に通用するもんだろ。勉強して出直しこいや。 / “サイエンスカフェ:「科学者ではない」- …” http://t.co/qA21rFCh1t

2013-09-21 11:38:25
山猫だぶ㌠ @fluor_doublet

職務怠惰を正当化し、相手にその責をなすりつけようとしたいのはわかるんですが、「あなたの言っていることは、あなた以外の世界では通用しませんよ」ばかりじゃ、取り残されていくだけじゃないでしょうか。/サイエンスカフェ:「科学者ではない」 http://t.co/tnWpmyfQkr

2013-09-21 12:49:02
山猫だぶ㌠ @fluor_doublet

科学は哲学の息子。哲学科出ていて、科学の思考の道筋がわからない科学記者は、ちょっと考えモノ。「改めて肝に銘じ」なくていいから、懸け橋として努力してほしいな。

2013-09-21 12:51:57
山猫だぶ㌠ @fluor_doublet

まあ確かに、その気持ちはわからなくもない。でも、記者はある程度理解して咀嚼して嚥下できてなくちゃ、内容を伝えきれないと思うのね。記者が読者と同じ理解レベルでは困ってしまうよ。

2013-09-21 12:57:08
道良寧子℠ @doramao

新聞に科学記事を載せることはたやすいが、専門家が述べる内容を読者に理解できる表現で載せることは確かに難しい事でしょう。 しかし、それができてこそのプロだし、できないグチを述べるような状況があれば、外部のプロに委託をするべきでしょう。 博士持ちの人材も大勢いらっしゃるのですし。

2013-09-21 13:00:34
Y Tambe @y_tambe

@doramao できないグチを述べるのならまだマシかもしれません。本当にヤバイのは、自分が「できてない」ことに気付かないこと。

2013-09-21 13:02:25
道良寧子℠ @doramao

@y_tambe 相手に要求を突きつけている時の顔をみたいですねぇ

2013-09-21 13:03:29
道良寧子℠ @doramao

TLに議論のタネを提供できたようで何より。

2013-09-21 13:03:57
道良寧子℠ @doramao

大手マスメディアの記者と研究者の関係性というのは対称性のあるものじゃあないんだよ。

2013-09-21 13:06:00
道良寧子℠ @doramao

プレスリリースなら文面も練っていて欲しいところだが、とつげき(?)電話取材などで相手の都合構わず専門分野についての意見を聞くような取材で、説明の仕方云々を論じられちゃあたまったものじゃないよね。 これは極端な例だけど。

2013-09-21 13:07:20
道良寧子℠ @doramao

このまえ生物系の塾講師の方とお話ししていて伺った事なんだけど、常に知識のアップデートが必要な割合が半端ねぇ、という事。これはそうだろうなぁと思う。 サイエンス系の話題でも、分子生物学、生命科学とかは「科学」全般を追う人でも動向を把握するのは確かに大変だろうなとは思う。

2013-09-21 13:15:56
山猫だぶ㌠ @fluor_doublet

まぁしかし、「わかりやすく」伝えていくのも、科学者の仕事だからなぁ。双方に慢心があるケースもあり。双方自戒すべし。

2013-09-21 13:01:32
山猫だぶ㌠ @fluor_doublet

科学者がわかりやすく研究成果とその意義を提示できるようになり、記者が勉強してその内容を汲めるように努力したら、きっとずっとずっといい記事ができる。わからなかったら他の人の手を借りるのでもいいしね。両者ともに。

2013-09-21 13:04:16
Y Tambe @y_tambe

科学報道する側にとって、いちばん難しいのはどこなんだろうな、という疑問がふと。新しい用語や概念がぽんぽんでてくること? それだったら政治・経済とかでもありえそうだけど。

2013-09-21 13:12:33
Yuta Okamoto @okapies

@y_tambe はじめまして。「人間関係のストーリーに落とし込みにくく、専門性に立ち入らざるを得ないから」では。いわゆる「政局」報道主義は、そういうことだと思っています。

2013-09-21 13:24:00
ホセヲ ʞzsɾʎ @yjszk

久々に見たら胸クソ悪いゲロ記事 http://t.co/vX0FXY1iFQ に。で、呟こうと思った内容は既出だった件: https://t.co/7nMsmwZTN8 https://t.co/sbbXpKXdyx https://t.co/OV5kUlTppG

2013-09-21 14:13:43
ホセヲ ʞzsɾʎ @yjszk

まぁなんだ。学部教科書レベルは知っとけよ、と。2001年3月17日付社説で「物価下落を止めてはならぬ」とデフレ礼賛するような毎日新聞 http://t.co/xkNnlZtPHH は、正直に言うと「潰れてしまえ」と思う。 QT @yjszk 呟こうと思った内容は既出…

2013-09-21 14:20:35
ホセヲ ʞzsɾʎ @yjszk

記者:(学者に向かって)ちょっ…専門バカ? 学者:(記者に向かって)えっ!?ただのバカ? QT @yjszk 学部教科書レベルは知っとけよ、と。2001年3月17日付社説で「物価下落を止めてはならぬ」とデフレ礼賛するような毎日新聞 http://t.co/xkNnlZtPHH

2013-09-21 14:28:33
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

@yjszk 政治経済の問題なら専門的な話でも難しくないとかそのままで世間に通じると思っているんでしょうか。専門家の話がそのままでは世間に通じないのは当たり前の話なので、そこは科学報道の問題なのに専門家のほうに投げ返してもまったく意味がないですね。

2013-09-21 14:35:18
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

「わかったつもりが一番怖い」と謂うところに落とし込めば、科学以外の専門的な領域の報道がどんなに変なことを言っているかと謂う自省の具になると思うのだが、専門家、それも自然科学者に向かって「あんたらの話は世間に通じないよ」と指摘して何の意味があるんだろう。

2013-09-21 14:37:11
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

本来なら、「そのままでは通じない専門家の話」を世間にも通じるように報道するのが科学報道の役割だろうに、「一般読者目線」を言い訳にして専門性を磨いてこなかった・磨けないシステムにこそ問題があるのであって、専門家に「世間に通じる話し方をしろ」と言うのは筋違いもいいところだろう。

2013-09-21 14:41:37
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

個々の記者が専門性を磨けないのは新聞社の人事制度に問題があるからだと謂う話はもうわかっているわけだから、それを正当化する為に変な理屈をこねて専門家に対してお門違いの指摘をしても迷惑なだけだよな。

2013-09-21 14:43:46
ホセヲ ʞzsɾʎ @yjszk

あー、すみません。いつもの愚痴でス。黙っていられませんでスた。(怒 QT @chronekotei 専門家の話がそのままでは世間に通じないのは当たり前…そこは報道の問題なのに…

2013-09-21 14:44:13
黒猫亭(CV:大塚明夫) @chronekotei

@yjszk こう謂うしょーもないストーリーの記事はイラッとしますねぇ。

2013-09-21 14:44:54
ホセヲ ʞzsɾʎ @yjszk

私は(しつこいかもしれませんが)、マスメディアは重要だと、大事だと、思ってるんです。なので「今自分達が置かれてる立場、まだ分かってないの?いつ分かるの?(悲&怒」と。 QT @chronekotei こう謂うしょーもないストーリーの記事はイラッとしますねぇ。

2013-09-21 14:49:03
残りを読む(102)

