daijapanさん連続Tweet:【努力に必要な意思量】について

まとめました。
3
Dai Tamesue (為末大) @daijapan

おはようございます。今日は【努力に必要な意思量】について

2013-11-01 08:23:51
Dai Tamesue (為末大) @daijapan

例えば素振り1000回をすれば皆同じ努力と思っている方もいるかもしれないが、実際には1000回素振りをするのに必要な意思量が人によって全く違う。同じ努力をするのにも、意思を大量に必要にする事と、そうでない事がある。

2013-11-01 08:28:52
Dai Tamesue (為末大) @daijapan

トップ選手は4月〜8月に生まれている事が多い。子供の頃は成長が早く、例えば4月と3月ではほぼ一年分差が出る。子供の頃レベルが高い子がレギュラーになり、競技経験を積み他の子と差がついていく。仮に実際にはただお兄さんというだけでも環境が差を付けていく。

2013-11-01 08:31:56
Dai Tamesue (為末大) @daijapan

生まれ月も含め、子供の頃能力が高い子は、自分が優れている側だと認識しやすく、また成功体験も多く、自己肯定感が育まれやすい。こういう人にとっては努力は意味があるという意識になりやすく、そうでない人と同じ努力をするにも必要な意思量が少ないように私は思う。

2013-11-01 08:35:20
Dai Tamesue (為末大) @daijapan

私は陸上が好きだった。中学校の頃グラウンドで夢中で走っていたら、同級生のお母さんが通りかかって”いつも努力して立派ね”と話しかけてきた。ふとその時、僕の夢中の状態が努力に見える人もいるんだなと思った。

2013-11-01 08:38:02
Dai Tamesue (為末大) @daijapan

100mを10回走るのにも、人によって必要な意思量が違う。努力ができないと言われている人が大量の意思量を消費している事もある。中には他人から見ての努力自体から喜びを感じ、意思量が回復する時すらあって、アウトプットからは内的努力感はわからない。

2013-11-01 08:41:46
Dai Tamesue (為末大) @daijapan

【終わり】体の体力は考えても、心の体力を計算する人は少ない。人間の意思量には限界があり、無理矢理使えば尽きるというのが僕が現役時代に学んだ事。少ない意思量で大きな努力が出来る場所を選ぶ事がまず大きいように私は思う。

2013-11-01 08:48:38