5

リバタリアニズムの原則「他人の財布に勝手に手を突っ込むな」

朝霧シオン @asasio
政府支出のほとんどが軍事費というと好戦的な国家に見えるが、仮に夜警国家が実現すると必然的にそういうことになるので、政府支出におけるパーセンテージのみをもって好戦的云々と評することはできない。
朝霧シオン @asasio
そもそも右翼と左翼の二項対立のみを以て複雑な政治社会を語ろうという姿勢が間違いであり(ry
朝霧シオン @asasio
単純に「他人の財布の中に勝手に手を突っ込んでくるやつは誰だろうが信用ならない」というだけの話である。

では所有権が明確でないものは? -受動喫煙のケース-

歯がある羊 @0Liberalism
その通り。保守派お得意の「倫理道徳」は私有財産と密接不可分。道徳の授業がしたいなら財産権の神聖不可侵性を教えろ。個人主義にせよ財産権にせよ、これはエゴというよりは立派な「倫理」だ。
skullsberry @skullsberry
@0Liberalism 空気の所有権は誰にあるのでしょう。タバコを吸う権利と、他人のタバコの煙に汚染されていない空気を吸う権利をどちらが強いと思いますか?その答えにより道徳も変わってくると思うのですが。
歯がある羊 @0Liberalism
@skullsberry 受動喫煙はかなり分かりやすい肉体への侵害だと考えられるので受動喫煙の被害が出る場所での喫煙は原則禁止されると考えます。ただ喫煙スペースに必要なコストを喫煙者に負って貰った上で、そこで吸う分には何の問題もないと思いますが。
skullsberry @skullsberry
きれいな空気を享受する権利が万人に認められている場所=喫煙が認められていない場所で、非喫煙者が喫煙スペースを作ってあげる動機は博愛ですか? @0Liberalism ただ喫煙スペースに必要なコストを喫煙者に負って貰った上で、そこで吸う分には何の問題もないと思いますが。
歯がある羊 @0Liberalism
@skullsberry 路上のような公共空間に作るなら煙草税を財源にして公費でやるべきでしょうね。受益者負担が原則です。ただ私有地なら外に漏れでない限り所有者の勝手でしょう。店なら喫煙者の客を入れるために喫煙スペースを進んで作るかもしれませんね。
skullsberry @skullsberry
@0Liberalism 自発的協力で喫煙所を作れないから税で、ということは政府が介入するということですね。喫煙所建設の費用やスペースの機会費用が問題になりませんか?> QT 路上のような公共空間に作るなら煙草税を財源にして公費でやるべきでしょうね。受益者負担が原則です。
歯がある羊 @0Liberalism
@skullsberry 問題になりません。建設費用は煙草税を財源と申し上げたはずです。スペースの機会費用については想定される土地の値段分を建設費に加えて計算すれば良いと思います。勿論、あくまで想定価格なので完璧とは思いませんが大きな問題もないと思います。
歯がある羊 @0Liberalism
@skullsberry ツイ消し失礼しました。協力関係が築けないというよりも所有権が未確定な土地では政府事業としてやらざるを得ないというだけです。喫煙スペースを設ける企業や飲食店では立派な協力関係が築かれてると思いますよ。
skullsberry @skullsberry
@0Liberalism 協力関係が築けないのはフリーライダー問題があるからでしょう。所有権については羊さんが最初に「受動喫煙はかなり分かりやすい肉体への侵害」だから「受動喫煙の被害が出る場所での喫煙は原則禁止」と明確に定義しています。この議論はその前提の上にあると理解します。
skullsberry @skullsberry
@0Liberalism 私的空間については、議論となっている喫煙所の建設とは関係ないのでとりあえず後回しにしましょう。(これはこれで議論する価値があると思いますが)。大気が問題となるオープンな場所での喫煙について議論します。
skullsberry @skullsberry
@0Liberalism 喫煙所は気密性も求められるし、市街地に一定の間隔で作らなければならないのでかなりの予算を必要とする公共事業になります。しかもたばこ税を財源としているとはいえ、社会的には非生産的なものです。リバタリアンの羊さんが支持する筋のものでしょうか?
歯がある羊 @0Liberalism
@skullsberry 不勉強につきどれ程予算が必要なのか分からないのでアレですが、受益者負担が原則である以上は政府事業として一応の正当性くらいはあるのではないでしょうか。喫煙者の多くの効用が満たされるのなら一定の公共性も認められると思います。(続
歯がある羊 @0Liberalism
@skullsberry 勿論、僕も真っ先に考えたのは「公共空間に喫煙所は作らず画一的に禁煙」というものでした。本来はこれが筋です。しかし厳格にし過ぎると、路上喫煙を犯す者が続出し、副流煙の被害や取り締まりコストなどで逆に高くつくように思ったので、今回は公共事業を支持したいです。

朝霧氏の主張「施設管理権は身体所有権に優先しない」

朝霧シオン @asasio
副流煙は各人が所有する身体に対する器物破損(肺への健康被害)をもたらす。ゆえに、自分以外誰もいない荒野のど真ん中での喫煙はOKだが、見知らぬ人が行き交う往来のど真ん中での喫煙はNGである。
朝霧シオン @asasio
私有施設内において施設管理者が喫煙OKと表示しようとも、同室の他人の同意が得られない場合、副流煙をもたらす喫煙はNGである。これは施設管理者が何と言おうが対人殺傷が基本的にNGであるのと同様である。
朝霧シオン @asasio
施設管理権を身体所有権に優先させることには賛成できない。身体所有権への侵害(手術の実施や安楽死幇助など)は一件毎に身体所有者の同意を取得するべきであり、「当施設内における殺傷は包括的にOK」の如きものはNGであると考える。

朝霧氏のツイートに対する反応

Mr.Kite @iwakura1204
道路を行き交う自動車の排気ガスは?(副流煙どころじゃないですよ) RT @asasio 副流煙は各人が所有する身体に対する器物破損(肺への健康被害)をもたらす。ゆえに、自分以外誰もいない荒野のど真ん中での喫煙はOKだが、見知らぬ人が行き交う往来のど真ん中での喫煙はNGである。
朝霧シオン @asasio
@iwakura1204 オーウ、工場からの煤煙まで含めると利害関係者は際限なく広がりますネー…。
残りを読む(114)

コメント

typeA🦑🍖 @typeA_ac 2013年10月27日
まとめを更新しました。
anacap_liberty @anacap_liberty 2013年10月27日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする