企画展「室町・戦国時代の大和」@神奈川県大和市つる舞の里歴史資料館

10/25-12/8まで開催中の神奈川県大和市つる舞の里歴史資料館で開催中の企画展「室町・戦国時代の大和」の見どころ、アクセス方法などをまとめたぞ。2013秋の書状展のおさらい、観応の擾乱、深見城ジオラマなど見どころ多しだ!
2

企画展「室町・戦国の大和」

@神奈川県大和市つる舞の里歴史資料館

俺様・上杉定正様が守護をつとめていた相模国の大和市で、
企画展「室町・戦国時代の大和」が開かれたぞ。
俺様は登場しないけれど(笑)観応の擾乱から戦国、江戸時代に至る相模の地の歴史を紐解く興味深い展示だった。

扇谷上杉定正 @sadamasa_bot

企画展室町・戦国時代の大和」大変に面白かった。無料ながら充実の内容、特に秋の書状系企画展のおさらいにもなるな! http://t.co/dS2SaLxdbY

2013-11-01 19:13:16
拡大
扇谷上杉定正 @sadamasa_bot

さてと、行ってきた展示の報告でもするか。相模守護らしく、相模国の大和市(神奈川県)つる舞の里歴史資料館さんだ! http://t.co/MRHjxjs8Dk

2013-11-01 19:10:52
拡大

近世期以前の大和市域の様子については文献資料がほとんど残っていないため、断片的にしかうかがい知ることができません。
しかしながら、室町幕府を開いた足利尊氏と弟の直義らが境川沿いの絃間(鶴間)郷、深見郷、和田郷を領有し、戦国時には小田原北条氏の支配下におかれたほか、福田郷へ移住し土着した人々の伝承があります。
 今年度の企画展では、鎌倉道周辺で発見された板碑などの塔、深見城などの中世城館祉の発掘成果、福田に土着した人々の伝承、深見村領主坂本氏などについて、中世から近世初めにかけての大和市域を紹介します。

秋の書状展のおさらいからだ!

扇谷上杉定正 @sadamasa_bot

まず目を引くのが、江戸時代初期大和市深見に知行された坂本氏宛の幾つかの書状だ。展示期間が長いため、保存を優先して複製だが、個人蔵で珍しい書状ゆえ、俺様は一見の価値は有ると思う。武田(勝頼)→(後北条氏)→徳川(家康・秀忠)への仕官、花押から朱印状への変遷が伺えるぞ。

2013-11-01 19:21:21
扇谷上杉定正 @sadamasa_bot

また、本物の書状としては、福田九人衆、という大和市を開拓した九氏族の一人田辺氏の家系譜が興味深い。秋の書状系企画展行っておいて良かったー!お、これは折り紙だ!これには花押がこの位置にあるぞ!これはこんな折り方したんだな!って楽しめる(笑)

2013-11-01 19:26:11
扇谷上杉定正 @sadamasa_bot

で、……秋の企画展の裏テーマの様な気がしてならないのが、観応の擾乱。足利尊氏・直義御兄弟の展示が、大和のつる舞の里歴史資料館でも大きく取り上げられている。尊氏殿の袖判下文……(相変わらず恐れながら親しみ深い筆致)も目を引くが。御兄弟の所領目録が大変に興味深い。

2013-11-01 19:30:19
扇谷上杉定正 @sadamasa_bot

当館の有る鶴間郷を賜ったのは、弟、足利直義殿だ。この方の官途は左馬頭で、実はサバ神社の多い境川沿いなんだよな……その後、鎌倉府の頭目たる鎌倉公方足利基氏殿も左馬頭の筈だし。サバづいてるお土地柄では有る。

2013-11-01 19:33:59
扇谷上杉定正 @sadamasa_bot

ちょっと脱線したが、御兄弟が賜った土地は、のちの室町関東でもよく出てくる地名が多い。後に親父が賜り俺様が館を構えた糟屋庄(伊勢原市、家宰道灌最期の地だな)や、享徳の乱で千葉の下総を追われた武蔵千葉氏の拠点赤塚郷などが散見される。「あー!ここ!ここ知ってるー!」的なアレな(笑)

2013-11-01 19:37:38
扇谷上杉定正 @sadamasa_bot

板碑の展示もなかなかだ。板碑《いたび》ってアレな。薄っぺらい先が尖った、梵字なんかが刻まれてる道祖神的なアレだ。実は板碑自体は古い習慣ではなく、南北朝期くらいから発生したらしい。緑泥片岩で、雲母の親戚なので、スパッと板状に割り出せるんだな。便利な素材ってことで流行したらしい

2013-11-01 19:40:58
扇谷上杉定正 @sadamasa_bot

最後は、深見城ジオラマだけど、ここは城郭担当の伊玄おじいちゃん @kageharu_bot がそのうち呟いてくれると思うんで、任せてメシ食ってくるわ。じゃ、また後ほど!

2013-11-01 19:42:52

深見城ジオラマ~

 伊玄おじいちゃんの城郭講座

長尾景春bot(更新休止) @kageharu_bot

さてさて、定正に丸投げされた、深見城ジオラマ@大和市つる舞の里歴史資料館の企画展「室町・戦国の大和」について少々見所などをお話ししますかの。企画展詳細は定正のツイートを参照しておくれ。

2013-11-01 21:53:05
長尾景春bot(更新休止) @kageharu_bot

無料パンフの表紙、これは展示されておる、大和市深見城ジオラマじゃな http://t.co/R4EDqhDTx6

2013-11-01 22:00:29
拡大
長尾景春bot(更新休止) @kageharu_bot

おお、展示ポスターがカラーでジオラマを載せておった http://t.co/k9tHlqXWgM

2013-11-01 22:55:39
拡大
長尾景春bot(更新休止) @kageharu_bot

現在の神奈川県大和市の深見神社に比定される、深見城ジオラマに、少し書き込みをしてみましたのじゃ。【おじいちゃんの城郭用語】でも時々話題に出してる用語がちらほら。境川が天然の水堀になっている他は、ほぼ空堀じゃな。 http://t.co/VftDqMqvfF

2013-11-01 22:14:43
拡大
長尾景春bot(更新休止) @kageharu_bot

江戸時代の記録では、1400年代の山田氏が城主であろうと比定しておるが、館の説明ではそれでは発掘年代などが会わず、1500年代の後北条氏関連の城郭であろうとのこと。確かに後北条氏の城郭の特徴角馬出《かくうまだし》(大きな曲輪を出たすぐに作られる小型の角形曲輪)が見られるのじゃ

2013-11-01 22:19:09
長尾景春bot(更新休止) @kageharu_bot

無論、つる舞の里歴史資料館では丁寧な城郭用語の解説が付いており、予備知識不要で楽しめるようになっておるぞ。安心して訪れておくれ。

2013-11-01 22:20:33

余談

扇谷上杉定正 @sadamasa_bot

そうそう、今日の「室町・戦国の大和」展でも登場した福田九人衆にはこんな民話もあるぞ。実は大和市には源義経殿の財宝埋蔵伝説もあるらしいな。 http://t.co/piaRroHxCG

2013-11-01 22:34:27
扇谷上杉定正 @sadamasa_bot

そうそう、つきみ野自体、古代の遺跡も多いらしい。いつか常設展も行ってみようかな。これは駅近くの案内看板だ。 http://t.co/2Gj7It4Or2

2013-11-01 22:42:51
拡大
残りを読む(5)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?