編集可能

#DevLOVE 甲子園「考」ブロック!(2013/11/9)

#DevLOVE 甲子園(11/9@楽天)関連のツイートまとめました。 考トラック : サービス企画、スタートアップ関連、UXデザイン ○各リーグは、それぞれ #devlove考 #devlove創 #devlove団 #devlove守 です。 続きを読む
0
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

チーム考の4回表でお話させていただきます(^∞^):DevLOVE現場甲子園2013 - DevLOVE | Doorkeeper http://t.co/Tzo2qvavkJ

2013-11-07 23:25:40
チエモル ꙭ҉ @crea_memo

本日のタグは、 #devlove団 #devlove創 #devlove守 #devlove考 でそれぞれゆくます。迷ったら #devlove で!

2013-11-09 09:03:50
チエモル ꙭ҉ @crea_memo

#DevLOVE 甲子園「考」ブロック!(2013/11/9)」をトゥギャりました。 http://t.co/ov6fF0Qw39

2013-11-09 09:56:19
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

考トラックのトップバッターはひろやんさんの「顧客開発に変えてみて驚いた事」#devlove考

2013-11-09 11:32:21
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

スタートアップにおいて、顧客開発をしてみた。既存事業への不確実がある中で、良いアイデアがあった時のどうやって売っていくか、どういう人・場所で価値があるのかを考えていく。仮説がたくさんあるのが不確実な状態。#devlove考

2013-11-09 11:36:34
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

それに対して、売る相手、場所、価値がはっきりしているのが確実な状態。洗剤なんかは分かりやすい。動くゴミ箱があったとしてどう売ればいい?仮説は崩れる危険性がある。#devlove考

2013-11-09 11:38:23
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

この不確実な状態で、分厚い企画書に意味があるのか?耳障りのいい言葉、右肩上がりの事業計画、壮大なマーケティング計画は思い通りにならないし現場と不協和を起こす。既存事業では通用するかもしれないが、スタートアップでは通用しない。#devlove考

2013-11-09 11:41:12
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

ではどうする?仮説があるなら検証すればいい。不確実を確実にしたい。何が価値になっているのかを知る。誰が顧客になるのか知る。それが分かるまで繰り返す。#devlove考

2013-11-09 11:42:39
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

リーンスタートアップはPDCA?は誤解。積み上げだけではなく切り捨ても必要だった。いかにして価値とフィットさせるか。顧客の仮題の変化する中で柔軟に対応することもある。はじめにキッチリ決めた計画ではこれができない。#devlove考

2013-11-09 11:44:57
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

スタートアップのお客さんは誰か?初期市場のお客さん、最初に反応してくれる、アーリーアダプターと言われる人たち。その特徴として、自分の生活に対しての価値判断ができる人、取捨選択のできる人。#devlove考

2013-11-09 11:46:32
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

彼らは仮題に対して真剣であるし、価値を重んじてくれる、試作段階からお金を出してくれる非情に重要な存在。彼らに会えるかどうかがスタートアップ成功の鍵。#devlove考

2013-11-09 11:48:10
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

顧客開発モデルを使って一番驚いたこと。チームが同じ目線で話せるようになる。違って当たり前の価値観が補正されていく。顧客中心でチームが回り始める。#devlove考

2013-11-09 11:49:43
チエモル ꙭ҉ @crea_memo

タイムテーブルはこちら http://t.co/NRuKbIr4Cj ブロッグリーグは、それぞれ #devlove考 #devlove創 #devlove団 #devlove守 です。

2013-11-09 11:52:09
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

考トラック1回裏は森雄哉さんの「混沌とするサービス開発の現場でニーズに集中しつづけるためにゴリゴリ工夫したこと」#devlove考

2013-11-09 11:55:13
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

マネジメントから現場、スタートからリリースの間でお客さんと自社の要求がずれる。仕事に謀殺される中で、いかに目的のことを考えられるか?お客さんは要望・ニーズを叶えるためにお金を払ってくれている。お客さんの要求はすごく大事。#devlove考

2013-11-09 11:59:01
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

お客さんの要求を満たすこと、会社が儲かること、これを両立が大事。そのためには日々の維持が必要。困難を乗り越えてそれで終わり。ではない。みんなで一丸になって要求を満たすことを考える。#devlove考

2013-11-09 12:01:21
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

そのために要求の記述、要求のロジックを考える、完結に言い表す。何を作るのかを明確にするため、価値を明確にする。#devlove考

2013-11-09 12:03:33
ビオレパパ☆ぃゎ @iwaoRd

「誰々として〜したい、それはXXだからだ」とその人の目的を明らかにする。これはアジャイルのストーリーカードと同じですな。機能を実現するのも大切だけど、お客様の課題こそ解決しないといけない。 #devlove孝

2013-11-09 12:05:08
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

要求の価値評価のできる狩野モデルは、価値に対して+、−をつけて評価。お客さんに取って価値のあるもの、ないものを分けていく。当たり前のことが簡潔に評価されるのでオススメ。#devlove考

2013-11-09 12:06:02
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

価値観のすり合わせも重要。クライアントに褒められたい、売上を上げたい、費用を下げたい、様々な価値観をすり合わせる。同じチーム内での対立が起きないようにする。チームの中での「大義名分’を作る。#devlove考

2013-11-09 12:07:37
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

1回延長戦は細野雄紀さんの「まったく新しいニュースアプリをつくる」#devlove考

2013-11-09 12:20:48
イトゥ/Hideaki Itoh @itow_ponde

自分の親がインターネットの検索を使いこなすことができているか。知りたい情報にアクセスできているかという疑問があった。#devlove考

2013-11-09 12:23:52
残りを読む(38)

コメント