編集可能

sudo_simoigusa さんの潜水艦や水上艦の走力測定方法ツイートに関する疑問とかまとめ

(ヽ´゜ω゜)ノ<まとめました。足りない所とか有ったら皆さん足してください。罵詈雑言はやめてね。
潜水艦 対潜戦
17
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
WW2の潜水艦退治は「潜らせて、ろくに身動き取れないところをフルボッコ」であり、必要な道具はアクティブソナーである。ピンでガンガン追い込んで位置確定してぶっ倒す。そこに聴音器の性能とか潜水艦の騒音とか、殆ど意味は無い
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
なんで前投兵器が出てきたかというとアクティブソナーで見えてる相手に打ち込みたいから。後ろから落とす爆雷だと投下前に探知が切れちゃう。日本に前投兵器が出てこなかったのはアクティブで探って捕まえてってのがそもそもできてないからだよねえとか書かないように
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
聴音が役に立たないのは、音が聞こえたからって距離はわからないよねって点。聞こえた方位から位置を割り出すなんてそう簡単な話ではない。時間かけて何度か計測して自分の移動距離を使った三角測量で大体の場所を推定する。当然潜水艦と追いかけっこしてる時には糞の役にも立たない
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
水測兵器の難点は艦自体が雑音源であること、特にスクリューのある後方は完全に死角になる。後ろ側に回られると「見えない」のだ。これが爆雷攻撃の最大の難点。攻撃すると相手を見失うのだ
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
爆雷は水中に落下していき、設定深度でドカンだ。艦は進んでるから前方に放り出すと、ヘタすると艦の真下で炸裂するので危ない。だから後ろから落とす。そうすれば爆発の危険域に引っかからない。前投兵器が威力の小さい直撃狙いの道具なのも発射した艦への悪影響を避けるためだろうな
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
潜水艦はつまりは「潜ってはいけない」のだ。潜ったらソナーに晒され、ろくに動けずなぶり殺しにされる。生き残るには潜らないことが絶対条件。つまり潜水艦は第二次大戦中に「無意味」になったのである
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
さて潜水艦がフルボッコなのは身動きとれないからで、これをなんとかすれば良いんじゃねってやったんが水中高速潜水艦たち。ドイツのとか有名だよね。あれはバレたあとに逃げるのに使う能力なわけ
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
でもこの対策はぶっちゃけ無意味に近い。なぜなら「潜水艦を潜らせる」は戦闘の前から始まってるから。獲物を探してる最中に哨戒機がやってくるので潜るしかない。潜ったら長距離は移動できない
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
というわけで水中高速潜水艦に必要なのはシュノーケルだった。シュノーケルで潜ったまま移動し、いざ戦闘ってときはその高速性能を使って逃げる
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
となるとだ。シュノーケルで相応に移動できて、大量の電池に充電もできることというのが水中高速潜水艦に必要な機能になる。伊なんちゃらはダメだなってのがよく分かるねw
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
まあ潜水艦が再度恐怖の道具になるには原子力潜水艦の登場を待つ必用があるわけだが、WW2の潜水艦とはあっという間に使えない兵器になってしまったカスい道具だったというのが結論だろうね
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
じゃあ、なんでカスい潜水艦に日本は苦労したんだろうかというと、ごく少数の人達のトンデモナイ間抜けぶりを指摘しないといけなくなるので敢えて触れないことにする。現実とはいつも悲しいものなのだ
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
5500トン型の悲しいところは新造時の公試で予定性能の36ノットどころか35ノット出るかどうかだったてあたりから始まります。川内型だけ最高速度が下がってるように見えますが、実は球磨・長良で35出ないのが何隻もあったんで、現実を追認して予定速度を下げたにすぎないかと
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
まあ特型だって34~35に落ちてたんだし、日本の高速艦てのは意外と実情が寂しい
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
ちなみに軍艦の速度計ってのはアテになりません。実測じゃなくて推進器回転数で見てますから、あんなもん空転だってしてるんだからアテにならん特に高速時じゃ実測とかけ離れた速度になる
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
だから隊組むときは速度の同調をする。旗艦が何ノットて信号出したら皆それで走ってみて速すぎないか遅すぎないか確認してキャリブレーションする。そうじゃないと艦隊運動の時に困るわけ。この速度は実測でどうであるかは関係なくて、皆が同じ速度で走れれば良い
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
回頭とかも運動性の差を見て調整したりと、編隊を組むってのは難しい話で、いきなりアレと組めってやっても難しいことが出来ない
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa
超高度な艦隊運動は単縦陣組んで全速だ。実はある間隔で張り付くと引き波を後続の艦が打ち消すことで凄く長い船になったような効果をもたらす。自動車で言うスリップストリームに似た効果を出す。これが出来る隊は滅多にない。実戦でやったのは7戦隊
こんぱすろーず @flowerclass
アクティブソナーに対する過大評価といい戦間期のイギリス海軍とそっくりの認識で笑ってしまった>潜水艦は簡単に対策がとれるカスい兵器。「相応の対潜兵力」を、ハードソフト両面で整備するために英加両海軍は3年半にわたって苦闘することになったわけだが。
夜想亭 @yasoutei
RT。WW2開戦の頃には、そんな感じで最高速が落ちてた駆逐艦は多くて、初春型がソロモン戦とかにいないのは、新しい重巡や陽炎型について行けないからなんですよね。それゆえ、WW2後半まで比較的生き残ってるんですが。
扶桑委員会 @fussoo_moe
ちょっと何を言いたいのか分かりませんね…………
夜想亭 @yasoutei
このカタログスペック通りに高速が出せず、新型の巡洋艦に追従できるように外洋での高速性改善に新しい駆逐艦が作られていくのが、WW2までの日伊駆逐艦の共通点。そういう意味でもイタリア海軍に親近感がわくんですよ。
扶桑委員会 @fussoo_moe
水中高速潜水艦っていってもせいぜい15ノットくらい?そんな速力じゃ駆逐艦振り切れませんよ…………
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a
(ヽ´゜ω゜)浮上砲戦して勝てるわけもなし、潜水艦はめんどいね (l ω l〃)生き残った人の話しかわからないから、潜行した方がマシなイメージあるけどね
扶桑委員会 @fussoo_moe
当委員会はWW2詳しくないので想像になっちゃうけど、高速潜水艦を必要とされたのは襲撃位置にすばやくつくことと、襲撃後の即時離脱を考慮してであって、全力で追いかけてくる駆逐艦を振り切るためじゃないと思うんだけどな
残りを読む(137)

コメント

T.U.Yang @tadatsome3 2013年10月8日
特にドイツ潜水艦が英米海軍にWWII後半は封殺されてたのは確かだけど、それは英米がとてつもない資源と労力を注ぎ込んだからであって、それが出来なかったらどうなってたかは「海上護衛戦」を読めば判る。所詮は兵器をスペックでしか見れない垢の知識自慢。
マシュマロモグ子 @Ta619C 2013年10月8日
こちらのサイトでピトー管を用いるログが登場するまでは回転数で速力を測っていたと説明されていますが、艦船用のピトー管ていつ頃から使われだしたんでしょうか?http://www5f.biglobe.ne.jp/~Tan-Lee/modo/yowa/akakuro.html
マシュマロモグ子 @Ta619C 2013年10月8日
ちょっと調べたら民間船舶でスウェーデン製のピトー管式ログを使いだしたのが1927年、ただし海軍がその後採用したのはピトー管じゃなく翼車を用いる九二式測程儀。なんで圧力式じゃなかったんだろう。九二式とは別に圧力式のもあったんだろか。
ワス @wsplus 2013年10月9日
UボートXXI型は水中で17.5ノット出す水中高速艦で当時の英米対潜部隊の船はどれも追いつけなかった事も補足しておきます。就航遅くて活躍しませんでしたけど。
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a 2013年10月20日
(ヽ´゜ω゜)ちょっとまとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする