クリスマスイブに殺された女性について。三浦英之記者のつぶやき。

"①三鷹の女子高生刺殺事件で21歳の容疑者が起訴された。報道されない部分も含め、近年希にみる陰鬱な事件だと思う。同種の犯罪を目にする度に思い出す事件がある。かつて事件記者だった。今日は少しだけその「忘れられた」事件について記そうと思う。"
3
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

①三鷹の女子高生刺殺事件で21歳の容疑者が起訴された。報道されない部分も含め、近年希にみる陰鬱な事件だと思う。同種の犯罪を目にする度に思い出す事件がある。かつて事件記者だった。今日は少しだけその「忘れられた」事件について記そうと思う。

2013-10-29 23:37:05
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

②その事件は新人1年目の冬に起きた。事件には「大きさ」があり、それらは常に「相対的」に決まる。新聞やテレビには枠があるから、5人の死亡事故は1人死亡の事故よりも小さくなるし、5人死亡の事故でさえ地震で多くの人が亡くなれば報道されないこともある。矛盾する、大きな命と小さな命。

2013-10-29 23:40:49
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

③「里美さん事件」は2001年2月に発覚した。ちょうどその時、宮城県内では未曽有の事件が起きていた。准看護師が患者の点滴に筋弛緩剤入れて無差別殺人を謀ったとされる「北陵クリニック事件」。無差別大量医療殺人の突風に打ち消され、事件はその悪質さにも関わらず、ほとんど注目されなかった

2013-10-29 23:48:56
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

④被害者は宮城県内で暮らしていた曵地里美さん(20歳)。成人式を楽しみにしながら、レストランでアルバイトをしていた。加害者は18~25歳までの男女8人。6日間にわたって暴行を加え、クリスマスイブに里美さんは死んだ。「もう死にたいです」という言葉を残して。

2013-10-29 23:57:16
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑤12月18日夜、犯行グループは里美さんの中学時代の先輩の女に「焼きを入れたい奴いないか」と聞いた。女は「後輩の里美。援助交際はしないという約束を破った」と噓をつき、里美さんを呼び出した。正座させ 「約束破ったべ」と顔面を殴った。8人のうち女以外の7人は里美さんとの面識はなかった

2013-10-30 00:05:29
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑥頭髪をつかんで部屋から連れ出し、4階から突き落とそうとした。悲鳴で通報されると連れ戻し、「顔の腫れが引くまで家に帰るな」と命じた。翌朝、里美さんが携帯を手にしていると顔面を拳で殴り、「親には『絡まれ、先輩に助けられた』と言え」と指示。通話後、携帯を折って外に捨てた

2013-10-30 00:12:35
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑦頭髪をつかんでベランダに連れだし、傘が折れるまで頭を殴った。ジャンケンをして顔面を殴る。車のトランクに閉じ込めてゴルフ場の裏山に運び、崖から突き落とした。四つん這いになって這い上がってくると、トランクに戻して別の場所に運び、額にタバコの火を押し当てた。悲鳴を上げると笑った

2013-10-30 00:18:12
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑧おもちゃの手錠を後ろ手にして後部座席に乗せて移動し、車の外に引きずり出して激しい暴行を加えた。暴行を終えると再びトランクに入れ、食事やカラオケに行った。真冬の夜の東北で狭いトランクに押し込められて、成人式を直前に控えた女性は一体何を考えただろう

2013-10-30 00:22:33
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑨カラオケ後、アパートに連れ込み、台所にあったフライパンを頭部に思い切り振り下ろした。気絶してけいれんを始めると「フライパンがへこんだ」。失禁したため風呂に入れ、裸にコートを羽織らせただけで無理やり外に連れ出し、またトランクに閉じ込めた。成人式のために伸ばしていた前髪を切った

2013-10-30 00:27:17
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑩灰皿で殴り、口から血が飛び散るとティッシュを詰め込んでライターで火をつけた。頰をカッターで切り、衰弱すると正座させ、誓約書を書かせて風俗店に勤めるよう要求した。「やめて」と言うと壁にぶつかるほど蹴った。里美さんは言った。「もう死にたいです」。それでもやめなかった

2013-10-30 00:32:57
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑪頰を叩いても反応がないため、死亡を確認した。「噓をついたのが悪い」と遺体にサングラスを掛けて遊んだ。警察に捕まらないよう、遺体をトランクに押し込んで山道に入り、灯油を掛けて焼いた。燃え残った遺体は引きずって斜面に落とした。クリスマスイブ。両親は娘の帰りをずっと待っていた

2013-10-30 00:36:38
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑫犯行グループは傷害致死罪などに問われ、8人のうち7人が懲役5~12年の実刑判決を受けた。一連の行為が傷害致死と呼べるものなのか、12年以下の刑期が果たして妥当と言えるのか、今の私にはわからない。なぜ13年前もの事件が今も私の心の中に根を張り続けているのか、それすらも。

2013-10-30 00:46:59
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑬両親は事件後、真実を知りたいと法廷に通い、一連の経緯を『再会の日々』(本の森社)という本にまとめている。娘に降りかかった悲劇をトレースし、文字化していく行為はどれほど精神を削っただろう。父親は出版直前に亡くなり、本は父母の連名によって出版されている。

2013-10-30 00:52:53
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑭三鷹を含め、今私たちは狂気の時代を生きている。事件から何を学ぶか。それは遠くにいない、私たちのすぐそばにいる。普通の顔をして、こちらを見ている。勇気を持って立ち向かうこと。幻想を抱かず、事実から目をそらさないこと。(終)

2013-10-30 01:01:18

コメント

鉄馬 @tetsumah 2013年10月30日
三浦記者の呟きを追加しました。
0
とげとげ @togetoge10 2013年10月30日
記者ではなく、作家とかの方が向いてるように思いました。
1
magius@MLPS @magius776 2013年10月30日
もちろんむごい事件だが、こうして物語的に表現を増やしていくから新聞記事ってのは信用できんのだよな。紙面が限られている?いくらでも削れるはずだがな
0