(2010.10.11)中村伊知哉氏(@ichiyanakamura)の『デジタル教科書に関しぼくがよく受ける質問と、ぼくの答えをメモします』のツイートまとめ

◆中村伊知哉氏のBlog 「デジタル教科書はいらない」か? ■Kids「デジタル教科書はいらない」か? http://ichiyanakamura.blogspot.com/2010/10/blog-post_7096.html (上記Webページより引用) 田中真紀子・外山滋比古さんが「頭脳の散歩 デジタル教科書はいらない」という本を刊行されました。 田原総一朗さんの「デジタル教育が日本を滅ぼす」と同じくポプラ社から。デジタル教科書反対!の第二弾です。 田原さんの本については先にブログで論じました。↓  http://ichiyanakamura.blogspot.com/2010/08/blog-post_30.html 続きを読む◆中村伊知哉氏のBlog 「デジタル教科書はいらない」か? ■Kids「デジタル教科書はいらない」か? http://ichiyanakamura.blogspot.com/2010/10/blog-post_7096.html (上記Webページより引用) 田中真紀子・外山滋比古さんが「頭脳の散歩 デジタル教科書はいらない」という本を刊行されました。 田原総一朗さんの「デジタル教育が日本を滅ぼす」と同じくポプラ社から。デジタル教科書反対!の第二弾です。 田原さんの本については先にブログで論じました。↓  http://ichiyanakamura.blogspot.com/2010/08/blog-post_30.html デジタル技術を導入すると「画一的で、正解だけを求め、先生を排除し、生徒一人ひとりを孤立させる」という観念に縛られていて、「デジタル教科書=ドリル」と「情報端末=電卓」で自習、というイメージで全編が描かれているから、結論が間違っているという大意です。 「教育は利便性の追求だけでよいのでしょうか」「中学や高校の教育がつまらない。ようするに「正解」と「間違い」を指摘することしかしなくなったからだ」。という田原さんの問題意識は正しい。 だから改革が必要であり、その手段として、道具としてデジタル教科書や情報端末を使えばどうか、というのがわれわれの提案です。 「数学を教えると言うことは、数学を学ぶ楽しさを教え、それを体感させることなのである」「日本の子どもは学力も学習意欲も、落ちていた」というのも正しい。 だから、学力を上げ、楽しんで学習し、学習意欲を高める手段としてデジタル技術を使えばよい、というのが提案です。 要するに田原さんがデジタルに対し批判したいことは「デジタル教科書が自己完結のかたちで正解を追求するからよくない」の1点のようです。 であれば、そうじゃない教科書・教材にすればいい。 デジタルかアナログかの問題ではないと思います。 (引用終わり)
kyouiku 中村伊知哉 田中真紀子 教育 デジタル教科書 外山滋比古 ditt 田原総一郎
_Eugene___ 1675view 1コメント
1
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「雑談」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする