カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

海から見る福島第一原発

いわき市民有志の方々が2013年11月3日行った福島第一原子力発電所沖1.5㎞の空間線量&海水調査をめぐるつぶやきを集めました。冬は船を出すのが難しいため次回調査は来年になるとのことですが、今後も随時情報を追加して行きたいと思います。 12/8 いわき海洋調べ隊「うみラボ」発足 http://bit.ly/1bSWAr3 ブログには各種海洋調査データへのリンクもあります
科学 民間人 海洋汚染 地震 調査 福島第一原発 海水 地形 空間線量率 津波
187

その1

荻上チキ @torakare
今日は、いわき市民有志の方々が行った試験調査を取材。船を出し、福島第一原子力沖1.5㎞の空間線量&海水調査を行っていた。写真は海から見た福一。 http://t.co/R6JAQsn2YL
 拡大
柳瀬徹 @cockeye246
前RT 僕も同行しました。GPSだとこれくらいの位置でした。 http://t.co/KeUj2I51yd
 拡大
荻上チキ @torakare
政府でも東電でもない主体でどこまで調査が出来るか、を探る意味を含めての試験調査とのこと。まだ団体の名前もない。こうした試みが、今後どうなるか。注目したい。

その2

小松 理虔 @riken_komatsu
原発そばの海の状況ってどうなってんの? 海水の汚染はどんな具合なの? 政府の情報や東電発表にすべてを任せずに、民間人でどこまで肉薄できるのか、実際にやってみっぺ、ということで、福島第一原発まで1.5kmの海域まで行ってきました。 http://t.co/YhFDlf1H5J
 拡大
小松 理虔 @riken_komatsu
ちょっと引きで撮影した福島第一原子力発電所。これで沖合2kmくらい。写真左の丘のうえに、汚染水を貯蔵するタンクがたくさん見えます。空間線量は0.07μSv/h〜0.1μSv/hくらいでした。かなり低い値でした。 http://t.co/KQ25ySZ372
 拡大
小松 理虔 @riken_komatsu
写真右から白く新しい外壁が1号機、水色の外壁(これは事故前のもの)が2号機、建屋の外壁が見えないのが3号機、4号機は黒い鉄骨が見えました。1〜4の数字も見えます。 http://t.co/MvPOM1mk3d
 拡大
小松 理虔 @riken_komatsu
実際に見るまでは、テレビで報道されたような地獄絵図が広がっているのかとちょっと思ってましたが、海側は想像以上にきれいに修復されていたこと、そして空間線量が低かったこと、そこがまず印象的でした。
小松 理虔 @riken_komatsu
テレビで見るのと、実際に見るのでは全然違いました。特に周囲の「地形」とかを含めて見えるのが。原発、やたらに低いところにできてるな、もう少し高い丘の上に立てられていたらどうだったんだろうとか、考えてしまいました。 http://t.co/evZy0OGlKi
 拡大
Katie-Keiko @keikob0c
@riken_komatsu 昔、あそこは35mくらいの台地で、コスト削減のためにわざわざ削って下に作ったんですよ。 原発冷却する水を引き上げるためにも電力使いますからね。
Katie-Keiko @keikob0c
@riken_komatsu じいちゃん達の話によると、WW2中は飛行場だったらしいです。そこの地主さんが東電に売却してできたのが原発。稼働は40年でしたが建設に10年くらいかかっているそうです。つまり中年なのですっ!
Katie-Keiko @keikob0c
@riken_komatsu とまぁ、大熊町や双葉町のじいさんばあさんに昔の話を聞くと面白いですよ。色々教えてくれます。
はなしあわない @hanashiawanai
@riken_komatsu @kentarotakahash 器材を組み立てる際に、器材を海から引き上げるために、高さを削ったそうです by烏賀陽弘道 「ヒロシマからフクシマヘ 原発をめぐる不思議な旅」
きな @akubikinako
@riken_komatsu 当時日本に技術がなく、GEから設計図ごと丸輸入したので設計変更に膨大な費用を請求されるため、設計図通りに機能させるために地盤をわざわざ削ったのです。津波の危険に耳を貸さなかった政治家を含め、人災です。 http://t.co/7Pxtlb3zpu
小松 理虔 @riken_komatsu
@akubikinako これですねえ、ほんと、となりの丘の上にあったら大丈夫だったんじゃね?って思いますよ。なんでこんなに海のそばなんだよと。細いながらも何本か川も流れてましてね、地下を流れている水はいかほどだろうと。
ひよこ屋_再襲撃 @hiyopper
福一周辺は元々添付されている左風景の高さ30メートル前後の断崖が連続していた地域です。30メートルの高さではGE プラントがアメリカ河川域仕様だったので冷却水ポンプが使用出来ない為に20メートル前後削って建設されたのです。@riken_komatsu
フリーフリッカー @Fleaflicker80
@riken_komatsu @akubikinako そう思うのは分かりますが、5・6号機は非常用発電機の一つが高台にあって、それでしのいだし、ほぼ条件が同じ福島第二も生き残った系統で冷温停止に持ち込んだので、今の建屋の高さでもやりようはあったわけです。
フリーフリッカー @Fleaflicker80
@riken_komatsu @akubikinako もう少し言うと、タービン建屋地下を水密化しておけば…という気がしてならない。
フリーフリッカー @Fleaflicker80
@riken_komatsu ちなみに、女川原発は海抜約15mに立ってるけど、海側から見たらそれほど高さを感じなかった。自然のスケールの大きさを実感しましたよ。

その3

monaken🇦🇶🐧 @monaken
福島第一原発の建屋、思った以上に外装は直してた。ただ、よく見ると建屋ごとに形状が激しく異なってるね。 http://t.co/Y2f1TMApAg
 拡大
monaken🇦🇶🐧 @monaken
今話題の福島第一原発の汚水タンク。原発が海面スレスレの位置にあるのに汚水タンクは小高い丘の上に配置してある不思議。やっぱり建屋の設計に無理があったのかな? http://t.co/kXVZKdjDCl
 拡大
残りを読む(172)

コメント

nao @parasite2006 2013年11月5日
まとめを公開しました。
K.M@物理帝国原理主義 @Slight_Bright 2013年11月5日
津田さんが写真付きでTweetしてる養殖施設に関しては、atomicaにも記載がある。http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=01-04-03-02
K.M@物理帝国原理主義 @Slight_Bright 2013年11月5日
上記より、福島第一原発に関連した記載を抜粋引用すると、「福島県水産種苗研究所は、東京電力福島第1原子力発電所の温排水を利用している。通算4回送水管にトラブルが発生したが、生産への致命的な影響は認められなかった。温排水を利用したホシガレイの成魚養成試験を行っている。これまでに飼育期間を約80日短縮できることがわかった。福島県栽培漁業センターは、水産種苗研究所に隣接する福島県栽培漁業協会の施設である。アワビ、ウニ、アユの種苗生産とヒラメの放流種苗の生産を行っている」との事。(2005年1月更新)
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda 2013年11月5日
よくニュース映像で見る福島第一原発は何ヶ月も前の古いものの使い回しなことがよくわかりました。実際に見ると収束に向けた努力が確実に進んでいることがよくわかります。早くこのツアーを定期化させたい!
あんこ好きなクルーたまにヘルムスマン、稀にスキッパー(そして、ひなちゃんの下僕) @XC60Rd__ 2013年11月5日
見て欲しい反原発の方々は見ないか、見ても信用しないでしょうね。そうじゃない方にも是非^_^
neologcutter @neologcut_er 2013年11月5日
#反原発 のよく言う「文句があるならF1行ってみろよ」が崩れ去った瞬間でもあるわね。まあどうせこの現状を認めないんだろうけど。
井上リサ @JPN_LISA 2013年11月5日
女川について補足すると,敷地高だけではなく,引き波による海水喪失も想定して取水路には傾斜を設け,海水をプールできる構造。各号機海水ポンプもピット化。1Fとは設計思想が根本的に異なります。RT @Fleaflicker80 @riken_komatsu ちなみに、女川原発は海抜約15m
イヌヲ @kaniyo1 2013年11月5日
.@parasite2006”(参考:福島原発の建っているところは地下に大きな川が流れていた)”との記載がありますが、正確には大芋澤という名前の澤があっただけで、大きな川?があったわけではないので修正願います。(参照先のまとめでもそのような記載はありませんので・・・)
nao @parasite2006 2013年11月5日
リストの説明文にミスプリントがありましたので修正しました(「2011年」は「2013年」の間違い)。@sioseis さん、ご指摘感謝いたします。
nao @parasite2006 2013年11月5日
kaniyo1 なるほど、まとめhttp://bit.ly/1bUUtPg は「地下河川」と書き出しておいて、最後まで読むと「大芋澤、川ではなくて、正確には、澤。精々小川程度だったのか枯れていたのかは、今のところ判然としない。」と言っていますね。見出しを修正しました。
イヌヲ @kaniyo1 2013年11月5日
monakenさんの崖の写真 http://ow.ly/i/3BTts が特徴的なんですけど、あのような滝の部分が浸食していくことでどんどん大きくなったところが大芋澤だったのかもしれませんね。
nao @parasite2006 2013年11月5日
kaniyo1 はい、わたしもあの崖の写真http://ow.ly/i/3BTts を見て大芋澤と例のまとめhttp://bit.ly/1bUUtPg を思い出しました。
nao @parasite2006 2013年11月5日
まとめ公開後のつぶやきを追加しました。@riken_komatsu さん、@pochi57 さん、@karbo_zakky さん、@maico_ism54 さん、どうも有難うございました。
mikunitmr @mikunitmr 2013年11月6日
これは興味深い良いまとめですね。福島第一原発の現状がこうやって見られるのはありがたい。
ぴっぴ @ppix2 2013年11月6日
かなり整備されてきてるんですね。頑張ったんだね。
ニワトコ @deomc1 2013年11月6日
汚染水漏れてるのに何が完全にコントロールだよ・・・
1048 @tos_1048 2013年11月6日
写真を見て改めて、これは自分の目で見てみたい、という強い衝動に駆られています。次回は是非参加したいです、と言うわけで津田さん、機会があったらよろしくお願いします。
長月トッケー@雛菊本舗 @picsacu_tokek 2013年11月6日
危険であろうと思われる場所に実際に行って確かめる勇気に感服。「百聞は一見に如かず」ですね。
長月トッケー@雛菊本舗 @picsacu_tokek 2013年11月6日
XC60Rd__ その手の方々の中には「あーあ被曝しちゃった、もうすぐ死んじゃうんだ」と指さして蔑む人もいるでしょうねぇ…
Flying Zebra @f_zebra 2013年11月6日
原子炉建屋の地盤高について、実際に津波にやられた事故の後だと「もっと高くしておけば」と考えるのは自然だけど、震災前の知見では十分に合理的だったことは留意すべき。想定されていた高さを超える津波の可能性が「ある」ことは指摘もされていたし、工学者であれば当たり前に認識していたけど、誰もその可能性が「早急な対策が必要なほど高い」とは思ってなかった。自然を相手にする工学では珍しいことではない。
Flying Zebra @f_zebra 2013年11月6日
とは言え、例えばアメリカ並みに確率論に基づくリスク評価の文化が根付いていれば、高台に空冷式DGを設置するとか電気室は水密構造にするなど、比較的低コストで効率よくリスクを下げる対策が採られていたかもしれない。福島での事故の後、こうした知見は世界中の原子炉に展開された。今後、津波やテロなどの外部事象が原因でどこかの原子炉が長時間の電源喪失に陥る可能性は、以前より格段に小さくなっている。
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2013年11月6日
現場が分かるのはありがたい。 バックフィットがどこまで進んでるかは、原子力規制委員会の議事録が途中までしか無くて、イマイチ把握出来てない…
笹団子@日本の物産がある日常 @sasadango_tyo 2013年11月6日
原発事故現場のツアーというのに批判的だったのですが、このまとめを見て可能なら実際に現場を適切な距離から見てみたいと思いました。
nao @parasite2006 2013年11月7日
@fishing_pippo さんの連続ツイートとこれに対する反応を追加しました。@fukuoka_donax さん、@donbemin さん、@secilia2010 さん、@tak1109 さん、@nonkian73 さん、どうも有難うございました。
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2013年11月7日
興味深いまとめ。予想以上に1Fが整理されてて驚いた。ここに至る作業員の努力に感謝。…そして、こんな判りやすい画像すらマスコミが流していない事に愕然とする。汚染水タンクの空撮ばかり。…流すのは都合が悪いんだろうな。
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2013年11月7日
なんとなくマスコミが言う「福島を風化させてはならない」というのが「福島に関しては311の事故直後の一番悲惨な状態以外は伝えない」とか感じたのを思い出した。 こうやって変化している、現場で複雑な気分で働いている人もいる、そこで生活している人たちがいるってことを忘れてしまうのが一番問題だと思うのだな~(´・ω・`)
nao @parasite2006 2013年11月16日
地上から撮った福島第一原発4号機の現状の写真を見かけましたので、関連ツイートともにまとめに追加しました。@Takeboo さん、@palomino3rd さん、@vapaavapaa さん、@JPN_LISA さん、@kei25451285 さん、@soramyu1 さん、有難うございました。
nao @parasite2006 2013年12月10日
いわき市民有志の方々による第1回の福島第一原子力発電所沖の空間線量&海水調査から1カ月が過ぎて、いわき海洋調べ隊「うみラボ」http://bit.ly/1bSWAr3 が発足したとのお知らせを目にしましたので関連ツイートをまとめに追加しました。@kaztsuda さん、@riken_komatsu さん、@torakare さん、どうも有難うございました。
nao @parasite2006 2013年12月11日
福島大・福島学構築プロジェクトによる「福島エクスカーション」(いわき、広野、富岡、楢葉を日帰りで陸上から探訪)http://bit.ly/IOClxv をめぐる議論を追加しました。
nao @parasite2006 2013年12月11日
@satoruishido さん、@kaztsuda さん、@ask9 さん、@Mihoko_Nojiri 先生、@retohouse さん、@rackowsteinberg さん、どうも有難うございました。
nao @parasite2006 2013年12月13日
いわき海洋調べ隊「うみラボ」http://bit.ly/1bSWAr3 ブログの更新が始まりました。11月はじめの第1回調査レポートを3回シリーズで紹介して下さるそうです。まずは12月11日付けの第1回をぜひご覧下さい。
nao @parasite2006 2013年12月24日
いわき海洋調べ隊「うみラボ」http://bit.ly/1bSWAr3 ブログに11月3日の第1回調査レポート第2編、「調べてみた編」http://bit.ly/1ieGWc4 が12月19日付けで公開されましたので反響とともにまとめに追加しました。
nao @parasite2006 2013年12月24日
@riken_komatsu さん、@kannechi1 さん、@Butayama3 さん、@cockey246 さん、どうも有難うございました。
nao @parasite2006 2013年12月31日
いわき海洋調べ隊「うみラボ」http://bit.ly/1bSWAr3 ブログに11月3日の第1回調査レポート第3編、「そして分析へ」http://bit.ly/1dPU3e9 が12月29日付けで公開されました。いわき市の水族館、「アクアマリンふくしま」による海水の分析結果をご覧いただけます。
nao @parasite2006 2013年12月31日
海水中のストロンチウムは現在分析機関に分析を依頼済みとのことで、結果報告が待たれます。@riken_komatsu さん、@Kontan_Bigcat さん、情報有難うございました。
nao @parasite2006 2014年2月1日
いわき海洋調べ隊「うみラボ」の活動は海に出られない冬の間も続きます。今回はいわきの漁業の未来を考えました。http://bit.ly/1bgAFZi 三重大学・勝川先生(@katukawa )の「資源管理型漁業」のお話も出て来ます。ぜひご一読を。
nao @parasite2006 2014年2月1日
「うみラボ」のせんせいのお一人、@kaztsuda さんのインタビューがいぐする仙台(@igusuru_sendai )ウェブサイトに掲載されましたので、関連ツイートをまとめに追加しました。@Nemo_patitur さん、@NO6A8 さん、@mizubasyo3004 にもお礼申し上げます。
nao @parasite2006 2014年2月2日
「うみラボ」ブログの最新記事http://bit.ly/1bgAFZi で紹介された「いわきの漁業の未来を考える会」について、ツイートを少し追加しました。@Axel_Nico さん、@riken_komatsu さん、@miwapoku さん、有難うございました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする