3
沼田 順 @cisumtbuod
これから長いツイートします。ブログにも書く。妬み満点!
沼田 順 @cisumtbuod
(1)今日またイヤな思いをした。あらかじめ白盤(CDR)とPR資料を送っといた○ュージック・○ガジン誌に電話をして「静寂の二作品、レビューに載りますかね?」と問い合わせたところ「白盤だけじゃレビューに載らない」と言われた。会話は大分端折ってますが。
沼田 順 @cisumtbuod
(2)元々レビューのコーナーには載せる気はなくて連載を持っているライターに回したと言う。そのライターは白盤だけ送って来る作品に関してはほとんどの場合レビューを書かないと言う。そのライターの言い分は、ジャケットも込みでレビューを書きたいからだと言う。
沼田 順 @cisumtbuod
(3)その言い分は分らないではない。しかし最終的に何を基準にレビューを書いているかというと結局レーベル側からの恩恵がどれだけあるかということじゃないの?それって。オレがそのライターをソープとかに連れてったら大々的に記事にするんじゃねーか? もしかして。
沼田 順 @cisumtbuod
(4)まあそれは極論だしオレの想像の域を出ないわけだが、そのライターが言うには「売上が厳しくても本チャンを送ってくれるような熱意のあるレーベルを評価する」とのことらしい。あほかと思った。音楽自体よりもレーベルの熱意でレビューが掲載されるらしい。
沼田 順 @cisumtbuod
(5)もちろんこちらとしても売らなきゃならないわけだから二枚や三枚のCDを贈呈することによってレビューが掲載されて、然るべき人々に届けばいいとは思う。しかしなんだか釈然としない。
沼田 順 @cisumtbuod
(6)結局、り資本力、営業力のあるレーベルの作品の方が掲載されるという図式にならざるを得ないわけで、それはいかがなものかと思う(もう思い切りここから妬みに入って行きますよ)。
沼田 順 @cisumtbuod
(7)音楽評論家なんか端っから信用していないけど、雑誌の編集とグルになってそのような構造になっているという実感を伴ってゲロ吐きそうになったよ。しかし結局本チャンのCDを編集部に送付することになったのだが。ヘソ曲げるべきだった、オレが。
沼田 順 @cisumtbuod
(8)なんか敗北感満点。ものすごく落ち込んだ。何に落ち込んだかというと自分の不甲斐なさに。「そんなことならお前のところにはサンプル盤はおろか今後も白盤すら送らねーぞ」と言えなかった自分に。そして私は今そのCD二枚の梱包をしている。
沼田 順 @cisumtbuod
以上。ウザくてすいません。
FMN @FMN_S_F
@cisumtbuod そのライターがN氏なら「ジャケットも込みで」というのは本当だと思います。発売日を過ぎても掲載してくれる人です。信用してますけどね。問題は多くの雑誌が発売日を過ぎてるからという理由でレビューを断ること。
FMN @FMN_S_F
@cisumtbuod なんで雑誌に載せるために発売日を考えないといけないのだとばかばかしくなりました。演奏者側からの要望がない限り今後一切雑誌ライターにはサンプル送りません。はっきり言って効果全くないし。サントラvol.0一つも雑誌のレビューなしでした。送ってないし。
FMN @FMN_S_F
@cisumtbuod しかしそれでもそこそこ売れてます。雑誌を見て音楽を買う人というのはもういないと思います。音楽雑誌の意味がもうわからない。
沼田 順 @cisumtbuod
@FMN_S_F 石橋さん、心強い発言ありがとうございます。たしかにサントラは全くレビューが掲載されないのにけっこう売れてますよね。若干ナイーブな意見かもしれませんがこれこそが音楽の力だと思います。
沼田 順 @cisumtbuod
さっそく色々な方のご意見をいただきありがとうございます。たしかに音楽誌の役目はもう終わっているのかも知れないんですが、私はまだ文章と紙の力を信じたいんです。若干プラスした文章はブログにて http://bit.ly/cTycZu
小山守 @mamoru_koyama
イーッ、レヴューのサンプル盤ってほとんど白盤でしょう。本チャンはレココレくらいなんじゃ… RT @cisumtbuod: (2)そのライターは白盤だけ送って来る作品に関してはほとんどの場合レビューを書かないと言う。
沼田 順 @cisumtbuod
いや〜私もそう思ってたのでびっくりしたんです。 @mamoru_koyama イーッ、レヴューのサンプル盤ってほとんど白盤でしょう。本チャンはレココレくらいなんじゃ…
勝井祐二 @katsuiyuji
発売日過ぎたらアウト、で断られる事多いです。僕らもジャケ込みで評価してほしい。でもそれが出来るタイミングでは発売日が雑誌の入稿に間に合わないんだよね。 RT @FMN_S_F @cisumtbuod 問題は多くの雑誌が発売日を過ぎてるからという理由でレビューを断ること。
沼田 順 @cisumtbuod
海外の雑誌なんかみてると発売日の半年後とかにレビューが掲載されますよね。あれでいいんだと思う。 @katsuiyuji @FMN_S_F
勝井祐二 @katsuiyuji
そう思います。20年前の作品を今レビューしても良いじゃないですか。今に有効な視点であれば! RT @cisumtbuod 海外の雑誌なんかみてると発売日の半年後とかにレビューが掲載されますよね。あれでいいんだと思う。
dubbrock ダブ録 @dubbrock
こういうライターが全てだとはおもわれたくないが。http://bit.ly/ch50ua
石田昌隆 @masataka_ishida
@dubbrock 行川和彦さんの『パンク・ロック/ハードコア史』読みました。ぼくとは感覚が違うところはあるけど、ライターとして誠実な方だと思います。
dubbrock ダブ録 @dubbrock
個人名はさておき、僕が気になったのは、原稿を書くときのメディアの話でして。製品が出てからじゃないと原稿かけないというのは…と思った次第で。 RT @masataka_ishida: @dubbrock
dubbrock ダブ録 @dubbrock
製品をみて、レビューしたいという気持ちは十分にわかるのです。それは理想。でも、パッケージ製品が減っている現状でこだわりどころはそこなのか?という疑問は残るわけで。ぼくとは違うなと。 RT @masataka_ishida: @dubbrock
野間易通 @kdxn
@dubbrock @masataka_ishida これはちょっと誤解があって、これ行川さんのコーナーだと思うんですけど、あそこがもともと「商品でしかレビューしない」という方針なのは、自主盤だとアドバンスのものが本当に発売されたかどうか確認できない(できなかった)からです。
残りを読む(75)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする