伊豆大島2013年10月28-30日調査

台風26号の大雨で元町溶岩の上が薄く(~1.5m)広く剥がれた理解は正しい。700年前の元町溶岩がこの地域の谷地形を改変した効果は大きかったが、元町溶岩の表面がすべり面になったわけではない。元町溶岩の上のテフラとレスはかなり残っているし、場所によっては崩壊がその下までも及んでいる。
HayakawaYukio 6474view 6コメント
35
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-10-28 17:29:59
    川島町長の奥さんは、医者ではないが医院に勤めていたひとだった。町長自身は塾の先生だった。以上、町のひとにインタビューした結果。やっぱり1987年に泉津であった人だと思う。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-10-28 17:32:11
    大島温泉ホテルの駐車場には、すばらしいテフラ/レス露頭がある。垂直で目の高さでたいへんわかりやすい、N1.0からN4.0まですべて見える。N3.0のなかに、神津島838の白い火山灰が挟まっている。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-10-30 19:13:41
    20年ぶりに伊豆大島に行って思ったこと。もはや観光地ではなかった。この島が観光でやっていくためには相当の工夫が必要にみえた。ジオパークではあるが、その看板を見る限り戦略を誤っているとしか言いようがなかった。とても残念だ。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-10-30 19:15:12
    カルデラ内の遊歩道を整備して、火口底をのぞけるお鉢めぐりができる。しかし、これを一般観光客にひとりでやらせるのは無理だ。東京からのツアーを組んでガイドが案内する企画をつくらなければ、ダメだ。
  • Pochipress @pochipress 2013-10-30 19:16:09
    We are Oshimans! 久しぶりのツアー堪能しました、ありがとうございます。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-10-30 19:19:02
    ガイドして説明するだけの材料は、十分にある。カルデラ、三原山、縦穴火口、そして島内と伊豆半島の遠景。これにおいしい郷土料理と温泉を足せば、1泊2日で十分に楽しんでもらえる。ジェット船往復1万5000円、1泊4食1万円、ガイドツアー4000円。合計2万9000円。

カテゴリーからまとめを探す

「ファッション」に関連するカテゴリー