編集可能
2013年10月13日

Running Lean 学習・速度・集中

Running Leanの一文です。
2
Running Lean @RunningLeanBot

最適な実験をするには、速度学習集中の3つすべてが必要です。この3つがそろわないと何が起きるかを見てみましょう。

2013-10-11 14:31:17
Running Lean @RunningLeanBot

[速度と学習 ] 高速に学習していても集中していない場合は、早すぎる最適化のワナにはまってしまう可能性があります。たとえば、顧客がいないのにサーバーを増強したり、動く製品がないのにランディングページを最適化したりということです。

2013-10-11 15:09:28
Running Lean @RunningLeanBot

[学習と集中 ] 適切なものに集中していても、速度が遅いとリソースを使い果たしてしまいます。あるいは、競合に追い抜かれてしまうでしょう。

2013-10-11 15:23:16
Running Lean @RunningLeanBot

[速度と集中 ] 速度と集中があり、学習のない状況を考えてみると、犬が自分のしっぽを追いかけ回している様子が目に浮かびます。膨大なエネルギーを費やしていますが、同じ場所をぐるぐると回っているだけです。

2013-10-11 14:57:32
Running Lean @RunningLeanBot

[スタートアップは1つの指標にしか集中できない。何か1つのことを決めて、その他のことは無視しよう。 ーノア。ケーガン《Noah Kagan》]

2013-10-13 11:54:37
Running Lean @RunningLeanBot

仮説テストする最も簡単なものを見つけましょう。これは正当に評価されていないスキルかもしれません。製品の最もリスクの高い部分理解していれば、製品以外の何かを構築して仮説をテストできるはずです。

2013-10-13 17:45:29
Running Lean @RunningLeanBot

[最善はしばしば善の敵になる。 ーボルテール《Voltaire》]

2013-10-13 17:44:33
Running Lean @RunningLeanBot

実験を計画するときには、達成すべき学習指標集中しなければいけません。これは製品の種類やステージによって異なります。複数の指標や目標に同時に取り組むことも不可能ではありませんが、私は1つに集中したほうが効果的だと考えています。

2013-10-13 17:33:52

コメント

Running Lean @RunningLeanBot 2013年10月13日
まとめをデコレーションしました。
0