Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2013年11月2日

ピーター・ワッツ『ブラインドサイト』

・『SFが読みたい!』ベストSF2013海外編 第二位!! http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488746018(上巻へのリンクです) 「テッド・チャン推薦、「意識」の価値を問う次世代ハードSF!」
3
黒田編集 @krdchh

ブラインドサイト、挫折しそうだ。

2014-02-27 12:17:45
アヒル・カスパー @bibduck

あ、そうだ。『ブラインドサイト』ピーターワッツ読み終わりました。正直言うと…よくわからなかった…

2014-02-27 00:56:15
おくだたかあき @earo_x

ブラインドサイト、読み終わった。面白かったけど、あまり理解できてない感じ。

2014-02-27 00:52:23
ワタヴェのしたたり @watavve

サルベージ以降のカミナギの性別を男にしたのが『ブラインドサイト』の主人公なんだよなあ。#違う

2014-02-26 23:24:52
糸田屯 @camelletgo

ピーター・ワッツ『ブラインドサイト』の上巻でJETHRO TULLの"Occasional Demons"が引用されているのは言ったけど、下巻で"Reasons For Waiting"も引用されてるのは言ってなかったな。http://t.co/WOqZ2UoYOj

2014-02-26 21:58:51
拡大
a nanny mouse @anannymouse

ハイペリオンの2冊はエンディミオンを読んで評価が下がっちゃったな。フレッド・ポールはすごく入れたいけどさすがに外れるか。ちなみに2000年以降はペルディードとブラインドサイトで決まり。イーガンはディアスポラで。ラマとのランデブーを入れるとほぼ決まっちゃうじゃないか。

2014-02-25 21:18:17
すずきたけし @takesh_s

「SFマガジン」4月号に「ブラインドサイト」のピーター・ワッツの短篇が。その名も「遊星からの物体Xの回想」 なんと物体X視点の物語!!

2014-02-25 17:51:48
らっぱ亭 @RappaTei

『パラークシの記憶』はハロサマと併せて必読の名作なんだけど…原書で読んでて翻訳は積んでるんだよなあ。2作でた石川博品も押したいところだがSFかどうか。うーん。『言語都市』『ブラインドサイト』も悪くないけど。うーん、うーん。

2014-02-24 23:21:10
厘時 @rinjiy2j

ピーター・ワッツ『ブラインドサイト』読んだ。ガチな宇宙船で吸血鬼に率いられたチームがファーストコンタクトって、どんな菊地秀行ハードSFですか(多重人格もいるしね)。ハッタリも効いていて面白いけど、意識とは?、という主題が考察として刺激あるけどドラマとして活かしきれてなかった印象。

2014-02-24 13:34:57
よだみな @yodamina

中でも、知性は人間の10倍高く、多重世界を同時に見ることができ、過去形を使わず、人間を獲物のような目をし、肉食動物のような身のこなしをする吸血鬼がすてき。もっと活躍してほしかったのであった。もっとキャラクター小説よりだったらよかったのにと思ったのであった。

2014-02-24 10:39:41
よだみな @yodamina

『ブラインドサイト』読んだ。テッド・チャンによれば、ハードSFで武装して「意識」を語るSF。わたしのようなものにはわからない言葉がたくさん出てくるのだが、それでも楽しく読める。登場人物が脳の半分を失い、その半分を外部とつながった主人公や四重人学の言語学者などいるのだが、(つづく)

2014-02-24 10:38:21
黒田編集 @krdchh

ブラインドサイト、読むぞー読むぞー読むぞー!!

2014-02-24 00:56:31
Yuji Ishikawa @yuji_iskwrt

「ブラインドサイト」の本当のヤバさが発揮されるのは、本編を読み終えた後の巻末資料とテッド・チャンの解説。

2014-02-23 18:00:33
Yuji Ishikawa @yuji_iskwrt

[read] ピーター・ワッツ「ブラインドサイト」これは理解不能の極致。登場人物(いや、人か怪しいものが半分くらいいるが)のほとんどが常人の共感・理解を完全に逸脱してる。意識にまつわる思考実験とはいえ、これはK点超えてますな。

2014-02-23 17:58:30
半可通 @hankatsuu

「SFが読みたい!2014」海外1~10位のうち読んだのは『ブラインドサイト』『言語都市』『宙の地図』だけ。国内はかろうじて『ヨハネスブルグの天使たち』を読みかけ。

2014-02-22 21:44:25
糸田屯 @camelletgo

ピーター・ワッツ『ブラインドサイト』下巻、読むには読んだ。書きたいことはわかるけどやっぱりどうにもノレない。再トライ案件だなあ。テッド・チャンの解説も「書いてあることには同意出来ないけど一読をオススメ」という玉虫色な書き口なのがまた。でもこの解説は氏の見解も含めて凄く良かった。

2014-02-22 20:37:02
たろー @hanpa64

「ブラインド・サイト」は正直あまり好みではなかったのだよな。チャイナ・ミエヴィルは安定。「宙の地図」は前編と合わせて本当に面白かった。 『SFが読みたい! 2014年版』発売&ベストSF2013発表! http://t.co/Oh2KYPHibK

2014-02-22 20:19:36
糸田屯 @camelletgo

【ブラインドサイト<下> (創元SF文庫)/ピーター ワッツ】を読んだ本に追加 →http://t.co/VsJBtE0lvB #bookmeter

2014-02-22 20:11:02
メグリム・ハルヨ @megrim_haruyo

結局なにをエンターテインメントと認識するかはひとによるのであって、わたしはワッツの『ブラインドサイト』はエンターテインメントだと思ったけど人によってはそうではないわけで、もうこれはワンダーテインメントはかせを呼ぶしか

2014-02-20 20:41:33
糸田屯 @camelletgo

ピーター・ワッツの『ブラインドサイト』、クッソ難儀なファーストコンタクトものやのうホント。上巻だけ読んだけど超絶しんどい。でもJETHRO TULLの"Occasional Demons"の歌詞が引用されててちょっとオッとなった。http://t.co/OwjuJBnJxI

2014-02-20 20:18:11
拡大
糸田屯 @camelletgo

【ブラインドサイト<上> (創元SF文庫)/ピーター ワッツ】を読んだ本に追加 →http://t.co/WP7VPUMGLX #bookmeter

2014-02-20 20:04:31
choke @choke6919

巻末のあとがき読んで更に驚いたのは伊藤計畫のハーモニーが英訳化されてブラインドサイトと比較されているということ。 ほんとに惜しい人を亡くした。。

2014-02-20 01:15:36
choke @choke6919

ブラインドサイト、読了。いくつかの賞の候補作と聞いてよんだが、いやはや難しかった。 巻末のあとがきをよんでこれが意志をテーマにしたSFと気づいた程に。

2014-02-20 01:14:05
都留泰作(Daisaku Tsuru) @dtsuru

ハイエース。大きすぎ。ほとんどSF。 「ブラインドサイト」SFが読みたい二位だったのね。けっこうみんな読んでいるのね。僕が知らなさすぎ?

2014-02-19 09:16:29
残りを読む(554)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?