ネットワーキングイベント「STAND UP TAKE ACTION~貧困のない社会に向けて一歩前へ!」

2013年10月11日、Mイベントスペース代官山で開催された「ネットワーキングイベント「STAND UP TAKE ACTION~貧困のない社会に向けて一歩前へ!」の講演会に関するツイートをまとめました。
国際 国際交流 開発教育 国際協力 国連ミレニアム宣言 障害者支援 動く→動かす 国際保健 人権 貧困 ホームレス
1
ウォーターエイドジャパン @WaterAidJapan
【イベント案内】ネットワーキングイベント「STAND UP TAKE ACTION~貧困のない社会に向けて一歩前へ!」 | 貧困・ミレニアム開発目標・MDGs「動く→動かす」: http://t.co/mruMkaTtb5
国際協力 @developingworld
『聞いて、話して、考える?ポストMDGsナイト・カ - □ 『聞いて、話して、考える?ポストMDGsナイト・カ □(動く→動かす特別企画)【※要予約】『聞いて、話して、考える?ポストMDGsナイト・カ... http://t.co/RfsPd6LlRr
STAND UP TAKE ACTION @sutajp
国内外の貧困問題と解決への取り組みについて知りたい方!→国際協力NGO「動く→動かす」主催。ネットワーキングイベント「STAND UP TAKE ACTION~貧困のない社会に向けて一歩前へ!」 http://t.co/dvk7SPXHSV @UgokuUgokasuさんから
SDGs市民社会ネットワーク @SDGsJapan
【告知】10/11(金)国際協力NGO「動く→動かす」主催ネットワーキングイベント。国内外の貧困問題・国際協力で活躍されているゲスト6名。交流イベントを開催。ボランティア、社会貢献活動等気になる人、お待ちしてます!http://t.co/VZ3iCE9RAy
ほっとけない熊本プロジェクト @htkpj
私たちがイベントを行う日の夜は東京でもイベントが開催。>QT @UgokuUgokasu: 【告知】10/11(金)国際協力NGO「動く→動かす」主催ネットワーキングイベント。国内外の貧困問題・国際協力で活躍されているゲスト6名。http://t.co/B9MLtj3mV8
チャイルド・ファンド・ジャパン @ChildFundJapan
【イベント】動く→動かす ネットワーキングイベント 「STAND UP TAKE ACTION~貧困のない社会に向けて一歩前へ!」 日時:10月11日(金)19時~22時... http://t.co/pyBNcru90i
反貧困ネットワーク @antipoverty_net
10.11STAND UP TAKE ACTION~貧困のない社会に向けて一歩前へ!/出演:池上清子,清野賢司,モハメド・オマル・アブディン,渡邉清孝 他/主催:動く→動かす/http://t.co/48cPJNsFIZ #貧困 #ボランティア #代官山

ネットワーキングイベント「STAND UP TAKE ACTION~貧困のない社会に向けて一歩前へ!」

昨年は、「私たちがつくる貧困のない社会」と題して、国内外の貧困に対して取り組んでいる方々をゲストスピーカーにお招きし、ネットワーキングイベントを行いました。おかげさまでたくさんの方々にご参加いただき、会場でつながった方々が一緒に活動を始めるなど、行動へのきっかけとなりました。
今年も6人のゲストを招き、ネットワーキングイベントを行います。ゲストからそれぞれの活動分野のお話をうかがった後は、ゲストや参加者同士で交流ができる交流の時間もしっかりととります。
普段「貧困」と聞いて思い浮かぶのは、経済的に困窮している人々や国々かもしれません。ただ、一口に貧困と言っても、その状況、陥る過程、抜け出せない要因はさまざまです。
今回のゲストの方々をはじめ、その状況や要因をどうにかしようと、いろいろな角度から解決に向けて取り組んでいる人々がいます。その取り組みは、決して特別な人たちだけのものではありません。私たちにも身近なもので、行動への意志と機会さえあれば、誰でも解決に向けた後押しができるのです。
この世界が今、どうなっていてどこへ向かおうとしており、人々は何に取り組んでいるのか。ゲストから国内外の話を聞き、私たちにできることを考えてみませんか?そしてゲストや他の参加者との交流から、貧困をなくしていくためのヒントを得て、行動へのきっかけをつかみましょう。

<イベント概要>
日時:10月11日(金)19時~22時
(開場18時45分、19時~19時20分は映像上映&解説)
会場:Mイベントスペース代官山
東京都渋谷区恵比寿西1-33-18 コート代官山B1 地図
定員: 100人
参加費: 1000円(軽食付き、ドリンク別)

Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
こんばんは!ただ今 http://t.co/P2dmAUkdbO のイベントに来ています。今日は #動く→動かす でつぶやきますのでよろしく!
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
本日の司会は @aionodera さんです。講演者の登場に先立ち、オックスファムのキャンペーンの紹介。食べ物を考えるglowプロジェクトに続き、土地収奪を考えるキャンペーン、MDGsの映像が流れています。会場はどんどんお客さんがやってきています。 #動く→動かす
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
2015年までに貧困を撲滅できるのか?ジダンがMDGsの呼びかけ映像に出ているのにはびっくり。そして世界中での「STAND UP TAKE ACTION」の様子。今年はどのくらいの人が、このプロジェクトに参加するのか? #動く→動かす
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
ヨーロッパでは200万人が立ち上がったのか。北米では20万弱、この格差は一体なんだろう?それだけアメリカは「貧乏は自己責任」と思っているいる人が多いということか?貧困と不平等を解消しない限り、世界の平和は遠い。 #動く→動かす

