「僕はビートルズ」について妄想し続ける

かわぐちかいじ先生の劇画「僕はビートルズ」について妄想したツイートをメモ代わりにまとめておきました。「僕はビートルズ」は、ビートルズのコピーバンドをしている現代の若者4人がビートルズがデビューする直前にタイムスリップし、ビートルズよりも先に彼らの曲でデビューしてしまうという話です。主人公たちはビートルズを盗むことには葛藤しますが、ジョン・レノン暗殺の後の時代から来たにもかかわらず、なぜか一切それについて言及しません。この不自然さが気になるので、「僕はビートルズ」の基本プロットはそのまま、レノン暗殺を絡めて妄想してみました。
マンガ 町山智浩 妄想族 ビートルズ
14840view 11コメント
20
町山智浩 @TomoMachi
なぜですか?ジョン・レノンのファンがタイムスリップしてレノン本人に会うことができるなら、まず考えるのは暗殺をいかにして防ぐかだと思います。ところが「僕はビートルズ」には暗殺について一切の言及がありません。これは作品の根本的な穴ですよ。@newmatango
町山智浩 @TomoMachi
これは単に、Aという人が殺されることを事前に知っている主人公が、Aに会った時にそれを教えない、防ごうともしない、そればかりか、どうしようかすらも考えないという、「物語上のありえなさ」の問題ですよ。 @Sugano_Akihiko
町山智浩 @TomoMachi
「JIN仁」は竜馬暗殺を防ぐかどうかが重要なポイントになってましたね。 RT @tama_momi_piro: @jinbochodeka 四人が劇中で歴史不可侵の結論を出す描写だけでもなくてはならなかったということですね
町山智浩 @TomoMachi
「僕はビートルズ」は、自分たちがビートルズを盗む葛藤だけが描かれていますが、プロットラインはそのままに、もうひとつの葛藤を絡めたら、もっと面白くなったのでは?と思います。つまり、カリスマになることの代償として暗殺されることまで引き受けるかどうか。@tama_momi_piro
町山智浩 @TomoMachi
(続き)それをプロットに盛り込むと、たとえばこんな感じ? ビートルズを盗もうとする彼ら。ベーシストは良心との間で葛藤する。しかしリーダーは「これがジョン・レノンを暗殺から救う方法だ」と主張する。「オレが代わりにカリスマになって暗殺される運命も引き受けよう」@kiritansu
町山智浩 @TomoMachi
(続き)後半は、ビートルズになるのをあきらめた4人がレノンに将来暗殺される事実を告げるが、レノンは「暗殺を恐れて生き方を変えるなんてできない。僕は歌いたいことを歌う」と受け付けない。しかし4人はレノンを殺させたくない。そうしているうちに運命の1980年が近づいてくる(続く)
町山智浩 @TomoMachi
(続き)1980年12月8日、NYダコタアパート前で暗殺犯マーク・チャップマンはジョン・レノンに声をかける。振り向いたレノンに銃を向けるチャップマン。その時!大音量で「ゲットバック」が流れてくる。思わず音の出どころを探すチャップマン。ビルの屋上で何者かが演奏しているのだ(続く)
町山智浩 @TomoMachi
(続き)ビルの屋上で「ゲットバック」を演奏しているのは主人公4人と…ポールとジョージとリンゴだ! 主人公たちは「ジョンを救うため」と言って3人を説得したのだ。ビートルズ再結成の現場に居合わせたのだからチャップマンもレノン暗殺どころではない、と思ったら彼は拳銃をレノンに(続く)
町山智浩 @TomoMachi
(続き)チャップマンはレノンに拳銃を突き付けて言った。「今すぐ屋上に行って歌ってくれ!」レノン、屋上に駆け上がってエピフォンを掴み「ゲットバック」のソロ弾きまくり。拳銃放り出して熱狂するチャップマン。聴衆はビルの周りを埋め尽くし「愛こそはすべて」を合唱してエンド。お粗末。

コメント

町山智浩 @TomoMachi 2013年10月24日
まとめを更新しました。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年10月24日
ゲット・バックを演奏するにはビリー・プレストンもいないといけないんですが…。
Σ-X@E-M1 @mix_nico 2013年10月24日
で、その場合、主人公達はそれからどうなんのかね
kghdt @kghdt 2013年10月24日
「僕はビートルズ」はかつて町山氏が叩いていたほど酷いラストじゃなかったね。
ゴイスー @goisup 2013年10月24日
この漫画嫌いだったなぁ なんというか、ビートルズを出汁にした団塊サヨクのルサンチマンとしか思えなかった。
eternalwind @juns76 2013年10月24日
大滝詠一が「団塊がビートルズを好きだというのは後から作った嘘」(本当の昭和三十年代は、むしろブリティッシュ・ロックを聞いてる大滝のような人は、世間では変わり者扱いだった)と言ってますが、かわぐちかいじも、本当はビートルズなんて好きじゃないんでしょうね。
eternalwind @juns76 2013年10月24日
ビートルズを本当に好きなら、レノンを救いたいという話をすぐに思いつくだろうけど、もともと好きじゃないから、どうでもいいということでしょうね。
eternalwind @juns76 2013年10月24日
団塊が「ビートルズ世代」と自分を規定するのは一種の見栄。彼らにはほんとうの意味での自分たちの文化的イコンがない。だから口ではビートルズファンを名乗るけど、そもそも本当にファンじゃないし、リアルタイムで聞いてた経験もない。
つきものたたり @tukimonotatari 2013年10月24日
町山の妄想シナリオドクターシリーズ化希望。
あきの ひぐらし @akinohigurashi 2013年10月24日
チャップマンは、ジョンを殺して屋上に駆け上がり、自ら「ゲットバック」を歌おうとするんじゃないかな。 メンバーたちともみ合いになり、チャップマンは屋上から転落。ジョンの隣で死亡。 ああ、これじゃあ、チャップマンの話になるか…
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年10月25日
団塊の世代はビートルズがアイドルだった時代を知っているので、本当はビートルズはあまり好きじゃないんじゃないかと思った。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする