即興小説深夜特急「群集と怪獣と選ばれなかった人生の為の歌・のうた」

2013年9月28日(土) ~ 2013年9月29日(日) 荻窪小劇場にて上演された 獣の仕業「群集と怪獣と選ばれなかった人生の為の歌」の上演直前企画として 2013年9月25日(水)~9月27日(金)の三日間 24:00~25:00の一時間限定で 獣の仕業脚本演出の立夏が即興で散文をTwitterに連続投稿した「深夜特急」のまとめです。 続きを読む
舞台芸術 群集 即興 散文 獣の仕業 小説 演劇
0
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(承前)内容は詩や散文のようなものになると思います。もしくはどこかからの引用になります。公演のネタバレにはなりません。あらすじ程度の内容には触れることにはなると思います。ご来場頂ける方には世界が広がるように、また(続く)
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(承前)演劇関係なく私のTweetを普段読んでくださっている方が読んでも成立するように、書いて行きます。25:00過ぎたら、途中でもその日は終わりで、続きは次の日に書きます。どんなものを書くかはそのときの即興で決めます)ではまた24:00に
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
それでは深夜特急「群集と怪獣と選ばれなかった人生の為の歌・のうた」がまもなく発車致します。(書きためではなく正にこれから即興で書きますので、間が空いたりしたときは考えてるんだろうなあとぬるく見守って下さい)宜しくお願い致します。
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
深夜特急「群集と怪獣と選ばれなかった人生の為の歌・のうた」(群集のうた)9/25:1◆「この音を、ねえ・知っている?」朝、目が覚めたときにあなたが貴方のままなのはどうして?昨日の続きを携えて・あなたのまま・目覚める・ことが出来るのはどうして?わたしはね夜眠るときにとても怖くなる
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/25:2◆世界に魔法が掛かる夕暮れと夜の間から、しん・とした夜の空気が夕焼けの隙間へじわりと染み渡りきる頃に、遠く遠くにあったものがいつの間にかすぐ隣にいる。それは私に耳打ちをして。意識を手放して眠りへと落ちる時にどうしてだろういつも、目が覚めたらもう二度と私は
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/25:3◆私の侭で目を覚ます事ができないんじゃないかって、だからとても怖くなる。この世界にたったひとりだけの自分・私もその全ては分からないのにどうして眠っている間に何も取り落としてこなかったなんて言えるのだろう?私の落とし物を誰も知らない。なくし物も知らない
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/25:4◆目が覚めて眠った夜の足跡を振り返ると夢の地平遙かに沢山の大切なものの光が見えるような気がしていた。その瞬きはとても遠くて目が覚めた瞬間にちらりと見えたのにあっという間に遠ざかっていく。隣にいたものがその遠くなる地平に立っている。こちらに手を伸ばしていた
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/25:5◆だからきっと目が覚める度に私は私のことをまたひとつ知らなくなっていく。落とし物は隣にいるものが拾い集めてまるで自分の物のように大事に抱えているのよ。隣にいるものがまた私に耳打ちをする。「どうして忘れてしまっているの?」「なぜ捨てたの?」
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/25:6◆隣にいるものよ。なぜあなたはそんなことを聞くの?私の忘れた物も捨てた物もあなたが大事に抱えて離さないんじゃない!それなのにどうして悲しそうな顔をしているの?ねえあなたの持っているものは私の物でしょう?返して。悲しいのは私の方。返して・返して!
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/25:7◆いつも聞こえるわけではなかった。いつも見えているわけではなかった。ふとしたときにだけ。帰り道の曲がり角を曲がった時にそれはブロック塀の上から私を見下ろしていた。急行に乗り過ごしたホームで一緒に時間を潰していた。
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/25:8◆喫茶店のコーヒーシュガーのスプーンをからからと持て余していた。校庭で夕立の後に走り回っていた。ぱたぱたと軽やかな音。五叉路のカーブミラーの中や渡り廊下の夕暮れに隣にいるものの足音が聞こえてくる、夕暮れに。そうその子はいつも夕暮れを連れてきた。
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/25:9◆夕暮れを背負って、また私を夢の地平へ連れて行く。私は私の見る夢を知らない。隣にいるものが私の夢を拾っていくから。また手を伸ばした。私は気づいた。私のなくしたものを知っているのは、隣にいるものだけなのだと。私にはいつからかあなたしかいないのだと。
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/25:10◆夕暮れの太陽はみるみる落ちていく。夕方の鐘の音が鳴り響いて街の輪郭が橙に染まる今日は、隣にいるものの声もない。それでも私の後ろを付いてくる夕焼けの長い影を私はあの子が付いて来るみたいだと思った。「なぜ忘れたの?」と。ねえ・この音を知っている?(了)
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/25:11◆深夜特急「群集と怪獣と選ばれなかった人生の為の歌・のうた」今日はこれで終わりです。お読み下さった皆様、リアルタイムでリツイートお気に入りなどしてくださった皆様ありがとうございました。また24時にお会いしましょう。
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
昨日から始まった9/25~9/27の三日間、24:00-25:00の間に今週の公演と同じモチーフで詩や散文を書く企画「深夜特急・群集と怪獣と選ばれなかった人生の為の歌・のうた」今日も24:00ぐらいからゆるりと発車致します。 #engeki
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
深夜特急「群集と怪獣と選ばれなかった人生の為の歌・のうた」(群集のうた)9/26:1◆えーと。ああ、君まずはそこに座りたまえよ。ありがとう、今日はありがとう。君には私の歌を聴いて貰う前にはまず私の知っているあるひとつの小さな物語の事を話さなければならないだろう。
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/26:2◆すまないね座ってくれと言ってもどうせ君はこの公園の砂利の上に尻を付けなければならないのだけど君は外見で判断するに9割方女性ではないのだろうし(いやそう見えないだけで実は女性だと言うのであれば申し訳ない、即刻謝罪するので訂正して欲しい)
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/26:3◆ありがとう、ではこれから話す私が知っている物語と言うのは私の隣にいたある友人の話だ。友人の名前は分からない。と言うよりこの街のここいらにいる連中全員本当の名前なんかで呼合いやしない大概、名前と言うのはこの世に生まれてしまった都合上の付与だ。
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/26:4◆であるからここらにいるような生きながらにして生まれてきたことをなかったことにしたがっているようなそんな幽霊のような連中にとってはそういうガイネンがすでに存在していないんだよいいかい?いいかい?いいかい?ガ・イ・ネ・ン・と言うのもは…
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/26:5◆本当はどこにも存在していないのにそれが在った方が都合がいい一部の人間がさも「それははじめから何処にでも存在している」かのように大昔に詐欺をした結果残ったものさね、私達はそういうものが真実を泥棒しているのをとっくに知っているから相手を名前で呼んだり
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/26:6◆まして他人に名前を簡単に教えるなんてありゃしないよ。勿論君が私の名前を教えてくれると言い更にその泥棒達の便宜に乗っかりたいってぇんなら私は君をソレで呼んでも構わないけどね、でも君がどんな名前をしていても私にとっては君は
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/26:7◆その大きな瞳だしその綺麗な黒髪だし小さな靴だし立派な働き者の手だしそのお喋りそうな口元のままだろう。現に今だって私の話に異論を唱えたくてうずうずしている!なんだい?じゃあ結局ソレが名前みたいな物じゃないかって?そうかもしれない。
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/26:8◆もし君のその理屈に乗っかるんだとするんなら私の友人の名前は「優しい旋律」もしくは「拾い物」「ユーフォニウム」と言うことになるのかも知れない。もし君がこの話を私が「私の友人が」という枕詞で話すのを厭うのなら私は
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/26:9◆その中のいずれかで話を続けたっていい。答えてご覧よ。…ええ?そう、…そうかい?
立夏◎獣の仕業/51.5/24.6 @ritsu1125
(群集のうた)9/26:10◆優しい旋律はここで生まれた。この植え込みの段ボールの上で。優しい旋律にははっきりと母親と言える人間がいなかった。周りにいる複数人の女性がその時々外に出ていない時間で拾い物の世話したり何かを食べさせてやったそうだから、
残りを読む(26)
「#演劇」

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする