2013年9月26日

ネットにはびこる「右翼」と「左翼」の正体

ネットにはびこる「右翼」と「左翼」の正体について論じました。以前に書いた「はだしのゲン」問題の続編ですが、単独でも読めるよう独立して完結しています。
6
@yukokumusume

(1)「はだしのゲン」問題は、先の大戦を「日本は悪いことをした」と総括する団体が学校に持ち込んだ本を「日本は良いことをした」と総括する団体が排除しようと試みた政治運動に過ぎず、そこで語られる言論の自由は政治運動の方便に過ぎぬ事を以前に述べた。この「政治運動」の正体を明らかにする。

2013-09-26 20:32:29
@yukokumusume

(2)あらゆる政治問題を「右翼」と「左翼」に分けて敵か味方かで判断し党派的結論に持ち込む為の綱引きを始めるこの政治運動の正体は「閥」である。派閥、閨閥、門閥、学閥の「閥」である。「閥」とはなにか。 それはなんらかの既得の属性によって結合して相互に保護・援助しあう集団のことである。

2013-09-26 20:34:35
@yukokumusume

(3)閥は公的な主義・主張、あるいは目的をもって結合した集団ではなく、私的な利益を優先させるために結ばれた集団である。したがって、閥は外部に対しては閉鎖的・排他的であり、内部的には強固な結合を求められ、親分子分関係的な位階秩序を形成しがちである。

2013-09-26 20:36:28
@yukokumusume

(4)閥は私的集団にもかかわらず、公的な場においてその利益を優先的に拡張しようとして社会的な弊害を引き起こす。(「世界大百科辞典」第二版)

2013-09-26 20:36:53
@yukokumusume

(5)「閥」の思考は通常の思考とは逆の順序でなされる。閥はまず最初に結論を決める。自分たちにより有利でより利益をもたらす結論をまず最初に決めるのである。結論を決めたら次にその結論を導き出す為の論理を思考し、そして最後にその論理に合わせて論拠となる事実を取捨選択するのである。

2013-09-26 20:42:39
@yukokumusume

(6)これは閥に見られる共通の特徴である。例えば企業の派閥も同じ思考をする。日本の家電メーカーは伝統的にテレビ事業部出身者が派閥を形成して経営を支配する傾向がある。本来は全事業を司る立場の経営層が「21世紀もテレビは家電の花形商品」という結論を望む。これが家電敗退の深因となった。

2013-09-26 21:06:20
@yukokumusume

(7)複数の日本メーカーが薄型テレビに巨額の投資を続け、地デジ特需終了と同時に経営危機に陥った。端から見れば「なぜこんな当たり前のことが予想できなかったのか。馬鹿なのか」と不思議に思う話である。しかしテレビ事業の派閥にとっては不要な投資も撤退の判断遅れも甘い蜜の味わいとなる。

2013-09-26 21:15:36
@yukokumusume

(8)このように「閥」の論理で物事が決まる世界では一握りの者が僅かな利益を得ることと引き換えに組織全体が遥かに大きな代償を支払うことが起きる。その代償は時には組織全体の命さえ奪う。しかしながら、「閥」が支配する世界には、それよりもさらに恐ろしいことが待ちかまえているのだ。

2013-09-26 21:18:53
@yukokumusume

(9)「閥」が支配する世界は「閥にとって有利か不利か」で物事が決まる世界である。同じ出来事でも「味方か敵か」で結論が変わる世界であり、その時々の結論に応じて理屈が後からついてくる。拠り所にすべき不変の判断基準、価値観、哲学が意味を失い最後は消失する。これが閥の本当の怖さである。

2013-09-26 21:27:15
@yukokumusume

(10)それがどれほど恐ろしいことかといえば「鳩山首相や菅首相や安倍首相を駅頭で射殺すればテロリストですが、それはあくまで一面的なモノの見方です。世の中には英雄や義士として尊敬する立場もあることを学びましょう」と公立中学校で教えることに恐怖感を感じなくなるほど恐ろしいことなのだ。

2013-09-26 21:53:28
@yukokumusume

(11)安重根を「日本の侵略に対するわが民族の強い独立精神をよく表した」という韓国側の解説を添えて日本の歴史教科書に載せて「日本では暗殺者とされているが韓国では民族的英雄」と書いた出版社がある。「立場が変われば物の見方も変わるということを考えてもらいたかった」のだと出版社はいう。

2013-09-26 22:21:33
@yukokumusume

(12)「テロであっても立場が変われば評価は変わる」。この教科書でそれを学んだ中学生はいずれ『赤報隊』に関しても同じ論理で「反日朝日の売国奴に対する日本民族の強い抗議の意思をよく表した」と言い出したり「朝日にとっては言論テロでも愛国者にとっては民族的英雄だ」と言い出すことだろう。

2013-09-26 22:22:15
@yukokumusume

(13)安重根を日本の歴史教科書で肯定的に取り上げることの是非は、他の類似のテーマ、例えば朝鮮通信使の絵巻を載せるべきかという類の話とは、まったくもつ意味が異なる。それは、政治目的達成のためには総理大臣を暗殺する行為も価値相対主義の名の下に肯定するという重大な決断を含むからだ。

2013-09-26 22:39:33
@yukokumusume

(14)日本の歴史教科書に安重根を肯定的に掲載する問題は、近代国家日本が、たとえ間接的な方法であれ、政治目的での総理大臣暗殺をひとつの選択肢として国民に示唆すべきかという、極めて重大な問題なのである。にもかかわらず、そのことに気付けないのが「閥」の思考方法の真の恐怖なのである。

2013-09-26 22:52:27
@yukokumusume

(15)「閥」の思考は実にお気楽にこの問題を解決する。まず「安重根は義士。二・二六事件や五・一五事件は民主主義を脅かすテロ。赤報隊は言論の自由を脅かすテロ」という結論を決める。あとは「安重根とその他は違う」と主張するための論理、例えば「時代背景も首謀者も異なる」を唱えて終了だ。

2013-09-26 23:14:00
@yukokumusume

(16)そもそも安重根がこれだけ日本の教科書に登場するようになったのも、韓国が安重根を推し始めたからである。韓国が推せば推し、韓国が敲けば敲く月下の門。仮に韓国の歴史観がさらに北朝鮮化して安重根は英雄ではなく金日成こそ英雄ということになれば日本だけ安重根にこだわる理由は無かろう。

2013-09-26 23:29:04
@yukokumusume

(17)日本の歴史教科書に安重根のカラー写真を掲載しても、義士だ志士だと褒め称えても、アジアに平和は訪れない。実際に訪れるのは「テロリストも立場が変われば英雄だ」と叫ぶ日本人がマジョリティと化した日本である。それはそうだろう。閥の屁理屈は教科書を読む中学生には届かないのだから。

2013-09-26 23:49:25

コメント

竹永@2 @silywsize 2013年9月27日
言いたいことはわかったけど、例が極端すぎるせいでネトウヨの叫び声にしか聞こえない。それと暗殺の肯定を恐れているみたいだけど、歴史教育だけでその人間のものの見方が決まるわけじゃない。何のために道徳とかを勉強するんだ
1
とげとげ @togetoge10 2013年9月27日
ウヨサヨそれぞれで得する一部の人、って具体的に誰なんだろう? って思いました。
2
神條遼@Charge-on! Access-rock! Fighter-change! @kamijo_haruka 2013年9月27日
ネット上だけじゃないよ。『閥の論理』が濃淡問わず浸透してて、自らの主張の全てを『結論からの帰納』で構成してる人間ばっか。
2
@rbmio 2013年9月27日
何色のお薬がいいですかねぇ、、、
0
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2013年9月27日
silywsize 歴史は一例であって、道徳にも「閥」の論理が入り込むことは多々あると思いますが。その方がより危険ですがね。
1
りっきー@ファイザー2回目 @Rikitinn 2013年9月27日
そんなに韓国好きか。・・・そうか。彼の国もエライ大国になったものだ、と(←おまゆう)
0
@yukokumusume 2013年9月28日
Yu_Yamaguchi_ 『過去の出来事(実話の物語)を知り価値観を紡ぐ』という意味で、歴史教育と日本的道徳教育は実は実は同じものなんですよ。戦後の歴史教育は本棚に並んだ物語のタイトルを片っ端から暗記するゲーム性をとことん追求してるから別物に見える。『ネットで目覚めた』人が感じる感動は、タイトルだけ知ってた本を初めて開いて物語を読んだ感動です。
0
@yukokumusume 2013年9月28日
Yu_Yamaguchi_ コメント頂いた点は御指摘の通りです。上に書いたのは「附言すれば」の話です。
0
@yukokumusume 2013年9月28日
silywsize 言いたいことの骨子は(2)で、恐れているのは(9)だよん。ネトウヨの叫び声にしか聞こえないのはアイコンとハンドルネームの魔術だよん。
0
@yukokumusume 2013年9月28日
rbmio 色のついてないお薬がいいです。
0
竹永@2 @silywsize 2013年9月28日
yukokumusume 私が叫び声にしか聞こえないと言ったのは「例が極端すぎるせいで」です。それと、仰る意味で道徳と歴史教育は同じだとは思います。ただ、歴史の授業で道徳はしませんし、道徳の授業で歴史はしません。教わる内容に関しては別ものです。最後になりますが、私は判断基準や価値観が不変ではないと考えているので、意見が食い違うのだと思います。
0
@yukokumusume 2013年9月28日
silywsize 以前に書いた例だと、反日国の強姦事件では加害者の「犯罪」を批判し、親日国や在日米軍の強姦事件では被害者の「落ち度」を批判する、その違いが実際の事件の加害者の残虐性や被害者の落ち度とはリンクしてなくて、語り手の政治的立場にリンクしてる、なんてのもそうかな。
0
りっきー@ファイザー2回目 @Rikitinn 2013年9月28日
教科書類の歴史認識において『特定政治団体の利益とその主張』が入り込むのが危険、ということであれば、これはまったくの国内問題。なんでそこで『韓国』という特定の国家の名前が出てきて、『親日反日』のくくりで判断が求められるのか。それこそが『政治的判断』と認識されても仕方がない。
0
りっきー@ファイザー2回目 @Rikitinn 2013年9月28日
では、『閥族の閾値の限界点』の上限とその境界線を決めうるものは何か。誰が、どこで、どうやってそれを判断しうるのか? 教育委員会の判断が信用できない、というのなら、『世論の絶対多数こそが正しい』ということにもなりかねないが。
0
りっきー@ファイザー2回目 @Rikitinn 2013年9月28日
そしてそれこそ(閾値設定こそ悪だという認識)がポピュリズムと認識され、やがては『ファシズムの萌芽』ともなりうるのだろう。・・・自分ごときがどうこう言うことでもないのかもしれないがね。
0
りっきー@ファイザー2回目 @Rikitinn 2013年9月28日
とま、、こういう『イデオロギーによる国内対立こそが諸外国の野心の格好の好餌になりうる』というのが現実の世界史でして、ハイ。解消するにはそれぞれの『閥』の遵法意識を高めるしかないのではと。
0
@yukokumusume 2013年9月28日
Rikitinn 「○○ということであれば」の○○が、ことごとく、どこにもそんなことは書いていないんだけど、以前からカチンと来ていた別の誰かの主張を重ねてませんか?
0
りっきー@ファイザー2回目 @Rikitinn 2013年9月28日
いえケンカ売っているわけではなく、『そういう事例は戦前からそれこそずーッと現代まで続く問題だ』と言いたいわけで。決して自分の義憤で書いているわけでは。(←いいわけ)『帰納法による結論出しという論法が間違いだと思う』のは、まあ同意、かも。
0
@yukokumusume 2013年9月28日
Rikitinn 間違いというか、そればっかやってると敵か味方で頭がいっぱいになって正しいかどうかが抜け落ちちゃうよ、馬鹿になっちゃうよ、かな。教科書は「その証拠にほらみてごらん」という実例を挙げるために書いてます。個々には正確に伝わってないとこがありますが、もともと持ってる課題認識は結構近いはず。
0