2013年11月8日

『朝日新聞』(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20 「ヨウ素剤信仰だ」

『朝日新聞』(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20 「ヨウ素剤信仰だ」 2013年11月7日 http://digital.asahi.com/articles/TKY201311060676.html 紹介し、感想等を付し、まとめました。 2011年3月18日に行われた山下俊一氏の講演要旨が記事になっています。 続きを読む
37
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

0『朝日新聞』(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20 「ヨウ素剤信仰だ」 2013年11月7日 http://t.co/aThbYvDcLP 紹介し、感想等を付し、まとめる。 記事に付された写真は、「長崎大教授 山下俊一さん」。長崎大学の宣伝板の前で写真撮影されている。

2013-11-07 21:48:52
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

1(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20 「ヨウ素剤信仰だ」 福島県立医大の学長兼理事長菊地臣一氏は、長崎大教授山下俊一氏が福島入りした経緯をこう記憶している。 2011年3月14日朝、県立医大内で放射線の危険性を話せる人物の人選を始めた。職員の放射能への恐怖心が強かったためだ。

2013-11-07 21:50:34
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

2(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20 「ヨウ素剤信仰だ」 乳腺・内分泌・甲状腺外科教授の鈴木真一氏に意見を求めると、鈴木教授は「わかりやすく、科学的に話ができるのは山下先生だけだ」と山下教授を推した。他の医師も山下教授の名をあげた為、福島県立医大学長兼理事長菊地臣一氏は決めた

2013-11-07 21:52:31
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

3(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20 「ヨウ素剤信仰だ」 17日。県立医大菊地学長は面識のある長崎大学長の片峰茂氏に電話をし、山下教授の携帯番号を聞いた。菊地学長は山下教授の携帯に電話し、こう依頼した。  「福島に来て、みんなに正しい科学的知識を提示してくれないか」

2013-11-07 21:54:00
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

4(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20 「ヨウ素剤信仰だ」  長崎大は山下教授の福島県への派遣を内々で決定。福島県側に知事名の要請書を求め、福島県庁からファクスで送ってもらう。福島県佐藤雄平知事の依頼を受けた上で長崎大は正式に山下教授を派遣した。(註 以上県立医大学長の記憶)

2013-11-07 21:55:45
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

5(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 大阪空港経由で山下教授が福島に入ったのは18日午後。午後6時からの県立医大の職員向け講演会に登壇した。同僚教授の松田尚樹氏、高村昇氏も一緒だった。

2013-11-07 22:01:14
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

6(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 大会議室で行われたこの講演会には300人の職員が集まった。 多くの職員が放射能対策のマスクをつけたまま、話に耳を傾けた。 山下俊一氏は最後にマイクを握った。 話の要点は安定ヨウ素剤が必要か否か。

2013-11-07 22:02:48
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

7(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 山下俊一氏はチェルノブイリ事故も例に出し、不要論を展開した。

2013-11-07 22:03:55
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

8(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 山下氏の話 (1)安定ヨウ素剤で甲状腺がんが防げるという誤解が広がっているが、「ヨウ素剤信仰」にすぎない。日本人が放射性ヨウ素を取り込む率は15~25%。4、5割を取り込むベラルーシとはわけがちがう。

2013-11-07 22:04:54
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

9(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 山下氏の話 (2)20キロ圏、30キロ圏以西の被曝量はおそらく1ミリシーベルト以下。チェルノブイリと比べて被曝量が微量なので、日本政府も安定ヨウ素剤服用の指示を出さない。

2013-11-07 22:07:06
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

10(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 山下氏の話 (3)服用マニュアルは数々の欠点がある。使われないことを祈る。   最後、こう職員を鼓舞した。 「ぜひ逃げ出すことのないように。事故による被曝は地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命です」

2013-11-07 22:08:33
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

11(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」  講演は約1時間。山下氏は終始、自信に満ちた表情だった。 だが、話がすんなり受け入れられたわけではない。 講演会後、長崎大 熊谷敦史助教は「上層部が院内を鎮めるために話をさせた」と怒る医師の姿を見た。(以上紹介終り)

2013-11-07 22:10:03
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

12(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 以下、感想等。 再掲する。 「30キロ圏以西の被曝量はおそらく1ミリシーベルト以下」 「日本政府も安定ヨウ素剤服用の指示を出さない」 「ぜひ逃げ出すことのないように」 以上のように山下俊一氏は語ったと言う。

2013-11-07 22:12:26
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

13(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 感想等続。 まずは、大嘘つきだという事を確定しておこう。30キロ以遠で、被曝量は1ミリ以下、というのは完全なデタラメ。 2011年3月15日に医大構内で計測した値から、大人で体表面1ミリSvを超えることを知っていた筈

2013-11-07 22:14:53
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

14(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 感想等続。 着任早々、自信に満ち溢れた表情で、山下俊一氏は大嘘を吐いたわけだ。その後、山下氏自身が座長を務めた福島県民健康管理調査でも、30キロ以遠でも1ミリを超える被曝をした人は珍しくない、という結果が出ている。

2013-11-07 22:17:15
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

15(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 感想等続。 次の「日本政府はヨウ素剤服用の指示を出さない」は原発から20キロ以遠の人に関しては、事実だ。しかし、服用支持を出すか出さないかの決断をするのが、他ならぬ山下氏なのだから、話はかなり違う。

2013-11-07 22:19:33
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

16(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 感想等続。 だから「日本政府も安定ヨウ素剤服用の指示を出さない」ではなく、「安定ヨウ素剤服用の指示を、私が政府に出さないのだから、政府から指示が出るはずがない」が正しいのだ。主語は「政府」ではなく「私」なのだ。

2013-11-07 22:21:58
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

17(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 感想等続。 3つ目の「ぜひ逃げ出すことのないように」。 県立医大医療スタッフの最終的な雇用主は福島県。代表は県知事。その県知事が正式に招聘した世界的権威が「逃げるな」と言うのだ。

2013-11-07 22:24:39
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

18(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 感想等続。 これまで散々「逃げたければ逃げる権利がある」とか、「日本には転居の自由がある」とか外部から言われ続けているけれど、 このシチュエーションのどこに「選択の自由」が感じられるのだろう?

2013-11-07 22:26:20
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

19(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 感想等続。 県知事に正式に招聘された世界的権威の言に逆らって逃げるならば、少なくともこれまでの大学医学部でのキャリアを棒に振る覚悟が必要になる。精神的な負い目もこの場で背負わされた。 ここで「逃げる」のは「自由」?

2013-11-07 22:28:55
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

20(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 感想等続。 山下俊一氏が語った「安定ヨウ素剤無効論」は、支持する医者はそれほど多くないだろう。 ただし、念のために言うと、2011年3月時点では、ここに書かれた彼の意見がマスコミで流される主流論だった。

2013-11-07 22:31:21
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

21(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 感想等続。 現在でも一部の人が「良心的」と評価する安斎郁朗氏も、この時期には、安定ヨウ素剤の積極的配布や服用には、否定的だったと記憶する。 「緊急時には常識が非常識になる」日本らしい風景が展開されたのだ。

2013-11-07 22:33:23
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

22(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 感想等続。 そもそもの話に戻るのだが。山下俊一氏がなぜ福島県立医大に来ることになったのか、いつ、誰が、どのように決断したのか。 http://t.co/V9xVvJd0Rw でまとめた話とも、また微妙に違うのだ。

2013-11-07 22:36:01
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

23(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 感想等続。 今回の記事で、山下俊一氏着任の経緯を語っている福島県立医大学長は、デジタルブック http://t.co/RQnoOwmh81 … で、地震発生直東京で「文部科学省のシンポジウムにいた」と語っている。

2013-11-07 23:10:38
宍戸俊則(shunsoku2002) @karitoshi2011

24(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20「ヨウ素剤信仰だ」 感想等続。 福島県立医大学長が3,11午前に参加していたのは以下の会議。 文部科学省 今後の医学部入学定員の在り方等に関する検討会(第4回) http://t.co/qiRBJGrdBH シンポジウムではない。

2013-11-07 23:17:33
残りを読む(12)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?