編集可能
2013年10月31日

Running Lean継続的デプロイについて

Running Leanの継続的デプロイについてです。 継続的デプロイとは、ソフトウェアを継続的にリリースするプラクティスです。
0
Running Lean @RunningLeanBot

継続的デプロイとは、ソフトウェアを継続的にリリースするプラクティスです。

2013-10-31 14:36:56
Running Lean @RunningLeanBot

継続的デプロイは、トヨタ流れ化をもとにしています。流れ化とは、製品をまとめて製造するのではなく、一度に1つずつ製造できるように、製造工程を再配置して生産性を向上することです。

2013-10-31 14:42:19
Running Lean @RunningLeanBot

流れ化はムダを排除します。製造における最も大きなムダは、製品を移動する運搬のムダです。

2013-10-31 14:50:05
Running Lean @RunningLeanBot

ソフトウェアにおける最も大きなムダは、次の工程の待ち時間です。つまり、実装テスト待つ時間です。この待ち時間を短縮あるいは排除することで、イテレーションが早くなります。これが成功の鍵となります。

2013-10-31 14:50:15
Running Lean @RunningLeanBot

リーンスタートアップの技法のなかでも、継続的デプロイ最も議論になるところです。よく懸念されるのは品質です。継続的デプロイカウボーイコーディング」と勘違いしているのです。

2013-10-31 14:52:39
Running Lean @RunningLeanBot

正しく実施すれば、継続的デプロイは品質を落とすことにはなりません。むしろ厳密なテストや監視が要求されます。継続的デプロイは、小規模なスタートアップだけのプラクティスではありません。

2013-10-31 14:55:37
Running Lean @RunningLeanBot

IMVU(継続的デプロイの先駆者)FlickrDiggなどの大規模な会社でも使用されています。また、ミッションクリティカルな例としては、Wealthfront社がよく引き合いに出されます。アメリカ証券取引委員会に規制された環境で、1日に十数回もデプロイしていくのです。

2013-10-31 14:58:16
Running Lean @RunningLeanBot

これらの企業は、合計すると1日に数百万のユーザーを相手にしています。洗練された継続的デプロイシステムを構築して、高い品質基準を保証しています。これが2番目の懸念につながります。

2013-10-31 15:02:23
Running Lean @RunningLeanBot

2番目の懸念とは、継続的デプロイシステムの構築が大掛かりで面倒なものと思われていることです。確かにそのとおりです。こうしたシステムは、数年がかりで少しずつ構築されてきたものです。

2013-10-31 15:06:21
Running Lean @RunningLeanBot

しかし、先ほど説明したように、継続的デプロイのプロセス学習改善のフィードバックですから、小さく始めることができます。だからこそ、今ここで紹介しています。

2013-10-31 15:11:42
Running Lean @RunningLeanBot

顧客もなく、コードも小さく、管理するサーバーも少ない今こそ、継続的デプロイの基礎を構築して実施しておけば、ローンチしたあとにイテレーションを加速できます。

2013-10-31 15:13:43
Running Lean @RunningLeanBot

継続的デプロイは本番環境に小さなバッチでデプロイします。このコードはユーザーに見せる必要はありません。これはソフトフェアのリリースマーケティングのリリース」違いです。

2013-10-31 15:13:54

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?