ゲストトークのトップバッターは池上清子さんです。専門分野のジェンダーと人口を切り口に、世界の現状と今後のゆくえをお話しいただきます。

●池上 清子 氏
日本大学大学院 総合社会情報研究科 教授
国連本部、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、ジョイセフ、国際家族計画連盟(IPPF)、国連人口基金(UNFPA)などを経て、2011年より現職。開発途上国での女性の健康、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ、人口、HIV/エイズなど諸問題に取り組む。外務省ODA評価有識者会議委員、TICAD野口英世賞選考委員などを務める。保健分野NGO間のネットワーク構築にも寄与。

Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
いよいよ講演開始。最初の講演者は池上清子氏(日本大学大学院総合社会情報研究科)さん。彼女はUNCHR、JOICFPなどを経て現職。最初は娘を出産した時のこと。相当の難産だったが、これがアフリカやアジアだったら母子の生命はなかっただろう。 #動く→動かす
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
国連の開発コアグループは4つ。今日のテーマは人口。世界の人口は産業革命以後に急増し、2011年には人口が70億人を突破、そのうちの95%は開発途上国、援助のほとんどは途上国で暮らす母子に届いていない。途上国が多産多死→多産少死になったから #動く→動かす
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
妊娠中に少なくても1回産前ケアを受けた女性は、南アジアの女性では半分しかない。地域を問わず、最富裕層はWHOが奨める産前ケア(年間4〜5回)を受けられているが、貧困層は2割台。これはジェンダーの問題にも関わってくるため、女性の能力強化は必要である。 #動く→動かす
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
「MOTTAINAI」キャンペーンを開始したワンガリ・マータイ氏は植林活動の専門家だった。彼女は植林と保険政策を同時にやっていくことをしていた。 #動く→動かす

世界の話の次は、知っているつもりでも実はよく知らない日本の貧困問題の現実について、ホームレス支援活動をする清野賢司さんに伺います。活動から見えてきたことを中心に、貧困のさまざまな要因についてお話しいただきます。

●清野 賢司 氏
(特活)TENOHASI 事務局長
中学校で社会科を教えていた時に行った総合的な学習の時間でのホームレス問題の授業がきっかけで、2004年からボランティアとして会にかかわるようになる。現在は中学校の特別支援学級の教員をしながら活動する。2007年より事務局長。

Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
特定非営利活動法人TENOHASIの清野さんの話。TENOHASIは2003年結成、豊島区を中心に夜回り、ホームレスの生活支援をやっている。リーマン・ショック後にホームレスの割合が急増し、その割合は高止まりしている。経歴は千差万別である。 #動く→動かす
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
日本では「ホームレスは怠け者」と言われ、寄付を求めても「あんな連中に寄付するんだ?甘やかすんじゃない」と言われ、我々も豊島区区役所から追い出されそうになった経緯がある。ここ数年で、日本の貧困問題は可視化されてきた。彼らは特別な人達ではない。種々の理由で生活が破綻 #動く→動かす
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
リーマン・ショック以前は日雇い労働者やバブル期の社員。地方の貧困家庭出身で中卒の職人肌が多かった。「手配師」に仕事を頼まれたり、アルミ缶や雑誌の回収で何とか食いつないでいる。近年は若年層、高学歴の人間が多い。バイトしか職歴がなく、コミュニケーション能力が低い。 #動く→動かす
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
雇用が劣化し、精神的にも追い詰められる。彼らの多くは生活保護家庭、養護施設出身など恵まれない人の出身が多い。貧困の連鎖。中流家庭がどんどん撲滅し、親子揃って失業者になっている他、障害を抱えている人も多い。知的障害36%、精神障害も4割以上。 #動く→動かす
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
適切な支援が受けられず、知的障害やコミュニケーション障害を発症、厳しい労働環境から精神障害をおこす。ブラック企業に就職してうつ状態、彼は児童養護施設出身。そういう人は精神的にボロボロになっている人が多い。官民をあげて「生活保護バッシング」で追い込まれる #動く→動かす

前半の最後は博士課程で平和構築学の研究をしているスーダン人のモハメド・オマル・アブディンさん。異国の地で暮らして研究するだけでも大変なことは多いと思いますが、アブディンさんには目が見えないというハンデもあります。行動への意志を持って機会をとらえ、さまざまな困難も乗り越えてきたエピソードを交えつつ、母国スーダンのことや、研究の話などをお聞きします。

●モハメド・オマル・アブディン(Mohamed Omer Abdin) 氏
東京外国語大学 博士課程在籍(平和構築学)、(特活)スーダン障碍者教育支援の会 理事
1978年スーダンの首都ハルツーム生まれ、12歳まで弱視、12歳からほぼ全盲。1998年に来日。2007年にスーダン障碍者教育支援の会を立ち上げ、2008年にNPO法人格取得。初代の代表理事を務める。現在、東京外国語大学博士後期課程に在籍。著書には、今年ポプラ社から出版された『我が盲想』がある。

Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
スーダンからやってきたモハメド・オマル・アブディンさん。スーダン出身で彼は12歳で失明。スーダンの紹介。長らく内戦が起きていたが、一昨年南スーダンが独立。自分は北部で活動障害者支援の活動をしている。障害者に一番必要なのは教育である。自分は網膜剥離になった #動く→動かす
残りを読む(24)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする