勝手に原稿に手をいれる編集者

なんでそんなことするの? 編集者側からの反論をお待ちしておりますm(_ _)m (主だった反応はまとめに追記してあります)
114
豊崎由美≒とんちゃん @toyozakishatyou

編集者に対しての「勝手に原稿に手を入れないでほしい」「PDFだけを送りつけてこないでほしい」「仕事を依頼してくる時には原稿料を明記してほしい」という要望は、ツイッターを始めて4年間で10回以上TL上で話題になってると思う。いつか、こんなことを呟かなくていい日がくることを夢想。

2013-11-02 13:07:04
鈴木真人 @manacchina

2か月前の仕事で、校正どころか何も連絡してきやがらないのがあったことを思い出しました。もうとっくに活字になっているはず。>RT

2013-11-02 13:20:08
堂本かおる @nybct

(続き)「ノーギャラ仕事は打診時にそう言え」も追加したいところです。@toyozakishatyou 編集者に対しての「勝手に原稿に手を入れないでほしい」//「仕事を依頼してくる時には原稿料を明記してほしい」という要望は、ツイッターを始めて4年間で10回以上TL上で話題になってる

2013-11-02 13:43:40
アニメ演出家・西村大樹さんの場合
西村大樹 @taiki_nishimura

社会派実写映画の監督を目指してたのが、なぜかアニメ演出の仕事がメインに。近年のアニメ演出作品に『遊戯王SEVENS』『七つの大罪』『私、能力は平均値でって言ったよね!』『YU-NO』など。アイドル・政治・映画・エロツイート多し。現在、初実写作品『おっさんず・ぶるーす』を準備中!仕事の相談はinfo@mfy.jpへ。

mfy.jp

西村大樹 @taiki_nishimura

「○○について書いて下さい」と署名原稿で依頼を受けた。が、掲載された原稿は無許可で直されまくり、挙げ句の果てにラストの結論も変わっていた。怒りに震え編集に電話すると、「主観的な原稿だったので直したと。ちょっと待てよ!https://t.co/SyXINbiiOA →

2013-11-02 13:18:59
西村大樹 @taiki_nishimura

原稿は締め切り前に送っていた。もし、原稿に不満があったらその点を伝えて著者に修正されるべき。この記事は自分の名前が載る署名原稿である。以来は、「マンガ・アニメ周辺の出来事を、西村さん視点で論じて欲しい」というもの。主観になるのは当たり前。そしてなにより、大問題が →

2013-11-02 13:22:40
西村大樹 @taiki_nishimura

自分に一切の連絡もなく、自分のこの件に関する思いや考え、そこから導き出した結論が自分の考えとは違う物になっている。激怒して話すと「客観的視点がないとダメです」と。まて、勝手に書きお前が直した原稿は、お前の視点が入っただけで、客観的文章じゃないぞ!

2013-11-02 13:25:56
西村大樹 @taiki_nishimura

一つの事柄を論じる際、例えその事態が起きた場にいたとしても、見る場所やその人の人生、社会的立場によって「それぞれの事実」が生まれる。ライターとして文章を書くとき、特に署名原稿で「西村さん視点のもの」とお願いしたくせに、なんなんだよ!

2013-11-02 13:28:54
西村大樹 @taiki_nishimura

しばらく言い合いをしたが、編集者は自分の行為の正しさを、書いた本人に修正依頼すらせずに、自分で自分の意見を書き込み結論を変えてしまった。が、署名は自分の名前。その後、「お前は変わった」と何件かメールが。縁切りましたよ、こんな原稿を無断で直す編集のいるところとは!

2013-11-02 13:32:11
西村大樹 @taiki_nishimura

編集者の皆さん、自分の担当は大丈夫ですが、著者の了解もなく、例え語尾だけでも、慣用句一つでも、句読点の位置も、絶対に直さないで欲しい。おかしいと感じたら、その点を書き出し著者に戻して欲しい。自分の名前で世に出る文章に、自分以外の手が無断で入るのは屈辱的で許せないことなんだよ。

2013-11-02 13:38:57
西村大樹 @taiki_nishimura

署名でも報道の記事ならいくつかの視点を記事に書く。それを伝えるのが報道だから。でも、署名の入るコラム原稿で「もっと客観的に書いて!」というのはなぁ。コラムって自分の視点を伝えて、笑わせたり感心させたりするものじゃないの?それを編集が自分の思いに結論を書き直すなんて、最低だったよ!

2013-11-02 13:43:18
おまけ
西村大樹 @taiki_nishimura

そういや、大手出版社で情報誌の編集者がリストラに遭い、弱小何でも屋的編プロに入り、オタクで同人誌作った経験をかわれエロ漫画誌を腕試しに1号任されたら、なんとネームを勝手に変え、他人の原稿を勝手に漫画家名義で描き始め、別の上がりも直し始め……気づいた社長が即刻クビにしてたな。

2013-11-02 13:54:23
西村大樹 @taiki_nishimura

先のツイートの勝手に原稿を書き直していた編集者、弱小編プロに移ってから2冊ほどオタク向けムック本を作っていたが、なぜか巻頭に自分の「これで業界を変えるんだ!」的熱いメッセージと、直筆署名を両方に載せていたな。『劇画アリス』時代の亀和田武でも目指していたのか?色白小太り眼鏡なのに!

2013-11-02 13:58:20
西村大樹 @taiki_nishimura

原稿描き直し、亀和田武を夢みる編集者は、なにを考えてか「エロゲーを作る!」と言い出して編プロで全部外注で作っちゃったんですよ。シナリオを無理矢理書かされたのですが、企画からプロット、シナリオ完パケまででギャラはたったの10万。監督はその編集なんだけれど、指示出しが酷いのよ……→

2013-11-02 14:03:30
西村大樹 @taiki_nishimura

→シナリオの自分には「『ジョジョの奇妙な冒険』のような感じで。メイドさんとネコミミも出してね」原画には「○○○さん(某エロ漫画家)のような絵で」音楽には「『エヴァンゲリオン』のような曲」これ、発注の仕方として失礼極まりないし、監督の中になんにもないと言っているようなもの。→

2013-11-02 14:06:41
西村大樹 @taiki_nishimura

→そしてここでも、キャラデザ兼原画が描くことが当然の原画を、自分で描き始めたという!それがド下手!あれのシナリオもすべて変わっていて、それで面白ければいいのに詰まらなくなっている!挙げ句に、ギャラ未払いでトンズラ!あの某大手出版社、リストラではなくクビになってたんじゃないのか?

2013-11-02 14:10:20
西村大樹 @taiki_nishimura

オチ。その編プロ自体、月刊エロ漫画誌一つと、たまに企業のパンフやムック本の編集をしていたが、社長(この人はやり手編集)とバカの二人だけで。ゲームでも過度な介入を舌とついにキレて会社をクビに。数年前の情報では、道路整備の会社ではたらしいているとか。

2013-11-02 14:14:50
西村大樹 @taiki_nishimura

オチ2。やり手編集でもある社長一人で月間エロ漫画一誌とムック本数冊を死にもの狂いで作っていたが、エロ漫画は版元に召し上げられ、ムックはシリーズが休刊し、ついに編プロ自体が潰れた。社長は現在、某出版社の営業マンに。会社があったビルが近所で、前を通る度に「ギャラ払え!」と叫びたくなる

2013-11-02 14:21:28
追記:まとめをうけての反応から
鳥山仁 @toriyamazine

作家+編集者です。5月4日に『純粋娯楽創作理論 第三章・全体構成とリアクション』を頒布予定でしたが、コミケ中止のため代替手段を模索中です。

toriyamazine.blog100.fc2.com

鳥山仁 @toriyamazine

勝手に原稿に手をいれる編集者 http://t.co/GvXtfDH3S3 (1)私は典型的な原稿の書き直しをする派なんですが、まず作家から著者校正権を取り上げないでやるのはだまし討ちなので反対です。で、このだまし討ちをやる編集者が大手出版社に多いのも実体験から……

2013-11-03 02:27:01
鳥山仁 @toriyamazine

(2)……からよく知っています。というか、私自身が3回ほどやられたことがありますし(笑) で、作家の原稿を直す理由ですが、1.文章または話が酷すぎる。 2.作家が規定の文字数が書けずにノックダウン。 3.事実関連が嘘まみれで主観と客観の区別が付いていない。 の順番が多いです。

2013-11-03 02:30:23
鳥山仁 @toriyamazine

(3)1の場合は修正案を作家に提示してそれを受け入れたら校閲、受け入れない場合はあらたに文章の書き直しを要求、ストーリーが酷い場合は話全体の修正要求して出来なければ没、2の場合はスケジュール通りに書けない事を本人に確認し、著者校正権を取り上げて私が加筆、3の場合は……

2013-11-03 02:32:36
残りを読む(54)

コメント

冷たい熱湯 @Tuny1028 2013年11月2日
署名原稿に他人が無断で手を入れたら、それはもう偽物じゃね?
6
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年11月2日
西村大樹さんの話には、常に別の人間の複数証言が必要です。
11
とげとげ @togetoge10 2013年11月2日
ついったで愚痴るより、編集長なりの責任者に正式に申し入れるべき事例のような気がします。
8
狐謡 @Towa_towa_to 2013年11月2日
これは法的手段に訴えるなりなんなりしていかないとどうしようもない気が。勝手に変えられたのなら、変えられたことをもっと世に知らしめる手段が重要になってくる。体質を変えたいなら、それを判断する第三の目を作っていかないと改善には至らない。読者にも伝わる仕組みがあれば、編集だって下手は打てなくなるが、現状はどうにも判断が付かないし。作者の扱いが悪いって事は、なんとなくだが解るんだけどな。
1
DenDen @DenDen39248459 2013年11月2日
平井和正の狼男だよ改竄事件から全然変わってないのね。
2
重-オモ- @__oMo__ 2013年11月2日
おかしな編集者に当たってしまった希少な例なのか、日常的に・一般的に・大部分の編集者が行うことなのかは知りたい
4
magius@MLPS @magius776 2013年11月2日
潰れた会社の名前すら出さんのは不思議だな
1
水原秀策 @sicilian_ 2013年11月3日
編集長なりの責任者に申し入れて、それで収まるのなら苦労はしない。また法的手段に訴えたとしてそれで何が得られる? 大半の作家は僕も含めて出版社に対する出入り業者なんだから。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年11月3日
__oMo__ 普通の編集者がおかしなライターにデマ流されているだけの可能性のほうが、過去のこの人のテキスト分析すると高いと思います 「おかしな編集者に当たってしまった希少な例なのか」
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年11月3日
俺が編集者だったら「編集者に対しての」は「編集者に対する」という形に勝手に手を入れるかもしれない 「編集者に対しての「勝手に原稿に手を入れないでほしい」「PDFだけを送りつけてこないでほしい」「仕事を依頼してくる時には原稿料を明記してほしい」という要望は」
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年11月3日
あと、「いつか、こんなことを呟かなくていい日がくることを夢想」は「こと」が重なっていて気になるので、なんとかしたいんですが、豊崎由美さんはプロなんで、原稿は自分で直すでしょうね。
1
ざの人 @zairo21 2013年11月3日
作家が ホントは編集者と改編で打ち合わせしているのに 作家がそれを理解していないで 「勝手に改変した」というケースもあるかもしれないしなあ、タイムスタンプがしっかり証明できる写真として 編集者と作家が高画質ハイビジョンカメラの前か 1枚1枚両者原稿をもってたち、写真に写し~ でもしないと 整合性が取れない気もする。
1
ざの人 @zairo21 2013年11月3日
最終決定のサインのあるものを作家と編集者が確認したあと、その姿を写真にとる。 ってことでもいいかもしれないけど、でも 編集と作家の間にはそういうことをしなくても信頼出来る関係で出版業界は成り立っているんじゃないか?とも思うんだけど 違ってたの?って話だな。
0
ざの人 @zairo21 2013年11月3日
最終決定のサインのあるものを作家と編集者が確認したあと で 更に編集者が変更してしまったらどうしようもないけど、でもこういう話は疑いだしたらきりがないしねえ
0
ざの人 @zairo21 2013年11月3日
じゃあ予め 作家は自分の原稿を パスワードかけてサイトにアップしておき、問題が起きた時に公開するという契約を締結しておき、編集者にもパスワードは教えて(ダウンロードは出来てもサイトののデーターは削除はできない) 確認してもらった上で 実際問題起きたら パスワードを世間に公開して検証してもらう。て形なら証明できるかな? まあそこまでして 原稿を作家に依頼するところってそうないと思うし 原稿が改変されるのは 売れない作家だけだと思うけど。
0
ざの人 @zairo21 2013年11月3日
実際 出版社が作家に拝み倒して 書いてもらう原稿ならば 出版社も丁重に扱うと思うから(苦笑
0
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2013年11月3日
まとめを受けての反応を追記しました。
0
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2013年11月3日
このまとめに書かれた事例には不正確な部分もあるかもしれませんが、このまとめを読んだ上で「自分も同様の経験がある」的な反応をしている方も何人かいらっしゃいましたよ。
4
goyaP @goyaP 2013年11月3日
文章特有の問題なのかなぁ?絵方面で同様のコトやったら、改竄では済まされないような。
4
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2013年11月3日
著者が読んで「俺はこんな事書いてないし、文意もねじ曲がってる!」となる事態は、編集者から「こんな糞原稿は没だ、いい加減にしろ!」と面罵されるよりもヒドイ事じゃねーかな。
10
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2013年11月3日
譲渡不能の著作者人格権を泥靴で踏んでる訳でなぁ。
5
なっとうすぱ @nattosupa 2013年11月3日
その文章が魔方陣で悪魔を降臨させてしまおうが手を入れちゃあいけないんだよ。「文句があるので書き直しました。嫌ならもっと良い文章にして下さい」と思っちゃう前に「そんなお才能様スキルを結局生かせるポジションに置けなかった」己を悔やみ生きてゆきましょう。。。。と思う気持ちを呑み込みますはい。
0
kartis56 @kartis56 2013年11月3日
こういうまとめ見るのって二度目か三度目くらいなんだけど、そのたびに編集者って倫理観ないんだなぁと思う。
2
偽教授 @tantankyukyu 2013年11月3日
答えは簡単です。バカが編集者やってるからです。
1
白墨 @amanilo_ 2013年11月3日
この件が該当するかは分からないけど、会社員という守られた立場をキープしつつ、創作側にも足を起きたいという編集者さんに、極たまーーに会いますね。 校正や編集ではなく、著作の部分に踏み込もうとしちゃう。
2
ペペロンチーヌ@闘魂こめて @peperon227 2013年11月3日
原稿料も印税も最初か早い段階で提示します。また、小説はともかく、記事原稿でしたら直す以上は当然連絡をしますし、「ここはこうしませんか?」と提案・相談もします。つか、きちんとオーダーと原稿の意図を理解して、直さないでいいような原稿を最初から書いてほしいんですよね。しかも締め切りギリギリで出してきてるんだから。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年11月3日
こういう話が出るたびに、クリエイターのストレスの大きさ(ひどさ)と、編集者の倫理観(グチを公の場でこぼさないこと)に感心します。
6
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年11月3日
たいていの人の「こんな目に会いました」ネタは、「お前の目から見ればそうなんだろうが、それは真実とは限らないよね?」って感じで見てます。バイク屋にひどい目に会った話とかいろいろある。
3
がちゃ @GacHaPR1Us 2013年11月3日
作家と編集者はなーなーじゃダメだよな。商品作ってるんだから喧嘩腰でやんなきゃ
0
山口優(6/27 オモイカネ杯ありがとうございました) @Yu_Yamaguchi_ 2013年11月3日
GacHaPR1Us 「売れるもの」VS「書きたいテーマ」という最終的なゴールの齟齬はありつつ、いろいろとやりとりして発展的な議論になればいいなと思ってます。
0
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2013年11月4日
まとめに同じような経験のある人たちの反応を追記しました。
0
夢乃むえ💮The Ghost in the Doll発売中 @yumemue 2013年11月4日
全ての編集者に問題があるかのように誤解されては困るので補足させていただきますが、本当にごく一部です。それは出版業界にかぎらず多種多様の人が集まれば必ず生じる話ですし大半に問題があるのなら業界自体が成り立たなくなるわけですから。
4
kartis56 @kartis56 2013年11月7日
そういわれても、このまとめから一週間ただずにこれだもんなぁ。やっぱり倫理観とかそういうところがおかしい人多いように思えるよ。 http://togetter.com/li/586982
1
kartis56 @kartis56 2013年11月7日
そりゃ全員がそうであるということはないだろうけどさ。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年11月7日
このまとめから1週間で、本は1000点出てるんですが…。
2
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2013年11月7日
せっかくなので、目についた意見をかたっぱしからまとめにさらに追記(追記3)しました。編集者よりの意見もあります。
0
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2013年11月9日
興味深い反応が増えていたので、さらに追記(追記4)しました。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2015年5月1日
誰の差し金が入ってるんだ
0
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2015年5月2日
人ごとに事実あり。 あと、法は必ずしも万能じゃあないので、法を持ち出すのもケースバイケースで。よほどひどい場合とか、相手が結構「きちっとしている可能性が高い」相手。
0
下山嘉彦/渋谷区 @yshimoyama 2015年9月17日
編プロ時代、ある雑誌の原稿を頼んでた学校の先生がひどく神経質で、てにをはレベルの修正さえ認めなかったっけ。単純に間違ってたし、読点の使い方もひどいものだったけど、版元が「とにかくそのままで通せ」というので文字校すらやめたっけ。ライター時代、後割りで原稿先行の雑誌が字数合わせでちょこちょこ手を入れられたっけ。ライターは書きっぱなしで著者校もなしだったけど、まだあの体制でやってるのかなぁ。
1
平目戦車 @turbot_tank 2016年10月26日
講談社がどういうつもりで人の原稿に手を入れてるかは『僕はパパを殺すことに決めた』事件報告書にちょうくわしく書かれてますよ http://www.kodansha.co.jp/upload/pr.kodansha.co.jp/files/pdf/report.pdf
0