編集可能
2010年10月9日

猫神博士の人間豹シリーズ(ツイッター小説)

#twnovelに猫神博士@nekogamihakase)が連載中の人間豹シリーズをまとめてみました。 ハッシュタグtwnobelを含めた140字小説。その中で「人間豹」シリーズが個人的に気に入ったので、本人に確認し、まとめました。随時更新していけたらと思います。 ↓ご本人のmixi日記より。 続きを読む
1
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。冷たい雨の降る夜、スクラップ置場にメイド・ロボットが捨てられているのを見つけた。まだ電源が残っているロボットは「おかえりなさいませご主人様」と繰り返す。「ただいま」と言ってやると、やっと任務を終えたというように微笑み、機能を停止した。 #twnovel

2011-12-14 23:47:43
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。抱きしめた女が首筋から背中に指を這わせて言った。「ねえ、あなたの背中にファスナーがあるわ」「そのことは忘れた方がいいな」と人間豹は答えた。「まだ人間の皮をかぶっているうちに、な」 #twnovel

2011-12-13 23:15:04
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。「何を見ているんだ?」と狼男が訊いた。凍てつくような寒空の中、くっきりと浮かんだ満月の光を浴びてその姿は見事な人狼と化している。「今夜は皆既月食だ」と人間豹。「だから?」「おまえがどうなるのか見届けてやるよ」 #twnovel

2011-12-11 00:53:54
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。夜の街を徘徊していると目つきの悪い男たちに取り囲まれた。「オレたちのシマで随分好き勝手してくれるじゃねえか」因縁をつけて襲って来た連中を返り討ちにして「おまえら人間の屑だ」「じゃあおまえは何なんだ」「オレか」と人間豹は答えた「人でなしだよ」 #twnovel

2011-09-02 00:27:50
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。今宵の獲物はペンギンの着ぐるみを着ていた。脱がそうとすると激しく抵抗する。「お願い脱がさないで!」「どうしてだ?」「これを着ていると、みんながやさしくしてくれるの」 #twnovel

2011-08-22 23:05:53
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。目前で獲物を奪った盗人は、自分と同じ顔をしていた。思わず立ちすくむ人間豹。盗人はニヤリと笑って言った。「おまえは自分を人でなしだと思っているだけの偽物だよ、探偵さん」そう言われると一瞬のうちにアイデンティティの揺らぐのを感じた。 #twnovel

2011-07-30 23:04:34
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。今宵の獲物はとびきりの上玉だった。慎重に尾行し、ついに路地裏に追い込んだ時、物陰から現れた人影に一瞬のうちに獲物を奪われてしまった。盗人の後ろ姿はどこか見憶えがある。「待て!俺の獲物だぞ」振り返ったその顔は人間豹そのものだった。 #twnovel

2011-07-29 20:42:48
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。蒸し暑い夜だった。今宵の獲物は暑さのために眼がトロンとした女だった。襲いかかると、へなへなとしなだれかかってくる。そのまま抱きしめると「ああ、いいわ」と言いながらとろとろに溶けてしまった。後にはチーズの匂いだけが漂っている。 #twnovel

2011-07-13 19:22:15
八本正幸 @nekogamihakase

#twnovel 人間豹は飢えていた。夜の巷を徘徊していると、十数人の女装の美少年たちに取り囲まれた。「失礼ですが人間豹の恩田さまでしょうか?」リーダー格の少年の問いに黙って肯くと「お願いします!」と言って少年たちは後ろを向くと、スカートをまくってお尻を突き出すのであった。

2011-06-07 23:29:03
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。暗い路地を曲がったところで高校生らしい少女と出くわした。「署名お願いします!」まっすぐな眼で少女は言った。『原発廃止』の文字が認められた。安心して人も襲えない世の中なんて……。忸怩たる想いがこみ上げ、思わず署名に応じる人間豹だった。 #twnovel

2011-05-16 20:00:47
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。帝都の桜も散り際だった。真夜中の公園で酔いつぶれた女を拾った。「こんなところで寝てると風邪ひくぞ」背負って歩き出すと、ざわっと風が吹いて花びらが散った。とたんに女の身体がずしりと重くなった。降りしきる桜吹雪の中、思わず走り出す人間豹。 #twnovel

2011-04-14 23:12:11
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。今宵の獲物は満開の桜の下に佇んでいた。「またおまえか」「お久しぶりね」「もうこんな季節か」「一年なんて早いものね」「相変わらず芸がねえな」「あなたもね」人間豹は苦笑するしかない。「歩いて行こうか」「あい」ふたりの影に桜吹雪が降りそそぐ。 #twnovel

2011-04-09 23:27:48
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。節電のためにただでさえ暗い照明をさらに暗くした酒場で、満月なのに自粛中の狼男と呑んでいると、被災地で果敢に働くボランティアの少年のりりしい姿がテレビに映った。どこかで見た顔だと思ってよく見るとそれは、あの女装の巧い少年探偵だった。 #twnovel

2011-03-19 19:46:58
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。東北地方を襲った巨大地震は、帝都にも暗い影を落としていた。そんな中、一連の婦女襲撃事件も途絶えていた。「君がそんなヒューマニストだとは思わなかったよ」と探偵が言った。「ヒューマニスト?」人間豹は笑った。「美意識と言ってくれよ」 #twnovel

2011-03-19 19:41:46
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。今宵の獲物はひどい花粉症の女だった。出会い頭のくしゃみの勢いで三メートルほど吹き飛ばされた。「ごめんなさいマスクをしてなくて」「そんなことはいいから、このことは誰にも言うんじゃんいぞ」「はっ」次のくしゃみに身構える人間豹であった。 #twnovel

2011-02-26 00:53:15
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。「寒いのよ、暖めてちょうだい」と女は言った。抱きしめると女の身体は氷のように冷たかった。いつまで抱いていても、ちっとも暖かくなる気配がない。夜が明ける頃には石のように固く凍りついていた。抱いていたのは捨てられた自由の女神だった。 #twnovel

2011-02-19 00:52:01
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。今宵の獲物は麻薬不法所持容疑で逃走中の元アイドルだった。ジャンキーは襲わない鉄則なので逃げ道を教えてやり、その場を離れた。いつもの酒場で呑んでいると「なんだかひどく不味そうな酒だな」と狼男が言った。「最悪の味だよ」人間豹は答えた。 #twnovel

2011-02-14 22:20:56
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。今宵の獲物は黒衣の花嫁だった。「ああ、あなた」と女は言った。「戻ってきてくれたのね。待っていたわ」と。「残念だな人違いだ」人間豹が答えると「嘘つき!」叫んで女はスカートの下に隠した拳銃を抜いて発砲した。しかしもうそこには誰もいない。 #twnovel

2011-02-08 00:12:19
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。今宵の獲物は赤い靴を履いていた。遠い昔どこかで逢ったような気がする。だが瞳の色はブルーだった。「そう、あれは横浜の港だったな」何かを思い出しそうになって口を開いた人間豹に「人違いよ」と答えた女はすでに、白髪の老婆になっていた。 #twnovel

2011-02-04 23:41:20
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。今宵の獲物はかぐわしい匂いがした。香水と体臭が絶妙にブレンドされた見事な匂いだ。その芳香に陶然とするうちに、ゴロゴロと喉を鳴らし、意識が薄れ、昏倒してしまう人間豹であった。どうやら香水にマタタビが仕込んであったらしい。 #twnovel

2011-01-22 23:08:06
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。今宵の獲物はビルの屋上から身を投げようとしていた。「やめなよ自殺は地獄行きだぜ、それより俺と極楽を見たくねえか?」人間豹の台詞に「ありがとう」と答えた女は微笑み「もっと早くあなたに出会いたかった」と言い残して宙に舞った。 #twnovel

2011-01-21 19:07:33
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。今宵の獲物は彼の顔を見といきなり笑い出した。「何が可笑しい!」気を悪くした人間豹が怒ると、女の笑いはさらに大きくなり地面に転がりながら大爆笑。「いいかげんしろ!殺すぞ」さらに凄むと「死ぬ死ぬ」と身をよじって笑い転げる始末だ。 #twnovel

2011-01-20 23:00:14
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。帝都に初雪が降った日の翌朝、凍りついた女の全裸死体が発見された。その美しさに「氷の乙女」と呼ばれた死体にはどこにも傷跡がなかった。オルガスムスの頂点で心臓が停止したらしい。彼女の子宮からは人ならざる者の精子が検出されたという。 #twnovel

2011-01-16 11:02:03
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。今宵の獲物はメイド喫茶のウェイトレスだった。出会い頭に「お帰りなさいませご主人様」と条件反射で頭をぺこりと下げた。それを見た人間豹、これも条件反射で踵を返し、反対方向に走り出すのであった。 #twnovel

2011-01-14 23:03:31
八本正幸 @nekogamihakase

人間豹は飢えていた。「イレーヌを知っているね」と探偵が言った。「ナジャも」 「それがどうしたと?」「ふたりとも君の毒牙にかかったのだと僕は確信しているよ」「証拠は?」「ふたりとも幸せそうな死に顔だった」「なるほど」「褒めているんだよ」「解ってる」 #twnovel

2011-01-12 18:56:41
残りを読む(144)