2013年11月6日

米海軍、シアトル西方24kmの波止場で、論争の的となっている爆発物処理施設を建設中

2
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

Navy building controversial explosives handling wharf near Seattle http://t.co/NpTiy5HI7A 米海軍が、シアトルから西に24kmの波止場で、論争の的となっている爆発物処理施設を建設中。(続)

2013-11-06 12:54:16
リンク KOMO News Navy building controversial explosives handling wharf near Seattle The Navy is building a controversial explosives handling wharf to load and unload Trident nuclear missiles from submarines at Bangor, 15 miles west of Seattle.
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

この爆発物処理場は、トライデント核ミサイルを原子力潜水艦に積み降ろしするのが目的だが、米国防省の爆発物安全委員会は、建設許可を出さなかった。これは、核爆発そのものの危険のためではない。(続)

2013-11-06 13:04:38
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

国防省は、近くの波止場に既に原子力潜水艦用の核ミサイルの維持・処理施設がある上、海軍が、近接した2つの波止場で2つの潜水艦の積み降ろしをする際の爆発の連鎖反応のリスクを調査しないからと言う理由で、建設許可を出さなかった。(続)

2013-11-06 13:09:46
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

市民グループ「グラウンド・ゼロ」はこの爆発物処理場の建設を止めるために訴訟を起こしたが、その訴訟の過程で、実は米軍内部でも激しい論争が起こっていることが明らかになった。黒塗りの部分がある海軍メモによると、「長官認定」と呼ばれる法的措置により、「リスクを受け入れ、建設を許可」した。

2013-11-06 13:15:06
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

ここで問題にされているのが核弾頭の爆発ではないと理解するのは重要である。ミサイル1本内のロケット燃料は155,000ポンドのTNTと同等の爆発力を持ち、2つの潜水艦(1艦につきミサイルが24本搭載)が同時に爆発したら、7,440,000ポンドのTNTと同等の爆発力を持つ。

2013-11-06 13:21:29
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

しかし、核爆発が問題にされているというわけでなくても、ミサイルが取り扱いミスによって爆発したら、プルトニウムが大気に放出され、風向きによっては、人口が多い地域に到達する可能性もある。(大雑把な和訳・完) (海軍基地施設って、なんだかかなり危険な・・・)

2013-11-06 13:24:24

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?