2013年11月8日

茂木健一郎氏 @kenichiromogi 第1088回【人物じゃなくて、学力!】連続ツイート

2013.11/8 茂木健一郎氏 @kenichiromogi 【人物じゃなくて、学力!】連続ツイート …今報道されている大学入試の「改革」においては、学力ではなく、「人物本位」の入試をするという。もし報道の通りだとしたら、私が従来主張していた改革の方向とは異なる。私の過去のツイートを検証いただければ、私は、一度も、「人物本位」の入試などという主張はしていないはずだ…
4
茂木健一郎 @kenichiromogi

連続ツイート第1088回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、これだけは言いたい!

2013-11-08 07:33:44
茂木健一郎 @kenichiromogi

じが(1)誤解を受けたり、混同されたりすることについてその真意を明らかにすることを、英語でclarificationと言う。このところの日本社会の動きを見ていて、大学入試の問題について、私の立場をclarifyする必要があると感じたので、今朝は、そのことを取り上げたい。

2013-11-08 07:35:53
茂木健一郎 @kenichiromogi

じが(2)今報道されている大学入試の「改革」においては、学力ではなく、「人物本位」の入試をするという。もし報道の通りだとしたら、私が従来主張していた改革の方向とは異なる。私の過去のツイートを検証いただければ、私は、一度も、「人物本位」の入試などという主張はしていないはずだ。

2013-11-08 07:37:04
茂木健一郎 @kenichiromogi

じが(3)そもそも、ある人の「人物」などを、どうやって測るのか。パーソナリティ特性についての研究はさまざまあれども、そのパラメータを正確に見るのは不良設定問題に近い。ボランティアや部活などで、その人の人物を見る、というのもナンセンス。そんな入試は、意味がない。

2013-11-08 07:38:09
茂木健一郎 @kenichiromogi

じが(4)むしろ、私が一貫して主張していたのは、「本物の学力を見ろ!」というこだった。この主張のcorollaryとして、「今の大学入試は、実は本物の学力を見ていない」という認識がある。この一点に、現行の大学入試を養護する人も、批判する人も、実は見間違えていることがある。

2013-11-08 07:39:40
茂木健一郎 @kenichiromogi

じが(5)例えば、英語のセンター試験や二次試験。あんなもので、本物の英語の運用能力が測れるか。実際、英語を話せない、書けない日本人だらけである。私は入試の英語なんか当然トップクラスだったが、未だに、英語表現については学習カーブ上にある。もう少しましな英語教育を受けたかったと思う。

2013-11-08 07:41:03
茂木健一郎 @kenichiromogi

じが(6)数学も、高校数学はトリヴィアル(とるに足らない)。私が一貫して主張してるのは、あんなもん高一で終わらせてしまって、その先に行って量子統計力学とか数論をやる高校生を、大量につくってしまおうぜ、そして、そいつらに対応できる入試をやろうぜ、ということ。

2013-11-08 07:42:06
茂木健一郎 @kenichiromogi

じが(7)数学が得意なやつが、英語とか現国はダメ、ということもある。逆も真なり。だから、全教科まんべんなくとるやつばかり優遇される現行の入試をやめて、それぞれの学生が、それぞれの方向にとんがった学力を伸ばすことを、大学入る前から認めなよ、という主張をしているだけなのだ。

2013-11-08 07:43:13
茂木健一郎 @kenichiromogi

じが(8)現行の大学入試が、批判的思考というもっとも肝心な「学力」を測れていないことは、従来主張している通り。一部難関私大の歴史の問題なんて、お前ら重箱チマチマの人工知能を養成したいのか、というくらいトリヴィアル。あれは採点する側がラクな問題を出すというご都合主義だろう。

2013-11-08 07:44:24
茂木健一郎 @kenichiromogi

じが(9)ハーバードやケンブリッジの入試におけるインタビューは、人物なんかを見るんじゃなくて、学力を見ている。対話の中にしか見えない学力があるということ。人物本位の入試、なんというナンセンスにおぼれていると、日本の大学はますます悲惨なことになる。これだけは、私は言っておきたい。

2013-11-08 07:45:47
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、連続ツイート第1088回「人物じゃなくて、学力!」でした。

2013-11-08 07:46:04

コメント

子育てせんせぇ @2110_ 2013年11月9日
現行のAOも一芸とかいいながら、阪大とかだと例えば数学科で導入の議論があった時、「天才肌だけどADHDの生徒が増えるんじゃね?」つって難色示した教授も多かったって聞いたけどなぁ。
0
子育てせんせぇ @2110_ 2013年11月9日
尖った生徒を採ったとして、それをどれだけ伸ばせる教育力、包容力が大学にあるのやら。 大体、難関大のAOって「ただしセンターで8割取ること」みたいなのばっかだし。全然一芸じゃないじゃん。
0
John F Candy @JohnFCandy1 2013年11月9日
@kenichiromogi 「あんなもん高一で終わらせてしまって、その先に行って量子統計力学とか数論をやる高校生を、大量に」。流石に冗談も大概にしてくれと言うしかない。確かに才能は全方位均等ではなく凸凹だ。しかし高校のある教科を高1で終えられるのは突出した天才だよ。大方はもっと万遍なく各々が低めの能力を持っている。稀な天才が素晴らしいからといって、皆が右へ倣えではたまったものではない。
0
John F Candy @JohnFCandy1 2013年11月9日
@kenichiromogi 脳は30歳くらいまでは発達が著しい。それは精神医学の教科書に載るほどの確からしさがある。脳科学者なら知らないわけではないはずだ。脳科学者でなくても、10代までは能力の伸び方が不均一なこと、やがて大方はほぼ同じようになること(暗記的知識は除く)は誰でも自分や周囲で経験する。十で神童、二十になればただの人。それは同じ努力をして到達する境地は同じくらいでも、成長曲線が違うからだ。
0
John F Candy @JohnFCandy1 2013年11月9日
@kenichiromogi 今の教育を全面的に肯定するわけではないし、人物本位評価なる入試には反対だ。しかし、その代案がもっと無茶ではどうしようもない。八割がたは平凡な人、平凡な人はどの方面にもそこそこ能力があること、そうしたこともよく考えて頂きたい。自分がうまく行った方法を無暗に肯定してはいけない。もっと客観性も持って頂きたい。以上。
0