コメント

らさの@営業どころか社内調整で手一杯 @rasanolem 2013年9月23日
新聞に「トンデモ」が載っちゃうワケがわかった気がする…
33
とげとげ @togetoge10 2013年9月23日
この文章で意図が伝わると思ったのだとすると、よっぽど文章力がないのか、なんか不思議な世界を対象にしてるってことでしょうか。
13
汐鈴@幸せなら手を洗おう @cio_lunacy 2013年9月23日
善意の解釈が真意なのだったとしたら、それこそこの記者さんに「あなたの言っていることは、あなた以外の世界では通用しませんよ」って言いたい( ´・ω・)
43
motsura @motsura 2013年9月23日
ライターって「あなたの言ってる事は小学生には通じませんよ」って姿勢で難解な話を小学生にも通じるように翻訳する仕事だと思ってたんだけど、こんな上から目線でいいの?
15
goya4 @goya4 2013年9月23日
字数制限のある紙新聞上で、誤解される可能性を最小限にくいとめる作業が、新聞記者によって常に行われていると期待するのは「過剰な願い」なのだろうか?
11
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2013年9月23日
言葉通りに素直に解釈すれば、黒猫亭さんの言う通り自戒の言葉では有り得ないよねぇ。 一方で古田さんが「これは記者の自戒だ」と読んだ事自体は嘘でもごまかしでもなかろうと思う時、バイアスと言うのが如何に強い影響を齎すものなのかと考えさせられる。
14
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2013年9月23日
記事の客観性と品質を保つために取材対象とは常に一定の心理的距離を保たなければいけない、程度の自戒であれば、あれほど非難がましい強い言葉を使う必然性は無い上に、基本過ぎて何を今更じゃないかな?
8
ざの人 @zairo21 2013年9月23日
類義語 「会社の常識は世間の非常識」としてこの記者が言いたかったのなら、そんなに難しい話じゃないのに、それを解釈せずにグダグダ言うさまはみっともなくて、お前ら子供か!と言いたくはなった。
4
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2013年9月23日
古田さんの「科学記事の役割は,科学者の言葉をわかりやすく翻訳することではないと思っている」と言う一言は結構重要じゃないかなという気がする。 このまとめだけでは文意までわからないけれども。
5
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2013年9月23日
科学記者は科学者付のスピーチライターじゃない、と言う事じゃないかなとは思うんだが。
2
zkhi @zkhi 2013年9月23日
取材結果を取材相手の責任と見なすそこに慢心がなかったかということについて、「あなたの言っていることは、あなた以外の世界では通用しませんよ」と相手に返すことを新聞記者の重要な役割と帰結としてしまい、文責には言及しないトコが最大級にダメ。署名記事=自己吐露と勘違いしてるのかもしれないが、記者の勤務動機なんかどーでも良いからそこけずって、わかりえないことをわかりえるようにする責務=伝達を書けばいーのにね。
13
Oddball @0ddbaII 2013年9月23日
ディヴィッド・ダニングがイグノーベル賞をもらった研究で「ある程度正確な知識が無いと人は馬鹿を自覚できない」というのがある。でもこの記事は「私の事を評価してくれてる様だけど、私が判って無い事も判らないんですね。世の中には私みたいなのが一杯居ますよ」と言ってるんじゃないかな。
5
エマ @emmayoshii 2013年9月23日
なに言ってるのか、さっぱりわからない…
1
Gril @Gril_ops01 2013年9月23日
政治とかそっちでは通用するが…「科学」でそれはなぁ…
1
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年9月23日
自分も古田さんと同じ読みをしたが、同時にこの書き方しかできない(こういう風になっちゃう)ようじゃ記者もデスク(チェック体制)も媒体も「だめだこりゃ」とは思うねぇ。
11
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2013年9月23日
最後の議論で理系と文系の違いが際だった気がした。「行間を読むのも大事」と自分は思うが、書いてある文そのものに拘る人には言い訳としか映らないのかもね。
0
NiKe @fnord_jp 2013年9月23日
あーそっか。「私たちのことを理解してくれているようですね」と言ってる研究者は、既に『私たちの言葉は他の世界に通じない』ことを痛感しているはずなんだ。それなのに、そのことを指摘する必要性をわざわざ強調しているので『分かってないのはどっちなんだろうな』と感じるんだ。
18
あおじる @kale_aojiru 2013年9月23日
最後の段落がなければ、あるいは自戒の文に見えたかもしれない。しかし、最後の段落がある以上、この文は「記者が科学者の側に寄るのはダメで、科学者が記者(あるいは一般人)の側に寄らなければならない」と言っているようにしか読めない。それが傲慢だって言われているんでしょ。
20
あおじる @kale_aojiru 2013年9月23日
あと、「科学記事の役割は,科学者の言葉をわかりやすく翻訳することではない」のなら、科学記事の役割ってなんなの?政治とか社会とかでもそうだけど、記者が脚色とか独自解釈とか加えて報道するから、物事が歪んで伝わるんじゃないの?
24
ぴっぴ@猫成分多め @ppix2 2013年9月23日
記者さんの質が落ちてるということに尽きるのではないか。
5
ヘイヘイ(自宅) @hey2m 2013年9月23日
科学者が子供にもわかる平易な言葉で余すところなく自分の研究の価値を伝えられる人ばかりなら、その人のツイッターなりFBなり見とけばいいんで、科学記者以前に新聞も雑誌もいらないんじゃないのかな。
5
言葉使い @tennteke 2013年9月23日
放射能や放射線に詳しい科学者が自分の良心において「人体に影響はない」といったら、「あなたの言っていることは、あなた以外の世界では通用しませんよ」と言われる日本社会とか?
5
STAMEN @m00sama 2013年9月23日
記者ってなぜこうも上から目線なのだろうね〜
1
um @nanasi0003 2013年9月23日
つまるところこの記者さんが実際にマズい仕事してんなら問題だけどそうじゃないなら言葉の綾…どっちだろう?
0
MASUDA Kooiti @masuda_ko_1 2013年9月23日
「専門集団内の用語づかいを理解すること」と「専門集団の利害を共有すること」は別ですが、それを区別して教育・研修できる機会が不足しているかもしれません。(「専門」は「科学」に限らず「報道」でも。)
2
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2013年9月23日
件の記事を読んだが、「あなた以外の世界では通用しませんよ」ではなく、「あなたの世界以外では通訳を必要としますよ」と言い替えれば、非難されずに済んだのではないだろうか。
4
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo 2013年9月23日
まあ、それと、「自分の慢心」を戒めるのなら、相手に「指摘」する必要も無いかな、と。「これは専門外の人に対して通訳が必要な内容である」と「自分」が認識できていれば良い話であって。
6
エビ @ebi_j9 2013年9月23日
出版業界の方が好意的に捉えているのをみると、「あなたの言っていることは、あなた以外の世界では通用しませんよ」がブーメランになっているとしか思えない。記者向けの記事じゃなく、一般向けの記事なのだから、誤解を招かないよう表現に気をつけてもらわないと。
8
釣本直紀 @turimotonaoki 2013年9月23日
文章が曖昧で紛らわしい。「科学的な内容より考え方が理解不能」と書いているから本文の主旨は研究内容の説明の難しさに対する文句ではない筈。「科学の為なら人体実験已む無し」みたいな意見に対して「あなた以外の世界では通用しませんよ」と言ってるんじゃないか?
3
細川啓%求職中断 @hosokattawa 2013年9月23日
取材者に対して事前に筆記テストを課した早野先生は実に慧眼だったと改めて感服。https://twitter.com/hayano/status/377381438183985152 これ、広まるといいな。
34
細川啓%求職中断 @hosokattawa 2013年9月23日
↑すぐ採点して、何を理解していないか分かれば、それに合わせて説明を変えることができるわけで。
12
kartis56 @kartis56 2013年9月23日
「どう解釈するべきか」 と解釈が定まらないような記事を書いた時点で、物書きとしてダメだと思う。
9
kartis56 @kartis56 2013年9月23日
それとは別に、専門用語がその業界以外で通じないなんて当たり前のことであって、それを取材で理解して、読者にわかるように書くのは記者の仕事なんだから、それができないなら科学記者としては職務怠慢でしかない。
11
mikunitmr @mikunitmr 2013年9月23日
変態新聞のことだから「EM菌ならあなた以外の広い世界でも通用しますよ」と言いたいのだろう。
0
へぼやま @heboya 2013年9月23日
とりあえず新聞記者だから非難しとけ、な空気を感じるが、最初の「科学が見いだした法則は現時点での最高の近似として普遍的に通用するもんだろ」って反応見るに、「記者が用語や言葉のこと」を主題にして「(科学者以外に)通じるか通じないか」を論じているのに、この批判者は「科学の法則の絶対的正しさ」を批判されたと「誤読している」。これじゃあ、やっぱ通訳が必要だ。
2
カミ・ポーター・プリッジズ @kami1e 2013年9月23日
通じません。だから、もう少しわかりやすくいうとこういうことですよね、というやさしさがあると、まだ前に進んでいるように思う。
0
barubaru @barubaru14 2013年9月23日
書き方に問題があるとしたら判り易く物事を伝えられなかったと言うことで新聞記者としての能力を疑わざるを得ず、書こうとした内容に問題があるとしたら知見を疑わざるを得ない。どの道ダメという結論になる。専門家の言うことを判り易く翻訳して伝えるのが科学記者の役割でしょう。それができないなら専門家が直接Blogか何かで直接説明した方がいい。
7
ふぁむ氏 @phantom0730 2013年9月23日
科学者に自身の研究について過不足無く分野外の人間に伝える能力を求めるなら、科学記者さんは「私の夢は私がこの職を失うことだ」って戦場カメラマンみたいな事を目標にしてるのかな?え、違う?
5
NiKe @fnord_jp 2013年9月23日
「人体実験」だの「捏造や腐敗の監視」だの、そういうバイアスや敵視をお持ちの方向けの記事だったという御主張でしょうか? 医者叩きや公務員叩きとどう違うんだろうか。
2
にゃあ @kirikami 2013年9月23日
サイエンスカフェ:「科学者ではない」の感想ツイート http://togetter.com/li/567332
0
sogapalag(さよならニッポン) @SOGAPALAG 2013年9月23日
何が問題なのかよくわからない。専門用語話して自分のこと頭いい偉いって勘違いしてる学者が多いってだけの話では? 著者はそういう学者に「君わかってるねー」とかいわれて素直に喜ぶ性格の人ではないんでしょう。ここで素直に喜ぶと、ムラの人間になってしまう。
2
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2013年9月23日
科学者の言葉を翻訳するのではなくて、社会にとってどのような意味があるのか解説する、なら理解できるな…。それでも、分からない事柄の社会にとっての意味は解説出来ないだろうとは思う。
1
へびさんマン @Sakanashi_K 2013年9月23日
科学記者は、科学者の側に立って素晴らしい科学の成果を翻訳・広報することもあるし、科学者に対して一般人目線で批判することもある。科学記者について前者のイメージしか無ければ、元記事にカチンと来る(実際私は「この記者何様だよ」と思った)。でも、後者も科学記者の仕事だとするなら、よくある科学者批判の一環として元記事を理解しうる。ただ後者の批判者というイメージは一般的に科学記者という単語とはあまり結びついてなくて、「あなた以外の世界では通用しませんよ」がブーメランとなっているようだ
0
充満黒萬獣 @MyMassGuilt 2013年9月23日
「たとえば」が一つでもあれば、ここまで解釈が迷走することはなかったんだろうね。
3
barubaru @barubaru14 2013年9月23日
ぶっちゃけ先端科学なんて「あなた以外の世界では通用しませんよ」「うん。それがなにか?」だと思うんですが。研究費ぶんどるために官僚や企業に説明するならともかく、新聞の埋め草のために懇切丁寧に噛んで含めるように一から十まで記者にタダで説明する暇があったら研究進めたいでしょうよ。
9
Satoru Inoue @Inoueian 2013年9月23日
『あと、「科学記事の役割は,科学者の言葉をわかりやすく翻訳することではない」のなら、科学記事の役割ってなんなの?』科学を政治に置き換えると、この質問の滑稽さが分かる。事実関係が間違った事を書かないのは当然だけど、別問題。
3
neologcutter @neologcuter 2013年9月23日
「そのままでは通じない専門家の話」を世間にも通じるように < それを分かりやすくした結果が「御用学者」だもの。扇動したほうが売れるってか。
10
bn2 @bn2islander 2013年9月23日
科学者でもなく、一般の記者でもなく、一般人でもない「科学記者」の存在意義が問われているという事ですかね
6
bn2 @bn2islander 2013年9月23日
「人間と科学との乖離を埋める」のが科学記者の仕事であり、乖離を埋めるためには乖離を知らなければならず、そのためには科学に寄りすぎてはいけないと言うのなら分かる
7
bn2 @bn2islander 2013年9月24日
あれかな、科学記者が対峙しているのは、科学者と言う人間なのか、それとも科学そのものなのかという話であるのかな。毎日の記者は対象を科学者に置いているから反発されるのであって、科学を対象にすればこれほどは批判されなかったのかな
1
bn2 @bn2islander 2013年9月24日
「人間と科学との乖離を埋める」というのは読売の小出編集委員の言葉を借りたものだけど、この文章は大変分かりやすいですね http://www.pvc.or.jp/news/57-02.html
4
y.🍀 @yabtter 2013年9月24日
記者本人の中で「科学者としての立場や思考回路を分かっている」部分と、世間一般の読者の視点の部分と、両方を培っていけばいいと思います(というか、常に両方の視点で考えられるようでなければ科学記者としてやっていけんでしょうよ)。そのバランスが偏ったかなという危機感なら妥当かと思います。
1
y.🍀 @yabtter 2013年9月24日
でもなぁ、このコラム(?)からは「視点が偏ってきた気がするから修正していこう」みたいなニュアンスとは少し違う印象を受けたんですよね。なんかこう、悩んでいるポイントが斜め上というか、記者本人の中で仕事に対して整理ついてない心情が隠れているんじゃないかというか。まあそのあたりまでは分からんですが。
2
y.🍀 @yabtter 2013年9月24日
ひょっとしたら科学者の考え方というのが納得できていなくて、「コイツらの行動原理わかんねー」みたいな意識が強いのかもしれません。でも11年もやってれば表面的な適応くらいできるから、「理解できているようですね」なんて言われる機会もある。それで混乱したかな。
0
y.🍀 @yabtter 2013年9月24日
たとえば趣味ジャンルとか地域ネタなんかでも似たようなのがあると思う。自分のではない他人の趣味や地域について、半ばネタめいた感じで「でも皆さんならこうですよね」と言ってみたら「そうそう、全く」みたいな感じで返事されて、「えーマジやっぱりコイツらワケわかんね」ってなる感覚。
0
y.🍀 @yabtter 2013年9月24日
もしそうだとすれば、科学記者としてのアイデンティティにも悩んでいただきたいな、と。
1
KokyuHatuden @breathingpower 2013年9月24日
背景にコミュニケーション能力の高い科学者を希求する思いがあるのかな。武田邦彦教授とかEM菌の比嘉照夫名誉教授が持て囃されている現状に繋がるかもしれないですね。
6
ええな@手を洗うネコ🐽 @WATERMAN1996 2013年9月24日
元記事読んでみたが頭が悪いとしか言えなかった。科学者の思考がどれだけ理解しにくく分からないものであっても、科学者の思考はその立場において「正しい」、「科学者」を「異国人」あるいは「異星人」と読み換えてみると良い。
15
ええな@手を洗うネコ🐽 @WATERMAN1996 2013年9月24日
科学者の考え方がどれだけ理解不能であっても、それを超訳してしまえば「正しさ」はどんどん失われてしまう。科学記者が自覚するべき事は、自分達は「正しさ」を切り捨てる仕事をしているのだという事。科学者いうことが理解不能ならば、科学記者が科学者+記者になれば良いだけの話ではないか。
12
ええな@手を洗うネコ🐽 @WATERMAN1996 2013年9月24日
科学者だって、わざと難しい話をしているわけではないだろう。しかしながら、どれくらいから始めれば良いかという起点がひどくずれている場合がある。早野先生の記者に課すテストも、どのくらいからなら始められるかという起点を探るためだろう。
12
月戌🐔🐍🐷㌠ @_moondoggie 2013年9月24日
まとめ内でも指摘されてますが、例え内容が正しかろうと表現が間違っていれば結果として間違っている、の良い一例ですなぁ
3
Toshikazu Kanke @sevenedges 2013年9月24日
「あなたの言っていることは、あなた以外の世界では通用しませんよ」っていう台詞を使ってみたかったんだなーと思いました。
1
栗原景(くりはらかげり) @kuriharakageri 2013年9月24日
前段に「やがて「科学者とはこんなもの」と自分の中で折り合いをつけ、取材するようになる。そこに慢心がなかったか」とあるので、特に違和感なく記者の自戒として受け取った。ただし、「上から目線」という言葉が広まってからだろうか、こういう言い回しを字句通りに受け取る人が増えていて、書き手には注意が必要と感じる。
1
栗原景(くりはらかげり) @kuriharakageri 2013年9月24日
「「あなたの言っていることは、あなた以外の世界では通用しませんよ」と指摘することも、私たちの重要な役割だと思う」という逆説的な言い回しをして、読解力があれば意図を読み取れるだろうと考えてしまうことも、「あなたの言っていることは、あなた以外の世界では通用しない」事例のひとつではないだろうか。
4
kaichi @tskaichi 2013年9月24日
お前の仕事はなんだよってとこに帰結するのに何をそんなに白熱しているのか分からないまとめとコメントだなあと思った。
1
S_Imajo @SI_kyotoNH 2013年9月24日
まあ研究のモノによっては一般人がわからんどうでもいいと感じるような部分が論文として重要な世界初の手法になってるようなものもあって、噛み砕いてジェル状にしてなおわかりやすくできないお話もあるのでコミュニケーション能力の問題だけにされるのもちょっと困る。iPS細胞みたいに一般人にもそこそこわかりやすいテーマならいいんだけども。
0
深海 碧 @strigidae96 2013年9月24日
こんな程度の低い記者の書いた科学記事を読むより、あさりよしとおの「まんがサイエンス」を読む方が100万倍も有益だと思う。
4
闇堕ちしたプリンさん@積極財政+再分配(雇用構造”再生”)=経済成長 @Im_NOT_Liberal 2013年9月24日
科学報道のあり方については考えさせられる機会は多い 大手メディアだけでなく、雑誌やブログも含めて。単に「素人にもわかりやすく、難しい専門用語や数式とか使わないで」という要望に答えるだけではいけないという問題意識もありますね 言わんともしていない捉え方で誤解されて拡散されたりするケースが非常に多いので
1
闇堕ちしたプリンさん@積極財政+再分配(雇用構造”再生”)=経済成長 @Im_NOT_Liberal 2013年9月24日
その点、前述の早野先生の取り組みは興味深い 聞き手の側からも一定の歩み寄りを見せてほしいという点と、前提となる知識がどこまであって、それに合わせて各々異なる説明の仕方や話す内容をチョイスする必要性を話し手に理解させる点においてね
1
barubaru @barubaru14 2013年9月24日
Inoueian 『科学を政治に置き換えると、この質問の滑稽さが分かる。』なるほど。政治記事を見る限り、発言の真意や文脈など問題ではなく一言半句を切り取り騒ぎ立て政治家を引き摺り下ろそうとするのが新聞記者と言うものであり、まともに相手にする方がおかしいということですか。シニカルな解釈ですね。
1
山下238 @Yamashita238 2013年9月25日
こういうド文系(not文系)が正義面して自然科学の研究や技術開発の足を引っ張っているんだよな。もしあの世というものがあるのならこういうド文系(not文系)は六道の最下層に落とされるのだろう。
0
moritatsu @moritatsu 2013年9月25日
どうしてこの記者氏がこれだけフルボッコに批判されているのか、全く理解できない。科学担当の新聞記者として、科学者の側ではなく読者の側に立って、誰が読んでも理解できるような、わかりやすい記事を書かなくてはならないという原則を確認しているだけじゃないの?表現も問題になるほどのものではないと思う。まあ、こういうこと書いたら俺も叩かれるんだろうけどw
2
moritatsu @moritatsu 2013年9月25日
どう考えても当該記者氏が言ってないことを言ったようにとりあげて叩いてる藁人形さんもいるみたいだし、別の意味で怖くなった。
1
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2013年9月25日
言い方一つで全然違ってくるんだな。
0
Satoru Inoue @Inoueian 2013年9月25日
@barubaru14 全然違います。政治記者が、政治家の主張を一般に伝えるだけだった場合、健全な政治報道が成立してると言えますか?という話。科学と政治の間にある違いは大きいけれど、(多くの科学研究は税金で成り立っている以上)社会からのチェックが必要という点では同じ。
0
ephemera @ephemerawww 2013年9月25日
科学は本質的には「理(ことわり)」の話だ。だからどんな難しい話でも、複雑な単語が出てきても、物事の「定義」とそこから導かれる「論理」を言ってるにすぎない。科学者の説明が理解できないのは、理解を放棄しているか、論理的思考ができない馬鹿のどちらかだ。この手の文系上がりのライターは小学校算数からやりなおして、「論理的思考」を鍛えたらいい
5
ephemera @ephemerawww 2013年9月25日
登場する事象を定義し、それらの因果関係を理解し、全体の要旨を捉え、つまりこういうことと簡略化してみせることが「説明する」ということ。これは文系の情報も科学の情報も違いはない。わかりやすいレポートや報告書が書けない人間は、登場する事象の重要性に順位をつけられない。因果関係が理解できない。なにが一番重要な事なのかわからない。そのいずれかだ。科学情報についてレポートが出来ないライターは、政治だろうが時事だろうがやはりレポートはできない。断言できる
6
ephemera @ephemerawww 2013年9月25日
それと科学者の側も歩み寄るべきなんて論外。理解するのはライターの「仕事」だ。知らない単語や現象が出てきたら定義し因果を理解する。つまり「それはどういうものでどういう機能があるのか」を聞き返して、話している現象がどういうもので、総じてその意義がなんであるかを理解し、要約して世間に説明するのはライターの「仕事」だ。それができないならライターなんかやめろ。金をもらうに値しない
6
barubaru @barubaru14 2013年9月25日
Inoueian そうですね。政治家の主張を一般に伝えるだけの記者など要りません。その発言の背景となる社会情勢・財政等の制約を踏まえた実現可能性・党内外での賛同状況等を踏まえて読者に噛み砕いて提供するのがあるべき新聞の役割だと思います。で、同じように科学記者には「科学科学者の言葉をわかりやすく翻訳すること」を求めている訳です。
1
barubaru @barubaru14 2013年9月25日
まあ毎日新聞科学環境部と言うのは奈良県の大淀病院事件を"スクープ”したところで、そういう部署の言う「世界で通用する」発言と言うのはどんなものなのかと言う気もします。この事件が色々賞を取っている辺り、毎日だけの問題ではないのかも知れませんが。
2
Satoru Inoue @Inoueian 2013年9月25日
@barubaru14 「科学者の発言の背景となる理論・実験結果を踏まえた実験の実現可能性(または理論の正当性)・他の科学者の賛同状況等を踏まえて読者に噛み砕いて提供する」のが「科学者の言葉をわかりやすく翻訳すること」という事でしょうか?これまでに「翻訳」という言葉が出て来た際の意味がここまで広かったとは思えませんが、それが科学記者の役割というのなら、僕の意見からかけ離れてはいません。
0
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年9月29日
tsuyoshi_cho 追記、古田さんとまったくは同じではなかったかも(最後の節はいろいろな方面に俯瞰的に広げてるんだろうけど、そこは自分自身のことと思っただけ)、ただまあ大勢に影響ないな。
0
ぉざせぃ @hijirhy 2013年10月6日
「長く続けてるうちに思考が科学者寄りになり過ぎて読者の視点から離れてしまった」っていう(ありがちな)自戒のコラムかと思ったら違うのか。理解することを放棄したら、逆に理解していると勘違いされて「これはまずい」と感じたって話か。
0