0
タケシ @takesuisui
矢作直樹さんの「人は死なない」と、中島義道さんの「非社交的社交性」読了。
ひでたん (hide-tan) @_hidetoshi_
この程度の洞察と思索でこのように結論づけてもよいのだろうか。「人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索- 」(矢作直樹著) http://t.co/FKyH3jpMTY http://t.co/NJ7Hpe4t1K
 拡大
ひでたん (hide-tan) @_hidetoshi_
医療者として、私は患者本人や家族の立場に立って医療を提供しなければならない。それとともに神がその患者さんの傍に立ち、離れることはないということも忘れてはならない。
ひでたん (hide-tan) @_hidetoshi_
人の生死に関わっているからと臨床医が霊的なことを断定的に書くのは、多くの赤ちゃんや子どもたちに関わっているからと小児科医が子育て本を書いてしまうことよりも勘違いなことなのかもしれない。
ひでたん (hide-tan) @_hidetoshi_
そういう自分も先日、「子育てセミナー」を頼まれて、やむなく冒頭で「わたしは父であり、小児科医ですが、子育ての専門家ではありません」と前置きをしました。
ちかこ@パンくず @chikakohamaguch
@_hidetoshi_ これ私読みました。人の死について真実を知りたい人は、聖書を読まれたらいいと思います。
ひでたん (hide-tan) @_hidetoshi_
.@chikakohamaguch そうですね。聖書は人の死と、そのあとにある裁きと、その向こうにある永遠の死と永遠のいのちを伝え、それらをふまえて今をどう生きるかを教えてくれる書だと思います。
ひのき♪ @kudarizaka_2014
東大教授・矢作直樹さんインタビューhttp://t.co/ZBZfvIljeG @yomidrさんから 「特定の神様を信じる必要はありません。人知を超えた大きな力の存在を意識すればいいのです」
ひのき♪ @kudarizaka_2014
東大教授・矢作直樹さんインタビュー http://t.co/fnFqPyGhN1 @yomidrさんから 『最近、人はいつか死ぬという当然のことを忘れているように見受けられる患者さんやご家族が増えました』
sekito @imaishi7
矢作直樹著「人は死なない―ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索」(バジリコ)を読む。 東大の医学部教授が書いているスピリチュアル本です。良書と思います。
robomaman13 @robomaman13
人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索-(矢作直樹著):「神は在るか、魂魄は在るか・・・」 現役のER医師である著者が、生と死が行き交う日々の中で、数々の不思議な体験を通して思索した大いなる力と魂魄の永遠

コメント

五代雄介 @Eric_Ridel 2013年10月13日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする