23
リーフレイン @leaf_parsley
「放射線連続講演会 中西準子先生 」をトゥギャりました。 http://t.co/SsxqFtZUua
リーフレイン @leaf_parsley
15年累積で15mSv以内⇒今現在で実効線量5msv/y相当の地域ならクリア 今現在5mSv/y地域の今の周辺線量とは?⇒
リーフレイン @leaf_parsley
年間累積から周辺線量を推計 5000(μSv/y)÷365÷24=0.57μSv/h 今までの計算:生活遮蔽分の換算係数0.6で割る 0.57÷0.6=0.95μSv/h 中西先生:本来の実効線量換算値分を加算。換算係数0.3で割る 0.57÷0.3=1.9μSv/h
リーフレイン @leaf_parsley
個人的には15年累計なら、お子さんのいるご家族の場合、累積30mSv以内に抑えたい気がする。その場合は3mSv/yが帰還目安になり、周辺線量は、 3(msv/y)÷365÷24÷0.3=1.14μSv/h (チェルノブイリの汚染地域の標準的な20年積算量が30~60なので)
リーフレイン @leaf_parsley
(実はこの件が質問した点でした。お答えは、「今、提示しているのはあくまで標準値なので、お子さんの場合数値が変わってくるのは事実です。色々なパターンを想定しながら、検討をしていければと。ただしあまり基準を厳しくしてしまうと帰りたい人が帰れなくなってしまうので」とのことでした。)
リーフレイン @leaf_parsley
@kazooooya おおざっぱにまとめると 1、実効線量値換算の誤解 を解く 2、全ての地域を1mSv以下に除染することは事実上不可能 3、帰還時20msvはリスキー ⇒ 15年累積50msv以下に変更し、それを超えた地域の除染は諦めて生活再建のほうに原資を回せないか?
リーフレイン @leaf_parsley
だて復興再生ニュース 2013年9月26日発行 第6号 (PDF)http://t.co/HKjpethAZf
リーフレイン @leaf_parsley
伊達市の1年間のガラスバッジ結果: 全体の平均値は年間0.9mSvと年間1mSvを下 回っています。 また、線量の分布を見ますと、年間 1mSv未満の方が66.4%、1mSvから5mSv未満の 方が33.5%、5mSv以上の方が0.1%でした。  
リーフレイン @leaf_parsley
@kazooooya  補足ですが、 3の「それを超えた地域」というのは厳密なラインを提示されたわけではなくて、「無理な除染まで費用をかけないで、」という感じの言い方でした。
酋長仮免厨 @kazooooya
@leaf_parsley はい。長期的に帰還出来ない事が分かっている地域は、別の地域での生活再建を、という考えの方なので理解出来ますよ。 帰還時年20mSvってあり得るのかな?現在の避難基準は防護的に推定した実効線量なので基準変更しない限りあり得ないはずだけど…。(続
酋長仮免厨 @kazooooya
@leaf_parsley 最近、現在も20mSv超の地域に住んでいる、という人がいたけど、どんな状況・理由なんだろうかと思った。
リーフレイン @leaf_parsley
@kazooooya  現在の帰宅準備区域の線引きをみると、高くても2μSV/h程度なので(多くはもっと低い)、「20msv/yを切ったら帰還を認めます」と言っていても、実際には「5mSv/yぐらいになったら準備開始」とみてる気がする。 ただ、それを明言してないんだよね。
リーフレイン @leaf_parsley
@kazooooya  現在、20mSv超があるとすると、帰宅困難地域に今もあえて住んでおられる方ではないかしら。(初期にはいらしたんですが、今はどうかな?)
酋長仮免厨 @kazooooya
@leaf_parsley まぁ、線量評価だけでは決められないから、もにょもにょしているのかもね。
酋長仮免厨 @kazooooya
@leaf_parsley 避難指示は継続中なので、飼育とかでも外から通っていたような記憶があったんだけど、今でも住んでいるというのは部外者なので状況がよく分からない(>_<)
酋長仮免厨 @kazooooya
@leaf_parsley ん?実際には「5mSv/yぐらいになったら準備開始」なのに、当累積線量が大きくなるの?避難しているのだからならないでしょ。

*

yoka72 @yoka72
中西先生の話はいわゆるコンセンサスとは異なってくるわけだけど、そこには誰かふれないのかなぁ。識者の方の見解を聞きたいなぁと思うんだけど。
birdtaka@1/12 ハイテクハーフ @birdtaka
@yoka72 中西さんの目指しているのは、合意形成のためのツールとしてのリスク評価なんだと、昨日著書を読んでていて理解しました。
yoka72 @yoka72
@birdtaka なるほど。いろんな反応を見てると、それは見事に機能しているように感じられます。現行のここまでの動き、今後の動きとどう整合させて取り入れる事が可能なのかという点が気になってます。
yoka72 @yoka72
@birdtaka あとは、ある程度年齢が行っている人の戻りたい願望が阻害されないかなぁという点。
birdtaka@1/12 ハイテクハーフ @birdtaka
@yoka72 「20mSv/年は帰還目標値としては高すぎる」という点ですね。中西さんの計算だと15年で163mSv。これはリスクで約10の-2乗です。中西さんがよく言及するのが一般的に化学物質のリスクとして受容されるのが10の-5乗で、放射線リスクはもうちょっと高いと
birdtaka@1/12 ハイテクハーフ @birdtaka
@yoka72 いうことなので、10の-2乗は高すぎるのでは、ということなのだろうと思います。15年積算ですから高齢者を想定した話として。
birdtaka@1/12 ハイテクハーフ @birdtaka
@yoka72 このレベルだと帰還希望者の割合も下がるでしょうから、地域社会の再構築という点でも困難は大きそうということもあるかもしれませんが、その点への言及はなさそうな気がします(未確認)。
残りを読む(149)

コメント

rozeree🌹in 0.08 @reemayufu 2013年10月25日
@leaf_parsleyさんは『今回の講演まとめに1人だけ異色のツイートが入ってたけど、「元に戻せ派」の感情論をどうするかが悩みですね(>_<)』と言われるような私のツイをいれたのでしょうか?私が被災者の代表みたいに思われているのですか。どうしてでしょうか?
rozeree🌹in 0.08 @reemayufu 2013年10月25日
もし戻りたい人が多くて、20mSv/年でも健康リスクに問題がないのなら戻りたい人は避難区域にしておかないで戻らせればよいとはっきり言わないのですか?でも戻りたくない人の方が断然多いと思います。「避難区域だって戻りたければ戻っても良いしかし自己責任だから健康被害がでても補償しません」と言えばいいのではないのですか。なんといっても財政の問題なのでしょうから。私はそんな心ないことは決して言えませんけどね。
リーフレイン @leaf_parsley 2013年10月25日
reemayufu ああ、こちらに書いたほうがよかったですね。全体に偏ってしまっているので、reeさんの意見はいれたほうがいいと思ったんです、すいません、、
rozeree🌹in 0.08 @reemayufu 2013年10月25日
元に戻すのは健康リスク以前の問題で、例えば事故を起こしたら謝って、本人の了解するまで弁償するのが筋ですよね、と言っているのです。なんでも心の問題にすればいいというものではありません。当然、補償をしっかりすべきだと思います。事故を起こして被害をだしたのだから。当たり前だと思います。違いますか。それは、避難区域だけだはありません。
リーフレイン @leaf_parsley 2013年10月25日
reemayufu 中西先生の主張は、いろんな意味で歯に衣を着せぬ主張でした。例えば実効線量係数は0.3だろう、という話からでてくるのは、現在、0.8mSv/yぐらいの地域が0.4相当になるので、除染特別区域外の問題はさほど心配しなくていい、ということでもあります。
rozeree🌹in 0.08 @reemayufu 2013年10月25日
勉強不足でわからないことだらけなのですが、いつも疑問なのは「1mSv/年や20mSv/年」というのは、いつの時点で、何を(何の数値を)もって言われているのでしょうか。統一されてはいないのでしょうか。教えていただければありがたいです。不勉強で申し訳ありません。
rozeree🌹in 0.08 @reemayufu 2013年10月25日
当事者のいないところでの話は、どうしても戻す方向になるでしょう。 その方達はきっと20mSv/年でも100mSv/年でも気にせずに住むのでしょう。子供もそこで育てるのでしょう。何でも触らせて普通に暮らすのでしょう。すばらしいと思います。まね出来ません。
リーフレイン @leaf_parsley 2013年10月25日
reemayufu 一方で、帰還と移住は自由に選べるように、移住費用の(生活の再構築)補償をだすべきだ、という話もされていました(強制避難の区域)
リーフレイン @leaf_parsley 2013年10月25日
reemayufu あえて線量とその評価にリスク指標を区切られたのは、それ以外のファクターを数値化することができなかったからだそうです。
リーフレイン @leaf_parsley 2013年10月25日
reemayufu でも、帰還しなくていい、選択の自由がもてる状況をつくるべきだ、という点は明確にされているので、帰還ありき、という話ではありませんでした。
リーフレイン @leaf_parsley 2013年10月25日
reemayufu  おっしゃる通りだと思います、そして元に戻すのが無理ならきちんとそのように言って謝罪が入るべきです。reeさんの意見をまとめにいれたのは、絶対に無視できない視点を置き去りにしてはまずいという意味合いを込めてです。
リーフレイン @leaf_parsley 2013年10月25日
reemayufu 1mSvという値は、通常は実効線量を意味します。それは1時間あたりであったり、一年あたりであったり、生涯積算量であったりしますし、計算方法も揺れがあります。
リーフレイン @leaf_parsley 2013年10月25日
reemayufu 今回の講演の大きな論点の一つが、その実効線量の計算での誤解を正す、という点でした。年間被曝量推計を出す場合に使用している係数が、本来の数値より高すぎるという意味でした。
リーフレイン @leaf_parsley 2013年10月25日
reemayufu そして多分その指摘は正しいだろうと自分は思います。
リーフレイン @leaf_parsley 2013年10月25日
reemayufu でも、この議論には大きな意味があって、それは除染の費用の削減につながってる点です。「帰還・除染ありき」の前提に疑問をなげかけ、「それは誰のための除染で、誰のための費用なのか?」を根本的に問い直す話なので、読んでみてください。
rozeree🌹in 0.08 @reemayufu 2013年10月25日
@leaf_parsleyありがとうございます。一般人には馴染みのないもので事故後に始めて見た「実効線量(率)」「空気吸収線量率」「1㎝周辺線量率」「個人線量等量」など、紛らわしいです。実際には自分達はどの位影響を受けているのか分かりやすく知りたいです。今は「個人積算計」で測っています。ご教示ありがとうございます。良い方向に進むよう願っています。
rozeree🌹in 0.08 @reemayufu 2013年10月26日
@leaf_parsley 避難区域の方には酷かもしれませんが、はっきり見通しをもって頂くために何年後にどの程度になるのか伝えた方が良心的だと思います。そして限りある費用なら帰還困難区域の除染よりも、現在の居住区域の除染にまわすべきだとずっと思っています。帰還困難区域の方にはそれ相当の補償を勿論する。無駄な除染はなんのメリットも無いと思います。
リーフレイン @leaf_parsley 2013年10月26日
reemayufu 個人線量計で測られた数値は、実効線量に近いそうです。(電磁波を拾ってしまうときがあるので要注意みたいですが、、、><) 私も良い方向へ進むようにと願っています。。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする