10周年のSPコンテンツ!

竹内栖鳳展 近代日本画の巨人 情報まとめ

竹内栖鳳展 近代日本画の巨人の情報まとめ。 主に斑猫に対する反応や、運筆、筆致に関わるコメントが多いようである。筆数を省いた上での独特な質感に注目が集まっている。掲載させて頂いた皆様、ありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。 会場:東京国立近代美術館 会期:2013年9月3日(火)~10月14日(月) 続きを読む
文化 ライオン 美術館 展覧会 日本美術 アート 京都 日本画家 栖鳳
0
ジョア@ブルーベリー @asyukunyorai
近代日本画の巨人、竹内栖鳳展の後期展示は『9月25日-10月14日』。いよいよ始まる!!!!けっこうな点数入れ替わるようなので今から楽しみだ。 出品作品リスト→http://t.co/IwGr49akuS
Lycee(リセ) @happyreasons
竹内栖鳳の「班猫」は、金地の背景に螺旋に渦巻く猫、無限大の宇宙を描いている…らしい。(美の巨人たち)。班猫は、竹内栖鳳展@東京国立近大美術館、後期展にお出ましです。会いにいかなくっちゃ~。 http://t.co/uNCCYhKt92
拡大
橋本麻里 @hashimoto_tokyo
「竹内栖鳳」展のレビュー記事 http://t.co/wJKTPsa0DN について今朝ツイートしましたが、今展に出品されている《斑猫》(展示期間:東京会場は9/25-10/14)が、22時からの「美の巨人たち」で紹介されます。http://t.co/nT73zKsmgu
【公式】東京国立近代美術館 広報 @MOMAT60th
【美術館】竹内栖鳳展、展示室の最後で「水の写生」を特集展示。栖鳳が生涯を通して追究した写生を、水というモティーフを手掛かりに探ります。目に見えない水をどのようにとらえたのか、その変遷をご覧いただけます。
Miwa Soe @miwasoe
東京国立近代美術館の竹内栖鳳展に行ってきました。娘と一緒に行ったので、こどもセルフガイドがもらえました。 とても詳して楽しく学べるガイドだったので子供が羨ましい(>_<)#bura_bi_now http://t.co/jFcQSHZ6rJ
拡大
スコッチげんすけ @o2d1k2r1
竹内栖鳳展行ってきた。獅子たちとまた会えた。熊も烏も。勿論斑の猫にも。もう筆致が素晴らしくてずっと見てても全然飽きない。超絶スケッチ集は出版して欲しい。絶対買う。
ロビン5号 @robin5go
たまたま新聞に載ってて小さい広告ながら凄さが伝わったので行ってみました。東京国立近代美術館 竹内栖鳳展(http://t.co/LhT29Xiaxn)生涯現役で進化し続けた明治の日本画家です。写実の素晴らしさとそこからの更なる進化(70代で)、いやー圧巻ですわ。獅子ふっわふわ
雪ゆき @YukiYukisnow1
屏風絵の《象図》は大らかなのに繊細で大地の香りがしてとても好き。大英博物館蔵の友禅染の大作《ベニスの月》は墨絵の様で郷愁を誘い吸い込まれる様。《絵になる最初》は下絵と並べての展示。山種の時は絵の中と同じ絣の着物が並んでたなと思い出し。竹内栖鳳展(東近美)
日和見主義者 @hiyo__hiyo_
竹内栖鳳展。作品は沢山見られるけど画家については知ることができないっていう感じの展示だった。髙島屋意匠部にいたことや染織業との関わり、もっと重要かと思ってた。パリ万博でアールヌーヴォーには無関心?獅子の絵は誰かの注文?同時代の評価は?なぞだらけ。
mari_elephant @mari_elephant
竹橋で竹内栖鳳展。動物のにおいまでするんですね。
moeriel @moeriel
竹内栖鳳展見てきた。動物のもふもふした毛の質感がよかった。このライオンの絵はボークスの持ち物。ドールファンから吸い上げたお金で買った物だと思うと複雑だな。 http://t.co/lsv1iieF3H
拡大
おおた@迷苔会 @uporeke
竹内栖鳳展なう。色彩の滲ませ方がターナーみたい。そして猫かわいい。
bub @bubgtr
竹内栖鳳展・後期@MOMAT。《班猫》よかった。あの目の翡翠色は魔法の色だね。隣に《蹴合》、《喜雀図》、この空間は最高。獅子や象の質感のよさを改めて堪能。そして、常設で加山又造の《千羽鶴》をじっくり、まったり堪能。#Bura_Bi_now
田村元栄 @tamumoto
竹内栖鳳の「斑猫」警戒心をあらわにした心を許さない眼がいい。やはり猫には女性を感じる。ある距離までは近づけても、一点を越えればとたんにガードが強くなるような…
カメ吉TV @kamekitiTV
これが重要文化財の竹内栖鳳の「斑猫」。猫を飼っている人なら感じるかも。すごくリアルなんだけど、なんか少し何かが違うって。猫の肩、「毛描き」を用いた左巻きの螺旋、背景の技法。実は「宇宙」が描かれているんだって。http://t.co/MuoJr5GDUW
永尾まる 猫絵20巻 ねこ*かぶりん完全版 発売中!よろしくです! @nagaomaru
美の巨人、竹内栖鳳の班猫や写生の絵ステキでした(*^▽^*)上手い人の線はスッと描いただけで何かが違うんだよな〜と毎度思います。 番組では猫の瞳にはかすかな戸惑いが漂っている言ってましたが、一緒に番組観ていた猫飼い達の見解は「あ"、毛繕いの最中に話かけてくんなや」に見えるでしたw
mukugoro @happymukugoro
竹内栖鳳展はやや混み気味。班猫は相変わらず魅力的だったけど、美術館の造りの問題なのか、山種の方がクリアに観えたような?(はっ、老眼? )雀の愛らしさ、獅子の鷹揚さ、烏や鷺の静謐さ。瀑布の水の表現は見事の一語に尽きるし、おぼろ月の幻想性も好き。その他好きな絵だけ三巡し2時間強。幸せ
まえじぃー (家庭菜園も収穫の秋) @maezy6
竹内栖鳳展、重要文化財『班猫』や『金獅』には人だかり。『班猫』は山種美術館の所蔵品だから2度目。『金獅』はどこぞの会社所蔵って言うから驚き。今回初見の逸品は『和蘭春光・伊太利秋色』。栖鳳が欧州旅行での風景を描いたものだが、「和洋折衷」なんてレベルじゃない。栖鳳は天才だゎ!
じとめふすきー @cvegr
竹内栖鳳展、小動物の描写が凄まじいな。というのは想像していた通りだったが、後に行くにつれて色彩が日本画的ではない作品も出てきて、その色彩のセンスがツボだった。特に透明感溢れる淡い緑や青の使い方が印象的。
リッチモンド @richmondjpn
竹内栖鳳展。名前はよく聞くが、まとめて見たことはなかった。獅子などより、雀や鶯、ねずみなど小動物の描写が愛らしくて、洒落ていて素晴らしい。特に「喜雀」という大金屏風が、気に入った(個人蔵らしいが)。京都に回るので、また行くかも。
hide.14.rós @14_Diabolo
東京国立近代美術館で行われている「竹内栖鳳展」へ行って来ました。金獅や班猫など、動物を描いた作品は、どれも、しぐさや表情、毛並みなど繊細に表現されていて、触れた時の感触を想像させられました。また、ポーズや構図の勉強にもなりました。 http://t.co/vEJVAkPXYr
拡大
ネコネコ黒チャン @Cat_Shite_Ace
"☆nagaomaru: 美の巨人、竹内栖鳳の班猫や写生の絵ステキでした(*^▽^*)上手い人の線はスッと描いただけで何かが違うんだよな〜と毎度思います。 番組では猫の瞳にはかすかな戸惑いが漂っている言ってましたが、 続く"
イムラ ノヅク @esorano
竹内栖鳳、びっくりしたのは筆数の少なさ。斑猫のような繊細なタッチも凄いけど、白い絵の具をチョイチョイっと撫で付けた(ほぼ殴り書き)だけでシラサギの飛び立つ姿が描かれていて驚愕しました。凄すぎる…
fumi @Happyfumi3
竹内栖鳳展@竹橋の近代美術館 獅子の毛がほわほわで、ゾウが実物大で、スズメが可愛くて、クマがばぁん!(全て会場で確かめられたし)この画家、動物が大好きだったのでは? 竹内栖鳳のイメージが大きく変わったのは事実。展覧会に行ったのか、動物園に行ったのか、私のアタマは混乱中(笑)。
來花 @laika_dune
今日は仕事休みだったので竹橋で竹内栖鳳展を見た。「班猫」にときめく。その後、最近日本橋に出来た「三重テラス」に行ってみた。三重県各地の産物が並び、郷土愛を揺さぶられる事であった。「熊野古道麦酒」を買って帰る。
残りを読む(4)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする